人生が楽しくなる幸せの法則 あらすじ

人生が楽しくなる幸せの法則あらすじ

 ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんのエッセー「ちょうどいいブスのススメ」(主婦の友社)を連続ドラマ化。女優の夏菜さん、高橋メアリージュンさん、小林きな子さん、原作の山崎さんが出演する。

 ドラマは3人の“イケていない”女性が、“ちょうどいいブスの神様”に導かれ、仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な“ちょうどいいブス”を目指す、新感覚の生き方指南&共感ラブコメディー。物語の舞台はとある商社。総務部に勤める中川彩香、木原里琴、皆本佳恵の前にある日、ちょうどいいブスの神様が降臨する。3人は神様から、自分のダメな現実を突き付けられて衝撃を受ける。「女は、自分がブスであることを認めて、初めて幸せのスタートラインに立つことができる!」と告げる神様。幸せになりたい3人は神様の教えに従って、ちょうどいいブスになるための修行を始めることに……というストーリー。

 夏菜さんが演じるのは“自己表現下手くそブス”の中川彩香。美人ともブスとも言えない見た目で、存在感が薄く言いたいことが言えない受け身体質。ずっと片思いしている男性がいるものの、相手にアプローチできないでいる。

 高橋さんが演じるのは、彩香の同僚で“融通の利かないブス”の木原里琴。美人で仕事もできるが、きつい性格で協調性がなく、周りからは面倒な女性と思われ、疎まれている。また小林さんが演じるのは、“開き直りブス”の皆本佳恵。自分がブスであるという自覚を持ちつつも、恋人がいることを振りかざして他の女性をディスったりしがちな性格。山崎さんはそんな3人の前に現れる“ちょうどいいブスの神様”を演じる。

ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則 」のあらすじは

<ドラマ紹介>「人生が楽しくなる幸せの法則」 夏菜たちイケてない女子が“ちょうどいいブス”を目指す

連続ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」の場面写真 =読売テレビ提供
連続ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」の場面写真 =読売テレビ提供

 お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイさんのエッセー「ちょうどいいブスのススメ」が原作の連続ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」(読売テレビ・日本テレビ系)が1月10日深夜スタートする。女優の夏菜さん、高橋メアリージュンさん、小林きな子さんがメインキャストを務める。3人のイケてない女性が「ちょうどいいブスの神様」(山崎さんも)に導かれ、仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な、ちょうどいいブスを目指す、ラブコメディーだ。

 舞台は商社「ジャストライト物産」。メインキャスト3人は総務部勤務で、夏菜さんは、「自己表現下手くそブス」の中川彩香役、高橋さんは「融通の利かないブス」の木原里琴役、小林さんは「開き直りブス」の皆本佳恵役。ちょうどいいブスの神様から現実を突きつけられた3人が、神様の教えに従い修行を始める……という展開。

 初回は、3人が神様に「おめでとう。あなたたちは、私に選ばれました。私についてくれば、あなた達は必ず幸せになれます!」と語りかけられるが……というストーリー。毎週木曜午後11時59分放送。

読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供
読売テレビ提供

人生が楽しくなる幸せの法則読売テレビ・日本テレビ系
2019年1月10日から毎週木曜午後11時59分放送