後妻業 ニュース

宮本浩次、「後妻業」主題歌に「恥ずかしいやら」 小夜子に共感も

連続ドラマ「後妻業」の主題歌「冬の花」を歌っている宮本浩次さん=関西テレビ提供
連続ドラマ「後妻業」の主題歌「冬の花」を歌っている宮本浩次さん=関西テレビ提供

 女優の木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で主題歌を担当している「エレファントカシマシ」の宮本浩次さん。主題歌「冬の花」は自身のソロプロジェクトのデビュー曲だ。同作の台本を読んで、主人公・武内小夜子(木村さん)をイメージして制作したという宮本さんが、小夜子や主題歌について語った。


 ドラマを見ているという宮本さんは「毎回クライマックスに差し掛かった時に自分の声が流れてきますので、びっくりするやら恥ずかしいやら。毎回ちょっと不思議な感覚で画面を見つめております」とコメント。「ドラマを見ている皆さんや、主人公小夜子を演ずる木村佳乃さん、および制作スタッフの皆さんがこの歌を本当に可愛がってくださっているのが伝わり、感激することしきりです」と感謝も寄せている。

 また、主人公の小夜子について「ドラマが進むに従って小夜子の健気(けなげ)さや可憐(かれん)さがだんだん分かってきて、なんだか本当に人知れず木枯らしの中咲いている一輪の花のようで泣けてきます。私は男ですが、ところどころ共感しながら本気で楽しんでいます」と語っている。

<SNS反響>木村佳乃×木村多江の“イヤミ合戦” 視聴者「けんか漫才!」と白熱(ネタバレあり)

連続ドラマ「後妻業」に出演している木村多江さん(左)と木村佳乃さん
連続ドラマ「後妻業」に出演している木村多江さん(左)と木村佳乃さん

 女優の木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第3話が2月5日に放送された。木村多江さん扮(ふん)する中瀬朋美が、木村佳乃さん演じる主人公・武内小夜子の自宅に乗り込み、“イヤミ合戦”が展開するとSNSでは「完全にコメディー」「白熱! けんか漫才」「コンビ組んだら売れる!」という声が多数上がった。

 “イヤミ合戦”は、小夜子が朋美のために紅茶を入れている間に、朋美が小夜子の部屋を物色し始めると、「カーン!」というゴングの効果音が鳴り開始。朋美が「意外にすてきなおうちね。でも床暖房じゃないのね。照明や家具も凝っているけど、お金をかけている気がする」と先制パンチ。小夜子から「さすが建築士やね」と振られた朋美が「1級です」と返すと小夜子は「1級とか2級とか、そろばんか!」と応酬。さらに、朋美が「あんた“後妻”やろ?」と言うと、小夜子は「私は“45歳”や!」という丁々発止のやりとりを見せ、肩を突き飛ばし合ったり、クッションを投げ合うなどのバトルが展開された。

 木村佳乃さんは同シーンについて、インタビューで「難しいシーンですが、やりがいがありました。何度もリハーサルをして、木村多江さんとの動きなどを試しながらだったので、へとへとになりました」とコメントしていた。

木村佳乃、「後妻業」第3話で木村多江とイヤミ合戦「へとへとに」

連続ドラマ「後妻業」の第3話のシーンカット=カンテレ提供
連続ドラマ「後妻業」の第3話のシーンカット=カンテレ提供

 女優の木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の3話が2月5日、放送される。“女の色香”で男たちから財産を巻き上げる後妻業をなりわいとしている主人公・小夜子を演じている木村佳乃さんが、同話の見どころや撮影の裏話などを語った。

 3話では、死亡した中瀬耕造(泉谷しげるさん)の後妻・小夜子の自宅に、耕造の次女・朋美(木村多江さん)が訪ねてきて“イヤミ合戦”をするというシーンが登場。木村佳乃さんは「難しいシーンですが、やりがいがありました。何度もリハーサルをして、木村多江さんとの動きなどを試しながらだったので、へとへとになりました」と振り返っている。

カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供


 小夜子と柏木亨(高橋克典さん)は、認知症を患った大手外食チェーンの会長・富樫幹夫(佐藤蛾次郎さん)を次のターゲットにする。佐藤さんと初共演となった木村佳乃さんは「ご一緒できるだけでもすごくうれしかったですし、貴重な経験でした」と喜んでいる。佐藤さんの演技については「どうしたら面白い“間”になるか分かっていて、さすが関西の方だと思いました」と語っている。

 3話には平岩紙さんが出演。平岩さんは、小夜子の元夫だった武内宗治郎の義理の娘・武内香代を演じ、「衣装や眼鏡などもクセを強くして、ほかの人たちに負けないように気合入れました。温かい目で見てください」とメッセージを寄せている。

