記憶捜査~新宿東署事件ファイル~ あらすじ

記憶捜査~新宿東署事件ファイル~あらすじ

 ドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」は、テレビ東京系で2019年1月スタートの連続ドラマ。俳優の北大路欣也さんが主演を務める。ドラマは、東京・新宿が舞台。新宿東署刑事課の、警察官が認知した犯罪を「刑法犯認知情報票」として警視庁にデータ送信する部署・司法係の警察官たちの活躍を描く。

 北大路さん演じる鬼塚一路は、定年間際の最後の事件で犯人に刺されて両足の機能を失い、車椅子生活となったが同課司法係長に再任用される。新宿東署には新人時代と定年間際の二度所属し、昭和と平成の記憶を頼りに、刑事が認知していても動けない“手付かず案件”を捜査する。脚本は「相棒」シリーズ、「科捜研の女」シリーズ(共にテレビ朝日系)などの櫻井武晴さんが担当。

 北大路さんのほか、風間俊介さん、上白石萌音さんが出演することも発表された。同局の連ドラ初出演となる風間さんは警視庁捜査1課・管理官から新宿東署の刑事官として異動してくるキャリアの神啓太郎、同局のドラマ自体初めてという上白石さんは念願の刑事課に配属され、鬼塚の部下となる遠山咲を演じる。

「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」のあらすじは