騎士竜戦隊リュウソウジャー あらすじ

騎士竜戦隊リュウソウジャーあらすじ

 特撮ドラマ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は、スーパー戦隊シリーズの第43作。新作は「恐竜」と「騎士」がモチーフ。同シリーズで「恐竜」がモチーフとなる作品は、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(1992年)、「爆竜戦隊アバレンジャー」(03年)、「獣電戦隊キョウリュウジャー」(13年)に続き4作目となる。テレビ朝日系で2019年3月17日にスタート。

 騎士竜戦隊リュウソウジャーは、圧倒的なパワーを持つ「恐竜」に、正義の魂を備えた「騎士」を掛け合わせた、これまでにない新しい恐竜戦隊となるという。戦隊は5人編成で、それぞれに相棒となる恐竜(=騎士竜)たちの力を使いこなす。タイトルの「リュウソウジャー」は、「恐竜の力を身にまとって戦う騎士=竜装者」という意味も込められている。ドラマ「遺留捜査」や映画「不能犯」「honey」などのを山岡潤平さんが脚本を担当し、平成仮面ライダーシリーズを手がけてきた上堀内佳寿也さんがパイロット監督を務める。

 新作は、かつての地球に君臨していた邪悪なドルイドン族と、仲間の恐竜(=騎士竜)と共にドルイドン族に対抗してきたリュウソウ族が登場。6500万年前、地球にいん石が接近し、ドルイドン族は宇宙へと脱出し、リュウソウ族は地球に残った。時は流れ、戦闘力を極限まで高めたドルイドン族が再び地球への帰還を開始。いにしえから地球を守り続けてきたリュウソウ族の中で選ばれた騎士であるリュウソウジャーと、邪悪なドルイドン族との戦いが描かれる。

特撮ドラマ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のあらすじは

騎士竜戦隊リュウソウジャーテレビ朝日系
2019年3月17日から毎週日曜午前9時半に放送