ひよっこ2

  • スタッフ:
    脚本:岡田惠和
  • キャスト:
    有村架純▽沢村一樹▽木村佳乃▽磯村勇斗▽和久井映見▽佐々木蔵之介▽ 三宅裕司▽白石加代子▽古谷一行▽宮本信子
  • 放送日:
    NHK
    2019年3月放送予定。1話30分で全4話
UPDATE

ひよっこ2あらすじ

 ドラマ「ひよっこ2」は、女優の有村架純さんが主演を務め、2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編となるスペシャルドラマ。「ひよっこ2」は、前回から2年たった1970年の東京赤坂と奥茨城村が舞台。おなじみの面々が繰り広げる心温まる物語となる。有村さんのほか、沢村一樹さん、木村佳乃さん、磯村勇斗さん、和久井映見さん、佐々木蔵之介さん、 三宅裕司さん、白石加代子さん、古谷一行さん、宮本信子さんらが出演し、脚本は岡田惠和さんが引き続き担当。19年3月の放送予定で、1話30分で全4話放送する。

 「ひよっこ」は96作目の朝ドラで、「ちゅらさん」などの脚本家・岡田惠和さんのオリジナル作。奥茨城の農家に生まれて、のんびりした少女に育った谷田部みね子(有村さん)が、出稼ぎで東京に行っていた父が行方不明になったことをきっかけに、集団就職で上京。高度経済成長期を背景に、さまざまな事情を抱えた人たちとの出会い、関わりによって、“普通の女の子”であるみね子が、殻を破って成長していく姿が描かれてきた。

スタッフ

脚本:岡田惠和

ひよっこ2キャスト

有村架純▽沢村一樹▽木村佳乃▽磯村勇斗▽和久井映見▽佐々木蔵之介▽ 三宅裕司▽白石加代子▽古谷一行▽宮本信子

ひよっこ2放送日

NHK
2019年3月放送予定。1話30分で全4話

「ひよっこ」続編決定にファン歓喜 内容は「近況報告」 有村架純のベルボトム姿も公開

有村架純さん(中央)ら「ひよっこ2」の出演者 (C)NHK
有村架純さん(中央)ら「ひよっこ2」の出演者 (C)NHK

 女優の有村架純さんが主演を務め、2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編となるスペシャルドラマが、来年春に放送されることが発表され、「やったー!!」「待ってました!!」「見ます!」「ぎゃああ! うれしいいい!」とファンから歓喜の声が上がっている。

 引き続き脚本を担当する岡田惠和さんは、1970年の東京・赤坂と奥茨城村が舞台となる続編の内容を「近況報告」と表現。「あれから2年たったみね子(有村さん)たちの日常のドラマ」「そんなに大きな変化はありません」「みんな元気です。みんな相変わらずです」「そんな『相変わらず』な幸せなドラマを書きました」と明かしており、有村さんがベルボトム姿を披露した新規ビジュアルも公開された。

 制作統括の菓子浩さんは「『続きが見たい!』『スピンオフはないの?』と朝ドラ終了後、たくさんのありがたいご声援をいただきました。その声が力となり、このたび続編の制作が決定しました。多忙ななか、再び『ひよっこ』のために集結していただいたキャストの皆さん。久しぶりに顔を合わせたのに息もピッタリです。来春、さらにパワーアップした『ひよっこ』ワールドをお届けできると確信しています。どうぞご期待ください!」と自信を見せていた。

有村架純の朝ドラ「ひよっこ」が復活! 全4話、SPドラマで19年3月放送へ

「ひよっこ」で主演を務める有村架純さん
「ひよっこ」で主演を務める有村架純さん

 女優の有村架純さんが主演を務め、2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編となるスペシャルドラマが制作されることが分かった。

 続編「ひよっこ2」は、前回から2年たった1970年の東京・赤坂と奥茨城村が舞台。おなじみの面々が繰り広げる心温まる物語となる。有村さんのほか、沢村一樹さん、木村佳乃さん、磯村勇斗さん、和久井映見さん、佐々木蔵之介さん、 三宅裕司さん、白石加代子さん、古谷一行さん、宮本信子さんらが出演し、脚本は岡田惠和さんが引き続き担当。2019年3月の放送予定で、1話30分で全4話放送する。

 有村さんは「この度『ひよっこ』がスペシャルで帰ってきます! 再びみね子を演じられる喜びと、キャストやスタッフの皆さんと再会できる喜びでいっぱいです。ありがとうございます。最終話からのその後の様子が描かれていきますが、相変わらずの『ひよっこ』ファミリーで、私の心もほっこ り、見てくださるみなさまの心もほっこりすることと思います。 『ひよっこ』色の強い楽しい楽しい作品を目指して。精いっぱい頑張りたいと思います。お楽しみに! 」とコメントを寄せている。

 「ひよっこ」は96作目の朝ドラで、「ちゅらさん」などの脚本家・岡田さんのオリジナル作。奥茨城の農家に生まれて、のんびりした少女に育った谷田部みね子(有村さん)が、出稼ぎで東京に行っていた父が行方不明になったことをきっかけに、集団就職で上京。高度経済成長期を背景に、さまざまな事情を抱えた人たちとの出会い、関わりによって、“普通の女の子”であるみね子が、殻を破って成長していく姿が描かれてきた。

2

/2

目次