ハケン占い師アタル ニュース

<インタビュー>杉咲花 アタルは「斬新でユニークな役」 占いの言葉には「私自身も励まされます」

連続ドラマ「ハケン占い師アタル」で主演を務める杉咲花さん
連続ドラマ「ハケン占い師アタル」で主演を務める杉咲花さん

 連続ドラマ「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系、木曜午後9時)で主演を務める、女優の杉咲花さん。これまで映画「湯を沸かすほどの熱い愛」や連続ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)などで幅広い演技を見せてきたが、今作で演じるのは、普段はにこにこ笑顔で仕事をしているが、占いをするシーンでは態度が一変し、きつい言葉をズバズバとぶつけていく謎めいた主人公・的場中(アタル)。「斬新でユニークな役です」と語る杉咲さんに今作への思いを聞いた。

 ◇遊川和彦演出で「贅沢な時間」

 2011年の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)などで知られる遊川和彦さん脚本のお仕事コメディー。遊川さんが初めて連ドラの演出も手掛け、イベント会社「シンシアイベンツ」を舞台に、派遣社員のアタルが特殊能力を駆使した占いで、働く人と会社を変えていく姿を描いている。

 遊川さんからの演出について「細かい調整はどのシーンでもありました。脚本を書かれているので、こういうふうに演じてほしいとか、とても明確」「なかなか脚本家で演出される方もいないと思うので、贅沢(ぜいたく)な時間です」と明かす杉咲さん。

 アタルは、いつもはニコニコと笑顔を振りまいて仕事をしているが、占いのシーンでは偉そうな態度に一変。辛辣(しんらつ)ながらもストレートに響く言葉をぶつけていく。第3話でも「逃げてばっかりいるやつに自分の居場所なんか見つかるわけない」といった言葉をズバズバと投げつけ、その結果、志尊淳さん演じる品川一真に変わるきっかけを与えていった。

 「斬新でユニークな役です」と語る杉咲さんは、「私自身も、占いの言葉に毎回励まされます」と語り、「見てくれている方にも、響くものがあると思います。アタルのエールを受け取ってもらって、『明日も頑張るか』って、働くことが楽しみになる作品になるよう、頑張ります」と意気込む。

 ◇「面白いことをするのが好き」 コント番組にも意欲!?

 今作は“お仕事コメディー”と銘打たれており、コメディー作品に初挑戦となる杉咲さんは「面白いことをするのが好き」、コメディー作品は「大好き」と語る。共演している「志田未来さんの『正義の味方』(日本テレビ系)が好きで、何回も見ていました」と振り返り、「コントとか、面白いことをするのは好きです。機会があればコント番組には(出演したい)!」と意気込む。

 昨年の大みそかには、人気バラエティー番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の特番「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」に出演。お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさんの“授賞式ネタ”を“完コピ”して、話題となった。

 反響は「びっくりするぐらい」あったといい、「連絡もありましたし、新年明けて人に会うたびに『見たよ』って言ってくださって。やっぱり(番組の影響力が)すごいんだなって思いました」と明かし、「コメディーをずっとやってみたかったというのもありますし、『ガキ使』もずっと出てみたかったので」と手応えを感じている様子だった。

 ◇ルーティンはおいしいご飯

 今作は「平成最後の新“働き方改革”」というテーマを掲げる“お仕事ドラマ”。大事な仕事前にルーティンでしていることを聞くと、「おいしいご飯を食べることです」と照れ笑いする。ドラマの制作発表記者会見でも、共演の小澤征悦さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さんらが杉咲さんの“食いしん坊エピソード”を語っていたが、「普段から疲れたり、時間ができたら、おいしいものを食べて、『よし頑張るぞ!』」と思うようにしていると明かす。

 最近は納豆巻きにはまっているそうで、「今朝、メークさんが新しい味の納豆巻きを私の分も買ってきてくださって、プレゼントしてくださったんです。すっごいおいしかったです!」と明るく話し、周囲を和ませていた。

 2月7日放送の第4話では10年前に“伝説のイベント”を手掛けたベテラン社員の上野誠治(小澤さん)にスポットを当てたストーリー。過去の成功例にしがみつき、部下たちを小馬鹿にしている上野に、部下たちの不満が蓄積。さらに自らの鼻をへし折られるような事態に直面した上野は“絶対に言ってはいけないこと”を口にしてしまい……という展開で、予告動画では「自暴自棄になった男をアタルが救う!」という文章や、アタルが「分かってないのはそっちだよ!」と語気を強める姿も収められている。アタルがどんな言葉で上野を救うのか、杉咲さんの演技に注目だ。

志尊淳「ハケン占い師アタル」で女装姿 「誰よりもキュートな乙女っぷり」披露?

