インハンド ニュース

<ドラマ紹介>「インハンド」 山Pが義手&ドSの天才科学者に 難事件を解決するサイエンスミステリー 第1話あらすじも

連続ドラマ「インハンド」第1話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第1話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系)の第1話が4月12日、15分拡大で放送される。原作はマンガ誌「イブニング」(講談社)で連載している朱戸アオさんの同名マンガ。山下さんの同局ドラマ主演は、2015年4月期に放送された「アルジャーノンに花束を」以来4年ぶり。人嫌いでドS、専門は寄生虫、右手に黒いロボットハンドのような義手を装着した変人で天才の科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ)を演じる。

 次々と巻き起こる難事件を、紐倉があっと驚く科学的な方法で鮮やかに解決していくサイエンスミステリー。紐倉の助手で、正義感が強く、心優しい熱血タイプの・高家春馬(たかいえ・はるま)を濱田岳さん、クールでやり手な美人官僚の牧野巴(まきの・ともえ)を菜々緒さんが演じる。ドラマのオープニング曲は、山下さんが作詞も手がけた新曲「CHANGE」。



 第1話は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている天才科学者・紐倉(山下さん)の元に、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から、美人官僚の牧野巴(菜々緒さん)が訪れる。寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉に、匿名の告発状に書かれた、日本では滅多に見られない感染症「シャーガス病」について話を聞きに来た牧野は、非協力的な紐倉に、ある交換条件を出して力を借りる。紐倉と牧野は、感染が疑われる患者を処置した医師・高家(濱田さん)に会い、調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がる……という展開。

<舞台あいさつ>菜々緒「爬虫類とか昆虫類も全然いける」 ヘビ・ワニ・サソリと戯れる

連続ドラマ「インハンド」舞台あいさつに登場した菜々緒さん
連続ドラマ「インハンド」舞台あいさつに登場した菜々緒さん

 女優の菜々緒さんが4月9日、東京都内で行われたドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時、12日スタート)の試写会の舞台あいさつに、主演の山下智久さん、共演の濱田岳さんと共に登場した。クールでやり手な美人官僚の牧野巴(まきの・ともえ)を演じる菜々緒さんは、劇中でさまざまな動物と共演し、「動物全般大好き」といい、「爬虫(はちゅう)類とか昆虫系も全然イケることに、最近気づきました」と語って、周囲を驚かせた。

 菜々緒さんは第1話で、カメと遭遇したり、大きなヘビをつかむなどして“共演”。そのほかにも「ワニの赤ちゃん」「タランチュラを頭の上に乗せてみたり、サソリとかを触ってみたり。私、さそり座なので、一度触ってみたいと思っていました」とうれしそうに明かし、「3人の撮影があるときは、爬虫類と戯れています」と笑顔を見せた。

 一方、山下さんは「現場で『(イグアナを)抱いて研究室に向かってください』と言われたときは戸惑いましたね」と苦笑いしたが、「僕のことをイグアナが覚えていて、『白衣のやつだ。なでろ』という顔をするんです。何だかとても愛着が湧いてしまった。爬虫類もいけるようになりました」と告白。濱田さんは「(可愛いのは)ワンちゃんですかね。おやつをもらえれば何でもする。もらえないとやらない。俳優としてあのスタンス、勉強になる」と感心して、観客の笑いを誘っていた。

<舞台あいさつ>山下智久、助手役・濱田岳と夫婦のような円熟味?「言葉を交わさなくても分かり合える」

連続ドラマ「インハンド」舞台あいさつに登場した(左から)濱田岳さん、山下智久さん、菜々緒さん
連続ドラマ「インハンド」舞台あいさつに登場した(左から)濱田岳さん、山下智久さん、菜々緒さん

 俳優の山下智久さんが4月9日、東京都内で行われた主演ドラマ「インハンド」(12日スタート、TBS系、金曜午後10時)の試写会の舞台あいさつに、共演の濱田岳さん、菜々緒さんと共に登場した。山下さんは、助手を演じる濱田さんとの関係を「言葉を交わさなくても分かり合える」と説明。「円熟味を帯びた夫婦みたい?」と聞かれると、「そういう領域に達しています」と笑顔を見せた。

