刑事ゼロ キャスト

刑事ゼロキャスト

沢村一樹
瀧本美織

沢村一樹が主演 “ゼロ”になった刑事に

2019年1月にスタートする連続ドラマ「刑事ゼロ」で主演を務める沢村一樹さん=テレビ朝日提供
2019年1月にスタートする連続ドラマ「刑事ゼロ」で主演を務める沢村一樹さん=テレビ朝日提供

 俳優の沢村一樹さんが主演を務める。沢村さんは京都府警捜査1課に所属する20年間の記憶をなくしてしまった刑事、時矢暦彦(ときや・れきひこ)を演じる。

 沢村さんが演じる時矢は、以前は優秀な刑事だったが、ある事件がきっかけで刑事になった直後からの20年間の一切の記憶を失ってしまったという役どころ。日常や生活については覚えているものの、仕事、刑事、犯罪に関することは一切、記憶から消えてしまった時矢だが、“生まれたての五感”と“洞察力”という才能は残されていた。京都を舞台に、“ゼロ”になった時矢が思いもよらないアプローチで事件を解決していく姿が描かれる。

 ◇沢村一樹さんのコメント

 「木曜ミステリー」という、長い間、皆さんに親しまれているドラマがずらりと並ぶ中に入れていただき、大変光栄です。“新参者”のようなフレッシュな気持ちで臨めるのではないかと、今、とてもワクワクしています。僕はこれまで数多くの刑事を演じてきましたが、“時矢暦彦”は今まで演じたことのない刑事です。皆さんも“記憶ゼロ”の刑事にお目にかかることなんて、なかなかないと思います。そんな型破りな刑事が、京都という風情あふれる街で事件に挑んでいきます。

 舞台となる京都では、当然ですが、東京では撮れない“画(え)”を撮ることができます。そんな京都ならではの人情味や風情を感じていただけるような、そして幅広い世代の方に楽しんでいただけるような、新しいミステリーをお届けしていきたいと思っています。僕には時矢のような特に優れた洞察力はありませんが、僕のスペックとしては“透視”ができます。それはもちろん冗談でして、洞察力は普通ですね。もし仮に、僕が時矢のように記憶をなくしてしまったとしても、また俳優の仕事をやりたいと思う気がします。体のどこかで役者をやっていることを覚えているような気がして……。できれば爽やかな自分として生まれ変わりたいのですが、やっぱり3年くらいしたら“あのキャラ”に戻ってしまっているのでは(笑い)。

 時矢刑事が記憶をなくす前と後ではキャラクターがガラリと変わるのですが、記憶をなくしたあとの時矢の行動は、“誠実さ”が一番大きな比重を占めていると思います。“絶対に犯人を捕まえるんだ”ということより、被害者の気持ちを考えて、「この人を助けてあげたい」という思いで事件を解決していく……。そんな感じでベクトルが変わっていく、というのは意識して演じていこうと思っています。

瀧本美織が沢村一樹の“トリセツ的”な存在に

=テレビ朝日提供
=テレビ朝日提供

 女優の瀧本美織さんがは、主人公・時矢暦彦(ときや・れきひこ、沢村さん)とコンビを組む新人刑事・佐相智佳(さそう・ともか)を演じる。

 智佳は、記憶を失う前の敏腕でスマートだった時矢に憧れを抱き、時矢が手がけた事件の調書をすべて記憶しているという、時矢の“取り扱い説明書的”な存在。時矢と智佳のコミカルなやりとりも見どころになるという。

 ◇沢村一樹さんのコメント

 --ドラマ初共演となる瀧本美織さんの印象は?

 瀧本さんとは7年ほど前にバラエティー番組で少しだけ共演させていただいたのですが、お芝居をご一緒するのは初めてです。当時は役柄でショートカットでボーイッシュな雰囲気をしていた頃だったこともあり、今回お会いしてまず“女性らしくなられたなあ”という印象を受けました。何より、瀧本さんは“目ヂカラ”がスゴイですね。年を重ねて汚れてしまった僕のような人間から見ると(笑い)、まぶしいぐらいの目ヂカラで、真っすぐな瞳をしているなと思いました。

 --初タッグの意気込みをお願いします。

 僕が演じる時矢は、瀧本さん扮(ふん)する佐相刑事がいないと成立しない役なんです。2人はギクシャクしたり、かみ合っていなかったりしますが、とにかく今までの刑事ドラマではありえない、面白いコンビになると思います。僕たちがどんなコンビを演じるのか、楽しみにしていただけるとうれしいです。瀧本さん、記憶をなくした僕のこと、ぜひよろしくお願いしますね(笑い)。

 ◇瀧本美織さんのコメント

 --ドラマ初共演となる沢村一樹さんの印象は?

 テレビで拝見していて、ずっと「なんてカッコいい方なんだろう!」と思っていました。私はユーモアがある男性が好きなのですが、沢村さんはカッコいいのに面白い一面があって、しかも幅広い役柄をこなす、“なんでもできる俳優さん”! まさに理想のタイプかも……(笑い)。今回の初共演が本当に楽しみです。

 --初タッグの意気込みをお願いします。

 私が演じる佐相智佳はハキハキしていて、“ダメなものはダメ”とハッキリとした意見を持っている女性です。でも一緒に捜査をしていくうちに、時矢刑事の影響を受け、頭でっかちだった智佳が、よい意味で柔軟になって、成長していくのではないかな。この2人のやりとりは面白くて、私の“ツボ”に入りまくりです。皆さんもぜひ事件を推理しながら、私たちの掛け合いを楽しく見ていただけたらと思います。

 --撮影に向けて意気込みをお願いします!

 (撮影の場となる)京都の冬はとにかく寒いという印象ですが、京都でしか味わうことのできない雰囲気を感じ取りながら演じていきたいです。タイトルも「刑事ゼロ」なので、私も“ゼロ”から全く新しいものを作るという意気込みでチャレンジしていきたいと思っています。