犬神家の一族 ニュース

NEWS加藤シゲアキ主演SPドラマ 賀来賢人がゴムマスク姿でスケキヨ熱演?

スペシャルドラマ「犬神家の一族」の一場面 (C)フジテレビ
スペシャルドラマ「犬神家の一族」の一場面 (C)フジテレビ

 人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキさんが主演を務めるスペシャルドラマ「犬神家の一族」(フジテレビ系)が12月24日午後9時半から放送される。これまで何度も映像化されてきた横溝正史の傑作で、先週、最終回を迎えた連続ドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)での好演も記憶に新しい賀来賢人さんが、おどろおどろしいゴムマスクがトレードマークの犬神佐清(スケキヨ)役に挑む。

 「犬神家の一族」は、横溝正史の同名小説が原作で、今回は加藤さんが主人公の金田一耕助を演じる。昭和22年、那須湖畔の本宅で一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛が莫大(ばくだい)な財産を残し、家族に見守られながら他界。遺産の配当や相続者を記した遺言状は、長女・松子の一人息子・佐清(賀来さん)が戦地から復員してから発表されることになっていた。ある日、犬神家の顧問弁護士・古館が勤務する法律事務所の若林から「犬神家で近々、血みどろの事件が起きるのでそれを防いでほしい」という手紙を受け取った金田一耕助(加藤さん)が犬神家の本宅のある那須湖畔を訪れる……という展開。

 賀来さん演じる佐清は、もともとは美少年だったが、ビルマ戦線で顔にケガを負い、母・松子が東京で作ったゴム製の白いマスク姿で遺産相続争い真っただ中の犬神家に戻ってくる……という人気(?)キャラクター。これまで石黒賢さん、椎名桔平さん、西島秀俊さんらが演じている。また有名な“逆さの2本足”シーンもあるという。

 そのほか、犬神家の養女・野々宮珠世を高梨臨さん、佐清の母・犬神松子を黒木瞳さんが演じ、板尾創路さん、松田美由紀さん、りょうさん、平祐奈さんらも出演。「スペシャルドラマ『犬神家の一族』」はフジテレビ系で24日午後9時半~同11時33分に放送される。

平祐奈が出演 「最高の“クリスマスプレゼント”」

スペシャルドラマ「犬神家の一族」に出演する平祐奈さん(C)フジテレビ
スペシャルドラマ「犬神家の一族」に出演する平祐奈さん(C)フジテレビ

 人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキさん主演のスペシャルドラマ「犬神家の一族」(フジテレビ系)に、女優の平祐奈さん(20)が出演することが12月24日、分かった。1998年11月12日に生まれの平さんは、今作が二十歳になって初のドラマ出演となり、金田一耕助(加藤さん)が宿泊する那須ホテルで、金田一の身の回りを世話する美代を演じる。加藤さんとの共演は初めて。

 平さんは、同作の出演に「両親の世代から受け継がれている名作『犬神家の一族』に出演させていただけること、とても光栄に思います。私にとっての最高の“クリスマスプレゼント”です」と喜び、ドラマの見どころについては「寒いクリスマスの夜にご家族やお友達、パートナーと『犬神家の一族』でシリアスな雰囲気を感じて温まってください!」とアピールしている。

加藤シゲアキ、黒木瞳、賀来賢人の“スケキヨ”姿も 犬神家の集合写真公開

スペシャルドラマ「犬神家の一族」のキャストの集合写真(C)フジテレビ
スペシャルドラマ「犬神家の一族」のキャストの集合写真(C)フジテレビ

 人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキさん主演のスペシャルドラマ「犬神家の一族」(フジテレビ系)の、犬神家のキャストら11人が集合した写真が12月22日、公開された。加藤さんを筆頭に、黒木瞳さんや賀来賢人さん、松田美由紀さん、りょうさんら、豪華キャストが正座で並ぶ姿が写し出されており、犬神佐清(すけきよ)役の賀来さんはおどろおどろしいゴムマスク姿を披露している。

 写真は、犬神家の一族が大広間で一堂に会した重要なシーンの撮影日に、独特の緊張感が張り詰める中で撮られたという。写真には、金田一耕助役の加藤さん、犬神家の養女・野々宮珠世役の高梨臨さん、犬神佐智役の坂口涼太郎さん、佐智の父・犬神幸吉役の板尾創路さん、佐智の母・犬神梅子役のりょうさん、犬神佐武役の笠原秀幸さん、佐武の父・犬神寅之助役の佐戸井けん太さん、佐武の母・犬神竹子役の松田さん、犬神佐清役の賀来さん、佐清の母・犬神松子役の黒木さん、犬神家の顧問弁護士・古館恭三役の小野武彦さんが並んでいる。

 フジテレビの金城綾香プロデューサーは「これぞ“犬神家の一族”という1枚が撮れました。最高のキャストの皆様が一堂に会されたときには、打ち震えました」とコメントしている。

Hey! Say! JUMP薮宏太が出演 「NEWS」加藤シゲアキとドラマ初共演

「スペシャルドラマ『犬神家の一族』」に出演する加藤シゲアキさん(左)と薮宏太さん
「スペシャルドラマ『犬神家の一族』」に出演する加藤シゲアキさん(左)と薮宏太さん

