トレース~科捜研の男~ あらすじ

トレース~科捜研の男~あらすじ

 ドラマ「トレース~科捜研の男~」は、元科学捜査研究所(科捜研)の研究員だった古賀慶さんのマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)が原作で、2019年1月から放送されフジテレビの“月9”ドラマ。人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが主演を務める。錦戸さんが“月9”の主人公を演じるのは初めて。錦戸さんのほか、新木優子さん、船越英一郎さんも出演。船越さんが同枠に出演するのは初めてで、新木さんは現在放送中の「SUITS/スーツ」に続き、2期連続での“月9”出演となる。

 ドラマは、ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員の真野礼二(錦戸さん)は、「鑑定結果こそが真実」と鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じる男。刑事であろうと容赦なく反論し、闇に葬り去られようとしている真実のかけらを見つけ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにし、難事件を解決に導く姿を描く1話完結作品。脚本は「鍵のかかった部屋」などの相沢友子さん、監督は「信長協奏曲」「LIAR GAME」(いずれもフジテレビ系)などの松山博昭さんらが担当する。

 新木さんは、何の目的もなく科捜研に入るも、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に関わることになり、その一方で被害者や遺族に感情移入する科捜研新人法医研究員の沢口ノンナ、船越さんは、真野とは全く逆で、長年の刑事の勘を頼りに事件を捜査し犯人を逮捕することに情熱を注いでいるベテラン刑事・虎丸良平を演じる。

「トレース~科捜研の男~」のあらすじ

<ドラマ紹介>「トレース~科捜研の男~」 “月9”初主演・錦戸亮が難事件を解決 1話あらすじも

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第1話のシーンカット=フジテレビ提供
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第1話のシーンカット=フジテレビ提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)が1月7日スタートする。“月9”初主演の錦戸さん扮(ふん)する警視庁科学捜査研究所(科捜研)法医科に所属する法医研究員・真野礼二が難事件を解決に導く姿を描くサスペンス作。

 ドラマは、科捜研の元研究員だった古賀慶さんのマンガ「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)が原作。実際に起きた事件などをベースに、リアリティーたっぷりに描かれる1話完結作品だ。脚本は「鍵のかかった部屋」などの相沢友子さん、監督は「信長協奏曲」「LIAR GAME」(いずれも同局系)などの松山博昭さんらが担当する。

=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供

 錦戸さん演じる真野は、膨大な知識と高い鑑定技術、他人とは違う独自の着眼点を持つ。その反面、クールで協調性がなく科捜研内では浮いた存在。「鑑定結果こそが真実だ」という信念のもと、自分が違和感を持つと納得できる結果が判明するまで、ありとあらゆる手段を使って鑑定しようとする。幼いころに経験した陰惨な事件の真実を求め続けている……というキャラクター。

 そのほか、科捜研の新人法医研究員の沢口ノンナを新木優子さん、科捜研の法医科長の海塚律子を小雪さん、警視庁刑事部長の壇浩輝(だん・ひろき)を千原ジュニアさん、警視庁捜査1課刑事の虎丸良平を船越英一郎さんが演じる。山崎樹範さん、岡崎紗絵さん、矢本悠馬さん、加藤虎ノ介さん、山谷花純さん、遠山俊也さん、篠井英介さんも出演する。

 第1話は90分スペシャル。ある日、科捜研に虎丸らがやってくる。イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻(けいそう)と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。虎丸は即座に多摩川の捜索に向かおうとするが、真野は多摩川を捜しても意味がないと告げる。だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野をにらみつけると出ていってしまった。一方真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。法医科長の律子は新人のノンナに、真野との同行を指示する。

 現場に到着した真野とノンナは、バラバラに切断された女性の遺体を発見。そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されていて、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。死亡推定時刻は4日前の深夜だった。また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子さん)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越満さん)が警察署を訪ねて……というストーリー。

=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供
=フジテレビ提供

第2話のあらすじ 錦戸亮が外科医殺害を鑑定 新木優子は意識を失う事態に

連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第2話のシーンカット=フジテレビ提供
連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」第2話のシーンカット=フジテレビ提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さん主演の“月9”ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第2話が1月14日放送される。15分拡大版で放送される第2話は、警視庁科学捜査研究所(科捜研)法医科に所属する法医研究員の真野礼二(錦戸さん)と沢口ノンナ(新木優子さん)が、捜査1課の虎丸良平(船越英一郎さん)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男さん)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される……という展開。

 事件は、真田の教授就任を祝うパーティーで起きた。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみさん)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見。有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。

 警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永渉(篠原篤さん)を拘束。虎丸は現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む。しかし、照合の結果は不一致だった。虎丸は、捜査1課長の江波清志(篠井英介さん)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい……というストーリー。

トレース~科捜研の男~フジテレビ系
2019年1月7日午後9時から放送