きのう何食べた? ニュース

西島秀俊&内野聖陽のW主演で「きのう何食べた?」が連ドラ化 男2人の食卓描くよしながふみの人気マンガ

4月にスタートする連続ドラマ「きのう何食べた?」にダブル主演する内野聖陽さん(左)と西島秀俊さん (C)「きのう何食べた?」製作委員会
4月にスタートする連続ドラマ「きのう何食べた?」にダブル主演する内野聖陽さん(左)と西島秀俊さん (C)「きのう何食べた?」製作委員会

 「大奥」などのよしながふみさんの人気マンガ「きのう何食べた?」がテレビ東京で実写ドラマ化され、俳優の西島秀俊さんと内野聖陽さんがダブル主演することが1月24日、明らかになった。原作は2LDKのアパートで同居するゲイカップルの日々の食卓を描くマンガで、ドラマでは西島さんが料理上手で几帳面、倹約家の弁護士・筧史朗(通称シロさん)、内野さんがシロさんの恋人で人当たりのいい美容師・矢吹賢二(通称ケンジ)をそれぞれ演じる。2019年4月から毎週金曜深夜0時12分に放送。

 「きのう何食べた?」は、マンガ誌「モーニング」(講談社)で連載中の累計発行部数500万部(電子版含む)を突破している人気マンガ。2LDKのアパートで同居するシロさんと、その恋人のケンジの毎日の食卓を通して浮かび上がる、男2人暮らしの人生の機微を描く。

 西島さんは、出演オファーを受けたことを「元々、原作の大ファンだったのでお話をいただいた時は非常にうれしかったです」と振り返り、「たくさんのファンを持つ作品なので、とにかく丁寧に真摯(しんし)に作品に向き合いたいと思います」と意気込みを語っている。

 内野さんは「こういう役はほとんど経験がないので、新鮮に感じました。原作もすごく楽しくてどんどん読み進めちゃうほど面白くて。話をいただいた時、既に西島さんとの共演になることが決まっていたので、西島さんはピッタリだし、自分はどうかと思ったけど(笑い)、面白いドラマになりそうだなっていう予感をすごく感じて、二つ返事で受けました」と明かしている。

 原作者のよしながさんは「『実写なんだし、何もこんなに似せなくても……』と思うぐらい、そっくりです! 本当にびっくりしました! すっごく楽しみです!」とコメントを寄せている。

 同局のドラマ制作部プロデューサーの松本拓さんは「映像化させていただくことは、喜びである以上に重責を感じています。主演は、西島秀俊さん、そして内野聖陽さん。原作のキャラクターにぴったりなお二人にシロさんとケンジを演じていただくことで、まずは完璧なスタート地点には立てたと思います。テレビ東京では数々の『飯もの』ドラマを制作してまいりましたが、また一つ、歴史に残る作品を生み出せるよう、まだまだ長い道のりではありますが、魂を込めて、制作に臨んでいきます。ご期待ください」とアピールしている。

(C)よしながふみ/講談社
(C)よしながふみ/講談社
(C)よしながふみ/講談社
(C)よしながふみ/講談社