イノセンス 冤罪弁護士 視聴率

初回視聴率は8.3% 坂口健太郎主演のリーガルドラマ

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の会見に登場した坂口健太郎さん(右)と川口春奈さん
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の会見に登場した坂口健太郎さん(右)と川口春奈さん

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第1話が1月19日、15分拡大で放送され、平均視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 変わり者の若手弁護士・黒川拓(坂口さん)が、冤罪を晴らすため、執念と情熱、科学を武器に不利な裁判での逆転劇に挑む。坂口さんは同局の連ドラ初主演。拓に振り回される新人弁護士の和倉楓を川口春奈さん、後輩の拓に協力する東央大学理工学部の准教授・秋保(あきう)恭一郎を藤木直人さん、拓の理解者で専属パラリーガルの城崎穂香(きのさき・ほのか)を趣里さん、拓の父だが絶縁状態のエリート検察官・黒川真を草刈正雄さんがそれぞれ演じる。

 第1話は、拓が阿蘇恵美子(中島ひろ子さん)の依頼を受ける。恵美子の夫・重雄(吉田栄作さん)は、自宅に放火をした容疑で逮捕された。公判初日に、刑事の挑発に乗った重雄は法廷で暴れて心証を損ない、弁護側の主張するストーブからの失火も否定されてしまう。しかし拓は現場に足を運んで粘り強く調べていく……というストーリーだった。

第2話視聴率は8.7% 坂口健太郎が山田裕貴を弁護

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第2話が1月26日に放送され、平均視聴率は8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第2話では、コンビニエンスストアで現金を奪い店員にけがを負わせたとして強盗致傷の容疑で逮捕された21歳の飲食店アルバイト・十勝岳雄(山田裕貴さん)を拓が弁護する。岳雄はかつての札付きのワル。犯行現場の監視カメラ映像に加え、現場には指紋まで残る不利な状況だったが、犯行現場を調べるうちに警察のずさんな捜査が明らかになる……というストーリーだった。

第3話視聴率は9.4%と番組最高更新 坂口健太郎が解雇を覚悟で平岳大の冤罪に挑むも……

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第3話が2月2日に放送され、平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組最高記録を更新した。

 第3話では、手術中に人工心肺が停止して患者が亡くなった医療ミスの責任を問われ、自らを責める医師・雲仙(平岳大さん)の事件に挑む。病院が遺族に送った報告書は、雲仙の指示ミスに見えるようなうその記載をしていた。さらに人工心肺の電源が落ちた点を調べると、人工心肺メーカーと顧問契約している事務所の別府所長(杉本哲太さん)が圧力をかけた。しかし黒川拓(坂口さん)は解雇を覚悟の上で調査を続行し、秋保の助けを借りて実証実験をする……というストーリーだった。

第4話視聴率は8.3% 坂口健太郎が嫉妬した入山法子の無罪立証に挑む

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第4話が2月9日に放送され、平均視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第4話で拓は、同じ事務所の弁護士が好意を寄せる女性会社員・小笠原奈美(ともさかりえさん)の弁護をする。職場でも人望の厚い奈美は、同僚の姫島理沙(入山法子さん)を旅行先の海で殺害した容疑で逮捕された。裁判初日、奈美の上司・鶴見(村上新悟さん)の証言で、奈美がひそかに抱いていた理沙への嫉妬が明らかになり窮地に立たされる。しかし黒川拓(坂口さん)は島の地形図を見てひらめき、プールで実証実験をする……というストーリーだった。

第6話視聴率は9.4%と番組最高タイ 坂口健太郎に脅迫が…

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第6話が2月23日に放送され、平均視聴率は第3話と同じく番組最高タイの9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第6話で拓(坂口さん)は、事務所が顧問契約をしている樽前物産の社長の息子・樽前裕也(須賀健太さん)の弁護を担当する。友人の新島彰を射殺した疑いをかけられた裕也は、事実を否認したが状況証拠がそろい、本人の評判も最悪だった。そこに被害者の母(山下容莉枝さん)は「弁護をやめてくれ」と直談判に来る。裕也のアリバイが固められない中、シングルマザーである穂香(趣里さん)の4歳の息子が誘拐され、事件の弁護をやめなければ子供が死ぬという脅迫メールが届く……というストーリーだった。

