電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019- あらすじ

電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-あらすじ

 ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」は、桂正和さんの名作マンガが原作。昨年1月期に放送され、当時「乃木坂46」のメンバーだった西野七瀬さんが“ビデオガール・アイ”を演じた実写版「電影少女」の新作。東京都内の私立高校に通うどこにでもいる高校生の健人(萩原利久さん)は、学校の放送室でビデオテープを発見。再生すると、画面から神尾マイ(山下さん) と名乗る少女が飛び出してくる。やがて、健人とマイの共同生活が始まり、健人の望みをかなえるため、マイは手段を選ばず、忠実に遂行していく。健人の望みの先には過去、現在を股にかけた、恐るべき因縁が待ち受けていた……というストーリー。前作の恋愛ストーリーから一転、ダークファンタジー的な内容になるという。

 「電影少女」は、「ウイングマン」「I”s」で知られる桂さんが1989~92年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。恋に悩む高校生の弄内(もてうち)洋太が不思議なレンタルビデオショップで借りてきたビデオを再生すると、いきなり美少女が画面から飛び出してきて……というストーリー。

ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」のあらすじは

<ドラマ紹介>「電影少女2019」 賛否両論必至の問題作? “悪のビデオガール”山下美月に翻弄され… 第1話あらすじも

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第1話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第1話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)が4月11日深夜から順次スタートする。昨年1月期に放送され、当時「乃木坂46」のメンバーだった西野七瀬さんが“ビデオガール・アイ”を演じた実写版「電影少女」の新作。「乃木坂46」の山下美月さんと連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)に出演していた萩原利久(はぎわら・りく)さんのダブル主演で、山下さんが“悪のビデオガール”神尾マイ、萩原さんはマイによって道を踏み外していく少年・叶野健人を演じる。

 「電影少女」は、「ウイングマン」「I”s」で知られる桂さんが1989~92年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。恋に悩む高校生の弄内(もてうち)洋太が不思議なレンタルビデオショップで借りてきたビデオを再生すると、いきなり美少女が画面から飛び出してきて……というストーリー。

 実写ドラマは西野さんと野村周平さんのダブル主演で、原作から約25年後の2018年を舞台に描かれた。シリーズ2作目となる今作は、恋愛ストーリーから一転、ダークファンタジー的な内容になるといい、テレビ東京の五箇公貴プロデューサーは「確実に賛否両論ある“問題作”になると思いますが皆さま、ご視聴のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます」とコメントしている。

 オリジナルキャラとなる現役女子高生モデル・朝川由那を武田玲奈さんが演じるほか、生徒役で“神的美少女”などと呼ばれている黒木ひかりさん、現役看護師でコスプレーヤーの桃月なしこさんらも出演。前作で原作の主人公・弄内洋太を演じた戸次重幸さんが続投し、同じく原作のキャラクターで、健人の高校の教師・松井直人として岡田義徳さんも登場する。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会


 第1話は、叶野健人(萩原さん)の通う高校では、「マイ!」と叫び暴れる生徒が続出する事件が起きていた。ある日、健人の幼なじみだった現役女子高生モデルの朝川由那(武田さん)が転校してくる。思い切って由那に声をかけるが、由那は健人のことを覚えていない。その頃、彼女にフラれムシャクシャしていた柳(柾木玲弥さん)は、放送室から「神尾マイ『元気を出して』」というVHSを発見する……。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第2話のあらすじ “ビデオガール・マイ”山下美月が暴走する… 上から覆いかぶさり、暴言も?

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第2話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第2話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)の第2話が4月18日深夜から順次放送される。叶野健人(萩原利久さん)は放送室でVHSテープを発見。家に持ち帰り再生してみると、テレビ画面から神尾マイ(山下美月さん)と名乗る少女が飛び出してくる。再生期間の3カ月間、主人の命令に従うという彼女に対し、戸惑う健人だったが、「あなたのためなら、なんでもする!」という言葉に心を動かされ、あることを言い渡す……。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

 予告編では「暴走しだしたビデオガール」といったテロップに加え、あおむけになった杉崎勇輝役の甲斐翔真さんに山下さんが上から覆いかぶさろうとするシーンや、「消せばいいの。そんなクソ野郎」と暴言を吐くシーンも映し出されている。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第3話のあらすじ 山下美月が完膚なきまでに潰す? 新たなターゲット出現…ある行動に!

