絶対正義 あらすじ

絶対正義あらすじ

 ドラマ「絶対正義」は、読後に“嫌な気分”になる「イヤミス小説」で話題を集める秋吉理香子さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作のサスペンス。女優の山口紗弥加さん主演を務める。山口さんは、ある過去の出来事をきっかけに、間違ったこと、法を犯すものを許さない“絶対正義”を持つ専業主婦・高規範子を演じる。

 範子は、高校時代の友人の西山由美子、理穂・ウィリアムス、石森麗華、今村和樹と再会。やがて大きな音を立てて絶望的な破綻へと突き進んでいく……という展開。映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」などの西浦正記監督が演出を担当する。

ドラマ「絶対正義」のあらすじは

<ドラマ紹介>「絶対正義」山口紗弥加が正義のモンスターに 第1話あらすじも

連続ドラマ「絶対正義」の第1話のシーンカット=東海テレビ提供
連続ドラマ「絶対正義」の第1話のシーンカット=東海テレビ提供

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)が2月2日、スタートする。読後に“嫌な気分”になる「イヤミス小説」で話題を集める秋吉理香子さんの同名小説(幻冬舎文庫)が原作。山口さん演じる、法律のみを唯一の価値基準として生きる正義のモンスターで“最恐主婦”の高規範子が、周囲の人間を翻弄(ほんろう)し運命を狂わせていく姿を描く心理サスペンス。

 範子の高校時代の同級生・西山由美子を美村里江さん、理穂・ウィリアムズを片瀬那奈さん、今村和樹を桜井ユキさん、石森麗香を田中みな実さんが演じる。高校時代の配役は、範子を白石聖さん、由美子を桜田ひよりさん、理穂を小野莉奈さん、和樹を小向なるさん、麗香を飯田祐真さんの若手女優5人。忍成修吾さん、神尾佑さん、水橋研二さん、厚切りジェイソンさんも出演。映画「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」などの西浦正記監督が演出を担当する。

 第1話は、高校卒業間近の1月、範子(白石さん)が転校してくる。由美子(桜田さん)は、バスで痴漢されたのを範子に助けられて以来、彼女を慕う。しかし、由美子らは、地味で礼儀正しく普通の子だと思われた範子の本当の素顔に気付いていなかった。やがて、範子は学生の喫煙を温情で見逃した体育教師と警察官を懲戒解雇に追い込み、さらに廃屋で寒さをしのいでいたホームレスを排除するなど、行動がエスカレートしていく。「私、間違ったこと言ってる?」という言葉を度々口にする範子の正義感に、由美子らは違和感を覚える。

 高校卒業から15年。由美子(美村さん)らは、範子(山口さん)と再会。由美子は、夫がリストラで無職になったため、アルバイトを掛け持ちしながら子育てに追われていた。理穂(片瀬さん)は外国人の夫とインターナショナルスクールを経営。和樹(桜井さん)は、大手出版社を退職し、ノンフィクション作家としての成功を目指していた。麗香(田中さん)は子役から女優になり、妻子ある男性と不倫関係にあった。範子との再会が同級生たちを絶望的な破綻へ導く……という展開。

第2話のあらすじ “正義のモンスター”山口紗弥加が親友の悩みを解決していくが…

連続ドラマ「絶対正義」の第2話のシーンカット=東海テレビ提供
連続ドラマ「絶対正義」の第2話のシーンカット=東海テレビ提供

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の第2話が2月9日、放送される。法律のみを唯一の価値基準として生きる“正義のモンスター”の高規範子(山口さん)が、高校時代の親友の西山由美子(美村里江さん)、理穂・ウィリアムズ(片瀬那奈さん)、今村和樹(桜井ユキさん)、石森麗香(田中みな実さん)が抱えている悩みを解決していく……。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供


 範子の呼びかけで、由美子ら親友5人が久しぶりに集まった。会計のときに、持ち合わせがなかった由美子に2000円を貸した範子は、借用書を書くよう言い出し、理穂らを唖然(あぜん)とさせる。範子の“絶対正義”ぶりは変わっていなかった。実生活に戻れば、4人はそれぞれさまざまな問題を抱えていた。そして、範子は由美子らが抱えている問題に次々と介入し始める。

 理穂は夫と経営するインターナショナルスクールで5000万円の申告漏れを税務調査で指摘され、社員の持ち逃げが発覚。範子が経費を持ち逃げした社員を突き止め、感激した理穂は会社の経理を範子に手伝ってもらうことに。フリージャーナリストとして成功を目指す和樹は脅迫メールにおびえていたが、範子が犯人を特定し警察に逮捕させる。さらに、失業し酒浸りとなった由美子の夫・雅彦(忍成修吾さん)を再就職させる。また、妻子ある演出家の亮治(神尾佑さん)と不倫関係にある麗香に範子は「不貞行為は違法だ」と警告する。

 その正義感で問題を解決していく範子は、彼女たちの生活にじわじわと入り込んでいくのだが……。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供

