インハンド あらすじ

インハンドあらすじ

 ドラマ「インハンド」は、マンガ誌「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオさんのマンガが原作。俳優の山下智久さん主演を務め、右手に黒いロボットハンドのような義手を装着した変わり者の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ)を演じる。

 山下さん演じる紐倉は、人嫌いでドS、専門は寄生虫。植物園を買い取って巨大温室を研究所兼自宅とし、さまざまな動物たちと暮らしている。そんな変人で天才の紐倉博士が、次々と巻き起こる難事件を“あっと驚く科学的な方法”で鮮やかに解決していくサイエンスミステリー。

ドラマ「インハンド」のあらすじは

<ドラマ紹介>「インハンド」 山Pが義手&ドSの天才科学者に 難事件を解決するサイエンスミステリー 第1話あらすじも

連続ドラマ「インハンド」第1話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第1話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系)の第1話が4月12日、15分拡大で放送される。原作はマンガ誌「イブニング」(講談社)で連載している朱戸アオさんの同名マンガ。山下さんの同局ドラマ主演は、2015年4月期に放送された「アルジャーノンに花束を」以来4年ぶり。人嫌いでドS、専門は寄生虫、右手に黒いロボットハンドのような義手を装着した変人で天才の科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ)を演じる。

 次々と巻き起こる難事件を、紐倉があっと驚く科学的な方法で鮮やかに解決していくサイエンスミステリー。紐倉の助手で、正義感が強く、心優しい熱血タイプの・高家春馬(たかいえ・はるま)を濱田岳さん、クールでやり手な美人官僚の牧野巴(まきの・ともえ)を菜々緒さんが演じる。ドラマのオープニング曲は、山下さんが作詞も手がけた新曲「CHANGE」。



 第1話は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている天才科学者・紐倉(山下さん)の元に、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から、美人官僚の牧野巴(菜々緒さん)が訪れる。寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉に、匿名の告発状に書かれた、日本では滅多に見られない感染症「シャーガス病」について話を聞きに来た牧野は、非協力的な紐倉に、ある交換条件を出して力を借りる。紐倉と牧野は、感染が疑われる患者を処置した医師・高家(濱田さん)に会い、調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がる……という展開。

第2話のあらすじ 山P、濱田岳、菜々緒の3人組が再集結 新ウイルスの感染源は…

連続ドラマ「インハンド」第2話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第2話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の第2話が4月19日、放送される。人嫌いでドS、右腕に黒いロボットハンドのような義手を装着した変人で天才の科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)は、医者としての道を断たれた高家春馬(濱田岳さん)を助手として雇い、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、好きな寄生虫の研究をしていた。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

 感染症の疑いがある意識不明の女性について調べてほしいと病院に依頼された紐倉。女性の血液を調べると、日本では未発見のウイルス「ハートランドウイルス」が検出され、高家と共に感染ルートを調べる。感染女性宅にいたのは9歳の息子・渉(込江大牙くん)。母親について聞くが、渉に心当たりはない様子。そこに、新感染者が出たと連絡が入り、情報を聞きつけた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒さん)が駆けつけ、再び3人で問題解決に挑む。

第3話のあらすじ 山Pの大学時代の先生・観月ありさが登場 濱田岳は命の危機に

連続ドラマ「インハンド」第3話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第3話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が4月26日放送される。女優の観月ありささんが、右腕に黒いロボットハンドのような義手を装着した変人の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)の大学時代の先生・瀬見まき子役でゲスト出演。大学時代の紐倉の過去も描かれる。



 紐倉は、助手の高家春馬(濱田岳さん)を連れて、大学時代の先生で、現在は「パナシアンビューティー」という美容団体のCEO・瀬見の講演を聞きに行く。パナシアンビューティーでは、上級会員向けに「不老不死」を目指したアンチエイジング治療が試験的に施術されていた。しかし、治療を受けた会員の中に認知症と似た症状が表れていた。副作用の疑いを持った紐倉は、高家、官僚の牧野巴(菜々緒さん)と共に団体の内情を調べ始めるが、高家が拉致されてしまい、命の危機が迫る……。

第4話のあらすじ 山Pが吉川愛の“自殺”を食い止める?

連続ドラマ「インハンド」第4話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第4話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の第4話が5月3日放送される。右腕に黒いロボットハンドのような義手を装着した変人で天才の科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)が、珍しく自分から“人を自殺させる”という病原体を調査。紐倉の過去についても少しずつ明らかになっていく。また、ゲストとして外務事務次官役で紫吹淳さん、その娘役で吉川愛さんらも出演する。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 自宅兼研究所で義手のメンテナンスを受けていた紐倉と、助手の高家春馬(濱田岳さん)の元を、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴(菜々緒さん)が訪れ、外務事務次官・源田創子(紫吹さん)宛に「“人を自殺させる病原体”をバラまく」という脅迫状が届いたと相談する。実際に脅迫状に名前がある女性の1人は自殺、もうひとりは自殺未遂、男性も2日前から行方不明、次のターゲットは創子の娘・恵奈(吉川さん)だという。“人を自殺させる病原体”が実在する「可能性はゼロじゃない」という紐倉は、珍しく自ら調査協力を申し出る。

