家売るオンナの逆襲 視聴率

初回視聴率は12.7% 北川景子主演人気作の続編

連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」で三軒家万智を演じる北川景子さん
連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」で三軒家万智を演じる北川景子さん

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)の第1話が1月9日に放送され、平均視聴率は12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第1話は、10分拡大で放送。天才的不動産屋・三軒家万智(北川さん)と、その夫で課長の屋代(仲村トオルさん)が、古巣・テーコー不動産の新宿営業所に戻ってくる。復帰早々、“家爆売りモード”全開の万智は、自称「三軒家チルドレン」こと庭野(工藤阿須加さん)が担当していた客・花田夫妻に目をつける。一方、新宿営業所には、炎上系ユーチューバーのにくまる(加藤諒さん)が来店し、担当した足立(千葉雄大さん)に「世間から自分を守る家」を探してほしいと話す。その夜、足立は、趣味のフェンシングクラブで謎に満ちた美しい男・留守堂謙治(松田翔太さん)に出会うが……という展開だった。

第2話12.9%で好調キープ 泉ピン子が“超ワケあり客”に

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)の第2話が1月16日に放送され、平均視聴率は12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。1月9日に放送された初回の平均視聴率12.7%から微増し、好調をキープしている。第2話には、女優の泉ピン子さんが契約直前でクレームをつけてドタキャンを繰り返す“モンスター客”神子巴(かみこ・ともえ)役でゲスト出演した。

 第2話は、気まぐれな高齢の一人客、神子巴(泉ピン子さん)から契約をドタキャンされ、振り回される庭野(工藤阿須加さん)は、残業で終電を逃し、生まれて初めてネットカフェに泊まることに。庭野は狭い個室で隣室のいびきに悩まされ、眠れぬ一夜を過ごす。一方、仕事に燃える三軒家万智(北川さん)から、「今日は家に帰れない」と言われ、バー「ちちんぷいぷい」を訪れた屋代(仲村トオルさん)は、足立(千葉雄大さん)と来店していたうわさの切れ者不動産屋・留守堂(松田翔太さん)に遭遇する。自分が万智の夫だと知っている留守堂に不穏なものを感じる屋代だったが、万智が会社で歌っていた鼻歌の話題になり……という展開だった。

第3話視聴率は11.4%と好調キープ 新宿営業所でLGBTが話題に

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)の第3話が1月23日に放送され、平均視聴率は11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第3話は、屋代(仲村トオルさん)と庭野(工藤阿須加さん)が、なぜか三軒家万智(北川さん)の過去を知る留守堂(松田翔太さん)の存在に心を乱される中、新宿営業所では庭野が家を売った客がゲイだったことからLGBTが話題に。一方、女性2人組の担当客に内見案内をしていた足立(千葉雄大さん)は、バスルームでキスを交わす2人を目撃する。2人がレズビアンであることを知った売主に販売を拒否されてしまう。別の物件を探す足立だが、万智は自分が家を売ると横取りを宣言。ストレスを抱える足立は留守堂を頼り……という展開だった。

第4話視聴率は10.7% 松田翔太、北川景子に怪しく近づき…

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)の第4話が1月30日に放送され、平均視聴率は10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第4話は、4月に始まる働き方改革に向け、新宿営業所では労働時間の見直しをすることに。三軒家万智(北川さん)は、定年を間近に控えた企業戦士・山路功夫(佐野史郎さん)から資金援助する娘夫婦の家を相談される。一方、万智に勝ちたい足立(千葉雄大さん)は、労働時間に縛られることで頑張ることを許されない会社での働き方に不満を感じ、留守堂(松田翔太さん)のようなフリーランスの働き方に憧れる。

 そんな中、鍵村(草川拓弥さん)が自分が功夫の娘夫婦に家を売ったと宣言。突然、ひょう変した鍵村に驚く一同だが、万智は顔色も変えずにどこかへ出かける。そして、水面下で怪しく動き出した留守堂が、史上最大の事件を引き起こすべく、怪しく万智に近づいて来て……という展開だった。

第5話視聴率は11.5% 謎の男・松田翔太の正体が明らかに

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)の第5話が2月6日に放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第5話は、留守堂(松田翔太さん)に衝撃の敗北を喫した万智(北川さん)は突然休暇を取り、屋代(仲村トオルさん)の前からも姿を消す。庭野(工藤阿須加さん)と屋代は留守堂の正体を突き止めるため、フェンシングに向かう足立(千葉雄大さん)を尾行。しかし、一人になった留守堂に尾行がバレてしまい……。屋代が、万智との関係を尋ねると、留守堂は同級生だった万智に「愛情を抱いている」のだと話し……という展開だった。

第6話視聴率は11.2%と好調キープ 北川景子、松田翔太と手を組む!

