家売るオンナの逆襲 あらすじ

家売るオンナの逆襲あらすじ

 ドラマ「家売るオンナの逆襲」は、女優の北川景子さんが主演を務め、人気を博した連続ドラマ「家売るオンナ」の続編。2019年1月から放送。「家売るオンナ」は、16年7月期に放送された連続ドラマで、17年5月にはスペシャルドラマ「帰ってきた家売るオンナ」を放送。「ふたりっ子」「功名が辻」「セカンドバージン」などを手がけた大石静さん脚本のオリジナル作品。「私に売れない家はない!」と豪語し、客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで、どんな客にも必ず家を買わせてしまうというスーパー営業ウーマン・三軒家万智の活躍を描いた。

 昨年放送されたスペシャルドラマでは、万智が課長の屋代(仲村トオルさん)にプロポーズするシーンで幕を閉じたが、続編では2人が結婚して夫婦生活を送っているという。また、前作に登場した工藤阿須加さんや千葉雄大さんらテーコー不動産のメンバーのその後も描かれる。

 「家売るオンナの逆襲」は、2019年1月から日本テレビの水曜ドラマ枠(午後10時)で放送。

ドラマ「家売るオンナの逆襲」のあらすじは

<ドラマ紹介>「家売るオンナの逆襲」 北川景子主演の人気作の続編 松田翔太がライバル役で登場 第1話あらすじも

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第1話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第1話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)が1月9日、スタートする。2016年7月期に放送された「家売るオンナ」の続編で、俳優の松田翔太さんが、北川さん演じる不動産屋のスーパー営業ウーマン・三軒家万智のライバルとなる新キャラクターの留守堂謙治(るすどう・けんじ)を演じる。

 「家売るオンナ」は、「ふたりっ子」「功名が辻」「セカンドバージン」「大恋愛~僕を忘れる君と」などを手がけた大石静さん脚本のオリジナル作品。「私に売れない家はない!」と豪語し、客とその家族が抱える問題に首を突っ込み、あらゆる手段を使って解決することで、どんな客にも必ず家を買わせてしまうというスーパー営業ウーマン・三軒家万智の活躍を描いた。17年5月に放送されたスペシャルドラマ「帰ってきた家売るオンナ」は、万智が課長の屋代(仲村トオルさん)にプロポーズするシーンで幕を閉じたが、今回の「家売るオンナの逆襲」では2人が結婚して夫婦生活を送っているという内容だ。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

 第1話は、10分拡大で放送。天才的不動産屋・三軒家万智(北川さん)と、その夫で課長の屋代(仲村さん)は、古巣・テーコー不動産の新宿営業所に戻ってくることに。復帰早々、“家爆売りモード”全開の万智は、自称「三軒家チルドレン」こと庭野(工藤阿須加さん)が担当していた客・花田夫妻に目をつける。夫の定年退職を機に住み替えを希望しているものの、わがままな専業主婦の妻・えり子(岡江久美子さん)は、何かと物件にケチをつけて決めない様子。万智と庭野は、えり子から本当は熟年離婚をしたいと打ち明けられる。

 一方、新宿営業所には、炎上系ユーチューバーのにくまる(加藤諒さん)が来店し、担当した足立(千葉雄大さん)に「世間から自分を守る家」を探してほしいと話す。その夜、足立は、趣味のフェンシングクラブで謎に満ちた美しい男・留守堂謙治(松田さん)に出会うが……。9日午後10時から放送。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

第2話のあらすじ 泉ピン子が“超ワケあり客”に 仲村トオルは松田翔太と遭遇し…?

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第2話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第2話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系・水曜午後10時)の第2話が1月16日、放送される。気まぐれな高齢の一人客、神子巴(泉ピン子さん)から契約をドタキャンされ、振り回される庭野(工藤阿須加さん)は、残業で終電を逃し、生まれて初めてネットカフェに泊まることに……。

 庭野は狭い個室で隣室のいびきに悩まされ、眠れぬ一夜を過ごす。一方、仕事に燃える万智(北川さん)から、「今日は家に帰れない」と言われ、バー「ちちんぷいぷい」を訪れた屋代(仲村トオルさん)は、足立(千葉雄大さん)と来店していたうわさの切れ者不動産屋・留守堂(松田翔太さん)に遭遇する。自分が万智の夫だと知っている留守堂に不穏なものを感じる屋代だったが、万智が会社で歌っていた鼻歌の話題になり……。

第3話のあらすじ 新宿営業所ではLGBTが話題に 千葉雄大、松田翔太を頼って…!?

