僕の初恋をキミに捧ぐ ニュース

桜井日奈子、出演ドラマで花嫁姿披露! 最終回で野村周平と“結婚” 「テンションが上がりました!」

連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」に出演する野村周平さん(左)と桜井日奈子さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」に出演する野村周平さん(左)と桜井日奈子さん=テレビ朝日提供

 俳優の野村周平さん主演、女優の桜井日奈子さんがヒロインの連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の桜井さん演じる繭と、野村さん演じる逞のウエディングショットが3月1日、公開された。2日放送の最終回では、2人の病院での結婚式が描かれるという。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供



 挙式シーンの撮影について桜井さんは「物語もクライマックスに近くて緊張しちゃって、撮影前日は夜中の3時に目が覚めました(笑い)。ウエディングドレスは、特別な撮影じゃないと着る機会がないので、テンションが上がりました! ちゃんとした形の結婚式で花嫁役を演じるのは初めてで、しかも場所が病院だったので、とても貴重な経験でしたね。野村さんのタキシード姿はすごく決まっていて、初見できゅんとしました!」とコメント。

 野村さんは「新郎役として結婚式の撮影に臨むというのは、今回が初めてだったんです。正装した他の演者さんに囲まれ、ちゃんとタキシードも着こんで、ものすごく恥ずかしかったですよ。桜井さんのウエディングドレス姿は、もう本当にきれいでしたね!」と語った。

<SNS反響>桜井日奈子×雪は「天使すぎる」「最強」 “雪ドン”からのキスに「キュン死」の声も

桜井日奈子さん
桜井日奈子さん

 俳優の野村周平さん主演、女優の桜井日奈子さんがヒロインの連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第5話が2月16日に放送された。同話では、繭(桜井さん)らがスキー合宿へ行くシーンが描かれ、繭の雪山でのスキーウエア姿にSNSでは「雪×日奈子ちゃん、最強」「天使すぎる」「桜井日奈子って雪が似合う」といったコメントが並んだ。

 同話では、繭が逞(野村さん)を雪の上に押し倒し、壁ドンならぬ“雪ドン”をしてキスするシーンも描かれ、SNSでは「やばい、キュン死」「アツアツでゲレンデの雪が溶けそうな勢い」「繭がめっちゃ可愛い」という声も上がった。

桜井日奈子がメイド姿に 矢作穂香&福本莉子も…

連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」第5話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」第5話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の野村周平さん主演、女優の桜井日奈子さんがヒロインの連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第5話が2月16日に放送される。同話では、紫堂高校の文化祭が描かれ、逞(野村さん)と繭(桜井さん)のクラスは喫茶店をやることになり、男子はタキシード、女子はメイドに扮装(ふんそう)する。野村さんのタキシード姿と桜井さんのメイド服姿を収めたシーンカットが公開された。

 また、番組公式TwitterやInstagramでは、この喫茶店でのオフショットが放送に先駆けて公開されており、野村さん、桜井さん、佐藤寛太さん、矢作穂香さん、福本莉子さんらのタキシード姿やメイド服姿に、SNSでは「可愛すぎてメロメロです」「こりゃ永久保存版じゃー」などと反響を呼んでいる。

 第5話は、文化祭が行われた数日後、みんなと一緒にスキー合宿に行きたいと思った逞は、病院へ。「心臓病患者がやってはいけないことリスト」を厳守するという条件で、穣(生瀬勝久さん)に参加の許可をもらうが、それを聞いた母・えみ(石田ひかりさん)は猛反対。しかし、逞の気持ちをくんだ父・寛貴(児嶋一哉さん)の後押しで、逞は無事にスキー合宿に参加できることになる……という展開。

 ◇野村周平さんのコメント

 第5話の文化祭や雪山のシーンは学生っぽくて撮影も楽しかったです。一方でシリアスなシーンもありますし、ほかにも見どころがたくさんあるので、ぜひ注目してもらえたらと思います。

 ◇桜井日奈子さんのコメント

 文化祭のシーンで男子はタキシード、女子はメイド服を着るのですが、矢作穂香(田村結子役)さんや福本莉子(野村聡美役)さんが、もう“鬼かわいい”んですよ。あの姿は、見てくださる皆さんにとっても、絶対に眼福だと思います!

