この恋はツミなのか!? ニュース

<インタビュー>伊藤健太郎 恋愛観語る 年上女性の方が「落ち着く」

連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」で柏木由紀さんとダブル主演を務める伊藤健太郎さん
連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」で柏木由紀さんとダブル主演を務める伊藤健太郎さん

 俳優の伊藤健太郎さんが、アイドルグループ「AKB48」兼「NGT48」の柏木由紀さんとMBS/TBSのドラマイズム枠で放送される連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」でダブル主演を務める。ドラマ初主演となる伊藤さんが今回演じるのは、恋愛経験なしでコミュ障気味のさえない24歳のサラリーマン小日向大河(こひなた・たいが)。童顔で癒やし系の32歳の女流棋士・駒田多恵(こまだ・たえ)を演じる柏木さんとの“究極の格差恋愛”を繰り広げるという役どころだ。伊藤さんに、柏木さんの印象や自身の恋愛観などを聞いた。

 ◇ダブル主演・柏木由紀の印象は…

 ダブル主演の柏木さんについて、伊藤さんは「(会う前は)役柄と同じで年も割と離れているので、『大丈夫かな?』と思った」というが、現場では「割と笑い上戸らしくて、僕があんまり面白くないことを言っても、すごく笑ってくれたりする。なんか、“お姉ちゃん”みたいな感じがありました」と振り返る。

 共演前は、アイドルという印象が強く「(AKB48の推しメンは)柏木さんですよ。お祭りのくじで柏木さんのポスターが当たったことがある。アイドルの方に声をかけていいのかなと思った」というが、「現場では女優さんとしていてくださったので、声をかけやすかった」と、柏木さんの落ち着いた雰囲気に助けられたという。

 ◇柏木由紀と演じる“究極の格差恋愛”でハプニング続々 多恵の魅力は?

 一方、柏木さんが演じる多恵については「“天然”って言葉が合うか分からないですが、抜けている部分がすごくある。そこがいい」と魅力を語る。第1話では、多恵の下着が丸見えになってしまうシーンがあり、「そのシチュエーションに遭遇したら?」と聞かれると、「絶対見ちゃいますよね。下心の前に、『何で(丸見えに)気づかないで出てきたの?』って見ちゃう。なんて伝えればいいんだろうと思います」と笑った。

 そんな現場に直面する自身の演技については「(演じた)大河は、見たことのない女性の下着とか胸を見たときにどうするんだろうなと考えたら、すごくごまかすだろうな、と思ったので、全力でごまかしました」と語る。伊藤さんのユニークな演技を柏木さんが絶賛していたことを聞くと、「うれしいです」と照れ笑いしていた。

 ◇運命は「信じますよ」 恋愛観も

 ドラマでは、ハプニングの末に大河が多恵に恋をするという展開に。「同じ場面に遭遇したら恋をする?  運命を信じますか?」と聞かれると、伊藤さんは「運命、信じますよ」と笑顔で回答。「あんな出会いがあったら、もう、好き(になる)、ですよね。別にその瞬間に好きじゃなかったとしても、(再会したら)気を引かれますよね。なんで二度も会っちゃったんだ、とか」と、自身の恋愛観をのぞかせた。

 年上女性との格差恋愛を描くストーリーだが、伊藤さんは「年下と年上、どちらの女性が居心地がいい?」という質問に「年上の方ですね」と即答。「小さいころから、大人の方々といることが多かったので、年上の人といる方が落ち着く」と説明。「同年代とか(相手が)年下とかだったらしっかりしなきゃと思う」というが、相手が年上だと「女性にも男性にも共通すると思うんですけれど、ちょっと甘える部分が出るのかな」と笑顔で明かした。

<インタビュー>伊藤健太郎、ブレークの実感は? 中川大志、北村匠海ら同世代と「切磋琢磨できる関係」

連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」で柏木由紀さんとダブル主演を務める伊藤健太郎さん
連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」で柏木由紀さんとダブル主演を務める伊藤健太郎さん

 俳優の伊藤健太郎さんが、アイドルグループ「AKB48」兼「NGT48」の柏木由紀さんと、MBS/TBSのドラマイズム枠で、12月2日から放送される連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」でダブル主演を務める。柏木さんは童顔で癒やし系の32歳の女流棋士・駒田多恵(こまだ・たえ)、伊藤さんは、恋愛経験なしでコミュ障気味のさえない24歳のサラリーマン小日向大河(こひなた・たいが)を演じる。今回がドラマ初主演となる伊藤さんに、役柄への意気込みや、出演作が相次ぎ引く手あまたの現状などについて聞いた。