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第3話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第3話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系・水曜午後10時)の第3話が1月23日、放送される。屋代(仲村トオルさん)と庭野(工藤阿須加さん)は、なぜか万智(北川さん)の過去を知る留守堂(松田翔太さん)の存在に心を乱される。そんな中、新宿営業所では庭野が家を売った客がゲイだったことからLGBTが話題に……。

 一方、女性2人組の担当客に内見案内をしていた足立(千葉雄大さん)は、バスルームでキスを交わす2人を目撃する。2人がレズビアンであることを知った売主に販売を拒否されてしまう。別の物件を探す足立だが、万智は自分が家を売ると横取りを宣言。ストレスを抱える足立は留守堂を頼り……。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

 庭野は、夫と娘の3人で住む家を探している木村真奈美(佐藤仁美さん)を担当する。家探しを一任されていると話す真奈美だが、万智はなぜか会社帰りの真奈美の夫・剛史(池田鉄洋さん)を尾行し、あるアパートへ。そこで万智と庭野が見たのは、なんと女物の着物を着た剛史だった。剛史は、自分の性別に違和感を感じながらも男性として生きてきたトランスジェンダーだった。

 真奈美は、家を買うことで家族をつなぎとめようとしていたのだが、出口の見えない夫婦関係に、万智が驚きの家哲学を提案。そして、万智に忍び寄る留守堂もまた、意外な方法で家を売ろうとしていて……。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

第4話のあらすじ 松田翔太、史上最大の事件を引き起こす! 北川景子「負けた…」?

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第4話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第4話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系・水曜午後10時)の第4話が1月30日、放送される。4月に始まる働き方改革に向け、新宿営業所では労働時間の見直しをすることに。残業を減らすことと、売り上げを上げることの板ばさみに苦しむ屋代(仲村トオルさん)は、なんとか鍵村(草川拓弥さん)を成長させたいと思い、庭野(工藤阿須加さん)を頼るが……。

 万智(北川さん)は、定年を間近に控えた企業戦士・山路功夫(佐野史郎さん)から資金援助する娘夫婦の家について相談される。勤労を美徳とする功夫とは対照的に、娘婿の健太郎(田村健太郎さん)は、会社で責任あるポストに就くことを拒む上昇志向のない若者。さらに、娘の花(北原里英さん)は功夫が薦める家がダサいと気に入らず……。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ


 万智の接客に同席していた鍵村はその夜、花と健太郎に遭遇し、もっとオシャレな家を探してほしいと頼まれる。一方、万智に勝ちたい足立(千葉雄大さん)は、労働時間を縛られることで頑張ることを許されない会社での働き方に不満を感じ、留守堂(松田翔太さん)のようなフリーランスの働き方に憧れる。

 そんな中、鍵村は自分が花と健太郎に家を売ったと宣言! 突然、豹変した鍵村に驚く一同だったが、万智は顔色も変えずにどこかへ出かける。水面下で怪しく動き出した留守堂は、史上最大の事件を引き起こすべく、怪しく万智に近づいてくる、という展開。予告動画では、万智が「負けた……」とつぶやく場面も登場する。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

第5話のあらすじ 北川景子、姿を消す… ついに、謎の男・松田翔太の正体が明らかに!

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第5話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第5話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第5話が2月6日、放送される。留守堂(松田翔太さん)に衝撃の敗北を喫した万智(北川さん)は、突然休暇を取り、屋代(仲村トオルさん)の前からも姿を消し……。

 そんな中、庭野(工藤阿須加さん)は、残念な容姿の客・田部竜司(柄本時生さん)とその婚約者で奥ゆかしい美人・宮寺奈々(知英さん)を担当。竜司は、チラシに載っていた万智の似顔絵を見て、小学校の同級生「マンチッチ」だと言い出す。マンチッチは、陽気な人気者だったと聞いて、人違いだと思う屋代と庭野だったが、マンチッチの口癖は「GO!」だったといい……。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

 その夜、庭野と屋代は留守堂の正体をつきとめるため、フェンシングに向かう足立(千葉雄大さん)を尾行。しかし、一人になった留守堂に尾行がバレてしまい……。屋代が、万智との関係を尋ねると、留守堂は、同級生だった万智に「愛情を抱いている」のだと話す。

 万智の同級生・竜司が、留守堂のことも知っていると思った庭野と屋代は竜司の家へ。そこで2人が見たのは、卒業アルバムに写った衝撃的な万智の姿だった! しかし、留守堂の手がかりは得られず……。

