トレース~科捜研の男~ ニュース

<SNS反響>“サイコパス”千原ジュニアに視聴者「狂気すぎる!」 “真野”錦戸亮が知った“真実”には…

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のメインビジュアル
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のメインビジュアル

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の最終話が3月18日、90分スペシャルで放送された。刑事部長の壇を怪演した千原ジュニアさんに、SNSでは「狂気すぎてやばい」「サイコパス演技がうまくて驚き」「クレイジー!」「演技がすごすぎて、千原ジュニアを嫌いになりそう」という多数の声が上がり、盛り上がりを見せた。

 最終話では、科捜研法医科に所属する法医研究員の真野礼二(錦戸さん)の家族が殺害された「武蔵野一家殺人事件」の“真実”が、壇の口から語られると「しんどすぎる」「つらすぎる」という声が上がった。また、真野を手助けしようとする捜査一課の刑事・虎丸(船越英一郎さん)の姿には「感動しちゃう」「真野と虎丸のラブストーリーのようだ」という声もあった。

錦戸亮、“月9”主演ドラマ撮了 「打ち上げで楽しいお酒飲めたら」 最終回は「真野君なりの答えが出る」

“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」で主演を務める錦戸亮さん (C)フジテレビ
“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」で主演を務める錦戸亮さん (C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんがこのほど、自身が主演を務めるフジテレビ“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)のクランクアップを迎えた。警視庁科学捜査研究所(科捜研)の法医研究員・真野礼二を演じた錦戸さんは、撮影を終え、「去年11月下旬から始まった撮影ですが、この1週間は皆さん本当にきつかったと思います。やっと今日解放されます!」と笑顔でコメント。最後の撮影は早朝に都内で行われ、「朝早いクランクアップで、今日は天気もいいですし、気持ち良く終えることができました」と語った。

 撮影を終えた錦戸さんは、「無事に全ての撮影が終わり、編集も滞りなく進んで、打ち上げで楽しいお酒が飲めたらいいなと思っています。その時は皆さん乾杯してください。お疲れ様でした!」とあいさつ。クライマックスシーンを撮影した2日間が最も印象に残っているといい、「体力的にも大変でしたが、とても緊迫したシーンだったので、いい緊張感の中で臨むことができました」と振り返った。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ


 最終話について、「家族を殺害したのは誰なのかをずっと捜し続けてきて、真野君なりの答えが出ると思います。しんどい事実かもしれませんが、皆さんも一緒に受け止めていただけるとうれしいです」とメッセージを送った。

 この日は、刑事・虎丸良平を演じた船越英一郎さんもクランクアップ。船越さんはキャスト、スタッフを前に「本当に皆さん、お疲れ様でした! 撮影が終わった今の感想は、うれしい!」と声を上げると、現場は笑いに包まれた。続けて、「でもうれしい以上に、皆さんと別れるのが寂しい! これに尽きます。本当にそんなふうに思わせてくれる現場を作ってくださった皆さんに、心から感謝しています。ありがとうございました!」と語った。

ヒロイン新木優子撮了 「SUITS/スーツ」から連投も「すごく貴重な機会」

“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演の(左から)「関ジャニ∞」の錦戸亮さん、新木優子さん、船越英一郎さん(C)フジテレビ
“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演の(左から)「関ジャニ∞」の錦戸亮さん、新木優子さん、船越英一郎さん(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)で、科学捜査研究所(科捜研)の新人法医研究員・沢口ノンナを演じた新木優子さんがこのほど、クランクアップした。新木さんは「SUITS/スーツ」と今作の月9ドラマに連投。「『月9』から『月9』に出演というのも、すごく貴重な機会をいただいたと思います。もちろん大変ではありましたけど、気合も入りました」とコメントしている。

 新木さんは、4カ月にわたった撮影について「あっという間の4カ月でした。今までいろいろなドラマに参加させていただきましたが、この『トレース~科捜研の男~』は現場にいる時間も長く、『沢口ノンナ』という役で過ごす時間が長かったので、自分の中でこの4カ月間、ノンナのことを考えている時間がとても濃いものでした。その分、とても充実していました。みんなで一緒になって同じ方向を向いて作品を作って、亥年ですし脇目も振らずに猪突(ちょとつ)猛進、走り抜けてきたなって思います」と振り返っている。

 また、主人公・真野役の錦戸さんと虎丸役の船越英一郎さんとの共演については「今回ヒロインとして出演させていただくにあたって、錦戸さんと船越さんがとても物腰柔らかく、柔軟に私の存在を受け止めてくださいました。お二人に本当に助けていただいたなと思います」と語った。

 最終話については「1話からたくさんの方に見ていただきましたが、最終話はいよいよ真野さんの過去が明らかになり、真野さん自身の真実のカケラを見つけられるのか、見ていただきたいですね。また、月9らしいノンナの恋路も描いていただいたので、その部分も楽しみにしていただけたらうれしいです。『トレース』らしい最後になっているので、ぜひ楽しみにしていただきたいなと思います」と見どころを語っている。最終話は、18日午後9時から90分スペシャルで放送。

最終話のクライマックスシーン公開 錦戸亮が涙を流しながら銃を…

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第11話のシーンカット=フジテレビ提供
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第11話のシーンカット=フジテレビ提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが主演する“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の最終話となる第11話(3月18日放送)の新場面写真が公開された。警視庁科学捜査研究所(科捜研)法医科に所属する主人公・真野礼二(錦戸さん)が廃業した映画館で、家族が殺害された事件に関わる重要人物と対峙(たいじ)し、涙を流しながら銃を構える……という場面。

 同シーンで錦戸さんは、怒り、絶望、悲しさ、悔しさといった真野の感情をすべて表現。撮影は未明にまで及んだという。虎丸良平役の船越英一郎さんは、錦戸さんの演技について「亮ちゃんは、テストから本番まで全部涙を流していたよね。これって俳優にとって難しいことなんだよ。すごいよ!」と絶賛している。