第7話視聴率は9.5%と番組最高更新 川島海荷を坂口健太郎が弁護

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第7話が3月2日に放送され、平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組最高記録を更新した。

 第7話で、拓(坂口さん)は、資産家の夫を殺したと疑われている年の離れた妻・満里奈(川島海荷さん)の弁護を担当する。練炭による一酸化炭素中毒で亡くなった夫が無理心中を図ったという満里奈は、自らも中毒の症状で病院に搬送されているが、事前に練炭を買ったことなどから殺人を疑われていた。公判の日、満里奈が事件時間に窓から外出していたと主張する検察に対して、拓は庭のセンサーライトが反応しなかったと反論。勝訴が見える中、拓は、満里奈が殺人を犯した可能性を疑い、思い悩んでいた……というストーリーだった。

第8話視聴率は9.5% 坂口健太郎が難関の再審請求に挑むも…

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第8話が3月9日に放送され、平均視聴率は9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第8話で、拓(坂口さん)は毒殺事件の死刑囚・式根(片岡鶴太郎さん)の冤罪を晴らすため、難関の再審請求に挑む。 24年前、イトエ電機社宅のクリスマスパーティーでシャンパンに毒物が混入されて6人が死亡。執拗(しつよう)な尋問の末に自白した式根は死刑判決を受けた。式根も、マスコミから追われた式根の一人娘も再審請求を望んでいない中、拓は警察の「引き当たり捜査」の写真に捏造(ねつぞう)を疑う新事実を見つける。事件を蒸し返すことで傷付く人がいることに悩みながらも拓たちは真実を追う……というストーリーだった。

第9話視聴率は8.9% 坂口健太郎が窮地に

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第9話が3月16日に放送され、平均視聴率は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 第9話は、秋保(藤木直人さん)の妹を殺したとされ、獄中で自殺した拓(坂口さん)の幼なじみの浅間大輔(鈴之助さん)の11年前の事件にスポットが当たる。東京都内で美大生が殺された事件で、テレビ局の聡子(市川実日子さん)が、被害者の首の刺し傷が11年前の被害者のそれと同じ特徴的な形状をしているという情報を持ってきた。

 拓は、被害者にストーカー行為をしていたため殺害を疑われている被疑者・富士田順平(坂本真さん)に接見して、弁護を決断。しかし、富士田が犯行を疑われるような内容をわざわざSNSに上げていることに違和感を覚える。そして、新たな遺体が見つかり、富士田が再逮捕される。連続殺人として脚光を浴びる中、11年前の事件と拓との関係も掘り起こされ、拓は窮地に立たされる……というストーリーだった。

最終回視聴率は番組最高の9.6%でフィニッシュ 坂口健太郎が11年前の因縁にたどり着く

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の会見に登場した坂口健太郎さん(右)と川口春奈さん
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の会見に登場した坂口健太郎さん(右)と川口春奈さん

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の最終回となる第10話が3月23日に放送され、平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 最終話は、第9話で拓をかばって楓が刺された事件の続きからスタート。拓に協力するテレビ局員の聡子(市川実日子さん)は、殺された京香と、殺人事件の容疑者・富士田(坂本真さん)のSNSの共通の友達が、11年前に殺された彩花と自殺した浅間(鈴之助さん)の両方のブログにもコメントを残していることに注目。そんな中、楓を刺したという男・神津一成(武田真治さん)が自首する。

 神津と接見した拓は、神津から今回の二つの事件と11年前の事件の被害者を殺したのは自分だとささやかれる。拓はついに11年前の因縁にたどり着くが、神津を真犯人と決定づける証拠がなかった。そこで11年前に捜査に当たった元刑事の草津(佐藤B作さん)に会い、遺留品のたばこの吸い殻の存在を知って、地裁に証拠品の開示と再審を請求する……という展開だった。

イノセンス 冤罪弁護士日本テレビ系
2019年1月19日から毎週土曜午後10時放送。初回は15分拡大版。