二つの祖国 ニュース

<会見>ムロツヨシ、小栗旬の熱い“口説き”で出演決意

スペシャルドラマ「二つの祖国」の会見に登場したムロツヨシさん
スペシャルドラマ「二つの祖国」の会見に登場したムロツヨシさん

 俳優のムロツヨシさんが3月19日、テレビ東京(東京都港区)で開かれた同局の開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」の会見に登場。主演の小栗旬さんから熱く口説かれ、出演を決意したことを明かした。

 小栗さんから「いきなり電話が来て『どうしても一緒に出てほしい作品がある』と言っているので、会ってみた」というムロさん。小栗さんから「ムロ君の役は沢田研二さんがやった役。今の沢田研二さんはムロ君だと思う」と口説かれたといい、「ちょっとこの子(小栗さん)の目はおかしくなってきたなと。僕のどこにジュリーがいるのか」と首をかしげながらも、「でも熱弁して、ほだされていうのは変ですが。主演をやる友人が『一緒にやりたい』と言ってくれた。それは初めての経験なのでうれしかった」と明かしていた。

 会見には、多部未華子さん、高良健吾さん、新田真剣佑さん、松重豊さんも出席したが、小栗さんは海外にいるため不在。会見の一番手にあいさつをしたムロさんは「まさか(会見で)最初にあいさつするとは思わなかった。小栗旬が不在で申し訳ありません。私も、彼がいないのになぜ会見をしているのかわかりませんが、放送が間近ということで……」と話していた。

 小栗さんは会見の途中でテレビ電話で参加。ムロさんは「最近は(小栗さんと)テレビ電話で話しているので。彼はさみしがり屋で、お酒を飲みながらテレビ電話がかかってくる」と小栗さんのプライベートも明かしていた。ドラマは23日と24日にテレビ東京系で午後9時から放送される。

<会見>多部未華子、20代最後の仕事はムロツヨシとのキスシーン 「こんなに光栄なことはない」

スペシャルドラマ「二つの祖国」の会見に登場した多部未華子さん
スペシャルドラマ「二つの祖国」の会見に登場した多部未華子さん

 女優の多部未華子さんが3月19日、テレビ東京(東京都港区)で開かれた同局の開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」の会見に登場。撮影の思い出について多部さんは「個人的な話なのですが、私が20代最後の撮影に参加した作品で思い入れがあるんです。1月25日が誕生日で、1月中旬からタイでのロケ。最後の最後、20代最後のお芝居をするシーンがムロツヨシさんとのキスシーンでした。こんなに光栄なことはない」と笑顔で語った。


 また、劇中には、多部さんとムロさんが日本語から英語に切り替えながら口げんかをするシーンがあるといい、ムロさんは「真面目に英語を言うと、多部ちゃんが笑うんです。『おまえ本気か?』というせりふなんですが。英語で言うと『Are you really serious?」。『really』の発音がおかしいという空気になっちゃって……」とぼやき、「多部ちゃんが(カメラに)映ってないときは笑っていた。1回プロ意識について二人で話したい」と冗談を飛ばしていた。

 会見には共演の高良健吾さん、新田真剣佑さん、松重豊さんも出席。海外にいるため会見に参加できなかった主演の小栗旬さんは中継映像で飛び入り参加した。

ビートたけし&笑福亭鶴瓶、「二つの祖国」で“初共演” 東京裁判で大川周明が東條英機の頭をたたくシーン再現

テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」に出演するビートたけしさん(左)と笑福亭鶴瓶さん(C)テレビ東京
テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」に出演するビートたけしさん(左)と笑福亭鶴瓶さん(C)テレビ東京

