あなたの番です ニュース

<SNS反響>特別編で菜奈と翔太の幸せシーンも「つらすぎる」「号泣」 「どん底に突き落とす」ラストに“悲鳴”も

ドラマ「あなたの番です」特別編の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「あなたの番です」特別編の一場面=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)の特別編が6月23日に放送された。特別編では、回想シーンで菜奈(原田さん)と翔太(田中さん)の出会いからプロポーズまでの軌跡が描かれたが、第1章最終回となった前話(16日放送)で菜奈の悲劇が描かれたこともあり、SNSでは「しょっぱなから号泣」「切なくて見られない」「つらすぎる」「見ていて泣きそうになるくらい翔太くんと菜奈ちゃんカップルが尊い」「幸せな2人が、むしろ悲しい」といった悲痛のコメントが相次いだ。

 ドラマは「交換殺人」が題材。原田さんと田中さん演じる新婚夫婦が、引っ越し先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリーで、秋元康さんが企画・原案を手がける。同局では約25年ぶりの2クール(4~9月)連続ドラマ。ドラマの第2章「あなたの番です-反撃編-」が30日から放送される。特別編では、刑事たちの目線で、ドラマ第1章で起きた全事件を振り返り、菜奈と翔太の出会いからプロポーズまでの軌跡を描いた。

 特別編は、翔太が菜奈に31回にもおよぶ告白の末、交際にこぎ着けた様子や、感動的なプロポーズなどが回想シーンで描かれた。しかし、終盤の現在パートでは次回の30日放送回から始まる新章「反撃編」へつながるような“衝撃展開”が待ち受けていた。

 そのギャップにSNSでは「泣きながら見ていたら、最後5分でどん底にぶち落とされてもうほんとにショックが止まらない」「日曜にこんな絶望のどん底に突き落とさないでほしい」「最後の最後怖すぎ」「途中までよかったのに、急に怖くなるから鳥肌立った」といった悲鳴のようなコメントが上がった。

<SNS反響>特別編も衝撃ラスト! 「ゾクゾクした」「心臓に悪い」「鳥肌」の声

ドラマ「あなたの番です」特別編の一場面=日本テレビ提供
ドラマ「あなたの番です」特別編の一場面=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)の特別編が6月23日に放送された。特別編のラストでは、次回の30日放送回から始まる新章「反撃編」へ繋がるような場面が描かれ、SNSでは「ラスト怖すぎ」「ゾクゾクした」「心臓に悪い」「途中までよかったのに急に怖くなるから鳥肌立った」「あなたの番です。反撃のスイッチだ……」といったコメントが並んだ。

新章「反撃編」開幕直前! 第1章全10話を無料配信 先行カットも

連続ドラマ「あなたの番です」の新章「反撃編」の場面カット=日本テレビ提供
連続ドラマ「あなたの番です」の新章「反撃編」の場面カット=日本テレビ提供

 連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第1章全10話の無料配信が6月23日にスタートした。すでに動画配信サービス「Hulu(フールー)」では全10話が配信されているが、民放キー局5局の無料見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」および「日テレ無料(TADA)」でも配信。「TVer」および「日テレ無料(TADA)」では第1~5話が27日午前11時59分まで配信。第6~10話が27日正午から30日午後10時29分まで配信される。

 「あなたの番です」は、6月30日放送回から新章「あなたの番です-反撃編-」に突入する。「反撃編」の場面カットも公開。榎本早苗(木村多江さん)が警察で取り調べを受ける様子や、新章から登場する新たなマンションの住民・二階堂忍(横浜流星さん)の部屋に手塚翔太(田中圭さん)が鍋を持って訪れる場面などが収められている。

 ドラマは「交換殺人」が題材。田中さんと原田知世さん演じる新婚夫婦が、引っ越し先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリーで、秋元康さんが企画・原案を手がける。同局では約25年ぶりの2クール(4~9月)連続ドラマ。6月30日からの「反撃編」では、翔太がマンションで起こった交換殺人ゲームの全貌を解き明かし、菜奈の命を奪った殺人鬼に迫る。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

