BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸 ニュース

吉田羊、井浦新と夫婦役で初共演 阪神・淡路大震災描く特別ドラマで

「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」に出演する井浦新さん(左)と吉田羊さん=関西テレビ提供
「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」に出演する井浦新さん(左)と吉田羊さん=関西テレビ提供

 女優の吉田羊さんが、スペシャルドラマ「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」(関西テレビ・フジテレビ系)に出演することが12月10日、明らかになった。葉山奨之さん、片瀬那奈さん、小市慢太郎さん、濱田マリさん、中村靖日さん、阿部純子さん、井頭愛海さんの出演も発表された。吉田さんは、井浦新さん演じる主人公・高倉昭を支える妻の奈々を演じる。吉田さんと井浦さんが夫婦役を演じるのは今回が初めて。

 「BRIDGE」は1995年の阪神・淡路大震災での実話を基にしたヒューマンドラマ。震災当時、線路ごと崩落するなど被害の大きかったJR六甲道駅が舞台となる。過酷な状況の中、倒壊した駅をわずか74日間で復旧させた実話が基になっている。震災直後、JRからの依頼で倒壊した六甲道駅の復旧工事を担当した建設会社「磐巻(いわまき)組」の工事所長・高倉昭の姿を中心に描く。野村周平さん、葵わかなさん、佐藤隆太さんらも出演する。

 葉山さんは“現代パート”となる、2018年に阪神・淡路大震災慰霊碑に落書きをした少年の佐渡島克也、片瀬さんは演歌歌手の観音崎発光(かんのんざき・ひかり)、小市さんは六甲道駅前で営んでいたが倒壊してしまった焼き鳥屋の店主の但馬源、濱田さんは同駅前にあるスナックのママあだばな、中村さんは新聞販売店の2代目の小比類巻葵、阿部さんは銀行員の竹田里津、井頭さんは昭と奈々の娘のももを演じる。

佐藤隆太、阪神・淡路大震災描く特別ドラマに出演 松尾諭、波岡一喜、浅香航大、佐野岳も

2019年1月15日に放送される「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」に出演する佐藤隆太さん=関西テレビ提供
2019年1月15日に放送される「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」に出演する佐藤隆太さん=関西テレビ提供

 俳優の佐藤隆太さんが、スペシャルドラマ「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」(関西テレビ・フジテレビ系)に出演することが分かった。震災当時は14歳だったという佐藤さんは「当時のこと、当事者の方々のことを考えると、演じる恐さはあります。しかし、自分が力になれることはやらせていただきたいですし、何より作品に携わる意義があると感じています」とコメントしている。

 「BRIDGE」は1995年の阪神・淡路大震災での実話を基にした井浦新さん主演のヒューマンドラマで、震災当時、線路ごと崩落するなど被害の大きかったJR六甲道駅が舞台。過酷な状況の中、倒壊した駅をわずか74日間で復旧させた実話が基になっている。井浦さんが震災直後、JRからの依頼で倒壊した六甲道駅の復旧工事を担当した建設会社・磐巻(いわまき)組の工事所長・高倉昭を演じるほか、突然工事の記録係を命じられてビデオカメラを回し続けた少年・春日豊を野村周平さん、春日の幼なじみの服部瞳を葵わかなさんがそれぞれ演じる。

 佐藤さんが演じるのは、主演の井浦さん演じる高倉と共に、復旧工事にあたった仲間で現場主任・國代寛治(くにしろかんじ)。國代は、神戸市・長田区の自宅が被災しているにも関わらず、自ら志願して現場に出た責任感の強い男。家を失い、不安にさらされる家族を抱えながらも、神戸のため、町の人々のために、危険を顧みず復旧工事に心血を注ぐ男の役どころを、佐藤さんが関西弁で演じるという。松尾諭さん、波岡一喜さん、浅香航大さん、佐野岳さんの出演も発表された。

 また、映像配信サービス「U-NEXT」とのドラマ連動企画として、19年1月1日から、葵わかなさん主演の「ひと目、あなたに。」、同8日からは、佐藤隆太さん主演の「ひと口、あなたに。」がU-NEXTで独占配信される。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

