連続ドラマW 絶叫 ニュース

<完成披露試写会>尾野真千子、安田顕にマイクを持たせて「アナ雪」主題歌を熱唱

ドラマ「連続ドラマW 絶叫」の完成披露試写会に登場した尾野真千子さん
ドラマ「連続ドラマW 絶叫」の完成披露試写会に登場した尾野真千子さん

 女優の尾野真千子さんが3月19日、東京都内で行われた主演ドラマ「連続ドラマW 絶叫」の完成披露試写会に、共演の安田顕さんと登場した。撮影中の思い出を聞かれた安田さんが、「打ち上げのカラオケで、尾野さんの(歌う)『アナ雪(アナと雪の女王)』の主題歌(『レット・イット・ゴー』)がうまかった。ただ、マイクを自分で持たない。私に『持って』と言って、立ち上がったり、かがんだりして、ついていくのが大変だった」と振り返ると、尾野さんは「初めてだったからマイクがちょっとずれていた」と悪びれずにコメントして、周囲を笑わせていた。

 尾野さんは初めて台本を読んだときの心境を、「自分が演じるだろう役がとても悲しくて、こんな台本今まであったかなっていうぐらい心が痛くて、演じるのにちょっと不安になった」と明かすも、「これを演じることで何かが何かが変わるかと思って、やりたいと感じた作品です」と役への覚悟を語った。


 安田さんはオファーを受けた際のことを、「『ありがとうございます』ということでやらせていただきました。よく『出演を決めた理由について』とか聞かれますが、断った試しがない」と告白。それを聞いて驚いた尾野さんが「そうなの? 安田顕よ。(TEAM)NACSの安田顕よ。断ってるんじゃないの」とつっこむと、「お芝居してお仕事になるだけでもありがたいじゃない」と安田さんはひょうひょうと語っていた。

 また「第一線で活躍するための原動力は?」と聞かれ、尾野さんは「いっぱいあります。食べることもそうですし、ファンの方々の存在もそう。家族も友達もそうだし、一つ作品を終えるたびに次もやりたいと思ったり、たくさんの原動力がある」と回答。安田さんは「特に思い浮かばない。第一線で活躍している自覚がないので、第一線で活躍したいと思うモチベーションはある」と真剣な表情で語っていた。

濱津隆之、“カメ止め俳優”が尾野真千子主演ドラマに 小西真奈美、片桐仁も

「連続ドラマW 絶叫」に出演する(上段左から)郭智博さん、前川泰之さん、小⻄真奈美さん、片桐仁さん、小柳友さん、(下段左から)濱津隆之さん、酒井若菜さん、麻生祐未さん、要潤さん、奥貫薫さん(C)WOWOW
「連続ドラマW 絶叫」に出演する(上段左から)郭智博さん、前川泰之さん、小⻄真奈美さん、片桐仁さん、小柳友さん、(下段左から)濱津隆之さん、酒井若菜さん、麻生祐未さん、要潤さん、奥貫薫さん(C)WOWOW

 3月から放送される女優の尾野真千子さん主演の連続ドラマ「連続ドラマW 絶叫」(WOWOW)に、話題の映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)で、監督を演じた濱津隆之さんが出演することが2月15日、分かった。小西真奈美さん、片桐仁さん、前川泰之さん、小柳友さん、郭智博さん、奥貫薫さん、酒井若菜さん、要潤さん、麻生祐未さんの出演も発表された。

 濱津さんは、尾野さん扮(ふん)する主人公・鈴木陽子とあるきっかけで関係を持つ男を演じる。また、小西さんは陽子の事件を捜査する刑事・奥貫綾乃、麻生さんは陽子の母・鈴木妙子を演じる。

安田顕、WOWOWドラマ「絶叫」出演決定 尾野真千子を殺人者へ変貌させる役

女優の尾野真千子さん主演のWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 絶叫」のポスタービジュアル
女優の尾野真千子さん主演のWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 絶叫」のポスタービジュアル

