メゾン・ド・ポリス ニュース

水谷果穂「メゾン・ド・ポリス」にゲスト出演 “とと姉ちゃん”高畑充希と再会

連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第6話にゲスト出演する水谷果穂さん
連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第6話にゲスト出演する水谷果穂さん

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)の第6話(2月15日放送)に、女優の水谷果穂さんがゲスト出演する。2016年のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で高畑さんと共演した水谷さんは、今回、シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」で暮らす、退職警官のおじさまの一人である高平(小日向文世さん)の娘・小梅を演じる。

 ドラマには、小日向さんのほか、西島秀俊さん、野口五郎さん、角野卓造さん、近藤正臣さんといったベテラン俳優が出演。水谷さんは、オファーをされたときについて「毎週楽しみにしていた作品でしたし、お父さん役の小日向文世さんをはじめとするベテランの先輩方の中でお芝居することはなかなかできない経験だと思ったので、気合が入りました!」とコメント。

 撮影では「主演の高畑さんとは『とと姉ちゃん』で少しだけ現場が一緒だったのですが、ほかの方々とは初対面で……緊張するかと思ったのですが、皆さん気さくに話しかけてくださり、最後の方は親戚の家にいるかのような、とても居心地のいいずっとこの場所にいたいなと思えた空間でした。アドバイスをいただいたり、いろいろなアイデアでどんどん面白いシーンが作られていく様子を間近でみたりして、勉強になることばかりでした」と振り返り、「可愛らしく憎めない小梅ちゃんになるように演じたので、ぜひ楽しんでいただきたいです!」とアピールしている。

<ドラマ紹介>「メゾン・ド・ポリス」 高畑充希が刑事役初挑戦 おじさまたちと事件を解決? 第1話あらすじも

連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の第1話場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の第1話場面写真 (C)TBS

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)が1月11日スタート。高畑さん扮(ふん)する新米刑事が、退職警官だけが暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありのおじさまたちに振り回されながら事件を解決していく、1話完結ドラマだ。高畑さんは今回、トレードマークだったロングヘアを約20センチカットして初の刑事役に挑む。

 原作は加藤実秋さんの小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫)。高畑さんは警視庁柳町北署刑事課・巡査部長の牧野ひより役。西島秀俊さんが2年前まで警視庁捜査1課の敏腕刑事だったが、今はエプロン姿でメゾン・ド・ポリスの雑用係を務める夏目惣一郎役。小日向文世さん、野口五郎さん、角野卓造さん、近藤正臣さんといったおじさま俳優が脇を固める。

 第1話は15分拡大版。ひより(高畑さん)は念願かなって刑事課に配属され、やる気満々。ある日、人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされ、捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がかりを探るべく、5年前の「デスダンス事件」を担当した元刑事・夏目(西島さん)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れる。

 洋館には、夏目のほかに、元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤さん)、ジャージ姿で新聞を読んでいる現場主義で元所轄の熱血刑事・迫田保(角野さん)、キザな口調でひよりに迫る元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口さん)、管理人として家事全般を担当する元警務課勤務・高平厚彦(小日向さん)がいる。今は一般人のおじさまたちが捜査に介入しようとすることにひよりは慌てるが……というストーリー。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

高畑充希、スーツ姿×ショートヘアで「強くなれた気がします」 初の刑事役に挑戦 <記者会見>

連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の記者会見に登場した高畑充希さん
連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の記者会見に登場した高畑充希さん

 女優の高畑充希さんが1月6日、東京都内で行われた、11日スタートの主演連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)の記者会見に登場。本作で初めて刑事役を演じる高畑さんは、「(劇中で)スーツを着て、髪を短くして、黄色のダウンを着て、強くなれた気がします」と明かしていた。

 高畑さんはこの日、20センチカットしたショートボブにスーツ姿で登場。ショートヘアについて、「(主人公の牧野)ひよりがどういう人が分からなくて、女の子っぽくないイメージだったので、パツンと短くしました」と明かし、「シャンプーが3分の1になって、人生で一番無駄だと思っていたドライヤーの時間が短くなったので、すがすがしい気持ちです」と冗談めかして話し、会場の笑いを誘っていた。

 会見には、本作で牧野ひよりを育成する退職警察官を演じる西島秀俊さん、小日向文世さん、野口五郎さん、角野卓造さん、近藤正臣さんも登場。西島さんは「充希ちゃんとは、(NKHの連続テレビ小説)『とと姉ちゃん』で父親だったんです。今回は刑事になった女性を全員で、父親代わりに育てていくドラマでもあります。優しく、時には厳しく指導して、立派な刑事に育てていきたいと思います」と語っていた。

高畑充希、主演ドラマで“おじさま”たちと共演 「“おじキュン”っていう言葉はやらせたい」 <記者会見>

連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の記者会見に登場した(左から)野口五郎さん、角野卓造さん、西島秀俊さん、高畑充希さん、近藤正臣さん、小日向文世さん
連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の記者会見に登場した(左から)野口五郎さん、角野卓造さん、西島秀俊さん、高畑充希さん、近藤正臣さん、小日向文世さん