 ◇声をかけられる頻度が増えた

 今年は、今作のほかにも、映画・連続ドラマ化もされた「ルームロンダリング」「覚悟はいいかそこの女子。」(共に、TBS/MBS ドラマイズム)、放送中の連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)などに出演し、引く手あまたの伊藤さん。「(街で)声をかけていただく頻度が増えたというのは、一番分かりやすい変化なのかな」と感じているものの、ブレークの実感は「いまいち自分ではピンときていない。実感というか『来たぜ!』とか(思わない)」と首を傾げる。

 今回のドラマ初主演については「すごくうれしいし、ありがたいとは思うんですけれど、プレッシャーはないんですよ。歩いていて『見てます』と声をかけてくれる人たちがいるので、もうちょっと生活とか、気をつけないといけないのかな」と笑顔で語る。

 平静を保っていられるのは「すごく大事な場所」だという地元の友人たちと過ごす時間があるから。「地元の友達には、僕の仕事とかは関係ないので、芸能人という肩書きがすべてなくなった状態で遊んでいる。地元に居場所があるから(ブレークの実感がないの)かなと思う」と笑顔で語った。

 ◇ライバル心があるものの「同世代を盛り上げたい」

 同世代で刺激を受けている俳優仲間として「僕と同じ(19)97年生まれの21歳は少ないけれど、仲がいいのは北村匠海くんとか、一個下ですが、中川大志くん」と名前を挙げた。「(彼らが)いい作品に出ていると、悔しいなと思う」と、ライバル心があるものの「自分も頑張って、この世代を盛り上げたいなという気持ちの方が多い。(北村)匠海くんも同じことを言ってくれている」といい、自身らの関係を「いい意味で切磋琢磨(せっさたくま)できる関係。彼らが頑張っていると、悔しいなと思うこともあるけれど、より頑張れる仲間でもある」と説明する。

 今は「お芝居がうまくなりたい」と、俳優業に真っすぐな思いを持つ伊藤さん。「梶原あゆ子監督に、『あなたは人を幸せにすることができる役者さんになってください』と言われたことがあって、それがすごく心に刺さった。お芝居が上手、下手以前に、見てくれる人たちをハッピーにさせたい。演技を見て元気になってもらえるような、そういう人になりたいというのが大きい」と熱く語る。「僕が出ているドラマを見るために毎日病気と闘っていますと(ファンに)言ってもらったことがあった。一番やりがいを感じる瞬間」と目を輝かせる。

 ◇“こじらせ男子”大河役「楽しんで演じた」

 「この恋はツミなのか!?」はマンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で鳥島灰人さんが連載したマンガが原作。恋愛経験なし、コミュ力なし、生きがいもなしのこじらせサラリーマンの大河(伊藤さん)は、通勤途中の“あるアクシデント”で、生まれて初めて恋をする。相手は童顔でスタイル抜群の32歳、年上女性の駒田多恵(柏木さん)。癒やし系の彼女の正体はプロの女流棋士で……というストーリー。

 伊藤さんは、役柄について「(こじらせ男子役が)すごく好き。(原作)マンガにその感じが入っていたのですごく楽しみでした」と出演が決まった当時を振り返る。マンガ原作だが「今回はマンガに忠実にとは考えていなくて、監督と話したり、実際に演技をやってみたりして(役を)作っていった」という。コメディー部分は「思いっきりふざけてやってみた。駒田さんの胸が体に当たった時の顔の表情の一つとってもそうですが、すごく楽しかった」と明かす。

 撮影続きの今年を振り返って「早かったですね。ほぼ毎日現場にいさせていただきましたし、毎日がすごく早かったなと感じているんですが、その分、いろんな現場に携わらせていただいた」という伊藤さん。「自分の引き出しが少しずつ増えているのかな。それと同時に課題も増えましたが、充実した年でした」という。今年の残り1カ月で「何ができるかな。旅行したいですね。年末年始、たぶんお休みがあるので、地元の友達とどっかプチ旅行的なことがしたい」と語る。だが、間近に迫るクリスマスも「お仕事ですね」ときっぱり。プレゼントも「ほしいものは、仕事ですかね」と笑顔で語った。

真魚、“カメ止め”女優が「この恋はツミなのか!?」で女流棋士に

連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」に出演する真魚さん
連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」に出演する真魚さん