連続ドラマ「ハケン占い師アタル」の第3話で女装姿を披露している志尊淳さん (C)テレビ朝日
連続ドラマ「ハケン占い師アタル」の第3話で女装姿を披露している志尊淳さん (C)テレビ朝日

 俳優の志尊淳さんが、1月31日放送の連続ドラマ「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系)の第3話で女装姿を披露していることが分かった。第3話では、直属の上司・上野誠治(小澤征悦さん)の不当なパワハラに悩む、入社1年目の品川一真(志尊さん)がフィーチャーされ、主演の杉咲花さんは「誰よりもキュートな乙女っぷりの品川ちゃんについほれぼれして、気がつくと、じっと見てしまっていました」と、志尊さんの女装姿に太鼓判を押している。

 ドラマは、「家政婦のミタ」(日本テレビ系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当。イベント会社「シンシアイベンツ」が舞台で、杉咲さん演じる派遣社員の的場中(アタル)が、他人の悩みや原風景などを見る特殊能力を駆使して、正社員の悩みを根本から解決していく。「平成最後の新“働き方改革”」を描くコメディー作品。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日

 第3話は、入社1年目の品川は彼女や大学時代の仲間たちのリア充ぶりに、ため息をつく毎日。直属の上司である上野からパワハラを受け、我慢も限界に近づいていた。ある日、大手化粧品会社主催の一大イベントの仕事が舞い込み、制作Dチームは沸き立つが、部長・代々木匠(及川光博さん)から「Dチームの担当は新商品のサンプリング」と告げられる。落胆した上野は、品川に提案書の作成を押し付ける。

 しぶしぶ提案書作りに取りかかる品川に、アタルは手を貸そうとする。やさぐれながら提案書を作り上げる品川。だが上野は、提案書の内容や、品川の人格、仕事ぶりについてダメ出し。品川はとうとう会社を辞めると宣言する……という展開。31日午後9時から放送される。

<ドラマ紹介>「ハケン占い師アタル」 杉咲花×遊川和彦のお仕事コメディー 花は怪しげなビジュアルで 第1話あらすじも

連続ドラマ「ハケン占い師アタル」初回の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「ハケン占い師アタル」初回の場面写真 =テレビ朝日提供

 女優の杉咲花さん主演の連続ドラマ「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系、木曜午後9時)が1月17日、初回拡大スペシャルで始まる。2011年の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)などで知られる遊川和彦さん脚本のお仕事コメディー。「平成最後の新“働き方改革”」をテーマに、特殊能力を持つ派遣社員が働く人と会社を変えていく姿を描く。

 イベント会社「シンシアイベンツ」が舞台で、杉咲さん演じる派遣社員の的場中(アタル)が、他人の悩みや原風景などを見る特殊能力を駆使して、正社員の抱える悩みを根本から解決していく。アタルは丸サングラスにニット帽、ロングコートと怪しげなビジュアル。全て見えてしまうアタルの外出時の防御策という設定だ。

 初回は、「シンシアイベンツ」の制作Dチームに派遣されたアタルは、教育係となった正社員・神田和実(志田未来さん)の下で雑用をこなしていた。部長・代々木匠(及川光博さん)は、1週間後のイベントに50人の赤ちゃんを呼ぶようクライアントが希望しているという。無理難題だが、課長の大崎結(板谷由夏さん)は引き受けてしまう。

 初めて運営を任された神田は自分の意見を言えず、会議室も押さえられない。神田は誰にも言えない大きな悩みを抱えていた。そんな神田に、アタルはたびたび不可思議な言動を取る……という展開。

 悩みを抱えた正社員たちは、ほかに小澤征悦さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さん、野波麻帆さんが演じるほか、物語の鍵を握る謎の占い師役で若村麻由美さんが出演する。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

<インタビュー>志田未来「私は白黒はっきり」 優柔不断な役は自分と正反対

連続ドラマ「ハケン占い師アタル」に出演する志田未来さん
連続ドラマ「ハケン占い師アタル」に出演する志田未来さん

 女優の志田未来さんが1月17日からスタートする連続ドラマ「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系、木曜午後9時)に出演する。杉咲花さん演じる主人公・的場中(=アタル)が派遣社員として働くイベント会社の社員で優柔不断な神田和実役だが、自身は「正直、正反対の性格だと思っています。私は白黒はっきりさせるタイプ」という志田さん。自らの出世作ともいえる連続ドラマ「女王の教室」(日本テレビ系、2005年)も執筆した遊川和彦さんが脚本だけでなく 初めて連ドラの演出も手掛ける今作について話を聞いた。