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が2月13日に放送され、平均視聴率は11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第6話は、屋代(仲村トオルさん)は帰り道、スーパーで優しげな女性店長・三郷楓(真飛聖さん)に出会う。そんな中、万智(北川さん)と庭野(工藤阿須加さん)は、美容院を経営する八十多湊人(武田航平さん)・つぐみ(内山理名さん)夫妻を担当。お互いの不倫を公認している“友達夫婦”だという八十多家の突飛な夫婦観に、新宿営業所メンバーの価値観は揺さぶられる。

 一方、留守堂は大学教授の尾田順平(橋爪淳さん)から家探しの相談を受ける。妻・まり(筧美和子さん)の愛を独占したいと話す順平だが、夫婦関係は新鮮味を失っている様子だった……。そんな中、契約のために来店する湊人のもとに、妻の不倫に気づいた順平が乗り込んで来て、刃傷沙汰が勃発! 2組の夫婦の家探しが暗礁に乗り上げる中、万智が協力を呼びかけたのは留守堂で……という展開だった。

第7話視聴率は11.0% 北川景子、松田翔太とボウリング対決

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第7話が2月20日に放送され、平均視聴率は11.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第7話は、輝く女性社員の活躍をアピールするために会社が立ち上げた「ウーマンプロジェクト」のメンバーに選ばれた万智(北川さん)は、キャリアウーマンの朝倉雅美(佐藤江梨子さん)と、ワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美さん)と共にプロジェクトを進めることに。しかし、既婚者だが子供いらない主義の雅美と、ワーキングマザーである自分の価値観が絶対と信じるサキの意見は衝突する。

 一方、連日仕事で帰りが遅い万智に密かな不満を抱く屋代(仲村トオルさん)は、美加(イモトアヤコさん)のバイト先の上司・三郷楓(真飛聖さん)に再会し、距離を縮める。そんな中、万智が雅美に勧めた物件と、留守堂(松田翔太さん)がサキに進めた物件がバッティング! 家を巡る2人の争いは、留守堂の提案で万智vs留守堂のボウリング対決で決着をつけることになり……という展開だった。

第8話視聴率は10.2% 北川景子、突然声が出なくなる

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第8話が27日に放送され、平均視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第8話は、庭野(工藤阿須加さん)は、突然職場に押しかけてきたお調子者でいい加減な父・茂雄(泉谷しげるさん)から実家を売って人生最後の勝負にタコ焼き屋を始めたいと相談される。茂雄を反面教師に、真面目に育ってきた庭野は、亡き母が残した実家を売れば、茂雄の生活基盤がなくなると反対する。しかし、突然現れた万智(北川さん)が、自分が売ると宣言!

 頭を抱える庭野は、自分の境遇を、自宅の売却を担当している客・棟方母娘に重ねる。そんな中、美加(イモトアヤコさん)から屋代(仲村トオルさん)と三郷(真飛聖さん)の浮気写真を見せられた万智は、怒りに燃える。恐ろしい剣幕で庭野を呼びつけた万智は、棟方母娘の元へ。しかし、家を売ろうとしたその時、突然声が出なくなってしまい……という展開だった。

第9話視聴率は10.2% 松田翔太、“サンチー”北川景子への愛情が憎しみへ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第9話が3月6日に放送され、平均視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第9話は、万智(北川さん)は、高齢の母・静江(松金よね子さん)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜さん)を担当。庭野(工藤阿須加さん)は、売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく、同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀さん)と協力する。

 一方、絶好調の足立(千葉雄大さん)は、新婚の新垣夫妻の家探しを担当し、留守堂(松田翔太さん)は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓さん)から家を売りたいと相談される。偶然、足立の客が、留守堂担当の迫田家を気に入ったことで内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生!?そんな中、万智と屋代(仲村トオルさん)の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂の愛に、爆発のカウントダウンが始まっていた……という展開だった。

視聴率12.6%でフィニッシュ 全話2桁マーク

連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」主演の北川景子さん
連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」主演の北川景子さん

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終回となる第10話が3月13日に放送され、平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。第2話でマークした番組最高の12.9%には届かなかったものの、初回から全話2桁の数字をキープし、有終の美を飾った。

 第10話は、留守堂(松田翔太さん)が、万智(北川さん)たちの前から姿を消して1年。新宿営業所は外資系ライバル会社・リッチブラスト不動産の急成長により業績が伸び悩み、消滅の危機を迎えていた。リッチブラスト不動産が、今まで万智が行った型破りな家の売り方をまねして、家を“爆売り”していることが発覚。庭野(工藤阿須加さん)と共に、客を装ってライバル不動産を偵察した足立(千葉雄大さん)は、AIに万智のノウハウを組み込み副社長にまで上り詰めた留守堂に遭遇し……という展開だった。

家売るオンナの逆襲日本テレビ系
2019年1月から水曜ドラマ枠(午後10時)で放送