 「トレース~科捜研の男~」第11話は、3月18日午後9時から90分スペシャルで放送。

最終話のシーン公開 千原ジュニアが錦戸亮を視察… せりふ“大幅増”に嘆き

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第11話のシーンカット=フジテレビ提供
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第11話のシーンカット=フジテレビ提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の最終話となる第11話(3月18日放送)のシーンカットが公開された。警視庁科学捜査研究所(科捜研)法医科に所属する主人公・真野礼二(錦戸さん)のもとに、真野の過去に大きな関わりを持つ警視庁刑事部長の壇浩輝(だん・ひろき、千原ジュニアさん)が視察に来るという場面で、2人が初めて直接顔を合わせる緊迫シーンが写し出されている。

 3月上旬に、科捜研のセットで同シーンの撮影が行われた。千原さんはこれまで他のキャストと絡むことはなく、ほぼ一人で撮影をしてきた。科捜研のセットに入った千原さんは「テレビで見たところや~」とちゃめっ気たっぷりに語り、錦戸さんや沢口ノンナ役の新木優子さんら科捜研のメンバーから拍手で迎えられたという。撮影が始まると、千原さんは一転して“不気味な壇刑事部長”の姿を見せたという。

 これまで、壇刑事部長のせりふはほとんどなかったが、同シーンはせりふが多いといい「ちょっと思ってた以上にせりふが多いですね。もうちょっとせりふはまんべんなく散らしてほしかったですね(笑い)。最後にきてこんな詰め込まれるのかと、もうびっくりですよ」とコメント。
 
 最終回の壇の見どころについては「壇は非常に理解しがたい人格なので、逆にそのあたりを楽しんでいただけたらと思いますね。誰も感情移入することができない人物だと思いますので。万が一、感情移入できた場合は、即、ご家族に相談してください」と語っている。

「科捜研の女」の相馬涼役、長田成哉がゲストに 出演に「え!? っと思った」

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演する長田成哉さん =フジテレビ提供
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演する長田成哉さん =フジテレビ提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第9話(3月4日放送)に、テレビ朝日の連続ドラマ「科捜研の女」で研究員の相馬涼を演じた長田成哉さんがゲスト出演する。長田さんは本作では、殺人事件の被害女性の婚約者で、会社員の関口章太郎を演じる。

 長田さんはゲスト出演について、「え!? っと思いましたね(笑い)。『科捜研の女』と物語は全く別のドラマですが、タイトルを聞いたときはドキッとしました」と苦笑い。本作では会社員を演じるが、「僕はこれまでずっと調べていたほうなので、今回はすごく難しかったです。撮影していると、これを調べれば真実が分かるな……と思ったりもしました(笑)」と明かしている。

 ◇長田成哉さんのコメント

 ――トレースはご覧いただいていますか?

 はい、見ています! もともと原作を読んでいて、好きなマンガだったんです。ドラマ化するんじゃないかな? と思っていたんです。ドラマもすごくいいですよね。僕も“科捜研”でしたから(笑い)。「トレース」も鑑定をして事件の真相を究明するというドラマで、よく作り込まれていると思います。

 ――お気に入りのキャラクターはいますか?

 船越さんが演じられている虎丸ですね。共演して、やっぱりすごくかっこいいなと思いました。革のコートを着て船越さんが立っていると、存在感が半端ないなって思いましたよ!

 ――「科捜研の女」に5年出演され、今回は科捜研の“男”ですが、出演のオファーを受けた時は。

 えっ!?と思いましたね(笑い)。どうしたものかなと思ったんですけど(笑い)。「科捜研の女」と物語は全く別のドラマですが、タイトルを聞いたときはドキッとしました(笑い)。科捜研の男かーと(笑い)。

 ――周りの方から反応はありましたか?

 実は、「トレース」に出演が決まる随分前から、友人から“科捜研の男に出ないの?”とは言われていました、冗談で(笑い)。

 ――科捜研の女のご出演者からは?

 いや、まだお話していないので(笑い)。ちょっとビビってますけど(笑い)。でも幸い、今回は少し役柄が違いますからね。

 ――今回は研究員ではなく会社員いう役どころですが?

 僕はこれまでずっと調べていたほうなので、今回はすごく難しかったです。撮影していると、これを調べれば真実が分かるな……と思ったりもしました(笑い)。やっぱりどうやったって僕はあの「科捜研の女」は切り離せないんだなと思っちゃいました。

美山加恋、13年ぶり“月9”出演 「大人になったねと思ってもらえたら」

「トレース~科捜研の男~」にゲスト出演する美山加恋さん(C)フジテレビ
「トレース~科捜研の男~」にゲスト出演する美山加恋さん(C)フジテレビ

 女優で声優の美山加恋さんが、人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第9話(3月4日放送)にゲスト出演することが2月25日、明らかになった。「危険なアネキ」以来約13年ぶりの“月9”出演で、当時は子役だった美山さんは「大人になったねと思ってもらえたらうれしいです」とコメントしている。

 美山さんは「僕と彼女と彼女の生きる道」(2004年1月期フジテレビ系)で小柳凛を演じ、舞台「神様の観覧車」(12年)で初主演。アニメ「プリキュア」(ABC・テレビ朝日系)シリーズの第14作「キラキラ☆プリキュアアラモード」(18~19年放送)では宇佐美いちか(キュアホイップ)を演じて話題になった。

 また、和田正人さんもゲスト出演し、“月9”デビューを果たす。和田さんは暴力団がらみの抗争に巻き込まれて人を殺した富樫康太(とがし・こうた)、美山さんは富樫の交際相手だった胡桃沢綾乃(くるみざわ・あやの)を演じる。第9話は、7年間服役して仮出所した富樫がかつて交際していた綾乃の自宅アパートを訪れ……というストーリー。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

 ◇美山加恋さんのコメント

 ――出演オファーを受けたときの感想は?