 調査を始めると、自殺した女性2人、行方不明の男性は皆、恵奈の幼なじみで、4人は少し前にある製薬会社の治験のバイトをしていたことが判明。紐倉たちは、製薬会社への潜入捜査を試みる。一方、牧野の同僚・御子柴(藤森慎吾さん)の調べで、5年前までアメリカ疫病予防管理センター(CDC)で働いていた紐倉は、ある事件が原因でクビになったと分かる……という展開。予告映像では、紐倉の過去について知っている人物が「あの男は人殺しなんです」と言うシーン、苦しみながら倒れている紐倉のシーンが公開されている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第5話のあらすじ 山Pの義手の謎が明らかに! 元上司・時任三郎が語る…

連続ドラマ「インハンド」第5話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第5話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の第5話が5月10日放送される。変人で天才の科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)の右手が義手になった謎に迫るドラマ前半のクライマックス回。俳優の時任三郎さんが、紐倉の元上司役でゲスト出演する。

 5年前に亡くなった元助手・入谷(松下優也さん)とのつらい記憶がフラッシュバックする度に、紐倉は無いはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。そんな様子を見かねた助手の高家(濱田岳さん)は治療を勧めるが、紐倉は激しく反発する。


 一方、紐倉をアドバイザーに雇う話が持ち上がり、紐倉の過去を調べていた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒さん)は、紐倉について書かれた海外のネットニュースを高家に見せる。そこには「危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?」「助手が謎の自殺!」などの気になる記述があった。

 牧野は、5年前、紐倉が働いていたアメリカ疫病予防管理センター(CDC)の元上司・福山和成(時任さん)が、現在最先端の科学技術を駆使したビジネスをしている「フューチャージーン」という会社のCEOを務めていることを突き止める。福山が牧野と高家に語った紐倉の過去とは……という展開だ。

第6話のあらすじ 山Pと清原翔が変人対決? 濱田岳に助手交代の危機も

連続ドラマ「インハンド」第6話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第6話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が5月17日放送される。変人の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)が、正式に牧野(菜々緒さん)の務める内閣官房サイエンス・メディカル(SM)対策室のアドバイザーとなって初の事件。NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」出演で注目されている清原翔さんが、変人の陸上選手役でゲスト出演する。


 助手の高家(濱田岳さん)を連れてSM対策室を訪れた紐倉は、さっそく牧野の上司・網野(光石研さん)から、国民栄誉賞授与が検討されている日本陸上界のエース・野桐(清原さん)のドーピング疑惑を調べてほしいと頼まれ、高家の必死の懇願もあり、渋々引き受ける。

 陸上界の異端児と言われる野桐は、レース前後に野獣のような雄たけびをあげたり、謎のダンスを踊り出すなど、謎めいた行動が多い変人。紐倉にも「調べるならとことん調べろ」と突っかかる傲慢な性格だった。紐倉は野桐のルーティンに目を付け、さらに詳しく調べるために、高家と一緒に野桐の高地トレーニングを観察する……という展開。予告映像では、紐倉が「君が僕の助手になるっていうのはどうだ?」と、野桐を勧誘するシーンがあり、高家の助手交代の危機もほのめかされている。

第7話のあらすじ 菜々緒がシングルマザー 山P&濱田岳が難病の娘を救う?

連続ドラマ「インハンド」第7話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第7話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の第7話が5月24日放送される。内閣官房サイエンス・メディカル(SM)対策室の牧野(菜々緒さん)に難病の娘がいることが発覚。変人の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)と助手の高家(濱田岳さん)が、牧野のために治療法を探して奮闘する。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 生まれつき免疫に欠陥があるPID(原発性免疫不全症候群)で入院している牧野の娘・美香(吉澤梨里花ちゃん)のお見舞いに来た紐倉と高家。PIDの有効な治療法は骨髄移植しかないが、美香の提供者が見つからず、牧野とも一致しない。父親・賢一(永岡卓也さん)は既に他界していた。

 牧野は紐倉に、治療法を見付けてほしいと頼む。紐倉はPIDの研究を始めるため、元上司の福山(時任三郎さん)に協力を仰ぐ……という展開。予告映像では「私の娘を助けてほしい……」と声を震わせる牧野や、いつもは人助けなどしない強気な紐倉が、福山に「力貸してくれませんか?」と義手を差し出すシーンが公開されている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第8話のあらすじ 天才・山Pにライバル? スカーフ男・要潤が登場 濱田岳が“迷”探偵に

連続ドラマ「インハンド」第8話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第8話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の第8話が5月31日放送される。変人の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)らが、“呪いの血のポスター”の謎に挑む、という推理もののような展開で、助手の高家(濱田岳さん)が、探偵のように“迷”推理を披露する。また、紐倉の大学の同期で、スカーフがトレードマークの遠藤匡晃役で要潤さん、巨大企業の会長・園川務役で、柄本明さんがゲスト出演する。