 撮影現場の雰囲気について、山下さんは「すごく自然体ですね。話すときは話すし、話さなくても成立するすごくナチュラルな現場」と明かした。紐倉の助手・高家春馬(たかいえ・はるま)を演じる濱田さんは、山下さんの役柄との関係を「昭和の良き夫婦みたいな感じなんですよ。僕が奥さん側です。研究所の掃除とかかいがいしくやっているんですけど、全然感謝の気持ちは言わない、でもふとしたときにちょと優しい言葉を言うという、良き夫婦像も見られる」と説明。「金曜ドラマだけれど、“朝ドラ”の要素もふんだんに盛り込んだ、ぜいたくなミステリードラマになっています」とアピールした。

 クールでやり手な美人官僚の牧野巴(まきの・ともえ)を演じる菜々緒さんは「この2人がいつもイチャイチャしているので、それをほほ笑ましく見ています」とうなずいた。

 9日は山下さんの34歳の誕生日で、イベントでは濱田さんと菜々緒さんがサプライズでバースデーケーキを用意。濱田さんが「責任感をもって(山下さんを)ちゃんと支えていこうと思います」、菜々緒さんが「この場のみんなを代表して、生まれてきてくれてありがとうございます」と祝福すると、山下さんは「恥ずかしいね。ありがとうございます」と照れていた。

濱田岳、熱血助手役で山下智久と11年ぶりの共演 菜々緒はクールな美人官僚に

4月放送の連続ドラマ「インハンド」に出演する(左から)濱田岳さん、山下智久さん、菜々緒さん =TBS提供
4月放送の連続ドラマ「インハンド」に出演する(左から)濱田岳さん、山下智久さん、菜々緒さん =TBS提供

 俳優の濱田岳さんと女優の菜々緒さんが、俳優の山下智久さん主演で4月から放送される連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)に出演することが2月7日、分かった。山下さんと濱田さんの共演は、フジテレビ系で放送されたドラマ「プロポーズ大作戦」以来、約11年ぶり。濱田さんは義手の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)の助手・高家春馬(たかいえ・はるま)、菜々緒さんはクールでやり手な美人官僚の牧野巴(まきの・ともえ)を演じる。

 濱田さん演じる高家は、救命救急の専門医。ある事件をきっかけに、紐倉の助手を務めることになる。紐倉とは対照的に、正義感が強く、心優しい熱血タイプ。お人よしな性格で、紐倉にいつも振り回されてしまう。

 菜々緒さん演じる牧野は、紐倉と高家のもとに事件調査の依頼を持ち込むという役どころ。外務省から、未知の病気に対処する内閣官房サイエンス・メディカル対策室に出向してきたが、結果を出してできるだけ早く外務省へ戻りたいと強く思い、あることをエサにして紐倉に事件調査への協力を依頼する。

山下智久、義手を装着した変わり者天才科学者に 「共感できる部分ある」 2019年4月スタート

4月スタートの連続ドラマ「インハンド」の主人公・紐倉哲を演じる山下智久さん(左)と原作の紐倉哲のビジュアル(C)TBS
4月スタートの連続ドラマ「インハンド」の主人公・紐倉哲を演じる山下智久さん(左)と原作の紐倉哲のビジュアル(C)TBS

 俳優の山下智久さんが、朱戸アオさんのマンガを実写化する連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の主演を務めることが1月21日、分かった。山下さんが同局のドラマの主演を務めるのは、2015年4月期に放送された「アルジャーノンに花束を」以来、4年ぶり。今作は、右手に黒いロボットハンドのような義手を装着した変わり者の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ)を演じる。

 「インハンド」はマンガ誌「イブニング」(講談社)で連載中のマンガ。山下さん演じる紐倉は、人嫌いでドS、専門は寄生虫。植物園を買い取って巨大温室を研究所兼自宅とし、さまざまな動物たちと暮らしている。そんな変人で天才の紐倉博士が、次々と巻き起こる難事件を“あっと驚く科学的な方法”で鮮やかに解決していくサイエンスミステリー。TBS系の金曜ドラマとして2019年4月から放送される。