約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~ あらすじ

約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~あらすじ

 ドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」は、「スター誕生!」に先駆けて70年代に放送され、五木ひろしさん、八代亜紀さん、山本譲二さん、天童よしみさんらを輩出した同局制作のオーディション番組「全日本歌謡選手権」がモチーフ。女優の土屋太鳳さんが主演を務める。1970年代を舞台に、歌手を夢見るヒロイン・小沢翼(土屋さん)の奮闘と成長を描くドラマで、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)の百田夏菜子さんが翼と共に歌手を目指す大空つばさを演じる。

 ドラマは、2019年、東北の港町で歌手を目指しながらもその夢を諦めかけていた翼(土屋さん)は、1975年の東京にタイムスリップしてしまう。困惑する翼を救ったのは、歌手になるために上京してきたというつばさ(百田さん)だった。名前も年齢も抱く夢も同じで、運命的に出会った2人がユニットを組み、デビューを目指して「全日本歌謡選手権」に出場し……というストーリー。2人が70年代の名曲を歌うシーンもあるという。

 映画「半落ち」「ツレがうつになりまして。」などを手掛けた佐々部清さんがメガホンを取り、ドラマ「グッドドクター」などの徳永友一さんが脚本を担当する。

ドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」のあらすじは