わたし、定時で帰ります。 あらすじ

わたし、定時で帰ります。あらすじ

 ドラマ「わたし、定時で帰ります。」は、朱野帰子(あけの・かえるこ)さんの同名小説(新潮社)が原作。女優の吉高由里子さんが主演を務める。今回がTBSドラマ初主演となる吉高さんは、「残業ゼロ」「定時で帰る」がモットーのワーキングガール・東山結衣を演じる。ドラマは、朱野さんの小説を原作に、特に注目を集めている「残業問題」を切り口として、単なる制度改革ではなく働く人々の意識改革=社会人の持つべき“ライフワーク・バランス”について描く。プロデュースは「アンナチュラル」などで知られる新井順子さんと「重版出来!」の八尾香澄さん。演出は「大恋愛~僕を忘れる君と」などを手掛けた金子文紀さんが担当する。

 主人公の結衣(吉高さん)は、過去にあるトラウマを抱え、以来「必ず定時で帰る」というモットーを貫くワーキングガール。「仕事は命を懸けるものではない」という思いを持ち、誰よりも集中して仕事を終わらせ、プライベートも大切にする。おいしいものを食べておいしいと感じるといった“普通の感覚”をきちんと大事にする32歳の独身。結衣は、同僚たちのさまざまな悩みに寄り添い、時に振り回され、そして解決していくが、そんな彼女の背景には、新人時代のトラウマやワーカホリックだった元婚約者の存在があった……という内容となる。

 ドラマでは結衣が、くせ者ぞろいのブラック上司や同僚たちの間で奮闘しながら、毎日に小さな奇跡を起こすといい、現代社会が抱える、曲がった仕事観や恋愛・結婚観、人間関係、ブラック企業問題、孤独死などの身近にあるさまざまな社会問題を考え直し、「何のために働くのか?」「自分を大切にすること」「仲間を大切にすること」などのシンプルなメッセージを伝えていく。

 ワーカホリックな結衣の元婚約者・種田晃太郎を向井理さん、結衣の職場の先輩で仕事に生きるスーパーワーキングマザーの賤ヶ岳八重を内田有紀さん、ブラック上司として結衣をはじめ職場の面々を振り回す福永清次をユースケ・サンタマリアさんが演じ、柄本時生さん、泉澤祐希さん、シシド・カフカさんも出演する。

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」のあらすじは

<ドラマ紹介>「わたし、定時で帰ります。」 吉高由里子が“定時の女”に 第1話あらすじも

女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第1話の1シーン(C)TBS
女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第1話の1シーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系・火曜午後10時)が4月16日にスタートする。30代に突入して初の連ドラ主演となる吉高さん演じる「残業ゼロ、定時で帰る」がモットーのヒロインが、くせ者の“モンスター社員”が抱えるさまざまなトラブルを解決していく物語だ。

 ドラマは、朱野帰子(あけの・かえるこ)さんの同名小説シリーズ(新潮社)が原作。「残業問題」を切り口として、単なる制度改革ではなく働く人々の意識改革=社会人の持つべき“ライフ・ワーク・バランス”について描く。

 第1話は、東山結衣(吉高さん)はWEB制作会社で働くディレクターで、過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一さん)との時間も大切にしている。しかし、新任の部長が赴任したことをきっかけに、くせ者社員たちが立ちはだかり……。

 ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理さん)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生さん)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希さん)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカさん)、双子を育てるワーキングマザー・賤ケ岳八重(内田有紀さん)、そして、悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリアさん)ら“くせ者たち”が抱えるさまざまな問題に、結衣はどう立ち向かうのか……!?

第2話のあらすじ 内田有紀演じる賤ケ岳が職場復帰 子育てと仕事の両立に葛藤

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第2話の1シーン(C)TBS
ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第2話の1シーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系・火曜午後10時)の第2話が4月23日、放送される。結衣(吉高さん)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ケ岳八重(内田有紀さん)が職場復帰する。復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せず……。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 そんな中、製作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。賤ケ岳がディレクターになるが、サイト公開の直前にトラブルが発生。一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸さん)から、双子が熱をだしたと連絡が入る。子育てと仕事を両立させようと葛藤している賤ケ岳に、結衣は……!?

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第3話のあらすじ 吉高由里子、辞めたがりの新人・泉澤祐希にどう向き合う?

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第3話の1シーン(C)TBS
ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第3話の1シーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が4月30日放送される。巧(中丸雄一さん)の実家へあいさつに行こうとしていた結衣(吉高さん)に、晃太郎(向井理さん)から連絡が入る。ファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散され、炎上しているという。結衣は、巧の両親へのあいさつをドタキャンし、クライアントへの謝罪に向かう……。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 撮影現場で来栖(泉澤祐希さん)がスマホで撮影していた様子を思い出した結衣は、何度も来栖に電話をかけるが連絡は通じない。翌朝、何事もなかったように出社した来栖をとがめると、直後に来栖は結衣を呼び出して、辞表を提出する……。口癖のように「辞めようかな……」と言う来栖に、教育担当の結衣はどう向き合うのか……!?

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第4話のあらすじ 吉高由里子、“会社に住む男”柄本時生に指摘するが… 社内恋愛が動き出す!?