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第3話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第3話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)の第3話が4月25日深夜から順次放送される。叶野健人(萩原利久さん)の命令に従い、朝川由那(武田玲奈さん)に言い寄ってきた男を排除した神尾マイ(山下美月さん)。新たに、由那の写真集制作の話を知ると、過激な写真を撮る担当カメラマンの小山内(三浦誠己さん)を“潰す”ため、撮影が行われる山奥のロッジである行動に出る……。

 予告編では「女子高生モデルに忍び寄る魔の手」といったテロップに加え、山下さんがウエートレスに扮(ふん)したシーン、萩原さんから「潰せ、完膚なきまでに」と命令されるシーンも映し出されている。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第4話のあらすじ いじめで武田玲奈が孤立… 山下美月が今度は“悪魔”に?

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第4話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第4話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)の第4話が5月2日深夜から順次放送される。叶野健人(萩原利久さん)の命令に従い、朝川由那(武田玲奈さん)に近づく男たちを次々と排除していく“悪のビデオガール”神尾マイ(山下美月さん)。さらにマイは、健人と由那を付き合わせるため、由那をいじめさせ、学校で孤立させる……。

 マイのおかげで、由那との距離を少し縮めた健人だったが、由那がクラスメートと仲良く話しているのをみて、焦燥に駆られる。そんなある日、突然SNS上に由那の悪口が書き込まれ、由那は一気に学校で孤立してしまう。由那へのいじめがエスカレートしているのを見かねた健人は、由那を呼び出す……という展開。予告編には山下さんが萩原さんから「悪魔か?」と言われるシーンもある。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第5話のあらすじ 念願の初デートに高まる依存… 山下美月は天使? 悪魔?

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第5話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第5話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)の第5話が5月9日深夜から順次放送される。ビデオガール・神尾マイ(山下美月さん)の狙い通り、朝川由那(武田玲奈さん)との距離を更に縮めた叶野健人(萩原利久さん)。由那との念願の初デートを控えた健人は、マイとデートのシミュレーションをする……。

 マイのデートプランに疑問を抱く健人は、不安を残したまま当日を迎える。由那の反応は? マイへの依存が進行中の健人に、ある現象が発生する。予告編には「天使か悪魔か」といった文字も躍り、部屋のソファでマイが隣に座った健人の頭を優しくなでるシーンもある。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第6話のあらすじ ビデオガール・マイ 山下美月の正体がついに!? 募る不信感…

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第6話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第6話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)の第6話が5月16日深夜から順次放送される。思いを寄せていた女子高生モデルの朝川由那(武田玲奈さん)と付き合い始めた叶野健人(萩原利久さん)。交際は順調に進むかと思いきや、由那は学校の教師・松井(岡田義徳さん)から、神尾マイ(山下美月さん)の正体を知らされ……。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会


 健人がいとこと言っていたマイは、実は「ビデオガール」という危険な存在だと知らされ、不信感が募る由那。そんな中、2度目のデートで健人宅を訪れた由那は、マイのビデオテープを発見してしまう。そして、マイは忽然(こつぜん)と姿を消してしまう。予告編には萩原さんと武田さんがキスをしようとするシーン、萩原さんが叫びながら全力疾走しているシーンもある。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第7話のあらすじ 軟禁された山下美月 始まりは25年前のある事件? さらなる悲劇へ…

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第7話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第7話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京)の第7話が5月23日深夜から順次放送される。健人(萩原利久さん)の部屋から消えたマイ(山下美月さん)は、健人の学校の教師・松井(岡田義徳さん)に軟禁されていた。松井は、学校で起きた不可解な事件や、自分の身に起きたある事件をマイに聞かせ、マイの忘れていた事を思い出させようとする。

 健人は由那(武田玲奈さん)が家に来た時から、マイのビデオパッケージがなくなっているのに気付き、マイを消したのは彼女の仕業だと責め立てる。

 25年前の松井として市川理矩さんがゲスト出演。予告編には「さらなる悲劇へ」といった文字も躍る。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第8話のあらすじ “ビデオガール・マイ”山下美月が自失!? 武田玲奈は戸次重幸と接触し…

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第8話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第8話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京ほか)の第8話が5月30日深夜から順次放送される。ビデオガールのマイ(山下美月さん)は、健人(萩原利久さん)の学校の教師・松井(岡田義徳さん)に、自分の存在が「人を狂わせている」と聞かされ、自失。松井の思い通りにコントロールされてしまったマイは……。

 由那(武田玲奈さん)のおかげで徐々に正気を取り戻した健人は通学し始める。由那は、マイを捜している洋太(戸次重幸さん)と出会い、衝撃の事実を聞かされる。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第9話のあらすじ “ビデオガール・マイ”山下美月に異変! 声を荒げ… “懺悔”も?