 びっくりしましたが、すごくうれしかったです。最近は声優のお仕事が多かったので、久々にテレビドラマの現場に入り、楽しい場所だなと再確認しています。お話がお話なので、重たい現場なのかなと思っていたのですけれど、意外なことに全然そんなことはなくて。お話とは違って現場はとても楽しいです。初めてお仕事をする方もたくさんいらっしゃったんですけど、皆さん楽しくやっていらっしゃるので自然と現場に入れました。

 ――約13年ぶりの“月9”ですが、この枠への思いなどありますか。

 “月9”は皆さんがすごく期待している枠なので、いろんな世代の方が楽しみにしていると思うんです。自分も「また出演したいな」と思ってました。「危険なアネキ」の時も皆さんに楽しんでもらえてうれしかったので、またそんな経験ができればいいなと思っています。その時は小学生だったので、改めて自分は大人になったんだなとテレビドラマで気付かされるというのは、不思議な気分ですね(笑い)。

 ――(今回演じるのは)事件に巻き込まれて殺害されてしまう綾乃です。役への取り組み方は?

 綾乃は可愛そうな女の子ですが、それは偶然に起こってしまったことで、彼女自身は自然体でたくましく生きている女の子です。死んでしまって悲しい子というよりは、頑張って生きた子だねと思ってもらえるように演じました。和田さんとの共演は初めてでしたが、すごくフレンドリーな方で、たくさん助けてもらいました。

 ――視聴者の方へメッセージをお願いします。

 たくさんの方が見てくださっているドラマなので、期待を裏切らないように頑張りたいです! 久々に私を見たという方にも、大人になったねと思ってもらえたらうれしいです。自分自身もこのドラマをすごく楽しみにしていて、放送を楽しみにしています(笑い)。皆さんもこの作品を楽しんでいただけたらうれしいです。

 ◇和田正人さんのコメント

 ――「トレース~科捜研の男~」は見ていますか?

 見ていますよ。シリアスな作品なのかなという印象があったのですが、思ったよりコミカルな部分もあって、幅広い視聴者の方に楽しんでいただけるドラマだなと思いました。

 ――初の“月9”出演です。

 やはり子供のころから見ていましたし、誰もが知っている枠ですよね。初めての“月9”でしたが、現場に入ったらスタッフの皆さんがすごく真剣で、かつ和気あいあいとしていて。僕はゲスト出演なので、1週間くらいしか撮影には参加しないのですが、温かく迎え入れてくれました。僕はフジテレビの連続ドラマに出演するのは、(『インディゴの夜』以来)9年ぶりになるんですよ。だから“月9”に出演したという思いよりも、フジテレビのドラマに久しぶりに帰ってきたなという感じですね。当時のスタッフさんもいらっしゃって、「久しぶりだね!」と声をかけてくださったり、懐かしいです。

 ――さまざまな過去を背負った富樫をどのようにとらえて演じましたか?

 富樫の根底には、社会や他人に対する怒りがあります。その中で唯一、ひとりの女性と出会うことで救われていくのが大きな軸だと思っています。結果、それで彼女は亡くなってしまうのですが……。最後の最後に富樫も救われ、それによって真野に対してもひとつの救いのようなものがこの事件をきっかけに伝わっていくんですよね。今回は1話だけのゲストとしての出演ですが、物語の縦軸として一つの大きな影響を与えなければならない重要な役です。責任があるという自覚はもちろんあります。愛する人が亡くなるという不条理、殺されてしまう悲しみを、一つ一つ大切に演じたいと思っています。

 ――視聴者の方へメッセージをお願いします。

 久々にフジテレビの連続ドラマに関わらせていただけるということの喜びをしっかりとかみしめながら、この作品に少しでも貢献できるように頑張りたいと思います! 第9話を楽しみにしていてください。

<SNS反響>AAA宇野実彩子登場に「天使」「目の保養」とファン興奮

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第7話にゲスト出演した「AAA」の宇野実彩子さん(一番右)=フジテレビ提供
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第7話にゲスト出演した「AAA」の宇野実彩子さん(一番右)=フジテレビ提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第7話が2月18日に放送され、「AAA(トリプル・エー)」の宇野実彩子さんがゲスト出演した。宇野さんは、東京都議会議員・伊集院和明(徳重聡さん)の車が起こした交通事故を捜査する所轄の刑事・柏原依子役で登場。SNSでは「可愛い!」「天使」「目の保養」といった声で盛り上がりを見せた。

 刑事役に初挑戦した宇野さん演じる柏原は、警視庁科学捜査研究所(科捜研)の法医科に所属する法医研究員・真野礼二(錦戸さん)と沢口ノンナ(新木優子さん)、捜査1課の刑事・虎丸良平(船越英一郎さん)と一緒に事故の真相を追い求めて捜査。視聴者は「歌っているときと、雰囲気が違う!」「キリッとした役が新鮮」「刑事姿かっこいい!」などの声もあった。

E-girls石井杏奈、「トレース」で“月9”デビュー 事件の真相解決を依頼する人気女優役

“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演する石井杏奈さん =フジテレビ提供
“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演する石井杏奈さん =フジテレビ提供

 女性ダンス&ボーカルグループ「E-girls(イーガールズ)」の石井杏奈さんが、人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第8話(2月25日放送)にゲスト出演することが2月18日、分かった。石井さんは“月9”ドラマ初出演。事件の真相解決を依頼する、人気女優を演じる。

フジテレビ提供
フジテレビ提供



 石井さんはドラマ出演について「『トレース~科捜研の男~』は1話から毎週欠かさず見ていたので、自分が出演することへの驚きもありました。でも、月9への憧れもあったので月9の世界にお邪魔することができとてもうれしかったです!」と喜びのコメント。「台本を読み、そこにたくさんの愛が詰まっていて涙が流れました」と語っている。

 第8話では、幼い頃に児童養護施設で育った橋本梨央(石井さん)には、同じ施設で暮らしていた御手洗治と根岸秀司の2人の幼なじみがいたが、ある日、御手洗が根岸を殺害して自首。梨央は仲の良い2人が事件を起こすはずがないとして、真相を明らかにしてほしいとノンナに訴え……という内容。

新木優子、プライベートは「アクティブな女」? 休日にアスレチックへ

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のトークイベントに出席した新木優子さん
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のトークイベントに出席した新木優子さん

