ひよっこ2 ニュース

<インタビュー>有村架純「私は普通の人」 「ひよっこ」続編とみね子が改めて教えてくれたこと

「ひよっこ2」で主演を務める有村架純さん (C)NHK
「ひよっこ2」で主演を務める有村架純さん (C)NHK

 女優の有村架純さん主演で2017年に放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編「ひよっこ2」が25日から4夜連続で放送される。有村さん扮(ふん)するヒロインのみね子を中心に、愛らしいキャラクターたちが繰り広げる日常と、心の機微を丁寧に描いた「ひよっこ」の続編を心待ちにしていたファンも多いことだろう。前作について、「私は『ひよっこ』にすがっているつもりは全く無くて、本当にいい意味でちゃんと過去になっています」としながらも、続編では「『あ~、なんかこれがひよっこだな』っていう世界のままで、見てくださる方も『あ、これこれ』っていう気持ちになるんじゃないかな」とうれしそうに笑う有村さんに話を聞いた。

 ◇撮影は「中学聖日記」と前後 「完全にみね子になっちゃいけないと思った」

 「ひよっこ」は、「ちゅらさん」などの脚本家・岡田惠和さんのオリジナル作で、奥茨城の農家に生まれて、のんびりした少女に育った谷田部みね子(有村さん)が主人公。出稼ぎで東京へ行っていた父が行方不明になったのを機に、集団就職で上京。高度経済成長期を背景に、さまざまな事情を抱えた人たちとの出会い、関わりで、みね子が殻を破って成長していく姿が描かれてきた。

 続編「ひよっこ2」は1話30分の全4回で構成。みね子と前田秀俊(ヒデ、磯村勇斗さん)の結婚から2年後の1970(昭和45)年の秋が舞台。みね子の実家・谷田部家をはじめとする奥茨城の人々や赤坂の洋食屋「すずふり亭」の面々に加え、「乙女寮」の乙女たち、島谷(竹内涼真さん)や早苗(シシド・カフカさん)、「あかね荘」の元住人といったちょっぴり懐かしい顔ぶれが続々登場する「幸せな、近況報告」となる。

 撮影は昨年9月と12月、TBS系で同10月期に放送された有村さん主演の連続ドラマ「中学聖日記」と前後する形で進められたため、「自分の中で完全にみね子になっちゃいけないと思った」というが、「でも9月に撮影で茨城へ行った時に、あの場に立つと懐かしいなって思ったし、谷田部家のみんなも居て、この空間だなって思いましたね。やっぱり土地の力ってあって、先にロケに行けたのは良かったです」とほほ笑む。

 一方で有村さんは「『中学聖日記』が終わって、12月に入ってからスタジオ撮影が始まりますってなった時は演出の黒崎博さんから『声が違う』って怒られました。『早く戻ってきて』って」と苦笑い。「『中学聖日記』をそれまで4カ月やっていたので、役柄も全然違いますし、なかなかすぐには戻れないものなんだなって。面白かったのがリハーサルで、みんな(他の共演者)もちょっと違うんですよ。『誰ですか?』って感じで。時の流れもあるし、その間、皆さんいろいろな現場を経験してきたんだなってことが感じられて、面白かったです」と振り返る。

 ◇改めて感じた「ひよっこ」らしさ 「普通でいることって、ある意味すごいこと」

 有村さんが続編で改めて感じた「ひよっこ」らしさとは、どんなものだったのだろうか? 「『ひよっこ』って本当に日常を、日常の中の本当にピンポイントの部分を描いているというか。せりふに起こさなくてもいいんじゃないかっていうような会話もきちんとせりふに起こされていて、それはすごく『ひよっこ』らしいというか。本当に山も無いし谷も無い。これがひよっこの世界だなって」としみじみ。

 そんな世界観を持つ「ひよっこ」を見事にドラマとして成立させているのが脚本の岡田さんだ。有村さんも「それをドラマにできるってすごく難しいと思うんですよ、逆に」と認めていて、「だから岡田さんはすごいなって思うし、それが『ひよっこ』だなって」と実感する。

 日常を描いた「ひよっこ」で中心となる普通の女の子のみね子は、岡田さんが有村さんに当て書きしたキャラクターとしても知られるが……。

 有村さんは「岡田さんから見た私はこうなんだって思ったりもするんですけど」としつつ、「でも本当に的を射ているというか。『乙女寮』のみんなと同窓会をしている時にみね子が『自分は面白くもないし、変わってもいない。普通の人だ』っていうあのくだりは、まさに自分のことを言っているような感じがして。自分はまさにそういう人間だし、でも普通でいることって当たり前にできないというか。ある意味すごいことなのかもしれないなって思ったのが、台本を読んで感じたこと。普通でいられるって大切だなって思いました」と語っていた。

