二つの祖国 あらすじ

二つの祖国あらすじ

 ドラマ「二つの祖国」は、「白い巨塔」「不毛地帯」などで知られる作家・山崎豊子さんのベストセラー小説をテレビ東京で実写ドラマ化。俳優の小栗旬さんが主演を務め、ムロツヨシさんがライバル役を演じる。小栗さんが同局のドラマの主演を務めるのは、今回が初めて。

 「二つの祖国」は、1900年代の第二次世界大戦前、大戦中、大戦後の米国と日本が舞台。米国に生まれ、米国人として育てられた日系2世たちが、“二つの祖国”のはざまで戦争という運命に翻弄(ほんろう)されながら怒濤(どとう)の人生を歩む姿を描いた青春偶像劇が繰り広げられる。

 小栗さんは、日系2世でロサンゼルス・リトルトーキョーの新聞記者である主人公の天羽賢治を、ムロさんは同じく日系2世で賢治の学生時代からの友人でありライバルのチャーリー田宮を演じる。チャーリーは米国社会での成功を目指す野心家で、チャーリーと賢治は“運命の2人”として対立する。ドラマは、小栗さん、ムロさんのほか、「テレビ東京ドラマ史上始まって以来の“絢爛(けんらん)豪華な俳優陣”」が集結するという。

ドラマ「二つの祖国」のあらすじは