 モデルで女優の新木優子さんが2月17日、東京・お台場のフジテレビで行われた、“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)のトークイベントに出席。ドラマのサブタイトルにちなみ、自身を「アクティブな女」と明かし、「お休みをいただくと、友達と約束して温泉行ったり、この間もアスレチックに行ったり」と話していた。

 トークイベントには、人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんらも参加。「アスレチック」という回答に、錦戸さんらが首をかしげていると、新木さんは「楽しいじゃないですか、アスレチック。ターザンロープの大人向けみたいので、すごく遠いのがあって」と魅力を語っていた。また、「家でも座ったらすぐに立つって言われます。気になって、ずっと動いちゃう。ドライブで運転したりするのも好きで、時間を有効活用したいと思ってしまって、家族でも一番動いてしまう」と明かしていた。

 また、撮影中の空き時間の過ごし方について聞かれると、「前室に女子がたくさんいて、女子トークというか、最近のおいしいものの話しとか。あとテレビをつけて、みんなで家の中のように過ごしています」とにっこり。女子トークに参加している、岡崎紗絵さんは「新木さんは何かしらもぐもぐ食べていることが多いですね」とにこやかに話していた。

錦戸亮、「トレース」楽屋に寝袋持ち込み… プライベートでは“洗濯の男”に?

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のトークイベントに出席した錦戸亮さん
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のトークイベントに出席した錦戸亮さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが2月17日、東京・お台場のフジテレビで行われた、主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)のトークイベントに出席。観覧者の質問に答える企画が行われ、空き時間の過ごし方について聞かれ、「いつも寝袋を持ち込んでいるので、1時間ぐらい空いたら、寝ていますね」と明かしていた。

 また、「自身を『○○の男』と例えるなら?」という質問に錦戸さんは「休みの日に1日中洗濯機を回していたので、“洗濯の男”」と話し、「どんどんたまっていくから、オフだったのに、ずっと回していました。34歳の1人なんて、そんなもんですよ」と自虐的に語り、周囲を笑わせていた。

 この日は、錦戸さん、新木優子さん、船越英一郎さんの3人で、第7話(18日)に放送される副音声の公開収録を実施。錦戸さんは「(話すことに)迷いながら、1時間が終わってしまいました」と感想を語っていた。収録後にトークイベントが行われ、3人に加えて小雪さん、山崎樹範さん、岡崎紗絵さん、遠山俊也さんも登場した。

AAA宇野実彩子、“月9”刑事役初挑戦でスーツ姿披露 船越英一郎と“タッグ”

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第7話に出演する「AAA」の宇野実彩子さん(C)フジテレビ
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第7話に出演する「AAA」の宇野実彩子さん(C)フジテレビ

 男女6人組ユニット「AAA(トリプル・エー)」の宇野実彩子さんが、フジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)の第7話(2月18日放送)に出演することが2月11日、分かった。宇野さんが同枠に出演するのは、2017年10月期に放送された「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」以来、約1年3カ月ぶり。

 今回は、パンツスーツに身を包んだ交通課の刑事・柏原依子(よりこ)を演じ、東京都議会議員の伊集院和明(徳重聡さん)の秘書が起こした交通事故について、捜査1課の刑事・虎丸良平(船越英一郎さん)と共に捜査を進めていく。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

 ◇宇野実彩子さんのコメント

 --1年3カ月ぶりの月9ですが、今回の現場はいかがですか?

 「トレース~科捜研の男~」はこれまで見ていてとても好きなドラマなので、この作品に出させていただけて、現場の中に入ることができてうれしいです。

 --初めての刑事役ですが、演じてみての感想を。難しかったところなどありますか?

 刑事役は初めてで、事故の状況説明や専門用語もあるので、そこは難しいなと思いながら演じています。分かりやすく事故現場を説明することがカギになってくると思うので、大事に演じるようにしています。依子はクールでまじめで、頑張っている理想の刑事です。しっかりした頼れる刑事なので、どうやってそれを出せるか考え、いつもよりも話すスピードを速くするようにしました。普段から刑事物や推理物はすごく好きで、ドラマや映画はよく見ているので、今回刑事を演じるにあたって自分の中でのイメージはありましたね。

 --船越さん演じる虎丸刑事と一緒のシーンが多いですが、共演された感想は?

 船越さんとは初めて共演させていただきましたが、すごく優しい方です。いつも大きな笑顔で迎えてくれます。船越さんはこのドラマでは感情の起伏の激しい役柄を演じられていますが、普段はすごくおおらかで温かい方だなと思いました。

 --宇野さんの出演を楽しみにしている視聴者の方へメッセージをお願いします。

 私が演じる刑事目線で、一緒になって推理して楽しんでもらえたらうれしいなと思います。

徳重聡、“月9”初出演 「今までで一番の悪役」に挑戦

“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」の第7話に出演する徳重聡さん (C)フジテレビ
“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」の第7話に出演する徳重聡さん (C)フジテレビ

 俳優の徳重聡さんが、人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第7話(18日放送)に出演することが2月8日、分かった。徳重さんは、“月9”ドラマ初出演で、好感度抜群だがパワハラ疑惑があるなど裏の顔を持つ悪徳政治家を演じる。徳重さんは、「月9なのに、このようなあくどい政治家を演じるとは思わなかった」とコメントしつつ、「今までで一番の悪役を演じているので楽しみにしてほしい」と呼びかけている。

 徳重さんは、2000年に開催された「21世紀の石原裕次郎を探せ!」オーディションで5万人を超える応募者の中からグランプリを獲得し、芸能界デビュー。これまで、好青年や熱血漢といった役を演じることが多かったが、昨年10月期のドラマ「下町ロケット」(TBS系)では、黒縁メガネをかけて七三分けという風貌で、癖のある“嫌み”なエンジニアを演じて注目を集めていた。

 今回、徳重さんは完全な悪役という東京都議会議員の伊集院和明を演じる。第7話では、伊集院の秘書が起こしたという交通事故を巡り、錦戸さんが演じる科捜研研究員・真野礼二が事件の真相に迫っていく……。