有村架純主演朝ドラ「ひよっこ」 総集編21日に3時間放送 続編「2」は25日から

朝ドラ「ひよっこ」と続編「ひよっこ2」の主演の有村架純さん
朝ドラ「ひよっこ」と続編「ひよっこ2」の主演の有村架純さん

 女優の有村架純さんが主演を務め、2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の総集編が3月21日に放送される。総集編は前編と後編の2本立て。続編「ひよっこ2」の放送を前に、約3時間にわたってドラマを振り返ることができる。

 「ひよっこ」総集編は前編が3月21日午前10時5分~同11時33分、後編が午後1時5分~同2時40分に放送。「ひよっこ2」は3月25~28日午後7時半に放送される。

有村架純、「中学聖日記」から「ひよっこ2」の“連投”に「大丈夫かなって思った」

「ひよっこ2」の試写会に登場した有村架純さん
「ひよっこ2」の試写会に登場した有村架純さん

 女優の有村架純さんが3月12日、東京・渋谷のNHKで行われた主演ドラマ「ひよっこ2」の試写会に登場。2017年に放送された同局の連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編で、再び主人公のみね子を演じる有村さんは、「私にとってとても大切な役ですし、1年という長い期間をかけて撮影していたので、なかなか(茨城弁の)イントネーションが抜けなかったりとか。そんなこと初めてだったので、それくらい(体に)染みこんでいる愛着のある役」と思いを明かした。

 有村さんは、昨年10月期に放送されたTBS系の連続ドラマ「中学聖日記」での演技も話題を集めた。「中学聖日記」の次が「ひよっこ2」の撮影だったといい、「全然違った役柄で大丈夫かなって思った」と正直に明かしつつ、「(みね子役は)やっぱり戻れるんですよね」としみじみ。さらに「もし『ひよっこ』の続きができるのであれば、また1、2年たったときに、根本は変わらないけど、大人の女性としてどういうふうになっているんだろうかって、楽しみな役だなって思います」と語っていた。

<試写会>有村架純「ひよっこ2」は“夜の朝ドラ” 「録画でも全然」と珍アピール

「ひよっこ2」の試写会に登場した有村架純さん(右)と脚本家・岡田惠和さん
「ひよっこ2」の試写会に登場した有村架純さん(右)と脚本家・岡田惠和さん

 女優の有村架純さんが12日、東京・渋谷のNHKで行われた主演ドラマ「ひよっこ2」の試写会に登場した。ドラマは2017年に放送された同局の連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編。25日から4夜連続で午後7時半から放送され、オープニングのタイトルバックに「夜の朝ドラ」と明記される。朝ドラ「ひよっこ」が夜に放送されることについて聞かれた有村さんは「録画でも全然(大丈夫)」と笑顔で珍アピール。同席した脚本家・岡田惠和さんが「ダメダメダメ!」と慌ててツッコミを入れる場面もあった。

 改めて有村さんは、「物理的なところで(リアルタイムで)見られない方もいらっしゃると思いますけど、(時間帯に)関係なく『ひよっこ』を愛してくださっている方、全員にぜひ見ていただきたいっていうのは本音としてあります」と思いを明かしていた。

予告編に懐かしい顔ぶれ続々! すずふり亭に異変? ほのかな恋心も…

有村架純さんがヒロインを務める「ひよっこ2」のポスタービジュアル (C)NHK
有村架純さんがヒロインを務める「ひよっこ2」のポスタービジュアル (C)NHK

 女優の有村架純さんが主演を務め、2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編となる「ひよっこ2」の予告編が公開された。ドラマの公式ホームページでは2分間のロングバージョンの視聴が可能。みね子(有村さん)の実家・谷田部家をはじめとする奥茨城の人々や赤坂の洋食屋「すずふり亭」の面々に加え、「乙女寮」の乙女たち、島谷(竹内涼真さん)や早苗(シシド・カフカさん)といった「あかね荘」の元住人も登場。ちょっぴり懐かしい顔ぶれのオンパレードとなっている。

 そのほか予告編では、秀俊(ヒデ、磯村勇斗さん)が「みね子さんと結婚して良かった~!」と叫んでいるシーンのほか、「すずふり亭に異変が」「突然のスキャンダル」「夫婦の危機!?」「ほのかな恋心」と気になるテロップも次々と挿入され、みね子の父・実(沢村一樹さん)が「子供でいてくれ、もう少し」と語りかける場面もある。

<ひよっこ2>ポスター&あらすじ公開 3月25日から4夜連続で

有村架純さんがヒロインを務める「ひよっこ2」のポスタービジュアル (C)NHK
有村架純さんがヒロインを務める「ひよっこ2」のポスタービジュアル (C)NHK

 女優の有村架純さんが主演を務め、2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編となる「ひよっこ2」のポスタービジュアルとあらすじが2月4日、公開された。ドラマは1話30分の全4回で構成され、3月25日から4夜連続で放送される。

