ハケン占い師アタル ニュース

杉咲花、「家政婦のミタ」の脚本家・遊川和彦と初タッグ 派遣社員が占いで正社員の悩みを解決

連続ドラマ「ハケン占い師アタル」で主演を務める杉咲花さん =テレビ朝日提供
連続ドラマ「ハケン占い師アタル」で主演を務める杉咲花さん =テレビ朝日提供

 女優の杉咲花さんが、2019年1月スタートの連続ドラマ「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系)で主演を務めることが11月28日、明らかになった。11年に大ヒットしたドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当する。杉咲さんは、今作で初タッグを組む遊川さんについて「作品をたくさん拝見していたので、出演が決まったときは初めてご一緒できる喜びを感じ、撮影が始まるのをとても楽しみにしていました」と喜んでいる。

 ドラマは、イベント会社「シンシアイベンツ」が舞台。杉咲さん演じる派遣社員の的場中(まとば・あたる)は、他人の悩みや原風景などを見る特殊能力を駆使して、周囲の正社員が抱える悩みを根本から解決していく。「平成最後の新“働き方改革”」を描くコメディー作品となる。

 イベント会社「シンシアイベンツ」の正社員役を小澤征悦さん、志田未来さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さん、野波麻帆さん、板谷由夏さん、及川光博さんが演じ、毎回登場する“謎の占師”役で若村麻由美さんが出演することも発表された。

 「ハケン占い師アタル」は1月から毎週木曜午後9時に放送。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供