 女優の高畑充希さんが1月6日、東京都内で行われた、11日スタートの主演連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)の記者会見に、共演の西島秀俊さんらと登場。ドラマは、高畑さん演じる主人公の刑事が、退職警察官の“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく刑事ドラマで、西島さんは「(おじさまたちの)普段のだらだらしている姿と、捜査をしている姿がギャップがあります」と語り、高畑さんは「おじさま方がすてきで、どんなタイプもいらっしゃるので、誰でもお好きな方が見つかると思っています」とアピールしていた。

 また、高畑さんは「“おじキュン”っていう言葉をはやらせたいんですけど、今のところ、私しか使っていない」と苦笑交じりに話していた。

 会見には、ドラマで“おじさま”を演じる小日向文世さん、野口五郎さん、角野卓造さん、近藤正臣さんも登場した。

高畑充希、ロングヘアを20センチばっさり 自ら提案し「メゾン・ド・ポリス」撮入

ボブヘアで連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」にクランクインした高畑充希さん =TBS提供
ボブヘアで連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」にクランクインした高畑充希さん =TBS提供

 2019年1月スタートの連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)に主演する女優の高畑充希さんが、トレードマークだったロングヘアを20センチほどばっさり切り、ボブヘアでクランクインしたことが11月26日、分かった。初の刑事役に挑む高畑さんが、原作と脚本を読み、自ら監督に提案。「すごく気持ちがスッキリして、スーツを着ると『よし、ひよりだぁ!』とスイッチが入る気がします」とコメントしている。

 ドラマは、加藤実秋さんの小説「メゾン・ド・ポリス」(角川文庫)シリーズが原作。 高畑さん演じる主人公の刑事・牧野ひよりが、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やら“ワケあり”の“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく1話完結の刑事ドラマ。西島秀俊さん、小日向文世さん、野口五郎さん、角野卓造さん、近藤正臣さんが共演する。

 併せて、西田尚美さんが柳町北署の鑑識係でひよりの相談相手の杉岡沙耶役、竜星涼さんが買い物コーディネーターとしてメゾンに出入りする瀬川草介役、木村了さんがひよりの先輩刑事・原田照之役、戸田昌宏さんが柳町北署刑事課長の新木幸司役を務めることも発表された。

 ◇高畑充希さんのコメント

 今回、ひよりという役をやらせていただくことになり、髪を20センチくらい切りました。最初に原作や台本を読んだ時に、ひよりはいい意味で“個性がない”女の子だな、と思いました。どんな人なんだろう、と、監督はじめスタッフの方々と相談しているうちに「バッサリいくのもいいね」とみんなで盛り上がり、バッサリと(笑い)。いざ切ってみるとすごく気持ちがスッキリして、スーツを着ると「よし、ひよりだぁ!」とスイッチが入る気がします。

 先日リハーサルで、共演させていただく方々と顔を合わせることができたのもあって、違和感や変な緊張感なくクランクインを迎えられました。みなさんめちゃくちゃ楽しい方ですし、何でも受け止めてくださるので、すごく穏やかな気持ちで現場にいます。

 西島さんとは朝ドラで親子役だったんですが、その時は1シーンしかご一緒できなくて。でも今回はタッグを組んで捜査できるので、すごくうれしいです。リハーサルでは「役の距離感が近い」と、監督に叱られてしまいました(笑い)。序盤は仲の悪い設定なので、頑張って仲悪くやらなきゃって思ってます(笑い)。

TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供

高畑充希、TBSドラマ初主演で刑事役初挑戦 西島秀俊ら豪華“おじさま”俳優と共演

2019年1月から放送される連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の主演を務める高畑充希さん
2019年1月から放送される連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の主演を務める高畑充希さん

 女優の高畑充希さんが、2019年1月から放送される連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)に主演することが10月20日、明らかになった。高畑さんは同局の連続ドラマにレギュラー出演するのは07年10月~08年3月に放送された「3年B組金八先生」第8シリーズ以来、10年ぶり。同局の連続ドラマで主演するのは初めて。高畑さんは、刑事役初挑戦で主人公の刑事・牧野ひよりを演じる。西島秀俊さん、小日向文世さん、野口五郎さん、角野卓造さん、近藤正臣さんといった“おじさま”俳優の出演も発表された。

 ドラマは、加藤実秋さんの小説「メゾン・ド・ポリス」(角川文庫)シリーズが原作。今年1月に発売された「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」は、5度重版がされるなどの人気作で続編の「メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視」が今月24日に発売される。

 高畑さん演じる主人公で刑事の牧野ひよりが退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やら“ワケあり”の“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく一話完結の刑事ドラマ。ひよりは、西島さん演じる2年前までは警視庁捜査1課の敏腕刑事だったが、現在はエプロン姿でメゾンの使用人を務める夏目惣一郎とコンビを組んで捜査する。

 小日向さんは警官時代は事務畑一筋で現在はメゾンの管理人を勤める高平厚彦、野口さんは元科学捜査研究所勤務の博士で白衣がトレードマークのインテリ紳士・藤堂雅人、角野さんは定年退職と同時に妻から離婚を切り出された元所轄刑事の迫田保、近藤さんはメゾンの大家の伊達有嗣(ありつぐ)を、それぞれ演じる。