 「ひよっこ」は96作目の朝ドラで、「ちゅらさん」などの脚本家・岡田惠和さんのオリジナル作。奥茨城の農家に生まれて、のんびりした少女に育った谷田部みね子が、出稼ぎで東京に行っていた父が行方不明になったことをきっかけに、集団就職で上京。高度経済成長期を背景に、さまざまな事情を抱えた人たちとの出会い、関わりによって、“普通の女の子”であるみね子が、殻を破って成長していく姿が描かれてきた。

 「ひよっこ2」のポスターはヒロインのみね子(有村さん)と秀俊(磯村勇斗さん)のツーショットで、みね子はウエディングドレス姿を披露。また物語は、みね子とヒデの結婚から2年後の1970年(昭和45年)の秋が舞台。みね子は、夫でコックの秀俊とともに、赤坂の洋食屋「すずふり亭」で働きながら、「あかね荘」でつつましい新婚生活を送っていた。夢は、いつか2人で店を持つこと。まるで家族のようなすずふり亭の仲間、個性的な商店街の人々、「あかね荘」の隣人や大家さん、大好きな友人らに囲まれ、毎日楽しく暮らしている。

 最近、少し気がかりなのは、すずふり亭の店主の牧野鈴子(宮本信子さん)の元気がないこと。鈴子の息子で料理長の省吾(佐々木蔵之介さん)や妻の愛子(和久井映見さん)も、すずふり亭の今後について心配していた。一方、みね子の故郷、奥茨城村では、高校2年生になった妹のちよ子(宮原和さん)が進路について悩み中で……というストーリー。脚本は岡田さんが引き続き担当する。

 「ひよっこ2」はNHK総合で3月25~28日午後7時半~同8時に放送される。

「ひよっこ」続編決定にファン歓喜 内容は「近況報告」 有村架純のベルボトム姿も公開

有村架純さん(中央)ら「ひよっこ2」の出演者 (C)NHK
有村架純さん(中央)ら「ひよっこ2」の出演者 (C)NHK

 女優の有村架純さんが主演を務め、2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編となるスペシャルドラマが、来年春に放送されることが発表され、「やったー!!」「待ってました!!」「見ます!」「ぎゃああ! うれしいいい!」とファンから歓喜の声が上がっている。

 引き続き脚本を担当する岡田惠和さんは、1970年の東京・赤坂と奥茨城村が舞台となる続編の内容を「近況報告」と表現。「あれから2年たったみね子(有村さん)たちの日常のドラマ」「そんなに大きな変化はありません」「みんな元気です。みんな相変わらずです」「そんな『相変わらず』な幸せなドラマを書きました」と明かしており、有村さんがベルボトム姿を披露した新規ビジュアルも公開された。

 制作統括の菓子浩さんは「『続きが見たい!』『スピンオフはないの?』と朝ドラ終了後、たくさんのありがたいご声援をいただきました。その声が力となり、このたび続編の制作が決定しました。多忙ななか、再び『ひよっこ』のために集結していただいたキャストの皆さん。久しぶりに顔を合わせたのに息もピッタリです。来春、さらにパワーアップした『ひよっこ』ワールドをお届けできると確信しています。どうぞご期待ください!」と自信を見せていた。

有村架純の朝ドラ「ひよっこ」が復活! 全4話、SPドラマで19年3月放送へ

「ひよっこ」で主演を務める有村架純さん
「ひよっこ」で主演を務める有村架純さん

 女優の有村架純さんが主演を務め、2017年に放送されたNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の続編となるスペシャルドラマが制作されることが分かった。

 続編「ひよっこ2」は、前回から2年たった1970年の東京・赤坂と奥茨城村が舞台。おなじみの面々が繰り広げる心温まる物語となる。有村さんのほか、沢村一樹さん、木村佳乃さん、磯村勇斗さん、和久井映見さん、佐々木蔵之介さん、 三宅裕司さん、白石加代子さん、古谷一行さん、宮本信子さんらが出演し、脚本は岡田惠和さんが引き続き担当。2019年3月の放送予定で、1話30分で全4話放送する。

 有村さんは「この度『ひよっこ』がスペシャルで帰ってきます! 再びみね子を演じられる喜びと、キャストやスタッフの皆さんと再会できる喜びでいっぱいです。ありがとうございます。最終話からのその後の様子が描かれていきますが、相変わらずの『ひよっこ』ファミリーで、私の心もほっこ り、見てくださるみなさまの心もほっこりすることと思います。 『ひよっこ』色の強い楽しい楽しい作品を目指して。精いっぱい頑張りたいと思います。お楽しみに! 」とコメントを寄せている。

 「ひよっこ」は96作目の朝ドラで、「ちゅらさん」などの脚本家・岡田さんのオリジナル作。奥茨城の農家に生まれて、のんびりした少女に育った谷田部みね子(有村さん)が、出稼ぎで東京に行っていた父が行方不明になったことをきっかけに、集団就職で上京。高度経済成長期を背景に、さまざまな事情を抱えた人たちとの出会い、関わりによって、“普通の女の子”であるみね子が、殻を破って成長していく姿が描かれてきた。