 お笑いタレントのビートたけしさんと落語家の笑福亭鶴瓶さんが、テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」(23、24日午後9時~11時24分に2夜連続放送)に出演する。たけしさんは、陸軍軍人で、戦後A級戦犯として起訴された元首相の東條英機、鶴瓶さんは東京裁判で唯一民間人のA級戦犯として起訴されたが後に釈放された思想家の大川周明を演じる。たけしさんと鶴瓶さんがドラマで同シーンで共演するのは初めて。東京裁判で起きた大川が東條の頭をたたくシーンも再現する。また、広田弘毅役のリリー・フランキーさんのコメントも寄せられた。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

 ◇ビートたけしさんのコメント

 ――以前も東條英機を演じられていますが、今回再び演じてみていかがでしたか。

 東京裁判は何度も見てるシーンだから、ちょっとね、やりやすいんだかなんだか……。あまりに現物を見ているから、「本当に似ているかな」とそっちの方を考えちゃいました。あと、「何言ってるか分かんない」と東條が怒るシーンも、きっと一般の人も印象に残っているから、自分が似ていないと言われるのは嫌だなと。似ているのも変だけど(笑い)。

 ――鶴瓶さんと豪華共演になりましたね。

 頭をたたくのが鶴瓶って聞いて笑っちゃったんだよ! コントじゃないかと(笑い)。でも見事にメークで違う人になってたからよかった。このシーンはちょっと面白そうだね。

 ◇笑福亭鶴瓶さんのコメント

 ――大川周明を演じてみていかがでしたか。

 たけしさんが完全に東條英機だから、こっちも完全に乗り移ってやろうかなと思ってやりました。(たけしさんの頭をたたくシーンは)大川周明やからたたけるんですよ! たけしさんはたたかれへん! でもお兄さん(たけしさん)、喜んでましたよ、コントみたいって。一発パーンってたたいて、えらい音が鳴ったんですよ(笑い)。

 ◇リリー・フランキーさんのコメント
 
 ――東京裁判のみの出演でしたが、演じられていかがでしたか。

 若いころに映画で見た「東京裁判」と同じ場所にいるというのが……自分がまさか東京裁判にいるというのが不思議でした。たった1日(の撮影)でしたけど、同じ日にたけしさん、鶴瓶さんとご一緒できて、ちょっと二日酔いで来て、体がだるかったんですけど、2人のヅラを見た瞬間に体が元気になりました(笑い)。実際にあった話なんですけど、あの2人でやると実話を超えちゃいますよね。でも皆さんすごくいいものを作られている、そういうエネルギーに満ちている現場だったので、出来上がりが楽しみです。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

織田信成、「二つの祖国」で“ラストエンペラー”愛新覚羅溥儀に 中国語せりふも初挑戦

テレビ東京のスペシャルドラマ「二つの祖国」で“ラストエンペラー”こと愛新覚羅溥儀を演じる織田信成さん (C)テレビ東京
テレビ東京のスペシャルドラマ「二つの祖国」で“ラストエンペラー”こと愛新覚羅溥儀を演じる織田信成さん (C)テレビ東京

 俳優の小栗旬さんが主演を務め、ムロツヨシさんと共演するテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」に、プロフィギュアスケーターの織田信成さんが“ラストエンペラー”こと愛新覚羅溥儀役で出演することが分かった。溥儀は中国最後の王朝「清」の皇帝で、後に満州国の皇帝となった人物。1987年公開の映画「ラストエンペラー」の主人公としても広く知られ、織田さんは今回、中国語のせりふにも初挑戦している。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京


 また、NHKの番組「みんなで筋肉体操」で話題の庭師・村雨辰剛さんが、極東国際軍事法廷のマイクチェックをするアメリカ人技術者として登場し、演技を初披露するほか、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんが東京裁判法廷ウェッブ裁判長役でドラマ初出演。さらに、セイン・カミュさん、ハリー杉山さん、チャック・ウィルソンさん、ケント・ギルバートさん、ダニエル・カールさんらも登場する。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