 翌日、竜司と奈々に内見案内をしていた庭野は、シャワーの誤作動で奈々をびしょぬれにしてしまい、化粧が落ちた奈々は別人のような顔だった。奈々は、神がかった化粧で素顔を隠していた偽装美人で、竜司は婚約を破棄すると言い出す。そこに、姿を消していた万智が現れ、家を売ると宣言するが……? そして、ついに謎の男・留守堂の正体とその目的も明らかになる。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

第6話のあらすじ 北川景子、松田翔太と手を組む! “夫”仲村トオルはある女性と出会い…

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第6話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第6話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第6話が2月13日、放送される。留守堂(松田翔太さん)の正体は、小学校の同級生の“ドジスケ”こと三瓶良雄であることが発覚し、万智(北川さん)は留守堂から愛の告白をされる。その様子を盗み見て、衝撃を受けた屋代(仲村トオルさん)は帰り道、スーパーで優しげな女性店長・三郷楓(真飛聖さん)に出会う……。

 そんな中、万智と庭野(工藤阿須加さん)は、美容院を経営する八十多湊人(武田航平さん)、つぐみ(内山理名さん)夫妻を担当。家はすんなり売れそうだが、お互いの不倫を公認している“友達夫婦”だというとっぴな夫婦観に、新宿営業所メンバーの価値観は揺さぶられる。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ


 一方、留守堂は大学教授の尾田順平(橋爪淳さん)から家探しの相談を受ける。妻・まり(筧美和子さん)の愛を独占したいと話す順平だが、夫婦関係は新鮮味を失っている様子。その夜、屋代から留守堂の正体を聞いた庭野は、留守堂が万智に近づくことに激しい抵抗を覚え、本人に直訴しに行くことに!

 しかし、いつの間にか留守堂と意気投合。心を許した庭野から八十多家の話を聞いた留守堂は、自分の客・順平の妻と万智の客が不倫関係にあることに気づく……。翌日、契約のために来店する湊人だが、妻の不倫に気づいた順平が乗り込んで来て、刃傷ざたが勃発!二組の夫婦の家探しが暗礁に乗り上げる中、万智が協力を呼びかけたのは留守堂で……!?

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

第7話のあらすじ 北川景子の哲学は幸せをもたらす? ワーキングマザーvsキャリアウーマン

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第7話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第7話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第7話が2月20日、放送される。輝く女性社員の活躍をアピールするために会社が立ち上げた「ウーマンプロジェクト」のメンバーに選ばれた三軒家万智(北川さん)は、キャリアウーマンの朝倉雅美(佐藤江梨子さん)と、ワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美さん)と共にプロジェクトを進めることに。しかし、既婚者だが子供はいらない主義の雅美と、ワーキングマザーである自分の価値観が絶対と信じるサキの意見は衝突し……。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

 さらに、時短勤務のサキが、打ち合わせ中に平然と帰ることに雅美はいら立ちを覚える。そんな中、万智に仲間意識を感じる雅美は、自分の家探しを相談。サキは、同期である足立(千葉雄大さん)の紹介で、留守堂(松田翔太さん)に家探しを相談していた。

 一方、連日仕事で帰りが遅い万智にひそかな不満を抱く屋代(仲村トオルさん)は、美加(イモトアヤコさん)のバイト先の上司・三郷楓(真飛聖さん)に再会し、距離を縮める。そんな中、万智が雅美に勧めた物件と、留守堂がサキに勧めた物件がバッティング。家を巡る2人の争いは、留守堂の提案で万智vs留守堂のボウリング対決で決着をつけることに。果たして、万智の家哲学は、生き方の違う2人の女性に幸せをもたらすのか。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

第8話のあらすじ 北川景子“サンチー”、夫の浮気写真見せられ激怒

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第8話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第8話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第8話が2月27日、放送される。庭野(工藤阿須加さん)は、突然職場に押しかけてきたお調子者でいいかげんな父・茂雄(泉谷しげるさん)から実家を売って人生最後の勝負にタコ焼き屋を始めたいと相談され……。

 お金と女性にだらしなく、商売に失敗しては食い潰してきた茂雄を反面教師に、真面目に育ってきた庭野は、亡き母が残した実家を売れば、茂雄の生活基盤がなくなると反対する。しかし、突然現れた万智(北川さん)が、自分が売ると宣言。頭を抱える庭野は、自分の境遇を、自宅の売却を担当している客・棟方親子に重ねる。