井浦新、阪神・淡路大震災描くカンテレ特別ドラマで主演 野村周平、葵わかな、椎名桔平も出演 19年1月放送

2019年1月15日に放送される「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」に出演する井浦新さん(左)と野村周平さん=関西テレビ提供
2019年1月15日に放送される「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」に出演する井浦新さん(左)と野村周平さん=関西テレビ提供

 関西テレビ(カンテレ)の開局60周年を記念した特別ドラマ「カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸」が制作され、俳優の井浦新さんが主演を務めることが11月7日、分かった。1995年の阪神・淡路大震災での実話を基にしたヒューマンドラマで、井浦さんは、震災当時、JR六甲道駅の復旧に関わった岡本啓さんがモデルの主人公・高倉昭を演じる。野村周平さん、葵わかなさん、椎名桔平さんも出演する。2019年1月15日に放送。

 ドラマは、震災当時、線路ごと崩落するなど被害の大きかったJR六甲道駅が舞台。過酷な状況の中、倒壊した駅をわずか74日間で復旧させた実話が基になっている。井浦さんが演じる高倉は建設会社・磐巻(いわまき)組の工事所長で、震災直後、JRからの依頼で倒壊した六甲道駅の復旧工事を担当する。

 野村さんは、現場で高倉と出会い、突然工事の記録係を命じられてビデオカメラを回し続けた少年・春日豊、葵さんは六甲道で生まれ育った春日の幼なじみの女性、椎名さんは42歳になった2018年の春日をそれぞれ演じる。椎名さんが演じる春日は、当時のエピソードを現代の若者に語り継ぐ語り部として重要な役割を担う役どころという。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

 井浦さんは、阪神・淡路大震災が起きたときは「20歳で、甚大な災害が起きたときにどうするべきか、という知識も経験も全く持っていませんでした。あの時の自分はただただ未熟で、すぐに行動を起こすという手段も発想もなかったですね。実際に、(主人公・高倉のモデルになった)岡本さんにもお会いすることができ、その当時どんな心境だったのか、くやしさ、怒り、疲弊、気持ちの面を細かくお話をうかがうこともできましたので、役作りへの大きな力になったと思います」とコメント。

 続けて、作品について「これは台本をもらった最初の段階も、撮影が始まった今も変わっていませんが、復旧をした人たちがヒーローだというわけではなく、災害が起きたときに“そこにいる人たちがどう生きてきたか”を描くドラマだと思います。被災した人たちが絶望しても、次の日になればまた太陽が昇り、明日がくる。と同時に、その横ではコンクリートを粉々にし、撤去をしている人たちもいる。その混在した姿がこのドラマの神髄ではないかと感じています」と思いを語っている。

 兵庫県出身で震災が起こる直前に生まれたという野村さんは、「このお話が来たときはうれしかったです。僕自身も小さいころに震災を経験した人間なので、震災復興の物語に参加できるのはありがたいです」とコメント。

 椎名さんは、「数千人もの犠牲者の方々、数万人もの被災者の方々、そしてご家族・ご友人の方々、このドラマが、23年前に起こったこの悲劇を見つめ直し、今なお震災で心身に傷を負っている方々に、少しでも寄り添う力になればと願っています」と思いを語り、主演の井浦さんについて「井浦さんとは、映画『悼む人』でご一緒させてもらいました。敬愛する天童荒太さんの原作で、重厚なテーマの作品だったのですが、狂気をはらんだ難しい役柄をとても人間的に演じていたのが印象的でした。今回、大震災の復興に心血を注いだ主人公を演じると聞いて、誠実に生を紡ぐ人間ドラマになると確信しています」と話している。

 ドラマは、19年1月15日の午後9時~11時18分に関西テレビ・フジテレビ系で放送。

関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供
関西テレビ提供

BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸関西テレビ・フジテレビ系
2019年1月15日 午後9時~11時18分に放送