 映画「カメラを止めるな!」(カメ止め)で主人公の娘・日暮真央役を演じた女優の真魚(まお)さんが、12月スタートの連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」(MBS・TBS)に出演することが11月11日、分かった。真魚さんのほか、矢本悠馬さん、カトウシンスケさん、田中真琴さん、村上淳さん、斎藤工さんの出演も発表された。

 ドラマは、鳥島灰人さんのマンガが原作で、「AKB48」兼「NGT48」の柏木由紀さんと俳優の伊藤健太郎さんがダブル主演を務める。恋愛経験なし、コミュ力なし、生きがいもなしのこじらせサラリーマンの大河(伊藤さん)は、通勤途中の“あるアクシデント”で、生まれて初めて恋をする。相手は童顔でスタイル抜群の年上女性・駒田多恵(柏木さん)。癒やし系の彼女の正体はプロの女流棋士で……というストーリー。

 真魚さんは多恵の後輩の女流棋士・田代早苗、矢本さんは大河の同期・田崎わたる、田中さんは同じく大河の同期の江口茜、村上さんは大河の上司の結城弘人、カトウさんは多恵の熱狂的ファンの坂田を演じる。斎藤さんは友情出演で、多恵の恩師・加藤先生役を務める。今回、ドラマのポスタービジュアルも公開された。

柏木由紀、癒やし系女流棋士役でドラマ主演 OPテーマも担当 伊藤健太郎は初主演 2018年12月から放送

連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」でダブル主演を務める柏木由紀さん(左)と伊藤健太郎さん (C)「この恋はツミなのか!?」製作委員会・MBS
連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」でダブル主演を務める柏木由紀さん(左)と伊藤健太郎さん (C)「この恋はツミなのか!?」製作委員会・MBS

 アイドルグループ「AKB48」兼「NGT48」の柏木由紀さんと俳優の伊藤健太郎さんが、MBS・TBSのドラマイズム枠で12月に放送される連続ドラマ「この恋はツミなのか!?」でダブル主演することが11月4日、明らかになった。柏木さんは童顔で癒やし系の32歳の女流棋士・駒田多恵(こまだ・たえ)を演じ、オープニングテーマも担当する。また、今回がドラマ初主演となる伊藤さんは、恋愛経験なしでコミュ障気味のさえない24歳のサラリーマン小日向大河(こひなた・たいが)役で、ドラマでは主人公2人の“究極の格差恋愛”が描かれる。

 「この恋はツミなのか!?」は鳥島灰人さんのマンガが原作。恋愛経験なし、コミュ力なし、生きがいもなしのこじらせサラリーマンの大河(伊藤さん)は、通勤途中の“あるアクシデント”で、生まれて初めて恋をする。相手は童顔でスタイル抜群の年上女性・駒田多恵(柏木さん)。癒やし系の彼女の正体はプロの女流棋士で……というストーリー。

 柏木さんは「女流棋士という役柄も(27歳の)実年齢よりも年上の女性を演じるのも、どちらも初挑戦なので、まずは将棋のことを勉強しながら役作りに挑んでいます。私が演じる駒田多恵は、将棋で勝負に挑むカッコいい姿と、普段の少し抜けた天然な姿のギャップが大きいので、ぜひそのギャップを楽しんでいただければと思います!」とコメント。

 オープニングテーマは5年ぶりの新曲(タイトル未定)で、「ドラマのオープニング曲を歌わせていただくのが初めてのことなのでとてもうれしいです。ドラマの始まり、そして私が演じるちょっと大人なキャラクターにぴったりな楽曲に仕上がっています」とアピールしている。

 一方、伊藤さんは「僕が演じる小日向大河はコミュ障気味でクセが強いのですが、彼が成長していく姿が面白く、応援したくなるキャラクターです。セリフ量が膨大なので毎日必死に現場に臨んでいます」と明かし、「将棋、恋愛、コメディーとたくさんの要素を含んだ作品で、現場では今までにないくらいたくさんのチャレンジをさせていただいているので、ぜひ楽しんで見ていただければうれしいです。将棋、勉強します!」と語っている。

 ドラマはMBSで12月2日から毎週日曜深夜0時50分、TBSで12月4日から毎週火曜深夜1時28分に放送される。

この恋はツミなのか!?MBS 2018年12月2日から毎週日曜深夜0時50分から放送
TBS 2018年12月4日から毎週火曜深夜1時28分から放送