 人気グループ「Hey! Say! JUMP」の薮宏太さんが、「NEWS」の加藤シゲアキさん主演の「スペシャルドラマ『犬神家の一族』」に出演することが明らかになった。薮さんがフジテレビ系ドラマに出演するのは8年ぶりで、加藤さんとはドラマ初共演となる。

 薮さんは、ドラマ「犬神家の一族」のオリジナルキャラクターで、那須警察署の若手刑事・多田浩二を演じる。多田は、金田一びいきになり、事件現場の状況説明など必要以上に気を使う。

黒木瞳&松田美由紀&りょう、「犬神家の一族」で“史上最恐”美人三姉妹 番組P「すごみ感じて恐ろしかった」

スペシャルドラマ「犬神家の一族」に出演する(左から)松田美由紀さん、黒木瞳さん、りょうさん =フジテレビ提供
スペシャルドラマ「犬神家の一族」に出演する(左から)松田美由紀さん、黒木瞳さん、りょうさん =フジテレビ提供

 女優の黒木瞳さん、松田美由紀さん、りょうさんの3人が、フジテレビ系で12月24日に放送されるスペシャルドラマ「犬神家の一族」(午後9時半放送)で犬神松子、竹子、梅子の“史上最恐”美人三姉妹を演じることが12月3日、分かった。

 「犬神家の一族」は、横溝正史の同名小説が原作で、今回は主人公の金田一耕助を人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキさんが演じる。昭和22(1947)年、那須湖畔の本宅で、一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛が莫大(ばくだい)な財産を残し、家族に見守られながら他界した。遺産の配当や相続者を記した遺言状は、長女の松子(黒木さん)の一人息子、佐清(賀来賢人さん)が戦地から復員してから発表されることになっていた。ある日、犬神家の顧問弁護士の古館が勤務する法律事務所の若林から「犬神家で近々、血みどろの事件が起きるのでそれを防いでほしい」という手紙を受け取った金田一耕助(加藤さん)が、犬神家の本宅のある那須湖畔を訪れる……という展開。

 黒木さん演じる犬神松子は、犬神家の当主・佐兵衛の長女。欲望渦巻く犬神家の遺産相続をめぐる争いの中で、凛(りん)としたたたずまいを崩すことのない芯の強い女性。松田さん演じる犬神竹子は、佐兵衛の次女で、息子の佐武を愛している。喜怒哀楽をストレートに表現する性格で、犬神家の遺産をめぐり、姉の松子と妹の梅子と強く反目する。りょうさん演じる犬神梅子は、佐兵衛の三女で、一人息子の佐智がいる。策略家で狡猾(こうかつ)に遺産を狙っており、2人の姉に執拗(しつよう)なまでの反感を持っているという設定。

 ◇黒木瞳さんのコメント(以下原文のまま)

 “犬神家の一族”という名作に出演させていただくことを大変光栄に思っています。多くの先輩方が松子を演じてこられました。身の引き締まる思いでいっぱいです。松子にとって、息子への愛情はとても純粋なものです。純粋だからこその狂気に挑戦します。

 ◇松田美由紀さんのコメント

 摩訶(まか)不思議な世界に、視聴者の方をお連れできるように、ドキドキさせたいと思っています。楽しみにしていて下さいね。

 ◇りょうさんのコメント

 幼い頃から見ている“犬神家の一族”。横溝正史さんの作品の中でも特に印象に残っている作品です。この名作に参加させていただけることはとてもありがたく、とにかく興奮しております……。傲慢(ごうまん)さや憎悪などの心情、梅子の持つ底意地の悪さも思い切り表現したいと思っております。よろしくお願いいたします。

 ◇金城綾香プロデューサーのコメント

 犬神家の三姉妹には、世にも恐ろしい出来事が次々に襲いかかります。美しい人がその悲しみのもとに心乱れる姿は、「犬神家の一族」の醍醐味(だいごみ)と言っても過言ではないと思います。先日、お三方に衣装合わせをしていただきましたが、その美しさに驚くとともに、すごみを感じて恐ろしかったです。息子を思う3人の、世にも美しい母の姿をぜひご覧ください。

賀来賢人「犬神家の一族」でスケキヨ役 「象徴的な人物」「自分なりに丁寧に」

スペシャルドラマ「犬神家の一族」でスケキヨ役に決まった賀来賢人さん
スペシャルドラマ「犬神家の一族」でスケキヨ役に決まった賀来賢人さん

 俳優の賀来賢人さんが、フジテレビで2018年12月24日に放送されるスペシャルドラマ「犬神家の一族」で、犬神佐清(すけきよ)を演じることが11月19日、分かった。佐清といえば、おどろおどろしいゴムマスクがトレードマークで、賀来さんは「佐清は不気味、そして実はとても悲しい人物で、犬神家における象徴的な人物だと思います。自分なりに佐清を丁寧に演じられたらと思います」とコメントしている。