◇「微妙なバランスを意識」 遊川和彦から初日に…

 今作は、イベント会社「シンシアイベンツ」が舞台で、杉咲さん演じるアタルが、他人の悩みや原風景などを見る特殊能力を駆使して、周囲の正社員が抱える悩みを根本から解決していくコメディーだ。

 志田さんが演じる神田和実は、「女王の教室」での役名・神田和美と漢字一文字違い。イベント会社「シンシアイベンツ」制作Dチームで、社会人経験のないアタルの教育係となる入社3年目の正社員。丁寧な仕事をしたいと思っているが、自分の選択に自信がなく、常に緊張し、内心ビクビクしている。司法浪人中の同棲(どうせい)相手はいるものの、誰にも言えない悩みを抱え、ひとりで苦しんでいる。初回ではそんな神田の悩みを、アタルが解決していく。

 自身の役どころについて「物事に対して、決断ができない女の子でとても優柔不断です。『ですよね』が口癖なので、人に合わせてしまうところがある」と説明するが、志田さん自身は「白黒はっきりさせるタイプ」。「演じる上で、おどおどしているのが、わざとらしく見えないように、でも、ちょっと大げさっていう微妙なバランスを意識しています」と明かす。

 「もともと動きが派手というか、実在したらちょっとイラッとしてしまうような子なので、そこが愛嬌(あいきょう)に見えたらいいな」と語る。大げさにというのは遊川さんからの演技指導だったそうで、「初日に演じていたときに、『もう少しオーバーに』と遊川さんがおっしゃっていたので、そこを意識しています」と明かす。

 ◇6歳から仕事「日常生活にあって当たり前」 10年後は…

 今作は「平成最後の新“働き方改革”」というテーマを掲げる“お仕事ドラマ”。志田さんも「コメディー作品ですが、その中に背中をポンと押してくれるような大切なメッセージが込められています。働くのが楽しくなるような作品」と話す。

 子役出身の志田さんは「私は6歳のころからお仕事をしているので、お仕事が日常生活にあって当たり前なので、意識していることはないですね。逆に『なくなったらどうなるんだろう』って不安かもしれないです」と笑い、「(役に入る上での)ルーティンとかもないですが、現場に行くと役衣装やメークをさせてもらって、自然と気持ちが近づいていくっていうのはありますね」と明かす。

 自身の10年後について聞くと、「6歳から続けてこられたのも、周りの方のおかげだと思っているので、恩返しできたら。でも、こういう女優さんになりたいっていうのはないです。いただいた役を丁寧に演じたい。年相応の役を(笑い)、無理せずやっていきたいです」と話していた。

杉咲花、「家政婦のミタ」の脚本家・遊川和彦と初タッグ 派遣社員が占いで正社員の悩みを解決

連続ドラマ「ハケン占い師アタル」で主演を務める杉咲花さん =テレビ朝日提供
連続ドラマ「ハケン占い師アタル」で主演を務める杉咲花さん =テレビ朝日提供

 女優の杉咲花さんが、2019年1月スタートの連続ドラマ「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系)で主演を務めることが11月28日、明らかになった。11年に大ヒットしたドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当する。杉咲さんは、今作で初タッグを組む遊川さんについて「作品をたくさん拝見していたので、出演が決まったときは初めてご一緒できる喜びを感じ、撮影が始まるのをとても楽しみにしていました」と喜んでいる。

 ドラマは、イベント会社「シンシアイベンツ」が舞台。杉咲さん演じる派遣社員の的場中(まとば・あたる)は、他人の悩みや原風景などを見る特殊能力を駆使して、周囲の正社員が抱える悩みを根本から解決していく。「平成最後の新“働き方改革”」を描くコメディー作品となる。

 イベント会社「シンシアイベンツ」の正社員役を小澤征悦さん、志田未来さん、間宮祥太朗さん、志尊淳さん、野波麻帆さん、板谷由夏さん、及川光博さんが演じ、毎回登場する“謎の占師”役で若村麻由美さんが出演することも発表された。

 「ハケン占い師アタル」は1月から毎週木曜午後9時に放送。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供