多部未華子&仲里依紗、小栗旬とムロツヨシが“奪い合う女性”に

テレビ東京のスペシャルドラマ「二つの祖国」でヒロインを演じる仲里依紗さん(左)と多部未華子さん (C)テレビ東京
テレビ東京のスペシャルドラマ「二つの祖国」でヒロインを演じる仲里依紗さん(左)と多部未華子さん (C)テレビ東京

 俳優の小栗旬さんが主演を務め、ムロツヨシさんが出演するテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」で、女優の多部未華子さんと仲里依紗さんがヒロインを演じる。多部さんと仲さんは、小栗さん演じる主人公・天羽賢治と、ムロさん演じるチャーリー田宮が恋のライバルとして奪い合う女性を演じる。

 多部さんは、日系2世で、日本語新聞社「加州新報」での賢治の同僚であり、懸命にその人生を生きた純粋なヒロイン・井本梛子を演じる。梛子は、賢治とチャーリー、2人の友情と愛情のはざまで悩み続け、戦争の最大の被害者として、最愛の人との別れを余儀なくされるという役どころだ。仲さんは、日系2世で梛子の友人・天羽エミーを演じる。エミーは賢治の妻で、戦争によって賢治と離ればなれになり、残されたリトルトーキョーで残酷な事件に巻き込まれるという役どころとなる。

 ほかにも、池田エライザさんが梛子の妹・井本広子役、橋本マナミさんがチャーリーの妹・小田万里子役で出演することも発表された。

 小栗さんと初共演という多部さんは「(小栗さんは)とてもフラットな方だと思います。先程の撮影も、テントの中でも外でもずっとあまり変わらないテンションでした。本番前に全然違うことを話したりします、シリアスな厳しいシーンもたくさん撮ってこられているのだろうけど、そんなことを感じさせないくらい、いつも通り(笑い)」と印象を語っている。

 小栗さんと夫婦役を演じる仲さんは「まさか夫婦を演じるなんて思っていなかったです。(小栗さん演じる)賢治のたまに出てくるエミーへの優しさに救われて……だからエミーはしつこく諦めず、しがみついているんだと思います。だって普通エミーみたいな子は他で遊んでしまう気がするんです。だけど、そこだけはずっとちゃんとしてたじゃないですか。それだけ賢治にすごく魅力があるんだろうなと思いました」と語っている。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

小栗旬、“宿命のライバル”ムロツヨシと軍服姿で向かい合う!<場面写真を公開>

テレビ東京のスペシャルドラマ「二つの祖国」で共演する小栗旬さん(右)とムロツヨシさん(C)テレビ東京
テレビ東京のスペシャルドラマ「二つの祖国」で共演する小栗旬さん(右)とムロツヨシさん(C)テレビ東京

 俳優の小栗旬さんが主演を務め、ムロツヨシさんが出演するテレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」が3月23日、24日の2夜連続で放送されることが2月14日、分かった。「白い巨塔」「不毛地帯」などで知られる作家・山崎豊子さんの同名小説を民放で初めて映像化する作品。旧友でありながら、激動の時代の中、宿命のライバルへと変わっていく日系2世の2人を演じる小栗さんとムロさんが、軍服姿で向かい合う場面写真も公開された。

 公開された場面写真は2枚。日米開戦後、アメリカ軍の言語兵のリーダーとしてフィリピンのバギオに渡った賢治と、マッカーサー司令部で中尉となったチャーリーがその戦況について言葉を交わす緊迫のシーンと、終戦直後、連合国側の人間として東京裁判の審理をモニターする重責を担った賢治と、マッカーサー元帥の副官にまで上り詰めたチャーリーが将校クラブで顔を合わせるシーンだ。

 天羽賢治とチャーリー田宮は、旧友でありながら、激動の時代の中宿命のライバルへと変わっていくが、実は、愛する人をめぐり対立する恋のライバルでもあったという。その相手役は、後日発表される。