新章「反撃編」に田中哲司が参戦 502号室に引っ越してくる怪しい男に

連続ドラマ「あなたの番です」の新章「あなたの番です-反撃編-」に出演する田中哲司さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「あなたの番です」の新章「あなたの番です-反撃編-」に出演する田中哲司さん=日本テレビ提供

 連続ドラマ「あなたの番です」の新章「あなたの番です-反撃編-」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に、俳優の田中哲司さんが出演する。田中さんは第13話から出演予定で、ドラマの舞台であるマンションの502号室に激安の賃貸物件として引っ越してくる南雅和を演じる。新章「反撃編」は6月30日から放送。

 田中さん演じる南雅和が引っ越してくる502号室は、ドラマ第1章では峯村リエさんらが演じた赤池一家が住んでいた部屋だ。南雅和は職業不詳で、日中もマンション内をウロウロしたり、住民会でもやたらと事件のことを聞いて回ったりする怪しい男だという。

 田中さんは「ご迷惑にならないよう殺されないよう、かつ自分を出しつつ、502号室に住まわせていただこうと思います。共演者の方は、お久しぶりの方や、初めましての方や、たくさんのすてきな役者さんたちと絡めるのを、とても楽しみにしてます!」とコメントを寄せている。

 ドラマは「交換殺人」が題材。原田知世さんと田中圭さんが演じる新婚夫婦が、引っ越し先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリーで、秋元康さんが企画・原案を手がける。同局では約25年ぶりの2クール(4~9月)連続ドラマ。6月30日からの「反撃編」では、翔太がマンションで起こった交換殺人ゲームの全貌を解き明かし、菜奈の命を奪った殺人鬼に迫る。また、翔太と菜奈のなれ初めを描く特別編が23日午後11時から放送される。

<SNS反響>黒島沙和の双子説、翔太黒幕説… 衝撃の第1章完結に考察盛り上がる

連続ドラマ「あなたの番です」第10話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「あなたの番です」第10話の一場面=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)。「交換殺人」をテーマにしたミステリーで、6月16日に第1章の最終回となる第10話が放送された。回を追うごとにSNSなどでは真犯人を巡る考察が繰り広げられてきたが、第10話が予想だにしない衝撃のラストを迎え、さらにSNSを中心に考察が盛り上がっている。6月30日放送回から始まる第2章「あなたの番です-反撃編-」を前に、その一部を紹介しよう。

 ◇“リケジョ”黒島沙和の双子説 ずっと怪しい“ストーカー女”尾野幹葉

 ドラマは、複数の人物が殺害相手を交換して殺し、容疑者を特定されにくくする「交換殺人」が題材。原田さんと田中さん演じる新婚夫婦が、引っ越し先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリーで、秋元康さんが企画・原案を手がける。同局では約25年ぶりの2クール(4~9月)連続ドラマ。

 SNSでは、西野七瀬さん演じる202号室の住人・黒島沙和が怪しいという説が上がっている。黒島は理系の女子大学生で、ドラマ序盤ではいつも体のどこかしらをケガしている女性だった。中盤からは得意の数学を生かし、真犯人究明に奔走。第1章終盤では、榎本早苗(木村多江さん)の部屋に監禁されるという災難に見舞われた。

 SNSではこの黒島が双子であるという説が浮上。ストーリーの途中から黒島の体にケガやアザがなくなったこともそうだが、「黒島は腕時計をしている時としていない時がある。早苗といるときの黒島はしていない。その他、単体でいる時は腕時計をしている」という声や、最終話で監禁から解放された後、「翔太(田中さん)に『黒島ちゃん大丈夫?』と聞かれた時、『私は縛られてただけだったので』と答えているが、早苗宅で神谷(浅香航大さん)に殴られている」という考察が見られる。

 また、最終話で病院を抜け出し、菜奈(原田さん)に会いに行った翔太と鉢合わせするのも「タイミングがよすぎて不自然」という意見も上がっている。

 翔太に異常な執着を見せる301号室の尾野幹葉(奈緒さん)も怪しい人物の一人だ。Huluで配信されている番外編「扉の向こう」でも「人のモノを奪う」ために異常な行動を見せている。これまで、尾野がなぜか空室のはずの303号室に出入りすることができるという描写があり、最終話で榎本夫婦が黒島を殺そうと運び入れたのも同じ303号室。「303が解体現場だとしたら、そこへ出入りしてた尾野ちゃんは早苗たちとつながってた?」「303号室に黒島ちゃんが運ばれてたけど尾野さん303号室の鍵持ってるよね?」という声があり、尾野と早苗、もしくは尾野と黒島が“グル”では?という説も流れている。