 草ヶ谷大輔プロデューサーは、徳重さんの役柄について「表向きは政界の若きプリンスで、その清潔感と誠実さから都民から絶大な支持を得ている都議会議員という設定」といい、「上品でスマートないでたちと、ダンディーな声質で老若男女に愛される徳重さんはまさに“プリンス”にぴったり」と起用理由について説明。

 徳重さんは、悪役を演じるにあたって心がけているところを聞かれ、「最初はいい人に見えるようにすることが大事だと思います。視聴者の方に、最終的にとんでもなく悪いやつだったなと思っていただきたいので、最初にいかにいい人に見えるようにするかですね」と語り、「今回はとんでもない政治家を演じましたが、反社会的な勢力や犯罪者など悪役といってもいろいろありますよね。一通り悪役をやってみたいですね」とコメントしている。

<SNS反響>矢田亜希子&山本舞香 “悲しすぎる親子愛”に視聴者、涙(ネタバレあり)

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第5話にゲスト出演した矢田亜希子さん(上)と山本舞香さん(下)=フジテレビ提供
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第5話にゲスト出演した矢田亜希子さん(上)と山本舞香さん(下)=フジテレビ提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第5話が2月4日に放送され、矢田亜希子さんと山本舞香さんがゲスト出演した。矢田さんは18年前に娘のユウが誘拐された島本彩花、山本さんはユウを演じ、2人の涙の演技にSNSでは「見事な演技に泣かされた」「この2人をずっと見ていたい」「悲しすぎる親子愛」「ベストキャスティングだ!」といった声で盛り上がった。

 5話は、警視庁科学捜査研究所(科捜研)の法医科に所属する法医研究員・真野礼二(錦戸さん)が殺害された海東奈津美(滝沢沙織さん)の事件を鑑定。奈津美の遺体の周辺から、18年前に誘拐され、行方不明のままになっているユウの毛髪が発見される。捜査1課刑事の虎丸良平(船越英一郎さん)は、今もユウの行方を捜している彩花に事情を伝え、協力を要請。そんな中、施設で育っていたユウが自首する。やがて、彩花の過去とユウが島本家を守って自首していたことが分かる……という内容。

岡崎紗絵、月9「トレース」で話題のメガネ美女 モグラ女子で「白衣姿でも美スタイル」

“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」で水沢英里を演じている岡崎紗絵さん(C)フジテレビ
“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」で水沢英里を演じている岡崎紗絵さん(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)で、“メガネ美女”水沢英里を好演している岡崎紗絵さん。英里は警視庁科学捜査研究所(科捜研)法医科に所属する法医研究員。白衣姿とメガネがトレーマークで、SNSでは「メガネの子が可愛い!」「白衣姿でも美スタイル」といった声が上がった。女性ファッション誌「Ray(レイ)」(主婦の友社)の専属モデルを務め、マンガ誌のグラビアで水着姿も披露している“モグラ女子”の岡崎さんとは……。

 岡崎さんは、1995年11月2日生まれ、愛知県出身の23歳。身長は165センチ。2012年に、木村カエラさんや北川景子さんらを輩出した女性ファッション誌「セブンティーン」(集英社)の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2012」グランプリに、女優の広瀬すずさん、モデルの藤井サチさん、高堰(たかせき)うららさんと一緒に選ばれた。2015年4月号で同誌の専属モデルを卒業。16年5月号から女性ファッション誌「Ray」の専属モデルを務めている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

 ドラマや映画にも出演しており、16年に連続ドラマ「仰げば尊し」(TBS系)で草刈涼子役、17年に「僕たちがやりました」(カンテレ・フジテレビ系)で三浦由佳役、同年の「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」(MBS・TBS系)では鶴田姫子役を演じた。18年4月期の「ブラックペアン」(TBS系)では、東城大学の新人研修医・島津塔子を演じ、知名度を上げた。

 「トレース~科捜研の男~」では、錦戸さん扮(ふん)する法医研究員の真野礼二と新人法医研究員の沢口ノンナ(新木優子さん)の関係が恋に発展するかどうか、興味を持っているという英里が、しばしばノンナをちゃかす描写があり、岡崎さんはチャーミングな演技を披露している。「岡崎紗絵と新木優子の絡みが可愛い」「美女2人のやり取りにキュンキュン」「グラビアのイメージと違ってビックリ!」などのコメントもあった。今後、岡崎さんがどのような活躍を見せるのか注目だ。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

<インタビュー>千原ジュニア、月9レギュラー初出演も出番少なく… 演技は「気持ち悪くやってって」

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」で壇浩輝を演じている千原ジュニアさん
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」で壇浩輝を演じている千原ジュニアさん

 お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアさんが2月2日、放送中のフジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)の撮影の合間に取材に応じた。同作が月9ドラマレギュラー初出演のジュニアさんは、「関ジャニ∞」の錦戸亮さん扮(ふん)する主人公・真野礼二の過去に大きな関わりを持つ警視庁刑事部長の壇浩輝(だん・ひろき)を演じている。劇中の登場は第1、4話の数シーンのみと少なく、周囲の反響を聞かれたジュニアさんは「『全然出てませんやん』って言われた。『ようあれで(月9)出る言えましたね』って」と苦笑いだった。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

 劇中で壇が見せた薄気味悪い笑みや書類に血を塗る姿などに、SNSでは「不気味」「サイコパス」といったコメントなどが上がった。“怪演”を見せるジュニアさんは、自身の演技について「気持ち悪くやってって言われたんですよ」と明かし、「壇はエリートで若くして刑事部長まで上り詰めた。頭も家柄も良いという人間が抱えている闇の部分を演じているつもりでいます」と語った。

 また、せりふ量が少ないことについては「もどかしさとかはないですけど、難しい役を与えられたなっていう思いがあります。しゃべらずに表情と空気感だけ(の演技)なので」と苦労も語っていた。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

山本舞香、矢田亜希子と「トレース」第5話にゲスト出演 母娘役で

「トレース~科捜研の男~」第5話に出演する山本舞香さん(C)フジテレビ
「トレース~科捜研の男~」第5話に出演する山本舞香さん(C)フジテレビ

 女優の山本舞香さんと矢田亜希子さんが、「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)第5話(2月4日放送)にゲスト出演することが1月28日、明らかになった。“月9”初出演となる山本さんは「呼んでいただけたことに、最初は驚きましたがすごくうれしかったです」とコメントしている。