桜井日奈子、野村周平と夜の教室で“超密着” 顔、近過ぎてドキドキ?

連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」第4話の密着シーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」第4話の密着シーン=テレビ朝日提供

 俳優の野村周平さんと女優の桜井日奈子さんが共演している連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第4話(9日放送)の場面写真が2月9日、公開された。夜の教室を舞台に、野村さん扮(ふん)する主人公の逞(たくま)と桜井さん演じるヒロインの繭(まゆ)が、教卓の下でギュッと密着するシーンになっている。

 公開された“超密着”シーンは、文化祭の実行委員会に提出しなければならない計画書を、教室に忘れてきたことに気付いた繭が、抜け道を知る逞の案内で夜の学校に潜り込むも、運悪く、そこに見回りの警備員が現れ、とっさに教壇の下に隠れる場面のワンショット。警備員にバレないかとヒヤヒヤしながら息を潜める一方、顔が近過ぎるのにドキドキし……という展開だ。

=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供

<SNS話題>“照ちゃん”馬場ふみかの身に… 第3話ラストに衝撃 おさげ&メガネっ娘に「最高かよ」の声も

連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」第3話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」第3話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の野村周平さん主演、女優の桜井日奈子さんがヒロインの連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第3話が2月2日に放送された。同話ラストで主人公・逞(野村さん)が、女優の馬場ふみかさんが演じる“照(てる)ちゃん”こと上原照について語ったナレーションにSNSでは「衝撃のラストでした」「え!? 照ちゃん? めっちゃ次回気になる!」「まじかよ、照ちゃん……」といった驚きの声があがった。

 馬場さん演じる照は逞と同じ心臓病の患者で、逞の入院中の友達。前回の第2話で登場し、仮病を使って思いを寄せる逞の気を引こうとするような場面にSNSでは「照ちゃんまじ策士wつよいw」「小悪魔っぷりが出てきた」といったコメントが並んだ。第3話では、おさげにメガネの照がパジャマ姿で病室で過ごす場面が多く登場し、「メガネ+三つ編みの馬場ふみか、最高かよ」「馬場ふみかのおさげ、良すぎでは……」「馬場ふみかのパジャマでメガネの破壊力たるや」というコメントも見られた。

野村周平&桜井日奈子「僕の初恋をキミに捧ぐ」 毎話オープニングで原作コミックスの表紙再現

「僕の初恋をキミに捧ぐ」の原作ビジュアル(左)と1話のオープニング映像
「僕の初恋をキミに捧ぐ」の原作ビジュアル(左)と1話のオープニング映像

 青木琴美さんのマンガを実写化した連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)のオープニング映像で、主人公の垣野内逞(かきのうち・たくま)役の野村周平さんと、ヒロイン・種田繭役の桜井日奈子さんが原作コミックスの表紙を再現している。

 毎話、異なるオープニング映像を制作しているといい、1話(19日放送)はコミックス第10巻の表紙で「教室でキス寸前」、2話(26日放送)は第3巻で「プールサイドでキス寸前」という2人のキスシーンを再現した。3話(2月2日放送)は公式ファンブックの表紙で、風船に囲まれた逞と繭、4話(同月9日放送)はコミックス第2巻の表紙を再現するという。


 原作の青木さんは、ツイッターで「今回のドラマ化で、初めて映像を見せていただいたとき、『これ、カバーのシーンだ!』とすぐに気づきました。毎話、タイトルバックのためだけに撮影してくださっているとのこと。とんでもない愛を感じる」と感想をつづっている。また「カバーのイラストは、病気でたくさんのことを我慢している逞が、病気が治ったら繭としたいと思っている"逞の夢"」と説明するコメントもつづった。

<SNS反響>“照ちゃん”馬場ふみかに「小悪魔」「マジ策士」と反響

馬場ふみかさん
馬場ふみかさん

 俳優の野村周平さん主演、女優の桜井日奈子さんがヒロインの連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の第2話が1月26日に放送され、女優の馬場ふみかさんが演じる“照(てる)ちゃん”こと上原照に対して、SNSでは「照ちゃんやばいヤツ」「ずるいよ照ちゃん……」「照ちゃんまじ策士wつよいw」「小悪魔っぷりが出てきた」といったコメントで盛り上がった。