 佐清は、もともとは美少年だったが、ビルマ戦線で顔にケガを負い、母・松子が東京で作ったゴム製の白いマスク姿で遺産相続争い真っただ中の犬神家に戻ってくる……というキャラクター。これまでに石黒賢さん、椎名桔平さん、西島秀俊さんらが演じている。

 フジテレビの金城綾香プロデューサーは「佐清はさまざまなシーンに登場しますし、『犬神家の一族』の最大の謎と言っても過言ではないと思います。物語の最後の最後までつかめない人物です」と説明した上で、「“つかめない方”と思ったとき、賀来賢人さんが心に浮かびました。作品が変わるごとに、すっかり印象が変わってしまう。作品の空気を作って、物語の世界に溶け込んでしまう。そんな賀来賢人さんに佐清をぜひ演じていただきたく、オファーさせていただきました」と明かしている。

 さらに「私のなかでの“賀来賢人”は、いつまでたっても未知な方」といい、「何度も映像化されてきた『犬神家の一族』の佐清は、数々の名優が演じてこられていますが、賀来さんが佐清をどんなふうに演じてくださるか、私の中でもイメージはまだありません。賀来さんがどんなふうに演じてくださるか、誰よりも自分が楽しみにしております。皆さんきっとご存じの方も多い“白いマスク”“逆さの2本足”がどんなふうに描かれるのかも合わせて楽しみにしていてください!」と話している。

加藤シゲアキ「犬神家の一族」で15人目の金田一耕助に 役作り「ぽりぽりと頭かきながら模索」

12月24日に放送される「スペシャルドラマ『犬神家の一族』」で金田一耕助を演じる「NEWS」の加藤シゲアキさん=フジテレビ提供
12月24日に放送される「スペシャルドラマ『犬神家の一族』」で金田一耕助を演じる「NEWS」の加藤シゲアキさん=フジテレビ提供

 人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキさんが、フジテレビで2018年12月24日に放送される「スペシャルドラマ『犬神家の一族』」で主演し、主人公の金田一耕助を演じることが10月26日、分かった。ドラマで金田一耕助を演じるのは加藤さんで15人目となり、“平成最後の金田一耕助”になるという。また加藤さんが同局のドラマの主演を務めるのは、2009年12月に放送された「0号室の客~Third Story 完璧な男~」以来、約9年ぶり。同局の単発ドラマ、ゴールデン帯(午後7~10時)で主演を務めるのは初めて。

 ドラマは、横溝正史さんの人気小説が原作。昭和22年、那須湖畔の本宅にて一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛が莫大(ばくだい)な財産を残し、家族に見守られながら他界した。その遺産の配当や相続者を記した遺言状は、長女・松子の一人息子・佐清が戦地から復員してから発表されることになっていた。ある日、犬神家の顧問弁護士が勤務する法律事務所の若林から「犬神家で近々、血みどろの事件が起きるのでそれを防いでほしい」という手紙を受け取った金田一耕助(加藤さん)が犬神家の本宅のある那須湖畔を訪れる……という展開。

 「スペシャルドラマ『犬神家の一族』」は12月24日午後9時半から放送。

 ◇金城綾香プロデューサーのコメント

 --企画意図

 金田一耕助シリーズは、日本ミステリーの祖です。名探偵の登場の仕方やトリックの数々、そして事件の舞台がもつ独特の世界観は、1972年に出版されてから46年たった今でもあらゆる世代の方々に親しまれています。「華麗・戦慄・愛憎・人間の怨念」とは、76年公開の市川崑監督作「犬神家の一族」の予告に、書かれていた文句です。この四つの言葉は、昭和が終わって平成が終わるこの2018年であっても色あせることのない、映像エンターテインメントにとっての最重要要素です。日々たくさんのコンテンツが生まれていく現代、“不朽の名作”であり続けることは、簡単なことではありません。プロデューサーとして、作品「犬神家の一族」に、そして金田一耕助シリーズに深く憧れます。横溝正史さん、および映像化の際に携わられたすべての方々に敬意をもって、ジャパニーズホラーの真骨頂をお届けしたいと思います。クリスマスイブに、ぜひ“ちょっと怖い”プレゼントを受け取っていただければと思います。

 --加藤シゲアキさんの起用理由

 金田一耕助は、高いコミュニケーション能力を持ちながらも、ときに無神経であったり、確かな推理力を持ちながらも身なりには無頓着であったり、相反する特色を同時に持っており、一言でいうと不思議な魅力のある人物です。平成最後の金田一耕助には、その不思議な魅力を存分に発揮していただける方がいいと思っておりました。加藤シゲアキさんは、アイドルグループNEWSのメンバーであり、そして俳優業、執筆業でも大変ご活躍されています。その時々で、違った表情を見せてくださる加藤さんに、平成最後の金田一耕助を演じていただきたいと思い、オファーさせていただきました。横溝正史さんが、市川崑監督作品のときにカメオ出演されていらっしゃいましたが、加藤さんもご本人の著作である「ピンクとグレー」の映画の中で、カメオ出演をされていました。金田一耕助は、たくさんの素晴らしい方々が演じてこられていますが、横溝正史さんと同じ経験をされた金田一耕助は初めてだと思います。