メゾン・ド・ポリス あらすじ

メゾン・ド・ポリスあらすじ

 ドラマ「メゾン・ド・ポリス」は、加藤実秋さんの小説「メゾン・ド・ポリス」(角川文庫)シリーズが原作。女優の高畑充希さんが主演を務める。高畑さんは同局の連続ドラマにレギュラー出演するのは07年10月~08年3月に放送された「3年B組金八先生」第8シリーズ以来、10年ぶり。同局の連続ドラマで主演するのは初めて。高畑さんは、刑事役初挑戦で主人公の刑事・牧野ひよりを演じる。西島秀俊さん、小日向文世さん、野口五郎さん、角野卓造さん、近藤正臣さんといった“おじさま”俳優の主演も発表された。

 高畑さん演じる主人公で刑事の牧野ひよりが退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やら“ワケあり”の“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく一話完結の刑事ドラマ。ひよりは、西島さん演じる2年前までは警視庁捜査1課の敏腕刑事だったが、現在はエプロン姿でメゾンの使用人を務める夏目惣一郎とコンビを組んで捜査する。

 小日向さんは警官時代は事務畑一筋で現在はメゾンの管理人を勤める高平厚彦、野口さんは元科学捜査研究所勤務の博士で白衣がトレードマークのインテリ紳士・藤堂雅人、角野さんは定年退職と同時に妻から離婚を切り出された元所轄刑事の迫田保、近藤さんはメゾンの大家の伊達有嗣(ありつぐ)を、それぞれ演じる。

「メゾン・ド・ポリス」のあらすじ

<ドラマ紹介>「メゾン・ド・ポリス」 高畑充希が刑事役初挑戦 おじさまたちと事件を解決? 第1話あらすじも

連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の第1話場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の第1話場面写真 (C)TBS

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)が1月11日スタート。高畑さん扮(ふん)する新米刑事が、退職警官だけが暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありのおじさまたちに振り回されながら事件を解決していく、1話完結ドラマだ。高畑さんは今回、トレードマークだったロングヘアを約20センチカットして初の刑事役に挑む。

 原作は加藤実秋さんの小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫)。高畑さんは警視庁柳町北署刑事課・巡査部長の牧野ひより役。西島秀俊さんが2年前まで警視庁捜査1課の敏腕刑事だったが、今はエプロン姿でメゾン・ド・ポリスの雑用係を務める夏目惣一郎役。小日向文世さん、野口五郎さん、角野卓造さん、近藤正臣さんといったおじさま俳優が脇を固める。

 第1話は15分拡大版。ひより(高畑さん)は念願かなって刑事課に配属され、やる気満々。ある日、人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされ、捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がかりを探るべく、5年前の「デスダンス事件」を担当した元刑事・夏目(西島さん)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れる。

 洋館には、夏目のほかに、元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤さん)、ジャージ姿で新聞を読んでいる現場主義で元所轄の熱血刑事・迫田保(角野さん)、キザな口調でひよりに迫る元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口さん)、管理人として家事全般を担当する元警務課勤務・高平厚彦(小日向さん)がいる。今は一般人のおじさまたちが捜査に介入しようとすることにひよりは慌てるが……というストーリー。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

メゾン・ド・ポリスTBS系
2019年1月11日から毎週金曜午後10時放送