第3話のあらすじ “正義のモンスター”の娘が万引き? 山口紗弥加が取った行動は…

連続ドラマ「絶対正義」の第3話のシーンカット=東海テレビ提供
連続ドラマ「絶対正義」の第3話のシーンカット=東海テレビ提供

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の第3話が2月16日、放送される。予告映像では、由美子(美村里江さん)が電話で「(息子が)誘拐? 私の子供なのよ」と叫ぶ姿、“正義のモンスター”の範子(山口さん)が「私が正しい道に導いてあげる……」と語る姿などが収められている。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供


 範子の行き過ぎた正義に追いつめられ、息子を連れて児童相談所に相談に行った由美子は、和樹(桜井ユキさん)から弁護士を紹介してもらい離婚調停の準備を始めていた。麗香(田中みな実さん)は、範子に知られてしまった不倫相手との記事を事務所にもみ消してもらったものの、落ち着かない日々を過ごしていた。理穂(片瀬那奈さん)は、会社の経理を頼んだ範子のあまりのしゃくし定規ぶりが社内で軋轢(あつれき)を生んでいることを心配する一方で、夫のジョーイ(厚切りジェイソンさん)との不妊治療がうまくいかないことに悩んでいた。

 そんな中、由美子は、範子の娘・律子がコンビニで万引きをしようとしている所に居合わせる。律子は、母への反発から範子を試そうとしていた。店から連絡を受けた範子は、理穂、和樹と一緒に店に向かう。法に背くことは誰であろうと許さない範子は、律子を警察に突き出そうとする。「自分の子供だろうと関係ない。この世で最も優先すべきものは、正義よ」と言う範子に対し、由美子らは思わず「人を追いつめるのが正義なの? 違うでしょ?」と範子を糾弾。範子は黙ったままその場を去る。

 数日後、和樹の著書がノンフィクションの最高峰・竹下賞にノミネートされた。同じころ、範子は理穂の会社に休暇届を出していた。範子が休暇を取ったのにはあるとんでもない理由があった……というストーリー。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供

第4話のあらすじ 被害者の会発足で山口紗弥加が窮地? 田中みな実&桜井ユキに救世主が現れる

連続ドラマ「絶対正義」の第4話のシーンカット=東海テレビ提供
連続ドラマ「絶対正義」の第4話のシーンカット=東海テレビ提供

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の第4話が2月23日放送される。かつて範子(山口さん)の告発で失職させられ「高規範子・被害者の会」を発足した元教師の矢沢(水橋研二さん)が現れる……という展開。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供


 麗香(田中みな実さん)は、不倫相手の亮治(神尾佑さん)が隠していた秘密を範子から聞かされ、深く傷付き、亮治をなじる。不妊治療の結果がまたも失敗に終わり傷心の理穂(片瀬那奈さん)は、夫婦の問題に口を出す範子を罵倒。範子をかばう夫のジョーイ(厚切りジェイソンさん)とも衝突してしまう。

 そんな中、範子の行動でジャーナリスト生命が断たれそうな和樹(桜井ユキさん)は、取材協力者の岡本瞳(黒沢リコさん)に訴訟をやめさせようと働きかけるが、瞳は全く耳を貸そうとしない。そんな和樹の前に矢沢が現れ、矢沢の助けで瞳の説得に成功する。矢沢は、安堵(あんど)している和樹に「被害者の会」の代表をしていると明かし、「あいつは知るべきだ、本当の正義を」とつぶやく……。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供

第5話のあらすじ 山口紗弥加が容赦なく正し続ける訳は… “全ての謎”が明らかに!?

連続ドラマ「絶対正義」の第5話のシーンカット=東海テレビ提供
連続ドラマ「絶対正義」の第5話のシーンカット=東海テレビ提供

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の第5話が3月2日放送される。“正義のモンスター”範子(山口さん)が、親友の由美子(美村里江さん)ら4人をなぜ再び集めたのか、そして、容赦なく正し続ける理由など、“全ての謎”が明らかにされる。

 麗香(田中みな実さん)は恋人の亮治(神尾佑さん)から「一緒に未来を歩みたい」と告白されるが、「子供が成人するまで関係を黙っておきたい」と告げられる。しかし、範子が子供たちに真実を告げかねない。不妊治療で悩む理穂(片瀬那奈さん)は、夫・ジョーイ(厚切りジェイソンさん)が範子の卵子と自分の精子で受精卵を作ると言い出したことにがくぜんとしていた。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供


 由美子は、虐待の疑いをかけられたのが原因で、離婚調停で不利な状態が続いていた。範子がいる限りこの状況は変わらなかった。和樹(桜井ユキさん)は、竹下賞を受賞した作品が、違法な取材で書かれたと範子に告発されたのが理由で、ジャーナリスト生命を断たれそうになっていた……という展開。

 同話の予告映像では、「あの日の約束は必ず守る」というテロップと共に範子が「指切りげんまん ウソついたら 針千本飲ます」と歌う姿や、由美子が叫ぶ姿、麗香が号泣する姿などが収められている。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供