 矢田さんは「SUITS/スーツ」に続き“月9”は2作連続出演で、錦戸さんとは初共演となる。矢田さんは、18年前に娘を誘拐されて今も娘が不明の母親・島本彩花で、山本さんは娘のユウを演じる。

「トレース~科捜研の男~」第5話に出演する矢田亜希子さん(C)フジテレビ
「トレース~科捜研の男~」第5話に出演する矢田亜希子さん(C)フジテレビ

<特集>山谷花純 月9「トレース」で話題の戦隊美女の素顔 「コード・ブルー」丸刈りが励みに

“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」で沢口カンナを演じている山谷花純さん(C)フジテレビ
“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」で沢口カンナを演じている山谷花純さん(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演のフジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)に出演中の女優の山谷花純さん。山谷さん演じる沢口カンナは、新木優子さん扮(ふん)する沢口ノンナの妹でしっかり者、姉の良き相談相手で、カンナが登場するとSNSなどで「妹役の可愛い子、誰?」「妹の子…モモニンジャー!」「カンナって、コード・ブルーの子だ」と話題にもなった。山谷さんは、スーパー戦隊シリーズ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」に出演したことでも知られる“戦隊美女”だ。その素顔は……。

 ◇「コード・ブルー」丸刈りが励みに

 山谷さんは、1996年12月26日生まれの22歳。宮城県仙台市出身。2013年前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あまちゃん」で新人海女の桜庭、14年には連続ドラマ「ファーストクラス」(フジテレビ系)で佐丹野結衣を演じるなど、数々のドラマや映画に出演。15年2月~16年2月に放送されたスーパー戦隊シリーズ「手裏剣戦隊ニンニンジャー」では、百地霞(モモニンジャー)を演じ、子供だけでなく大人のファンにも人気になった。

 18年7月に公開された大ヒット映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(西浦正記監督)では、末期の胃がんに侵された富澤未知役で丸刈り姿を披露し、関心を集めた。山谷さんは以前、インタビューで「作品のファンからSNSに『よかったです』と役をほめてもらえた声が届いて、何よりうれしくかった。長い間、この作品を愛してきた方々に、何か一つ届いたんだなって思うことができました」と話しており、「今後の仕事の励みになり、幸せだなって思いました」と自信につながったようだ。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

 ◇アニメやマンガ好きな一面も

 山谷さんは自身のインスタグラムで好きなアニメやドラマ、映画を紹介している。「アニメ、マンガ、映画を見るのが好き」といい、18年1月期に放送されたONEさんの同名マンガを実写ドラマ化した「モブサイコ100」で暗田トメを演じたほか、17年6月29日~7月4日に上演された石田スイさんのマンガが原作の「舞台『東京喰種トーキョーグール』 ~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~」で西野貴未を演じた。

 マンガ原作のキャラクターを演じることについて、「心がけているのは見た目。私がアニメやマンガが好きだから」「自分の顔は変えられないけど、髪形やメークは変えることができます。役にどうやったら合わせることができるのか、考えながらお芝居するのも、自分の中の楽しみ」とこだわりを語ったこともあった。

 山谷さんの今年の目標は「今まで積み重ねてきたものを継続していける、そんな1年にしたい」。「トレース~科捜研の男~」で、山谷さんの新たな魅力が発見できるかもしれない。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

錦戸亮VS船越英一郎“演技合戦”に視聴者「圧巻」 新木優子、千原ジュニアの感想も続々 <SNS反響>

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演している船越英一郎さん
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演している船越英一郎さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第1話が1月7日に放送された。警視庁科学捜査研究所(科捜研)の法医科に所属する法医研究員・真野礼二役の錦戸さん、警視庁捜査1課刑事の虎丸良平役の船越英一郎さんの“演技合戦”に、SNSでは「二人の演技、圧巻!」「虎丸はうるさいけど、船越英一郎の演技はすごかった」「錦戸亮のクールな演技がかっこよかった」など、盛り上がりを見せた。

 科捜研の新人法医研究員・沢口ノンナ役の新木優子さんに関しては「『SUITS/スーツ』のときとは違う感じ!」「新人研究員を見事に演じている!」「ドジっぷりが可愛い」などのコメントが並んだ。

 中盤では、千原ジュニアさん扮(ふん)する警視庁刑事部長に就任した壇浩輝(だん・ひろき)が登場。不気味な笑みを浮かべる壇に「怖い!」「今後の展開が楽しみ!」などの声も上がった。

<ドラマ紹介>「トレース~科捜研の男~」 “月9”初主演・錦戸亮が難事件を解決 1話あらすじも

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第1話のシーンカット=フジテレビ提供
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第1話のシーンカット=フジテレビ提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)が1月7日スタートする。“月9”初主演の錦戸さん扮(ふん)する警視庁科学捜査研究所(科捜研)法医科に所属する法医研究員・真野礼二が難事件を解決に導く姿を描くサスペンス作。

 ドラマは、科捜研の元研究員だった古賀慶さんのマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)が原作。実際に起きた事件などをベースに、リアリティーたっぷりに描かれる1話完結作品だ。脚本は「鍵のかかった部屋」などの相沢友子さん、監督は「信長協奏曲」「LIAR GAME」(いずれも同局系)などの松山博昭さんらが担当する。

=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供

 錦戸さん演じる真野は、膨大な知識と高い鑑定技術、他人とは違う独自の着眼点を持つ。その反面、クールで協調性がなく科捜研内では浮いた存在。「鑑定結果こそが真実だ」という信念のもと、自分が違和感を持つと納得できる結果が判明するまで、ありとあらゆる手段を使って鑑定しようとする。幼いころに経験した陰惨な事件の真実を求め続けている……というキャラクター。

 そのほか、科捜研の新人法医研究員の沢口ノンナを新木優子さん、科捜研の法医科長の海塚律子を小雪さん、警視庁刑事部長の壇浩輝(だん・ひろき)を千原ジュニアさん、警視庁捜査1課刑事の虎丸良平を船越英一郎さんが演じる。山崎樹範さん、岡崎紗絵さん、矢本悠馬さん、加藤虎ノ介さん、山谷花純さん、遠山俊也さん、篠井英介さんも出演する。