 俳優の安田顕さんが、3月から放送される女優の尾野真千子さん主演の連続ドラマ「連続ドラマW 絶叫」(WOWOW)に出演することが1月25日、明らかになった。安田さんは、尾野さん演じる主人公・鈴木陽子を殺人者へと変貌させていく神代武役を演じる。尾野さんとの共演について、安田さんは「今回、初めてお芝居でご一緒するシーンがあり、光栄です。撮影は始まったばかりですが、陽子と神代のいびつで異質な関係が表現できればと思います」と話している。また、ドラマのポスタービジュアルも公開された。

 ドラマは、葉真中顕(はまなか・あき)さんの小説「絶叫」(光文社文庫)が原作。東京・国分寺のアパートで、死後半年とみられる女性の遺体が発見された。「よくある孤独死」と処理されそうになるが、刑事・綾乃はある違和感を抱く。そして、空の金魚鉢の中に、「鈴木陽子」の通帳を見つける。遺体は「鈴木陽子・36歳」のようだ。綾乃は陽子の人生に思いをはせ……という展開。

 尾野さん演じる陽子は、ごく一般的な家庭に生まれた普通の女性。秀才だった弟を愛する母親から愛されなかった寂しさを胸に秘めながら会社員として働いていた。しかし、父親の失踪をきっかけに人生が暗転。社会から見捨てられた陽子は、生きるために保険金殺人に手を染める。

 安田さん演じる神代武は、NPO法人の代表で、ホームレスを囲い込み生活保護費を奪う悪徳ビジネスを悪びれずにやっている善悪を超越した得体の知れない思考を持つ男。神代は陽子と出会い、彼女の人生に新たな道を示し、殺人者へと変貌させていくという役どころだ。

 安田さんは、脚本を読んだ感想を「まるですべて実際にあったかのような話の流れに引き込まれました。主人公の心情が切なかったです」と語り、視聴者に向けて「ご覧いただけたら、幸いです」と呼びかけている。ドラマは、3月24日から日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全4話で第1話は無料放送。

尾野真千子が「連続ドラマW 絶叫」で主演 人生を転落させる主人公に「心が痛くなりました」

来年3月24日から放送される「連続ドラマW 絶叫」で主演を務める尾野真千子さん=WOWOW提供
来年3月24日から放送される「連続ドラマW 絶叫」で主演を務める尾野真千子さん=WOWOW提供

 女優の尾野真千子さんが、2019年3月から放送されるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW 絶叫」で主演を務めることが分かった。同作は、借金を抱えた父の失踪を機に、人生を転落させていく主人公・鈴木陽子の姿を描く。尾野さんは「孤独を演じるのだと、ひとりぼっちを演じるのだと、心が痛くなりました。それでも何か一つでもその女性に共感できるものを探しながら関わってくださる皆さんと楽しく撮影できたらなと思います!」と意気込みを語っている。

 ドラマは、葉真中顕(はまなか・あき)さんの小説「絶叫」(光文社文庫)が原作。尾野さん演じる陽子は、ごく一般的な家庭に生まれた普通の女性。秀才だった弟を愛する母親から愛されなかった寂しさを胸に秘めながら会社員として働いていた。しかし、父親の失踪をきっかけに人生が暗転。社会から見捨てられた陽子は、生きるために保険金殺人に手を染める。

 「救命病棟24時」「医龍-Team Medical Dragon-」(共にフジテレビ系)シリーズなどの水田成英監督がメガホンをとる。水田監督は、主演の尾野さんについて「尾野真千子さんとは、何度かご⼀緒しているが、原作を読んだ瞬間、『ああ、“陽子”は尾野真千子だ』と思った。読んでいるときは、尾野さんが演じる陽子で脳内再生されていた。だがきっと、現場では私の想像など飛び越えてくるのだろう」とコメント。原作の葉真中さんは「送られてきた脚本は鳥肌が立つほど完成度が高く、主演は尾野真千子さんだという。もう期待しかない。一視聴者としてただひたすら楽しみ」と語っている。

 「連続ドラマW 絶叫」は、2019年3月24日から日曜午後10時にWOWOWプライムで放送。全4話で第1話は無料放送。

連続ドラマW 絶叫WOWOWプライム
2019年3月24日から日曜午後10時に放送。全4話で第1話は無料放送。