グッドワイフ ニュース

常盤貴子、19年ぶり「日曜劇場」主演へ 米国人気ドラマのリメークで弁護士に 2019年1月スタート

2019年1月スタートの連続ドラマ「グッドワイフ」で主演を務める常盤貴子さん =TBS提供
2019年1月スタートの連続ドラマ「グッドワイフ」で主演を務める常盤貴子さん =TBS提供

 女優の常盤貴子さんが、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で2019年1月から放送される連続ドラマ「グッドワイフ」で主演を務めることが11月5日、分かった。常盤さんが同枠で主演を務めるのは、2000年に放送され、社会現象を巻き起こした「Beautiful Life ~ふたりでいた日々~」以来、約19年ぶり。常盤さんは「『ただいま』と帰ってきた感じがあります」「また新人女優として頑張ります! というすがすがしい気持ちでもあります」と語っている。

 また小泉孝太郎さん、吉田鋼太郎さん、滝藤賢一さん、水原希子さん、北村匠海さん、賀来千香子さんが出演することも発表された。

 ドラマは、映画「エイリアン」「ブレードランナー」などで知られるリドリー・スコット監督が製作総指揮を務めた米国の人気連続ドラマ「The Good Wife」をリメークする。「The Good Wife」は、テレビ版のアカデミー賞と呼ばれるエミー賞やゴールデングローブ賞などを多数受賞した。韓国でリメークされ、19年にロシアでリメークされることも決定している。

 常盤さんは「グッドワイフ」で、16年ぶりに弁護士に復帰する蓮見杏子(はすみ・きょうこ)を演じる。出産を機に弁護士をやめて専業主婦として生活していた杏子だが、東京地検特捜部長でエリート検事の夫が汚職事件で逮捕される。さらに夫の女性スキャンダルが明らかになり、生活は一変。子供を守るため、弁護士に復帰するが、世間から向けられる好奇の目やブランクによって悪戦苦闘し、弁護士として、人として成長していく。困難に果敢に立ち向かっていく姿を、鋭く、ユーモラスに描くという。

 小泉さんは杏子と同期の弁護士で、杏子を神山多田法律事務所に雇い入れる多田征大を演じ、吉田さんは杏子の夫に代わり東京地検特捜部長となった脇坂博道、滝藤さんは杏子の夫の部下だった特捜部員・佐々木達也、水原さんは神山多田法律事務所のパラリーガルの円香みちる、北村さんは新人弁護士の朝飛光太郎、賀来さんが多田とともに神山多田法律事務所の共同代表を務める神山佳恵を演じる。

 日曜劇場で放送されたドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の瀬戸口克陽さんと東仲恵吾さんがプロデューサーを務める。脚本は篠崎絵里子さんが担当。演出は「アンナチュラル」(同局系)などの塚原あゆ子さんが担当する。

TBS提供
TBS提供
TBS提供
TBS提供