 馬場さん演じる照は、主人公の逞(野村さん)と同じ心臓病の患者で、逞の入院中の友達。第2話では、繭(桜井さん)がケガで病院に運ばれた際に、付き添いで来た逞と再会した。照が仮病を使って、思いを寄せる逞の気を引こうとするような場面が描かれ、「照ちゃん暴走してる」「照ちゃんがずるくて死んじゃいそう」「照ちゃんはなんなんだ!! モヤモヤする」といった声も見られた。

<SNS反響>はかま姿、部屋着、バスタオルも… ヒロイン桜井日奈子に「天使」「眼福」の声

桜井日奈子さん
桜井日奈子さん

 俳優の野村周平さん主演、女優の桜井日奈子さんがヒロインの連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系)の第1話が1月19日に放送された。桜井さん演じる女子高生の種田繭(たねだ・まゆ)は第1話で、制服姿はもちろん、部屋着、所属する弓道部でのはかま姿、さらにはとあるハプニングでバスタオルを1枚巻いただけの姿を見せ、SNSでは「桜井日奈子、天使やった」「可愛い 眼福!」「最強の透明感」「桜井日奈子に釘付けでした」といったコメントが並んだ。

 ドラマは、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」などで知られる青木琴美さんの累計発行部数800万部超の同名マンガが原作。20歳まで生きられない心臓病を抱える主人公と、それを知った上で彼をいちずに愛する幼なじみの純愛ストーリーが描かれる。野村さんが主人公の垣野内逞(かきのうち・たくま)、桜井さんが逞の主治医の娘で、病気を治そうと奮闘する幼なじみの繭を演じる。

<ドラマ紹介>「僕の初恋をキミに捧ぐ」 人気マンガを野村周平&桜井日奈子で実写ドラマ化 運命に立ち向かう純愛ストーリー 第1話あらすじも

連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」第1話の一場面=テレビ朝日提供
連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」第1話の一場面=テレビ朝日提供

 俳優の野村周平さん主演、女優の桜井日奈子さんがヒロインの連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分、初回午後11時半放送)が1月19日スタート。原作は「カノジョは嘘を愛しすぎてる」などで知られる青木琴美さんの累計発行部数800万部超の同名マンガ。20歳まで生きられない心臓病を抱える主人公と、それを知った上で彼をいちずに愛する幼なじみの純愛ストーリーが描かれる。

 2009年に井上真央さん、岡田将生さん出演の実写映画が公開され、興行収入は21億円を超えた。ドラマでは、野村さんが主人公の垣野内逞(かきのうち・たくま)、桜井さんが逞の主治医の娘で、病気を治そうと奮闘する幼なじみの種田繭(たねだ・まゆ)を演じる。

 第1話は、主人公の逞と繭は8歳の頃、病室を抜け出して訪れた夜の公園で結婚の約束を交わした。7年後、名門・私立紫堂高校に入学した逞は、新入生代表のあいさつで登壇した女子生徒の顔を見て驚く。結婚の約束をした繭。壇上から大声で「この私から逃げようなんて100万年早いのよ! ぜっっったいに、逃さないからね!」と逞へ向け宣言する。逞が会うのを避けていた大切な初恋の人だった……。

 2014年に解散したバンド「THE BOOM」のボーカル・宮沢和史さんの長男でモデルの宮沢氷魚(ひお)さんが、繭を巡り逞と恋のライバルとなる鈴谷昂(すずや・こう)役、劇団EXILEの佐藤寛太さんが昂の弟・律役で出演。女優の松井愛莉さん、馬場ふみかさん、石田ひかりさんらも出演する。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

桜井日奈子、野村周平とプールでずぶぬれ急接近 バスタオル1枚で…

連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」初回のずぶぬれシーン=テレビ朝日提供
連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」初回のずぶぬれシーン=テレビ朝日提供