<SNS反響>木村佳乃×木村多江が“激しいポジション争い” コミカル演技に視聴者「爆笑」(ネタバレあり)

連続ドラマ「後妻業」に出演している木村多江さん(左)と木村佳乃さん
連続ドラマ「後妻業」に出演している木村多江さん(左)と木村佳乃さん

 女優の木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第2話が1月29日に放送された。“シリアスなシーン”で、主人公・武内小夜子を演じる木村佳乃さんと、中瀬朋美役の木村多江さんが見せたコミカルな演技に、SNSは「サッカーのような激しいポジション争い!」「W木村の演技に爆笑」「木村佳乃vs木村多江がもうコメディーでしかない」と盛り上がりを見せた。

 第2話では、小夜子が“後妻”となった元教師の中瀬耕造(泉谷しげるさん)が息を引き取った後、実の娘の朋美が「お父さん!」とすがりつくと、小夜子も負けじと「耕造さん!」と互いを押しのけて競い合うかのようなコミカルな状態に。

 また、小夜子の過去の描写などもあり、「今後の展開どうなるの?」「楽しみ!」という感想が並び、朋美が小夜子の正体を暴こうと誓うシーンでは「倍返しがくるのか!」などの声も上がった。

<SNS反響>木村佳乃の関西弁、“ヒョウ柄”に反響 「コテコテ」と視聴者突っ込み

連続ドラマ「後妻業」の主演を務めている木村佳乃さん
連続ドラマ「後妻業」の主演を務めている木村佳乃さん

 女優の木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第1話が1月22日に放送された。主人公・武内小夜子を演じる木村さんの関西弁のせりふ、ヒョウ柄やファーを使ったゴージャスな装いなどに、SNSでは「コテコテですやん」「吉本ばりのコメディー」「昼ドラ感ある」「ベタベタな関西ドラマ」という声が上がった。

 また、木村さんの“ずっこけ”やオーバーな演技には「新喜劇」「バカげてて、おもろい」といったコメントも並んだ。

<ドラマ紹介>「後妻業」木村佳乃が“結婚詐欺” 資産家老人の財産狙う 第1話あらすじも

連続ドラマ「後妻業」の第1話のシーンカット=カンテレ提供
連続ドラマ「後妻業」の第1話のシーンカット=カンテレ提供

 女優の木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が1月22日スタート。2016年に映画化もされた黒川博行さんの同名小説(文藝春秋)が原作で、遺産相続目当てで資産家の高齢男性を狙う結婚詐欺、後妻業が題材。男をたぶらかす天才・武内小夜子(木村さん)が“女の色香”で男たちから財産を巻き上げる姿を描く痛快サスペンス&大人の恋愛ドラマだ。

 小夜子をはじめ、表向きは結婚相談所「ブライダル 微祥」の社長だが、裏では小夜子ら後妻業の元締めをしている柏木亨(高橋克典さん)、父親が小夜子に狙われる中瀬朋美(木村多江さん)、朋美の大学時代の先輩で元“マル暴”刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志さん)の4人よる複雑に絡み合う恋愛模様と壮絶なバトルが繰り広げられる。大阪が舞台で、木村さんらは関西弁のせりふも披露する。

カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供

 小夜子の弟の黒澤博司を葉山奨之さん、朋美と事実婚している佐藤司郎を長谷川朝晴さん、柏木が目をかけているホステス・三好繭美を篠田麻里子さん、本多の大阪府警時代の後輩・橋口健太郎を平山祐介さん、朋美の事務所で働く山本絵美里を田中道子さん、柏木の後妻業の片棒を担ぐアドバイザーの新井欽司をお笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん、朋美の姉・西木尚子を濱田マリさん、小夜子と同じく後妻業をなりわいとする瀬川頼子をとよた真帆さん、小夜子のターゲットとなる朋美の父・中瀬耕造を泉谷しげるさんが演じる。

 第1話は15分拡大版。ある日、柏木の計画のもと、元教師の耕造と見合いをした小夜子は、まんまと後妻の座につき、遺言公正証書を書かせることに成功。しかし、耕造にはほかにもまだ財産があると知り、隠し場所の金庫を開けようと画策する。同じころ、姉の尚子から父の耕造が倒れたと聞き、東京から慌てて病院に駆けつけた朋美は、耕造が4度目の結婚をし、その相手が小夜子だと知り、あからさまに敵意を向ける。