 夢見がちな母・棟方幸子(南野陽子さん)の「家を売ったお金でケーキ屋を始めたい」というわがままに振り回されながらも、母を心配し家を売らない方がいいと主張する堅実な娘・すみれ(大後寿々花さん)に共感する庭野。実家も棟方家も売らずに済ませようと決意する。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ


 “サンチーの犬”を脱したい庭野と、留守堂(松田翔太さん)に対してモヤモヤを抱える足立(千葉雄大さん)は、それぞれ万智と留守堂からの卒業を誓う。しかし、茂雄を説得しようと実家に帰ると、すでに万智が家を売る算段をつけていて……。しかも、買い手は留守堂。万智のあまりの仕打ちに、庭野は自暴自棄になってしまう。

 そんな中、美加(イモトアヤコさん)から屋代(仲村トオルさん)と三郷(真飛聖さん)の浮気写真を見せられた万智は、怒りに燃える。恐ろしい剣幕で庭野を呼びつけた万智は、棟方親子の元へ。しかし、家を売ろうとしたその時、突然声が出なくなってしまい……。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

第9話のあらすじ 北川景子、松田翔太に「迷惑です」 “サンチー”への愛情が憎しみへ!

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第9話の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の第9話の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第9話が3月6日、放送される。万智(北川さん)は、高齢の母・静江(松金よね子さん)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜さん)を担当。庭野(工藤阿須加さん)は、売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく、同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀さん)と協力し……。

 今回が、デザイナーとしてのデビュー作だという真壁は、内装に自分のこだわりを詰め込み、意気投合した庭野は自分が家を売ろうと張り切る。一方、絶好調の足立(千葉雄大さん)は、新婚の新垣夫妻の家探しを担当し、留守堂(松田翔太さん)は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓さん)から家を売りたいと相談される。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ


 偶然、足立の客が、留守堂担当の迫田家を気に入ったことで内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生!? そんな中、リノベ物件のエッジの効いたデザインが客に受けず苦戦する庭野を尻目に、万智は自分が家を売ると宣言! しかも真壁が苦労して完成させたリノベーションを一掃し、全面畳に戻すと言い……。

 一方、万智と屋代(仲村トオルさん)の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂の愛に、爆発のカウントダウンが始まっていた……! 予告動画では、万智が留守堂に「迷惑です。あなたは人違いをしています」と告げると、留守堂が「うそだっ!」と叫ぶシーンや、留守堂が「三軒家万智、許さない……」とつぶやく様子も公開されている。

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ

最終回のあらすじ 松田翔太が姿を消して1年… 舘ひろしの“ちょいワル社長”に北川景子は…

北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の最終回の1シーン(C)日本テレビ
北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」の最終回の1シーン(C)日本テレビ

 女優の北川景子さん主演の連続ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終回となる第10話が3月13日、放送される。留守堂(松田翔太さん)が、三軒家万智(北川さん)たちの前から姿を消して1年。新宿営業所は外資系ライバル会社・リッチブラスト不動産の急成長により業績が伸び悩み、消滅の危機を迎えていて……。

 そんな中、住人の高齢化が進む新宿の集合住宅群「新宿ガーデンハイツ」の部屋をリッチブラスト不動産が次々買い占めているといううわさを聞き、万智と庭野(工藤阿須加さん)は現地を訪ねる。そこで立ち退きに抵抗する住人の老兄弟・藤見明(笹野高史さん)と譲(本田博太郎さん)の姿を見た万智は、突然しゃっくりが止まらなくなり……!?

(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ
(C)日本テレビ


 一方、新宿営業所では、リッチブラスト不動産が今まで万智が行った型破りな家の売り方をまねして家を“爆売り”していることが発覚。庭野と共に客を装ってライバル不動産を偵察した足立(千葉雄大さん)は、AIに万智のノウハウを組み込み副社長にまで登り詰めた留守堂に遭遇。万智への憎しみをあらわにする留守堂は、新宿ガーデンハイツを都市型リゾートに再開発すると話し……。

 そんな中、万智は、明と譲の元を再び訪ね、ある計画を提案する。明と譲は、かつて一世を風靡(ふうび)し、小学生の万智も大ファンだった大人気コミックマジシャングループ「マジック7」のメンバーだった。屋代は、万智の計画実現のため、雲の上の存在だった社長(舘ひろしさん)に直談判を試みるが……。

家売るオンナの逆襲日本テレビ系
2019年1月から水曜ドラマ枠(午後10時)で放送