剣客商売 手裏剣お秀 あらすじ

剣客商売 手裏剣お秀あらすじ

 ドラマ「剣客商売 手裏剣お秀」は、2012年から俳優の北大路欣也さん主演の単発ドラマとして放送されてきた、人気時代劇シリーズ「剣客商売」の最新作。女優の比嘉愛未さんが、自身初の“剣士役”として出演する。比嘉さんは手裏剣の達人の杉原秀を演じる。

 「剣客商売」は、「鬼平犯科帳」「仕掛人・藤枝梅安」と並ぶ池波正太郎の代表作の時代小説。1998年10月~10年2月には、藤田さん主演の連続ドラマとスペシャルドラマが放送された。今回放送される年末時代劇スペシャル「剣客商売 手裏剣お秀」には貫地谷しほりさん、斎藤工さん、古谷一行さん、國村隼さんも出演する。

 今回演じる秀は、亡くなった父親の道場を引き継ぎ、師範として町人たちから慕われているが、道場に乗り込んで来た旗本子息を返り討ちにしたため、いわれのない復讐(ふくしゅう)の対象となってしまうという役どころ。ドラマ後半には、複数の男に取り囲まれ、一人で戦うシーンがあるという。

「剣客商売 手裏剣お秀」のあらすじは