第6話「新たな悪夢」のあらすじ 片瀬那奈、田中みな実が追い詰められる 白石聖が再登場

連続ドラマ「絶対正義」の第6話のシーンカット=東海テレビ提供
連続ドラマ「絶対正義」の第6話のシーンカット=東海テレビ提供

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系)の第6話が3月9日放送される。範子(山口さん)の高校生時代を演じた女優の白石聖さんが、同話から範子の娘・律子役で再登場する。予告では「新たな悪夢が始まる」「忍び寄る絶望の影」というテロップとともに、由美子(美村里江さん)、理穂(片瀬那奈さん)、和樹(桜井ユキさん)、麗香(田中みな実さん)がおびえる様子などが収められている。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供


 麗香らが範子を崖から突き落とした数日後、理穂のインターナショナルスクールに範子の夫の啓介(堀部圭亮さん)が訪ねてきて、範子が家に戻っていないことを告げる。理穂は、「思い当たることはない」とごまかして切り抜ける。

 理穂は由美子、和樹、麗香と「自首しないこと」「この秘密を誰にも話さないこと」を誓い合うが、疑心暗鬼に駆られていた。同じころ、由美子らは、範子の幻覚を見るなど精神的に追い込まれていく。数日後、理穂らは人気のない倉庫に再び集合する。そこへ啓介が現れ「皆さんにお願いがあります」と切り出し、“思いもよらない提案”をする……というストーリー。

=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供
=東海テレビ提供

第7話のあらすじ “あの世”からの招待状 美村里江、田中みな実らは恐怖で…

連続ドラマ「絶対正義」の第7話のシーンカット=東海テレビ提供
連続ドラマ「絶対正義」の第7話のシーンカット=東海テレビ提供

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)の第7話が3月16日に放送される。和樹(桜井ユキさん)が書いた小説が名誉ある賞を受賞する。その小説は、行き過ぎた正義感を振りかざす主人公が周囲の人間を恐怖に陥れるという内容だった。由美子(美村里江さん)、理穂(片瀬那奈さん)、麗香(田中みな実さん)は、受賞会場を後にした和樹に「どういうつもり? この主人公って範子(山口さん)じゃない!」と、怒りと不安をあらわにする……。

 和樹は「こうするしかなかった」と由美子らに理解を求める。そんな和樹の元に、薄紫色の封筒が届く。差出人のところには「高規範子」の名前があった。「久しぶりにお目にかかりませんか」というメッセージと共に2月8日という日付が指定され、由美子らにも同じ手紙が届いていた。2月8日は5年前範子を殺害した日。まさか、範子が生きているのでは、と4人は再び恐怖を感じる。

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供


 晴れて息子と暮らせるようになった由美子。念願の子供を授かることができた理穂。麗香は交際相手との関係を育み、和樹は順調に仕事をこなしている。範子がいなくなったことで、4人とも幸せな時間を過ごしてきた。せっかく手に入れた幸せを失いたくない女たちは、罪を親友に押し付けようと画策し始める。そして、運命の2月8日を迎える……というストーリー。

 同話の予告では「最悪の最終章始まる」「地獄の扉が今、開く」「女4人が壊れていく」「あの世からの招待状」などというテロップと共に、由美子、理穂、麗香、和樹が屋敷の扉を開ける姿や“謎の女”の声で「罪を償うべきです 永遠に」というナレーションが収められている。また、公式サイトでは同話について「衝撃は2度おとずれる! まばたき厳禁!! 最終章、今、開宴――!」と紹介している。

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供

戦慄の最終話「全員絶望」 正義のモンスター・山口紗弥加が復活 田中みな実らは…

連続ドラマ「絶対正義」の最終話のシーンカット=東海テレビ提供
連続ドラマ「絶対正義」の最終話のシーンカット=東海テレビ提供

 女優の山口紗弥加さん主演の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系)の最終話が3月23日に放送される。予告では「戦慄(せんりつ)の最終話」「全員絶望」「範子の復活」「律子のたくらみ」というテロップと共に、由美子(美村里江さん)、理穂(片瀬那奈さん)、和樹(桜井ユキさん)、麗香(田中みな実さん)の前に、範子(山口さん)が現れるシーンなどが収められている。放送は深夜0時10分から。

 範子の娘・律子(白石聖さん)は、刑務所から出所した由美子、理穂、和樹、麗香を山奥のログハウスに連れ出す。亮治(神尾佑さん)がカメラを回す中、律子は由美子らに「高規範子は生きていました。率直な感想は?」と問いかける。

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供


 同じ頃、警察は、教師の矢沢剛志(水橋研二さん)の殺害で逮捕状が出ている範子が病院から脱走したと公表。指名手配し、範子の行方を追っていた……というストーリー。

 正義のモンスター・範子と数奇な運命で結ばれた由美子、理穂、和樹、麗香の親友たち。範子と同じく正義にとりつかれた律子……。「正義とはいったい何なのか? 誰のためのものなのか?」、予想外の結末が描かれる。

東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供
東海テレビ提供

絶対正義東海テレビ・フジテレビ系「大人の土ドラ」(毎週土曜午後11時40分)
2019年2月2日スタート