フルーツ宅配便 あらすじ

フルーツ宅配便あらすじ

 ドラマ「ドラマ24『フルーツ宅配便』」は、テレビ東京系の深夜ドラマ「ドラマ24」枠で2019年1月から放送する連続ドラマ。俳優の濱田岳さんが主演を務める。ドラマは、「第21回文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門審査委員会推薦作品にも選ばれた鈴木良雄さんの同名マンガが原作で、濱田さんは風俗店の店長になるごく普通の男・咲田真一を演じる。映画「彼女がその名を知らない鳥たち」「凶悪」などの白石和彌監督がメガホンをとる。

 ドラマは同局の深夜ドラマ「ドラマ24」枠で放送。勤めていた会社が倒産し住んでいた社宅を追い出された咲田真一は、ふるさとの地方都市に戻り、昔よく通っていたラーメン屋で謎の多い男・ミスジと再会する。真一は、ミスジから風俗店の店長の仕事を手伝うように言われ、引き受けてしまう……という内容。

「フルーツ宅配便」のあらすじは