 俳優の野村周平さん主演で、女優の桜井日奈子さんがヒロインを務める1月19日スタートの連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の場面写真が公開された。2人がプールでずぶぬれになり、バスタオル1枚の桜井さんが制服姿の野村さんから抱き寄せられるシーンが写し出されている。

 公開された写真は、桜井さん演じる繭(まゆ)が部活の練習後にシャワーを浴びていると、ロッカーから“大事なもの”が盗まれ、それがプールを投げ込まれてしまったことが判明。慌てた繭はバスタオル1枚を体に巻きつけ、廊下を疾走。プールに飛び込むと、やじ馬の生徒から繭をかばうため、野村さん演じる逞(たくま)もプールに飛び込み……というシーン。

 初回は通常より15分後ろ倒しの、午後11時半から放送される。

野村周平、桜井日奈子に5回同じ話 「僕の初恋をキミに捧ぐ」会見で明かす

連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」の合同会見に登場した(左から)佐藤寛太さん、宮沢氷魚さん、野村周平さん、桜井日奈子さん、松井愛莉さん
連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」の合同会見に登場した(左から)佐藤寛太さん、宮沢氷魚さん、野村周平さん、桜井日奈子さん、松井愛莉さん

 俳優の野村周平さん、女優の桜井日奈子さんらがこのほど、1月19日スタートの連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、土曜午後11時15分)の埼玉県内での撮影中に会見した。桜井さんは「野村さんは共演者やスタッフの方にまんべんなく話しかけてくれます。面白いエピソードがあるとみんなに共有してくれるんですが、私は一緒のシーンが多いので、同じ話を5回くらい聞くこともあります」と笑顔で明かした。

 それを聞いた野村さんは「後から現場に来る人もいるじゃないですか。面白い話はみんなにシェアしたいんですよ。だから例えば後から来た(宮沢)氷魚くんや(佐藤)寛太とかにも同じことを話すんですけど……。桜井さんがたまたま毎回そこにいるんです」と笑っていた。

 会見には、宮沢さん、佐藤さん、松井愛莉さんも参加。5人は新年の抱負を書き初めで披露。野村さんは名字の「野村」と記し、「実はこれ4月からの新しい元号で、かなりの機密情報ですよ」とジョークを飛ばし、周囲を笑わせていた。

野村周平、15歳役に挑戦でダイエットの苦労語る 主演ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」がクランクイン

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」の取材に応じた(左から)佐藤寛太さん、桜井日奈子さん、野村周平さん、宮沢氷魚さん
ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」の取材に応じた(左から)佐藤寛太さん、桜井日奈子さん、野村周平さん、宮沢氷魚さん

 俳優の野村周平さんがこのほど、主演ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系)のクランクイン会見に登場。高校1年生の主人公・垣野内逞(かきのうち・たくま)を演じる野村さんは「僕は25歳で、15歳の役をやっているのですが、最初はできるのかなと(笑い)。でも案外、画面の映りが高校生に見えて良かった。まだいけるなと」と話して自信を見せた。

 取材には、逞に好意を寄せる種田繭(たねだ・まゆ)役の桜井日奈子さん、繭に告白する鈴谷昂(こう)役の宮沢氷魚さん、昂の弟・律(りつ)を演じる「劇団EXILE」の佐藤寛太さんも出席した。

 佐藤さんがドラマの収録期間を「3カ月」と言うと、野村さんは「2カ月だから! 15歳(役)を3カ月はキツい。ダイエットで炭水化物を抜いているからね。久々に食べたドーナツがおいしかった」と役作りに力を入れたことをアピール。一方で「(逞は)肉を落とすようなただのダイエットではない。心臓病の表現もしなければいけない。後半はげっそりになるだろうけれど、やりすぎると(視聴者に)引かれてしまう。そこは逆算しています」と明かした。

 ドラマの意気込みを聞かれた野村さんは「映画化(2009年)されているので、ドラマにする以上はそれ以上のものを作らないと意味がない。映画を超える勢いでやらなければ。(映画の逞役の)岡田将生、(繭役の)井上真央を超えるという……そういう覚悟ですね」と意気込みを語った。