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第4話の1シーン(C)TBS
ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第4話の1シーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が5月7日放送される。福永(ユースケ・サンタマリアさん)にネットヒーローズの常務・丸杉から制作4部のある社員がひどいサービス残業をしているという話が入る。部内で結衣(吉高さん)と晃太郎(向井理さん)が話をしていると、児玉(加治将樹さん)が、深夜のオフィスで吾妻(柄本時生さん)が自宅にいるかのように過ごす姿を目撃したといい……。

 結衣たちは、吾妻を呼び、無駄なサービス残業や、非効率な仕事ぶりを指摘するが、なかなか直らない。そんななか、新規案件のヘルプとして、派遣デザイナーの桜宮(清水くるみさん)がやってくる。明るく優しく接してくれる桜宮が気になる吾妻は、桜宮にいいところを見せたいと、結衣に仕事効率アップの方法を相談し改善しようとするが、トラブルが発生し……と展開する。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第5話のあらすじ 自分らしい働き方の選択とは? 吉高由里子、セクハラ問題に…

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第5話の1シーン(C)TBS
ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第5話の1シーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第5話が5月14日放送される。ある日ランダー社から緊急の要件だと呼び出される制作4部のメンバー。先日「OK」がでたはずの20周年サイトのデザインに「ピンとこない!」と言われ、困り果てる東山結衣(吉高さん)たちだったが……。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 中西(大澄賢也さん)らに「桜宮さん(清水くるみさん)に任せておけば問題なし!」と笑顔で言われ、結衣は桜宮との関係を不審に思う。数日後、吾妻(柄本時生さん)に呼び出されて外に出ると、ランダー社の草加がいて、中西らと一緒に露出の多いユニホームを着てランニングをする桜宮の動画を見せられる。その話を聞いて憤慨する結衣は、ランダー社へ打ち合わせに向かうが……?

 予告動画では、「どっからどう見てもセクハラですよ」「これ、セクハラですかね?」といった音声のほか、桜宮が「人にはそれぞれの働き方がある。東山さんならわかってくれますよね?」と話す場面などが収められている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第6話のあらすじ 吉高由里子、“婚約者”中丸雄一と“元婚約者”向井理が鉢合わせ

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第6話の1シーン(C)TBS
ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第6話の1シーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が5月21日放送される。晃太郎(向井理さん)の独立のうわさを聞き、動向が気になる結衣(吉高さん)たち制作4部のメンバー。そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希さん)がディレクターデビューすることが決定するが、なかなかうまくいかず……!?

 一方、結衣は巧(中丸雄一さん)を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこさん)らに結婚の報告をする。そこに、偶然晃太郎がやってきて……!?

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第7話のあらすじ 吉高由里子、元婚約者・向井理からの告白に絶句 婚約者・中丸雄一は…

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第7話の1シーン(C)TBS
ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第7話の1シーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第7話が5月28日放送される。酔っぱらって「(結衣を)今でも好きですよ」と言った種田晃太郎(向井理さん)に、絶句する結衣(吉高さん)とフリーズする諏訪巧(中丸雄一さん)。その日の帰り道、実家の父・宗典(小林隆さん)から突然結衣に「お母さんが家出した」との連絡があり……?

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 結衣が急いで実家に帰ると、母・美園(山下容莉枝さん)から「離婚してほしい」というメッセージが送られて以来、連絡を拒絶されているという。一方、福永(ユースケ・サンタマリアさん)から予算に見合わない新規案件が制作4部に舞い込んできて……!?

 予告動画では、功が種田に「仕事のことはともかく、それ以外のことは結衣に頼らないでもらえませんか?」と話す場面のほか、中華料理店店主・王丹(江口のりこさん)が種田に「あんた、意外と大胆だね」と話す場面も公開されている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第8話のあらすじ 吉高由里子、“婚約者”中丸雄一とけんか “元婚約者”向井理は…

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第8話の1シーン(C)TBS
ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第8話の1シーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が6月4日に放送される。福永(ユースケ・サンタマリアさん)の昔のクライアントで、赤字必至な星印の案件が厳しい社内審査をなぜか通ってしまう。ディレクターには、賤ケ岳(内田有紀さん)が任命され、残業を免れない厳しい予算とスケジュールの中、制作4部のメンバーは作業を進め……。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS



 そんな中、賤ケ岳に夫・陽介(坪倉由幸さん)から「おふくろが倒れた……」と連絡が入り、陽介は一人で急きょ熊本に帰省することに。東京に残り、一人で双子育児と仕事に奮闘する賤ケ岳だったが……。一方、一緒に住み始めて順調そうな結衣(吉高さん)と巧(中丸雄一さん)だったが、ひょんなことからけんかになってしまい……。

 予告動画では、向井理さん演じる種田が、寝ている結衣に向かって、優しく「結衣」と呼びかける場面のほか、巧が結衣に「結衣ちゃんが仕事続けるのって種田さんと働きたいから」と話す場面も公開されている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第9話のあらすじ 吉高由里子、中丸雄一とすれ違いが増えていき… 向井理が会社を辞めた“本当の理由”とは

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第9話の1シーン(C)TBS
ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第9話の1シーン(C)TBS

 女優の吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第9話が6月11日に放送される。物語はいよいよ最終章に突入。福永(ユースケ・サンタマリアさん)から突然会議室に呼び出された結衣(吉高さん)は、晃太郎(向井理さん)が会社を辞めた“本当の理由”を聞かされ、チーフとして定時には帰らず、残業するよう提案されて……。

 そんな中、赤字必至な星印の案件を進めるうちに、結衣の知らないところでサービス残業をする制作4部のメンバーと福永の姿が……。残業続きで疲れた部署のメンバーを見かねた結衣もついに残業をするように。一方、結衣と巧(中丸雄一さん)は結婚式の準備を始めるが、結衣の仕事が忙しくなるにつれてすれ違いが増えていき……!?

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

わたし、定時で帰ります。TBS系
2019年4月スタート 毎週火曜午後10時放送