イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ

イノセンス 冤罪弁護士あらすじ

 ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」は、日本テレビ系で2019年1月スタート。連続ドラマ「ガリレオ」(フジテレビ系)、「S -最後の警官-」(TBS系)、「ハゲタカ」(テレビ朝日系)などの古家和尚さんが脚本を担当する本格弁護士作品。俳優の坂口健太郎さんが主演を務める。坂口さんが同局の連ドラで主演を務めるのは、初めて。坂口さんのほか、川口春奈さんと藤木直人さんの出演も発表された。

 ドラマは、有罪率ほぼ100%という日本の裁判で、「冤罪」を晴らすという“奇跡”を起こすため、執念と情熱、そして「科学」を武器に、主人公の弁護士・黒川拓(坂口さん)が逆転劇に挑む姿を描く。川口さんは、黒川に振り回される新人弁護士の和倉楓、藤木さんは黒川に協力する科学者の秋保(あきう)恭一郎を演じる。

「イノセンス 冤罪弁護士」のあらすじは

<ドラマ紹介>「イノセンス 冤罪弁護士」 坂口健太郎が変わり者弁護士に 川口春奈を振り回す 第1話あらすじも

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)が1月19日スタート。変わり者の若手弁護士・黒川拓(坂口さん)が、冤罪を晴らすため、執念と情熱、科学を武器に逆転劇に挑む。初回は15分拡大スペシャル。坂口さんは同局の連ドラ初主演。

 拓は、日本の司法制度では難しい逆転無罪を3年間で5件も勝ち取ったすご腕ながら、整理整頓が苦手で事務所の物置に住む。現場で起きた事象を実験で再現して捜査の矛盾点を突いていく。

 第1話は、拓が冤罪事件に関心を持つ報道ディレクターの有馬聡子(市川実日子さん)の取材をドタキャンして、勝手に依頼を受けていた人物と会う場面から始まる。依頼人の阿蘇恵美子(中島ひろ子さん)の夫・重雄(吉田栄作さん)は、自宅に放火をした容疑で逮捕されて犯行を自白。家に借金があり、保険金目当ての犯行とされた。拓は、火事の時に重雄が持ち出した息子の形見のフィギュアに興味を示した。

 接見で自白内容を認める重雄に、拓はある質問を投げ掛け、虚偽の自白を警察に強要されたと告白させる。だが公判初日、刑事の挑発に乗った重雄は法廷で暴れて心証を損なう。弁護側の主張するストーブからの失火も科学的に否定され、弁護側は窮地に。それでも拓は焦らず現場に足を運ぶ。普段から拓に振り回されている新人弁護士の和倉楓(川口春奈さん)はいら立ちを抑えられず、刑期を軽くする情状弁護に切り替えることを提案するが、拓は意外な答えを返す。そして、拓は大学の実験施設に向かう。放火事件の真実と裁判の行方は……。

 後輩の拓に協力する東央大学理工学部の准教授・秋保(あきう)恭一郎を藤木直人さん、拓の理解者で専属パラリーガルの城崎穂香(きのさき・ほのか)を趣里さん、拓の父だが絶縁状態のエリート検察官・黒川真を草刈正雄さんがそれぞれ演じる。脚本は、連続ドラマ「ガリレオ」(フジテレビ系)や「ハゲタカ」(テレビ朝日系)などの古家和尚さん。

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話のシーン=日本テレビ提供

第2話のあらすじ 札付きのワル・山田裕貴を救える? 坂口健太郎の逆転の手は

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第2話が1月26日に放送される。今回の拓(坂口さん)は、札付きのワルで、限りなく黒に近い男の弁護をして、逆転劇に挑む。

 第2話は、コンビニエンスストアで現金を奪い店員にけがを負わせたとして強盗致傷の容疑で逮捕された21歳の飲食店アルバイト・十勝岳雄(山田裕貴さん)の物語。岳雄は10代の頃から窃盗を繰り返した。自分に疑いの目を向ける楓(川口春奈さん)に切れた岳雄は、接見に来た拓と楓を追い返す。だが、岳雄の母・睦美(仙道敦子さん)に「料理人を目指して洋食屋で修業していた岳雄が強盗をするはずがない」と言われ、拓は徹底的に検証して戦うことを宣言する。

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供


 しかし、テレビ局員の聡子(市川実日子さん)に集めてもらった情報を見ると、犯行現場の監視カメラ映像に加え、現場には指紋まで残り、岳雄は限りなく黒だった。犯行現場のコンビニエンスストアで調べるうちに警察のずさんな捜査が明らかになるものの、岳雄に対する近所の偏見もあった。タイムリミットが迫り、焦る楓。拓はなぜかガソリンスタンド向かいの家の庭にあった巨大オブジェに執着する。監視カメラの映像解析をしていた科学者の秋保(藤木直人さん)はあることに気付く……。