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第9話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第9話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京ほか)の第9話が6月6日深夜から順次放送される。突如、目の前に現れたマイ(山下美月さん)の姿に驚がくする由那(武田玲奈さん)。体調が悪そうなマイを自宅へと連れ帰った由那は、処分されたはずのテープを教師の松井(岡田義徳さん)が再生していることを知り、ショックを受ける……。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会


 ビデオガールとして再生されるたびに、全て忘れるようにプログラムされているマイの体に、少しずつ異変が起こり出す。そして、川島(黒木ひかりさん)らにマイを見られた松井は、妹だとうそをつき、校内でうわさになるのを恐れて、ある命令を下す。予告編では、山下さん演じるマイが、感情をあらわにし「本当にイヤ!」と声を荒げるシーンや、「許して……」と“懺悔(ざんげ)”するシーンもある。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第10話のあらすじ 不安的中? ついに決別の時 山下美月は萩原利久に「来て…」

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第10話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第10話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京ほか)の第10話が6月13日深夜から順次放送される。日常を取り戻し、部活動に励む健人(萩原利久さん)は、家にあったマイ(山下美月さん)のものを全て処分したと由那(武田玲奈さん)に伝える。久しぶりに健人と由那は2人の時間を過ごすが、何かに思い悩んでいる由那を見て健人は不安になる……。

 その頃、校内で妹の存在がうわさになりいら立ちを隠せない教師の松井(岡田義徳さん)は、自宅に洋太(戸次重幸さん)が訪ねてきたことから、軟禁していたマイを放送室に避難させる。そして、ある人物を消せと指示を出す。予告編では「ついに決別の時」とのテロップのほか、松井がマイに「今夜、決行だ」と告げるシーン、マイが再会した健人の頬に手をやり、「来て……」とどこかへいざなうシーンもある。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

第11話のあらすじ 再生時間残り3日… “ビデオガール・マイ”山下美月が封印される!?

連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第11話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第11話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京ほか)の第11話が6月20日深夜から順次放送される。久しぶりの再会を果たした健人(萩原利久さん)とマイ(山下美月さん)。自分の気持ちを伝える健人を前にマイは突然、苦しみ出す。その日を境に、由那(武田玲奈さん)の家にかくまってもらうマイ。ビデオデッキのカウンターは刻々と過ぎ、再生時間は残り3日となっていた……。

 予告編では「使命を終えるビデオガール」とのテロップのほか、洋太(戸次重幸さん)が「マイのテープを止める。彼女を封印するんだ」と告げるシーンや由那がマイに「健人のことが好きなの?」と尋ねるシーン、マイが「使命を果たして消えるなら、あの人のために果たしたいわ」と思いを明かすシーンもある。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

最終回のあらすじ 「行きたいところが見つかった」… “マイ”山下美月がたどり着いた答えとは?

ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第12話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会
ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」第12話場面写真 (C)「電影少女 2019」製作委員会

 桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」(テレビ東京ほか)の最終回となる第12話が6月27日深夜から順次放送される。マイ(山下美月さん)の再生時間は残りあと3日。ビデオを停止する前に時間をもらった健人(萩原利久さん)はマイとキャンプ場を訪れる。そこは健人にとって、家族と最後に過ごした場所だった。

 マイとたき火やバーベキューをすることで、新しい思い出を作り、つらい記憶を払拭(ふっしょく)できたと話す健人。マイは健人に「行きたいところが見つかった」と告げる。健人と過ごした3か月でたどり着いた、マイの“答え”が注目される。

(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会
(C)「電影少女 2019」製作委員会

電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-テレビ東京
2019年4月11日スタート 毎週木曜深夜1時に放送。
「Amazon Prime Video」で見逃し配信を予定