 桜井さんは「連ドラのヒロインは初めてなので『本当に大丈夫かなあ』という不安のほうが大きくて……」と本音を告白。自身の役どころについて「繭はゴーイング・マイ・ウエイで突っ走り、この作品のムードメーカーで、(周りを)明るくする元気さをもって演じたい」とコメント。さらに「気の強い感じは(自分と)似ていますね。後はスポーツ万能(という設定)なのですが、私もバスケットボールが得意で、体育のシーンが多めなので楽しみです」と笑顔を見せていた。

 取材前の撮影で、モテモテの生徒会長として入学式のあいさつに登場し、女生徒から「昂サマ!」と黄色い声援を浴びた宮沢さんは「最初は気持ち良いと思ったら、実際は(声援に迫力があって)怖かった」と苦笑い。役について「昂は明るい感じですが、父を失っていることを乗り越えつつも、まだ引きずっている面もある。そういうことを大事にしながら演じていきたい」と語った。

 佐藤さんは「律は普通の子。繭ちゃんは相手に心を悟られないようバリアを張っているし、お兄ちゃん(昂)は派手にやるように見えて、人のことに気を使っている。学校の帰り道や家で、2人の人間らしさを引き出したい」と語っていた。また「実は映画を見ていないのです」と明かし、他のメンバーから「(映画のイメージに)引っ張られるからね」と言われるととうなずいていた。

宮沢氷魚&佐藤寛太が出演 初恋エピソードも…

連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」に出演する宮沢氷魚さん(左)と佐藤寛太さん=テレビ朝日提供
連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」に出演する宮沢氷魚さん(左)と佐藤寛太さん=テレビ朝日提供

 野村周平さん主演で、青木琴美さんのマンガを実写化する連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系、2019年1月スタート)に、俳優の宮沢氷魚さんと「劇団EXILE」の佐藤寛太さんが出演することが12月6日、分かった。さらに、「アンジャッシュ」の児嶋一哉さん、生瀬勝久さんの出演も発表された。

 宮沢さんは、野村さん演じる垣野内逞(かきのうち・たくま)と、種田繭(たねだ・まゆ、桜井日奈子さん)を巡って恋敵となる鈴谷昂(こう)、佐藤さんは昂の弟の律(りつ)、児嶋さんは逞の父・垣野内寛貴、生瀬さんは繭の父で逞の主治医でもある心臓外科医の種田穣(みのる)を演じる。

 ◇宮沢氷魚さんのコメント

 原作と脚本を読んで、キュンキュンが止まりませんでした。幼なじみ同士の恋愛、憧れを抱きながらも心臓病に苦しむ逞とそれを見届けている繭の姿に胸が締め付けられるような複雑な気持ちになってしまいましたね。

 演じる昂は、普段の自分とはかなり違う性格ですが、ずっとカリスマ的な役を演じたかったので楽しみで仕方がありません。ファッションショーのランウェーを歩いたときに浴びる歓声を思い出しながら、堂々と“昂サマ”を演じられたらいいなと思います。恋の対決についても、今回は思いっきり奪いにいきたいと思います! 逞はライバルとしてはかなりスペックが高いので、あらゆる手を使っていきます(笑い)。その一方で、昂は実の父を逞と同じ病気で失っている過去を背負い、繭に同じ思いをさせたくないという心の優しさを秘めた人物であることも大事にしたいと思っています。

 僕自身の初恋は、近くにある女子校にいた人だった気がします。男子校に通っていたので、女子に対してどう話せばいいかも分からず、片思いで終わりました。今となっては勇気を持って距離を詰めていればなあ、なんて思いも。逞と繭のような幼なじみ同士の恋愛を経験していたとしたら、遊園地デートに憧れます。絶叫系はもちろん、一緒にお化け屋敷なども行ってみたいです!