 同局では、3月23日午後6時半から人気バラエティー番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」、同午後9時から「二つの祖国・前編」、3月24日午後6時半から「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」、同午後9時~「二つの祖国・後編」を放送する。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

新田真剣佑、高良健吾と小栗旬の弟に 日系2世役で「ホームにいる感覚で演じた」

テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「二つの祖国」に出演する(上段左から)松重豊さん、麻生祐未さん、(下段左から)高良健吾さん、小栗旬さん、新田真剣佑さん(C)テレビ東京
テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「二つの祖国」に出演する(上段左から)松重豊さん、麻生祐未さん、(下段左から)高良健吾さん、小栗旬さん、新田真剣佑さん(C)テレビ東京

 小栗旬さん主演のスペシャルドラマ「二つの祖国」(テレビ東京系)に、俳優の新田真剣佑さん、高良健吾さん、原菜乃華さん、麻生祐未さん、松重豊さんが出演することが2月1日、分かった。

 「二つの祖国」は山崎豊子さんの同名ベストセラー小説が原作。第二次世界大戦前、大戦中、大戦後の米国と日本を舞台に、主人公・天羽家の長男の賢治(小栗さん)や、賢治の友人でライバルのチャーリー田宮(ムロツヨシさん)ら日系2世の姿を描く。高良さんは天羽家の次男の忠、新田さんは三男の勇(いさむ)、原さんは長女の春子、麻生さんは賢治らの母・テル、松重さんは父の乙七(おとしち)を演じる。

(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京
(C)テレビ東京

小栗旬&ムロツヨシ、山崎豊子原作ドラマで“運命の2人”演じる 「二つの祖国」2019年春放送

テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「二つの祖国」で主演を務める小栗旬さん(左)と共演のムロツヨシさん
テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル「二つの祖国」で主演を務める小栗旬さん(左)と共演のムロツヨシさん

 「白い巨塔」「不毛地帯」などで知られる作家・山崎豊子さんのベストセラー小説「二つの祖国」がテレビ東京で実写ドラマ化され、俳優の小栗旬さんが主演を務め、ムロツヨシさんがライバル役を演じることが12月26日、明らかになった。小栗さんが同局のドラマの主演を務めるのは、今回が初めて。ドラマは、同局の開局55周年を記念した特別企画ドラマスペシャルとして、来年3月30、31日に2夜連続で放送される予定。

 「二つの祖国」は、1900年代の第二次世界大戦前、大戦中、大戦後の米国と日本が舞台。米国に生まれ、米国人として育てられた日系2世たちが、“二つの祖国”のはざまで戦争という運命に翻弄(ほんろう)されながら怒濤(どとう)の人生を歩む姿を描いた青春偶像劇が繰り広げられる。

 小栗さんは、日系2世でロサンゼルス・リトルトーキョーの新聞記者である主人公の天羽賢治を、ムロさんは同じく日系2世で賢治の学生時代からの友人でありライバルのチャーリー田宮を演じる。チャーリーは米国社会での成功を目指す野心家で、チャーリーと賢治は“運命の2人”として対立する。ドラマは、小栗さん、ムロさんのほか、「テレビ東京ドラマ史上始まって以来の“絢爛(けんらん)豪華な俳優陣”」が集結するという。

山崎豊子さんの「二つの祖国」(全4巻、新潮文庫)
山崎豊子さんの「二つの祖国」(全4巻、新潮文庫)
山崎豊子さんの「二つの祖国」(全4巻、新潮文庫)
山崎豊子さんの「二つの祖国」(全4巻、新潮文庫)
山崎豊子さんの「二つの祖国」(全4巻、新潮文庫)
山崎豊子さんの「二つの祖国」(全4巻、新潮文庫)
山崎豊子さんの「二つの祖国」(全4巻、新潮文庫)
山崎豊子さんの「二つの祖国」(全4巻、新潮文庫)

二つの祖国テレビ東京
2019年3月23日、24日に2夜連続で放送