イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ

イノセンス 冤罪弁護士あらすじ

 ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」は、日本テレビ系で2019年1月スタート。連続ドラマ「ガリレオ」(フジテレビ系)、「S -最後の警官-」(TBS系)、「ハゲタカ」(テレビ朝日系)などの古家和尚さんが脚本を担当する本格弁護士作品。俳優の坂口健太郎さんが主演を務める。坂口さんが同局の連ドラで主演を務めるのは、初めて。坂口さんのほか、川口春奈さんと藤木直人さんの出演も発表された。

 ドラマは、有罪率ほぼ100%という日本の裁判で、「冤罪」を晴らすという“奇跡”を起こすため、執念と情熱、そして「科学」を武器に、主人公の弁護士・黒川拓(坂口さん)が逆転劇に挑む姿を描く。川口さんは、黒川に振り回される新人弁護士の和倉楓、藤木さんは黒川に協力する科学者の秋保(あきう)恭一郎を演じる。

「イノセンス 冤罪弁護士」のあらすじは