 実は以前からずっと青春ドラマに出演したいと思っていたので、ようやく夢がかないました。高校に通っていたのは約6年前になりますが、そのころのみずみずしさ、楽しさ、苦労などをいろいろと思い出しながら、すてきな“昂サマ”を演じられるように頑張ります。

 ◇佐藤寛太さんのコメント

 この作品は、人が人を思いやる温かさ、信じたことを突き進む強さ、10代ならではの不器用さやはかなさなど、本当にいろいろな要素が詰まっていて、原作、台本を読む手が止まりませんでした。僕自身、マンガや小説を読むことが好きなので、実写化にあたってのプレッシャーはありますが、原作ファンの方にも応援していただける作品になるよう、そして何より、この作品が一人でも多くの方の心に届くよう頑張りたいと思います。

 今回僕は、宮沢氷魚さん演じる昂の弟・律を演じます。律は、すごく繊細な心を持っていて周りのことを大切に思える優しい青年。尊敬している兄にはかなわないと思っていて、周囲を思いやる優しさを持ち、自分自身はどちらかというと一歩引いて周りを見ているというか、我を出し切れないところにとても好感が持てます。僕の学生時代を振り返っても、律のような子がとても多かった気がします。彼の人間くさくていとおしい人柄を、大切に妥協せずに、自分が演じることで共感を持って、応援してもらえるよう、努めたいと思います。そしてこの作品に花を添えられるよう、多くのキャラクターと関わり合える律のいろいろな表情を丁寧に表現していきたいと思います。
 
 “初恋”の思い出は、小学生のときに好きだった、同じクラスの子。体育の時間はいいところを見せたくて、全力で取り組んでいました。憧れる恋愛シチュエーションは、友達のお姉さんとの恋ですね。そんな僕が今、全力を捧げているのは……。仕事です。(笑い)。

 「僕の初恋をキミに捧ぐ」をドラマで再び映像化するにあたり、自分が学生のころから知っているこの作品に関われることがとても光栄です。見てくださる方々の心にいつまでも残る作品が作れるよう、すべてのシーンを大切に、精いっぱい生き抜きたいと思います。

「僕の初恋をキミに捧ぐ」ドラマ化 主演野村周平、ヒロイン桜井日奈子

連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」のビジュアル =テレビ朝日提供
連続ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」のビジュアル =テレビ朝日提供

 「僕は妹に恋をする」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」などで知られる青木琴美さんのマンガ「僕の初恋をキミに捧ぐ」が、俳優の野村周平さん主演で、来年1月にテレビ朝日で連続ドラマ化することが11月21日、明らかになった。桜井日奈子さんがヒロイン役で出演する。

 野村さんと桜井さんは今作が初共演。野村さんは同局ドラマ初主演となる。桜井さんは2年ぶりの連ドラレギュラー出演で、連ドラ初ヒロイン。

 原作は、2005~08年にかけてマンガ誌「少女コミック」(現「Sho-Comi」、小学館)で連載され、累計発行部数が800万部以上の人気作品。09年には実写映画が公開され、21億円を超える興行収入を記録した。心臓病で「20歳まで生きられない」と宣言された主人公・垣野内逞(かきのうち・たくま)と、逞を思い続ける種田繭(たねだ・まゆ)の高校生2人のヒューマンラブストーリー。

 馬場ふみかさん、松井愛莉さん、矢作穂香さん、岐洲匠さん、富田健太郎さん、福本莉子さん、是永瞳さん、真飛聖さん、石田ひかりさんの出演も発表された。ドラマは毎週土曜午後11時15分に放送。

 ◇原作者の青木琴美さんのコメント

 「僕の初恋をキミに捧ぐ」を実写ドラマ化していただけることになりました。私にとって、国内では初めてのドラマ化作品になります。しかも、もっと大切な“初めて”があります。本作のプロデューサーさんは、学生時代から私の作品を読んでくださっていた方です。読者でいてくださった方に、映像化のプロデューサーをしていただけるのはこれが初めてです。作家にとって、これほど感慨深いことがあるでしょうか。漫画「僕キミ」を描き終え、2009年に実写映画が公開されて9年。今回のドラマ化で、当時「僕キミ」を読んで(見て)いただいた方々に、逞と繭のことを懐かしく思い出してもらえたらうれしいです。そして、たくさんの方々に、新しく出合ってもらえたらうれしいです。私も、新しい「僕キミ」で、逞と繭に再会できることを、楽しみにしています。

=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供
(C)青木琴美/小学館
(C)青木琴美/小学館

僕の初恋をキミに捧ぐテレビ朝日系
2019年1月19日から毎週土曜午後11時15分に放送