スキャンダル専門弁護士 QUEEN ニュース

竹内結子、6年ぶり地上波連ドラ主演 「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」2019年1月スタート

2019年1月スタートの連続ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」に主演する竹内結子 さん=フジテレビ提供
2019年1月スタートの連続ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」に主演する竹内結子 さん=フジテレビ提供

 女優の竹内結子さんが、来年1月スタートの連続ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系、木曜午後10時)で主演を務めることが10月8日、分かった。スキャンダル専門の弁護士を演じる。竹内さんが地上波の連続ドラマで主演を務めるのは、2013年放送の連続ドラマ「ダンダリン 労働基準監督官」(日本テレビ系)以来、6年ぶり。

 ドラマは、情報を操作し、裏で社会を動かす“スピン・ドクター”を題材にしたオリジナルストーリー。竹内さん演じる主人公で弁護士の氷見江(ひみ・こう)は、専門が危機管理で、法廷ではなくスキャンダルの裏側が主戦場。社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた“天才トラブルシューター”であり、必要ならば嘘(うそ)すら正義に変えてしまう敏腕の“スピン・ドクター”というキャラクター。そんな氷見のもとに、政治、芸能、スポーツなど各界のさまざまなスキャンダルの対応依頼が舞い込み、氷見が依頼者を危機から救うべく奔走する姿を描く。

 演出は、歌手の星野源さんの「恋」や女性3人組テクノポップユニット「Perfume(パフューム)」のミュージックビデオなどを手がけた映像クリエーターの関和亮さんが担当する。ドラマは19年1月10日から毎週木曜午後10時放送。初回は15分拡大版。