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第2話のシーン=日本テレビ提供

第3話のあらすじ 平岳大が病院の工作で罪に 坂口健太郎の意外な経歴も明らかに

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第3話が2日に放送される。拓(坂口さん)は、心臓手術の医療ミスで逮捕された医師・雲仙(平岳大さん)の冤罪を晴らすために奮闘する。

 拓が大学3年の時に理工学部から法学部に転部し、以前は今とは反対の性格だったことが明らかになる。変わったきっかけについては、拓をその頃から知る湯布院(志賀廣太郎さん)はお茶を濁す。

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供

 拓は、青ヶ島病院の看護師から、医師・雲仙の罪を晴らしてと頼まれる。雲仙は、手術中に人工心肺が停止して患者が亡くなった医療ミスの責任を問われ、内部告発が決め手となって逮捕されていた。接見した拓と楓(川口春奈さん)は、雲仙が遺族側に説明の希望をしていたにもかかわらず、病院に止められていたことを知る。患者を救えなかったと自分を責める雲仙だが、拓は遺族のためにも事実を明らかにしようと弁護を持ちかける。

 雲仙の同期で出世頭の医師・磐梯(山本耕史さん)を訪ねた拓と楓、穂香(趣里さん)は、病院が遺族に送った報告書を手に入れて調査を開始。だが磐梯は非協力的。報告書は、雲仙の指示ミスに見えるようなうその記載をしていた。人工心肺の電源が落ちた点を調べると、人工心肺メーカーと顧問契約している事務所の別府所長(杉本哲太さん)が立ちはだかった。拓は解雇を覚悟して調査を続行し、秋保(藤木直人さん)の助けを借りて、また大規模な実証実験を始める。

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第3話のシーン=日本テレビ提供

第4話のあらすじ 坂口健太郎が法廷で一気に苦境に 草刈正雄との確執も

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第4話が2月9日に放送される。変わり者の弁護士・黒川拓(坂口さん)は、殺人容疑のある女性会社員・小笠原奈美(ともさかりえさん)を弁護するが、法廷の証言で一気に苦境に立たされる。拓と父の黒川真(草刈正雄さん)の確執も描かれる。

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供

 事務所の企業法務部門の弁護士が、好意を寄せる女性・奈美の刑事事件弁護をこっそり引き受けたことが発覚。拓と楓(川口春奈さん)が弁護を引き継いだ。職場でも人望の厚い奈美は、同僚の姫島理沙(入山法子さん)を旅行先の海で殺害した容疑で逮捕された。遺体の肺から大量の砂が出たためだが、本人は容疑を否認している。奈美の職場での聞き込みで収穫のない中、拓と楓は現場の島へ向かう。殺害現場とされている海岸に着いた拓は冬の海に入ると、事件を再現するため顔を海中に突っ込む。その帰りに楓は、拓の実家の食事会に巻き込まれ、拓と真の親子の確執を垣間見る。

 有力な弁護材料が無いまま迎えた裁判初日、検察側証人として出廷した奈美の上司・鶴見(村上新悟さん)は、とんでもない証言をして奈美が隠していた複雑な人間関係が明らかになる。拓は一気に苦境に立たされるが、科学者の秋保(藤木直人さん)が事務所を訪ねて来た。

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第4話のシーン=日本テレビ提供

第5話のあらすじ 坂口健太郎が豊原功補の弁護に セクハラの記憶に悩む川口春奈

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第5話のシーン=日本テレビ提供
連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第5話のシーン=日本テレビ提供

 俳優の坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪(えんざい)弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第5話が2月16日放送される。変わり者の弁護士・黒川拓(坂口さん)は、高校の名門フェンシング部顧問の高松洋介(豊原功補さん)の依頼を受ける。楓(川口春奈さん)が大手事務所をセクハラの被害で辞めたことが明らかになる。

 業務上過失傷害で在宅起訴されたという高松は、部活の指導中にエース選手の藤里(清水尋也さん)を剣で突き、藤里は不整脈から心停止。一命は取り留めたものの自宅で療養中で、高松は「必要以上に強く突いた可能性はない」と話す。


 藤里に話を聞こうとするが、母親の門前払いをくらった拓と楓、穂香(趣里さん)は、学校へ。校長と部員たちは、高松と藤里の間にトラブルはなかったと証言。だが入手した当時の映像は、事故の瞬間にノイズが入っていてよく見えなかった。

 楓は、かつて所属した大手弁護士事務所のセクハラ問題で取材依頼を受けたものの、セクハラ被害のつらい記憶に悩んでいた。高松の裁判で、弁護側証人尋問の日、証言台に立った部員の田代(柾木玲弥さん)の発言で法廷は大混乱になる。しかし、地道な調査と、秋保(藤木直人さん)の協力で分かったのは意外な真相だった。

イノセンス 冤罪弁護士日本テレビ系
2019年1月19日から毎週土曜午後10時放送。初回は15分拡大版。