 紐倉は、園川務(柄本さん)が会長を務める巨大企業キガシマホールディングスのポスターが、務の息子であり後継者候補の直継(夙川アトムさん)の飛び降り自殺を発端に、SNSで“呪いの血のポスター”と話題になっていることに興味を抱く。

 モデルの頭部が血のように赤く染められたポスターは、本当に直継の自殺と関係しているのか、助手の高家(濱田さん)、内閣官房サイエンス・メディカル(SM)対策室の牧野(菜々緒さん)と共に調査を進めていると、同じ事件を偶然調べていた経産省のアドバイザーを務める遠藤匡晃(要さん)と遭遇する。昔から紐倉を一方的にライバル視している遠藤は、今でも対抗心むき出しで、何かにつけて紐倉に絡んでくる……という展開。予告映像では「君は一切手を出すな」と突っかかる遠藤と、「僕には僕の調べたい興味がある」と静かに対抗する紐倉が公開されている。

第9話のあらすじ 山Pが助手・濱田岳の恩師を救う 磯村勇斗との初共演も

連続ドラマ「インハンド」第9話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第9話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の第9話が6月7日に放送される。変人の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)の助手・高家(濱田岳さん)の恩師が危機にさらされ、紐倉らが調査に乗り出す。今後のキーパーソンとなる紐倉の元上司・福山(時任三郎さん)の息子・新太役で磯村勇斗さんが出演、山下さんとは初共演となる。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS



 高家の母・良子(宮崎美子さん)が突然、紐倉の研究所を訪問。高家が恩師として尊敬する医師・陽子(市毛良枝さん)が東京に出かけた時に体調を崩し、そのまま入院したと伝える。陽子が入院しているのは、高家が懲戒解雇された台田病院だった……。

 高家は陽子を見舞うために紐倉と共に台田病院を訪れる。陽子は原因不明の下痢や嘔吐を繰り返し意識も不明瞭な状態が続いているというが、なぜかきちんとした治療が施されていなかった。担当医は高家に懲戒解雇を言い渡した黒野院長(正名僕蔵さん)だった。

 黒野が何か隠していると確信した高家は、紐倉と共に調査に乗り出す。力を借りようとフューチャージーンのCEO・福山(時任さん)の元を訪ねた2人は、そこで福山の息子・新太(磯村さん)と遭遇する。

 内閣官房サイエンス・メディカル対策室はフューチャージーンのある計画を調査していたが、福山は意外な人物と密会していることが判明する……という展開。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第10話のあらすじ 濱田岳の故郷を舞台に最終章突入 石橋杏奈がゲスト出演

連続ドラマ「インハンド」第10話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第10話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の第10話が6月14日に放送される。変人の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)の助手・高家(濱田岳さん)の故郷・相羽村が舞台となる最終章に突入。高家の幼なじみ、村役場で働く美園役で、女優の石橋杏奈さんがゲスト出演する。

 紐倉の元上司で、大企業・フューチャージーンのCEO・福山(時任三郎さん)は、相羽村に、危険な病原体を取り扱う科学研究所・BSL4施設の誘致を計画していた。高家と共に、施設誘致の反対運動が起きている村を訪れた紐倉は、福山と話すために、施設の拠点予定地へ。施設建設をやたらと急ぐ福山に、紐倉は疑念を抱く。

 美園の父・実喜男(中本賢さん)が吐血して倒れる。症状を聞いた紐倉は、エボラ出血熱の可能性を指摘。村は封鎖され、日本中を巻き込む事態へと発展する……。予告映像では、「この中に裏切り者がいる」という言葉と、牧野(菜々緒さん)ら内閣官房サイエンス・メディカル対策室のメンバーや高家が映し出されるほか、福山から「返事を聞かせてほしい」と協力を求められる紐倉の姿が公開されている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

最終回のあらすじ 新型エボラウイルスが発生 濱田岳も感染…

連続ドラマ「インハンド」第11話の場面写真 (C)TBS
連続ドラマ「インハンド」第11話の場面写真 (C)TBS

 俳優の山下智久さん主演の連続ドラマ「インハンド」(TBS系、金曜午後10時)の最終・第11話が6月21日放送される。変人の天才科学者・紐倉哲(ひもくら・てつ、山下さん)の助手・高家(濱田岳さん)の故郷・相羽村で、新型エボラウイルスが発生し、日本中が大パニックとなる。

 高家と共に封鎖された相羽村に残った紐倉。内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野(菜々緒さん)らと情報共有しながら、現地の対策室で調査を始めるが、感染は日々拡大し、死者も増えていく一方だった……。

 絶望的な状況の中、紐倉は生ワクチンの開発に着手。必死に開発を進めるが、ワクチンは完成しないまま、ついに高家もウイルスに感染してしまう……という展開。予告映像では、「今のところ、100%死に至る」とつぶやく紐倉の声と、倒れる高家の姿が公開されている。

インハンドTBS系
2019年4月スタート 毎週金曜午後10時放送