 第1話は90分スペシャル。ある日、科捜研に虎丸らがやってくる。イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻(けいそう)と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。虎丸は即座に多摩川の捜索に向かおうとするが、真野は多摩川を捜しても意味がないと告げる。だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野をにらみつけると出ていってしまった。一方真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。法医科長の律子は新人のノンナに、真野との同行を指示する。

 現場に到着した真野とノンナは、バラバラに切断された女性の遺体を発見。そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されていて、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。死亡推定時刻は4日前の深夜だった。また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子さん)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越満さん)が警察署を訪ねて……というストーリー。

=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供

錦戸亮、新月9副題“科捜研の男” テレ朝に「思わずすいません」<制作発表会見>

フジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」の会見に登場した「関ジャニ∞」の錦戸亮さん
フジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」の会見に登場した「関ジャニ∞」の錦戸亮さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが1月4日、東京都内で行われたフジテレビの新月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)の制作発表会見に登場。主演を務める錦戸さんは、正式タイトルを初めて聞いたときの感想と周囲の反応を聞かれ、人気ドラマ「科捜研の女」シリーズを放送しているテレビ朝日に収録で訪れた際に“気まずい思い”をしたと告白した。

 錦戸さんは、当初、「トレース」とだけ聞かされていて、「後から副題に『科捜研の男』がついたのを知った」と説明し、「冗談かなと思ったけど、(スタッフの皆さんが)そういう感じではなかったので……」と語った。テレビ朝日に収録で訪れた際に「テレ朝のお偉いさんたちから『科捜研、やるんだって』と言われたときはドキッとした。思わず、『すいません』って思った僕の気持ちをフジテレビの人たちは分かってほしい」とちゃめっ気たっぷりに答えた。

 会見には、共演の新木優子さん、船越英一郎さんも出席。船越さんは「僕もタイトルを聞いたとき、顎がはずれるほど驚いた」と話した。さらに、周囲から「科捜研の女」に出演するのかと聞かれたといい「『科捜研の女』は長い歴史を持つドラマ。そのドラマを汚さぬよう、『トレース~』に魂を吹き込みたい」と力を込めた。

錦戸亮、新月9「誰かにとっての『ロンバケ』になれば」と抱負<制作発表会見>

フジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」の会見に登場した「関ジャニ∞」の錦戸亮さん
フジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」の会見に登場した「関ジャニ∞」の錦戸亮さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが1月4日、東京都内で行われたフジテレビの新月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)の制作発表会見に登場。同作の主演を務める錦戸さんは、今年の抱負を聞かれると「平成のうちに最終回を迎える最後の月9になると思います。すごい作品に出させていただいているんだなって。僕らの世代ってドラマっていうと木村(拓哉)君の『ロンバケ(ロングバケーション)』とか。次の(時代)に変わったとしても覚えてもらえるような、僕にとって『ロンバケ』、誰かにとっても『ロンバケ』(のような作品)になればいいなと思います。頑張ろうと思います」と語った。

 真野を演じることについては「これまでドラマや映画で演じてきたどの役より、僕史上一番クールな役。最初は(クールな役を演じることに)恥ずかしさを感じていましたが、最近は慣れてきました」とにっこり。専門用語が多く登場するといい「カタカナが多くて。台本を見て、(知らない)言葉を調べることが多くなりました。豆知識が増えていっている」と、笑顔を見せた。

 会見では、同ドラマの主題歌が「関ジャニ∞」の新曲「crystal」に決定したことも発表され、共演の新木優子さん、船越英一郎さんも出席した。

錦戸亮主演の新“月9”メインビジュアル公開 主人公の“光”を表現

2019年1月スタートの連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のメーンビジュアル(C)フジテレビ
2019年1月スタートの連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のメーンビジュアル(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが主演する、2019年1月7日スタートのフジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)のポスタービジュアルが12月10日、公開された。ビジュアルは中央に真野礼二役の錦戸さん、サイドに沢口ノンナ役の新木優子さん、虎丸良平役の船越英一郎さんを配し、三者三様の心情を表現している。

 注目は、事件の真相をつかむため手袋をはめた真野の右手。“今から科捜研での鑑定に挑む”という瞬間を捉えていて、真野の“主観や憶測は排除し客観的な真実”だけを求めるぶれない信念を描いているという。そして、手の先の黄色の光は、真野が常に追い求める“真実のカケラ”で科学的に分析した結果から導かれる真実で、命を落とした被害者や遺族の無念を晴らすという決意を表しているという。

 新木さん演じる沢口は、光(真実のカケラ)を希望を持って見つめていて、真野が追い求める真実を共に追いかけたいという思いを表現。船越さん演じる虎丸は、勘を頼りに事件を解決してきた刑事。被害者に寄り添う気持ちを持ちながらも、憶測や主観で犯人を特定しがちで真野と対立することから、ビジュアルでは真実のカケラを半信半疑でにらみつけている。

 メインビジュアルは映画「いぬやしき」「検察側の罪人」、連続ドラマ「おっさんずラブ」などのポスタービジュアルを手がけた古里泰司さんがアートディレクターを務めた。古里さんは「主人公・真野の信念を持った表情と、その彼を見つめる虎丸のベテラン刑事らしい厳しい眼差し、その中で微笑む新人の沢口、目線の先には浮かび上がる『真実のカケラ』。重厚で硬質な印象の中にも、キャラクター性と希望を感じさせる世界観を作り上げることができた」とメッセージを寄せている。

錦戸亮、白衣姿で手袋をはめる ポスタービジュアル公開

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のポスタービジュアル (C)フジテレビ
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」のポスタービジュアル (C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが主演を務める、来年1月から放送されフジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)のポスタービジュアルが11月21日、公開された。白衣姿の錦戸さんが手袋をはめ、科捜研の仕事を始めようとする姿が写し出されており、「今後はこれ(白衣)を着た時に『よし、今から仕事や』とスイッチを入れ替えられるよう頑張りたいと思います」と語っている。