 朋美に夫婦関係を疑われた小夜子は、耕造と共に撮った幸せいっぱいの結婚写真を見せながら、普段から耕造に連絡をしてこない娘たちは薄情だと言い放つ。やがて、耕造の容体が安定したため朋美は東京に戻るが、小夜子への怒りはおさまらない。派手な格好をした小夜子の身なりから、耕造が財産目当ての結婚詐欺に引っかかったのだと考えた朋美は、大学時代の先輩で私立探偵の本多に調査を依頼。本多は小夜子が後妻業ではないかと疑いを抱く……という展開。

カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供
カンテレ提供

田中道子、自分と同じ二級建築士役 「しっくりはまる」

21日スタートの連続ドラマ「後妻業」で山本絵美里を演じる田中道子さん
21日スタートの連続ドラマ「後妻業」で山本絵美里を演じる田中道子さん

 女優の田中道子さんが、1月22日スタートの木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)で、「二級建築士」の山本絵美里を演じることが1月21日、明らかになった。田中さん自身も二級建築士の資格を持っており、「初の建築士の役をやらせていただけて、光栄です。違う世界のもう1人の自分かのようにしっくりはまることができました」と意気込みを語っている。

木村佳乃、主演ドラマで“七変化” ウエディングドレスから真っ赤なコート、毛皮姿も

連続ドラマ「後妻業」に出演する木村佳乃さん(左)と泉谷しげるさん=カンテレ提供
連続ドラマ「後妻業」に出演する木村佳乃さん(左)と泉谷しげるさん=カンテレ提供

 女優の木村佳乃さんが主演を務める22日スタートの連続ドラマ「後妻業」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)で、木村さんのウエディングドレス姿の写真が公開された。このほか、木村さんの真っ赤なコート姿やシックな黒ワンピ姿、ゴージャスな毛皮のコートを羽織った姿など、劇中で“七変化”する姿を収めた写真も公開された。

 木村さんが同ドラマで演じる小夜子は、過去に3人の男と入籍・除籍を繰り返した“後妻業”のプロ。ウエディングドレス姿のカットは、小夜子の最初のターゲットとなる、中瀬耕造(泉谷しげるさん)との結婚式シーンを収めたもので、撮影は大阪城を望む「ミライザ大阪城」で行われた。木村さんは同シーンについて「大阪城が大迫力で感じられて、撮影場所にまずびっくりしました! 泉谷さんとの第1話の重要なシーンです」と振り返っている。また、七変化する小夜子の身なりについては「派手なんてもんじゃないですね(笑い)。髪もすごいです。私の地毛は、今短いので、これはファッションウィッグです。全身、お金がかかっている感じですね。小夜子を演じるのは、大変緊張もしていますが、100%でぶつかっていきたいと思います」と語っている。

=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供

木村佳乃、2019年の連ドラで“妖艶な悪女”に 木村多江とビンタ合戦も

=カンテレ提供
=カンテレ提供

 女優の木村佳乃さんが、2019年1月スタートの連続ドラマ「後妻業」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で主演し、“妖艶な悪女”を演じることが11月19日、分かった。ドラマは、黒川博行さんの同名小説(文藝春秋)が原作。舞台は大阪で、資産家の老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う後妻業の姿を描く。木村佳乃さんは、男をたぶらかすのが天才的な“後妻業のエース”の武内小夜子を演じ、関西弁も披露する。高橋克典さん、木村多江さん、伊原剛志さんらの出演も発表された。

 物語は、一癖も二癖もある登場人物たちの欲や思惑がうごめくサスペンスで、4人の男女の恋模様が複雑に絡み合うラブストーリーの要素も加わる。高橋さんは、結婚相談所の経営者だが、金と女が大好きで、裏では後妻業の女たち数人を抱え、計画を企てる黒幕・柏木亨、伊原さんは元大阪府警のマル暴刑事だったが警察の情報を闇組織に流したのが原因で退職し、私立探偵をしている本多芳則、木村多江さんは小夜子のターゲットにされた男の娘・中瀬朋美を演じる。朋美は小夜子に父親の遺産を全て奪われるのを阻止するため動き始め、壮絶な舌戦やビンタ合戦を繰り広げる。

 原作は2016年に映画化もされた。ドラマは19年1月22日から毎週火曜午後9時放送。

2019年1月スタートの連続ドラマ「後妻業」に出演する(上段左から時計回りに)木村佳乃さん、高橋克典さん、伊原剛志さん、木村多江さん=カンテレ提供
2019年1月スタートの連続ドラマ「後妻業」に出演する(上段左から時計回りに)木村佳乃さん、高橋克典さん、伊原剛志さん、木村多江さん=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供
=カンテレ提供

後妻業カンテレ・フジテレビ系
2019年1月22日から毎週火曜午後9時放送