 ドラマは、元科学捜査研究所(科捜研)の研究員だった古賀慶さんのマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)が原作のサスペンス。ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員の真野礼二(錦戸さん)は、「鑑定結果こそが真実」と鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じる男。刑事であろうと容赦なく反論し、闇に葬り去られようとしている真実のかけらを見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにし、難事件を解決に導いていく……。警視庁捜査1課の刑事・虎丸良平を船越英一郎さん、科捜研新人法医研究員の沢口ノンナを新木優子さんが演じる。

 船越さん、新木さんのポスタービジュアルも公開された。船越さんは少しゆるめたネクタイに革コートを羽織った姿、新木さんは白衣の下にオレンジのニットを着用した姿を披露している。

 ポスター撮影の際の錦戸さんのコメントは以下の通り。

 ――カメラマンやスタッフから「いいですね!」「目力すごい」という声が上がっていましたが、手応えは?

 ありがたく褒め言葉として受け止めています。どういう仕上がりになるのか楽しみですね。

 ――今日はどんなイメージで臨みましたか?

 クランクイン前なので(主人公の)真野のセリフを実際に発しているわけではないのですが、本編を見た時に、真野のイメージとずれがないように、と思って臨みました。

 ――白衣を着ると、気の引き締まり方とか、気分が変わりますか?

 まだ今日の段階ではしっかり着こなせているか不安ですが、今後はこれを着た時に「よし、今から仕事や」とスイッチを入れ替えられるよう頑張りたいと思います。

 ――新木さんとは初共演ですが、どんな会話を?

 まだ1回しかお会いできていなくて、「(月9ドラマ)連投で忙しいですね、大丈夫?」って聞きました。普通のオジサンの会話ですね(笑い)。

 ――船越さんとは共演2回目ということですが?

 船越さんは、“亮ちゃん”って呼んでくださって「“英ちゃん”って呼んでいいよ」って言ってくださるんですけど、やっぱりなかなか難しいので“船越さん”って呼ばせていただいています。でも呼び方以上にもっと深い関係になれればいいなと思っています。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

小雪、新月9で“科捜研の男”の上司に 主演・錦戸亮と初共演

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演する小雪さん
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演する小雪さん

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが主演する来年1月スタートのフジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」に、女優の小雪さんが出演することが11月14日、分かった。小雪さんは錦戸さんと初共演で、錦戸さん演じる主人公の“科捜研の男”真野礼二の上司で良き理解者である科捜研法医科科長・海塚律子を演じる。

 ドラマは、元科学捜査研究所(科捜研)の研究員だった古賀慶さんのマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)が原作のサスペンス。ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員の真野礼二(錦戸さん)は、「鑑定結果こそが真実」と鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じる男。刑事であろうと容赦なく反論し、闇に葬り去られようとしている真実のかけらを見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにし、難事件を解決に導いていく……。警視庁捜査1課の刑事・虎丸良平を船越英一郎さん、科捜研新人法医研究員の沢口ノンナを新木優子さんが演じる。

 小雪さん演じる海塚は、若くして科長を務め、捜査員たちから一目置かれている美人科長。しかし浮いたうわさはなくいまだ独身。一見クールだが実は面倒見がよく、真実を追求するためにルールを無視して暴走する真野の行動を容認し、温かく見守っている。実は真野が抱える陰惨な過去に“ある関わり”を持っており、今後真野の苦悩を理解し、真相を究明するために重要な役割を担うことになる。

 小雪さんは「錦戸さんや船越さんをはじめ、今回共演する方々は初めての方が多く、役柄のキャラクターもそれぞれ深いので、どんな掛け合い、展開になるか今から楽しみです。捜査が解決に進む過程で、科捜研で繰り広げられる経過などさまざまな視点からドラマ全体を楽しめたらと思っています」とコメントしている。

 小雪さんのほか、科捜研法医研究員の相楽一臣役で山崎樹範さん、水沢英里役で岡崎紗絵さん、市原浩役で遠山俊也さん、警視庁捜査1課の刑事・猪瀬祐人役で矢本悠馬さん、警視庁捜査1課長の江波清志役で篠井英介さん、警視庁鑑識課の沖田徹役で加藤虎ノ介さん、ノンナの妹・カンナ役で山谷花純さんが出演することも発表された。

錦戸亮、“月9”初主演で“科捜研の男”に タイトルに「大丈夫?」 2019年1月放送

2019年1月スタートの連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演する(左から)船越英一郎さん、「関ジャニ∞」の錦戸亮さん、新木優子さん(C)フジテレビ
2019年1月スタートの連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」に出演する(左から)船越英一郎さん、「関ジャニ∞」の錦戸亮さん、新木優子さん(C)フジテレビ

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが、来年1月から放送されフジテレビの“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)の主演を務めることが10月29日、分かった。錦戸さんが“月9”の主人公を演じるのは初めて。錦戸さんのほか、新木優子さん、船越英一郎さんも出演。船越さんが同枠に出演するのは初めてで、新木さんは現在放送中の「SUITS/スーツ」に続き、2期連続での“月9”出演となる。

 ドラマは、元科学捜査研究所(科捜研)の研究員だった古賀慶さんのマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)が原作。ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員の真野礼二(錦戸さん)は、「鑑定結果こそが真実」と鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じる男。刑事であろうと容赦なく反論し、闇に葬り去られようとしている真実のかけらを見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにし、難事件を解決に導く姿を描く1話完結作品。脚本は「鍵のかかった部屋」などの相沢友子さん、監督は「信長協奏曲」「LIAR GAME」(いずれもフジテレビ系)などの松山博昭さんらが担当する。

 新木さんは、何の目的もなく科捜研に入るも、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることになり、その一方で被害者や遺族に感情移入する科捜研新人法医研究員の沢口ノンナ、船越さんは、真野とは全く逆で、長年の刑事の勘を頼りに事件を捜査し犯人を逮捕することに情熱を注いでいるベテラン刑事・虎丸良平を演じる。