 ◇ピュアすぎてサイコパス? 根強い翔太黒幕説

 ドラマ放送当初からSNSなどで多く見られるのが翔太黒幕説だ。田中さん演じる翔太は、菜奈にピュアすぎるほどの愛情を注ぎ、菜奈と朝男(野間口徹さん)が離婚できずにいるという秘密を知ってもなお「菜奈を信じる」と言い続けた、いうなればスーパーポジティブピュアボーイである。それゆえに「翔太はサイコパスか二重人格な気がしてならん」「翔太くんはいい人すぎて逆にサイコパスに見える」「翔太くんが黒幕に思えて仕方ない」といった声が上がっていた。

 第1章最終話では、愛する人を失った翔太だが、それでもSNSでは「もしかしたら翔太くん黒幕なんじゃないかって。最後まで見ないと分からない」「翔太黒幕説は本当に嫌だけど不自然さが引っかかる」「翔太黒幕説の可能性は考えるけど本来は探偵が犯人はタブー。サイコパス気質の翔太くんに惑わされる」という声も見られる。

 これまでのストーリーで死を迎えたのは、マンションの管理人・床島比呂志(竹中直人さん)、タレント医師の山際(森岡豊さん)、ブータン料理店・店長の田中政雄(名倉右喬さん)、502号室の赤池吾朗(徳井優さん)・美里(峯村リエさん)夫妻、“俳優”袴田吉彦(袴田吉彦さん)、102号室の児嶋佳世(片岡礼子さん)、201号室の浮田啓輔(田中要次さん)、手塚菜奈(原田さん)の“夫”細川朝男(野間口徹さん)、田宮淳一郎(生瀬勝久さん)の銀行に勤めていた頃の部下・甲野貴文(鈴木勝大さん)、そして菜奈……。

 マンションの住民だけでもドラマから“退場”してしまったキャラクターが多いが、まだまだ謎だらけの住民も多い。今回は黒島、尾野、翔太の名前を挙げたが、SNSを見ると、「全員怪しい」「全然分からない」「見れば見るほど謎が深まっていって何も解決してない」「謎多すぎて頭パンクしてる」と“悲鳴”のようなコメントも。第2章からは、ドラマのタイトルも「あなたの番です-反撃編-」と変わり、マンションの新たな住人役で俳優の横浜流星さんが出演。今後も見逃せない展開となりそうだ。

木村多江、“怪演キャラ”に本人も自覚あり? 「あなたの番です」Pが語る鳥肌ものの衝撃

連続ドラマ「あなたの番です」に榎本早苗役で出演する木村多江さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「あなたの番です」に榎本早苗役で出演する木村多江さん=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に、402号室の住人・榎本早苗役で出演している女優の木村多江さんが話題だ。以前は不幸な女性を演じることが多く「薄幸女優」などと言われていた木村さんだが、昨年4月期に放送された連続ドラマ「あなたには帰る家がある(あな家)」(TBS系)で、“狂気の不倫妻”を怪演。今回も早苗の善良キャラが、「あな家」の時のように、どこかで“ひょう変”することを期待されていたが、6月9日に放送された第9話、さらに16日放送の第10話でも見事な怪演ぶりを発揮。視聴者に衝撃を与えた。

 ◇絶対なんかあると思ってた? ひょう変&怪演を期待される名女優・木村多江

 「あなたの番です」は、原田さんと田中さん演じる新婚夫婦が、引っ越し先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリー。秋元康さんが企画・原案を手がけ、複数の人物が殺害相手を交換して殺し、容疑者を特定されにくくする「交換殺人」が題材となる。同局では約25年ぶりとなる2クール(4~9月)連続ドラマ。

 木村さん演じる早苗は専業主婦で、マンションの住民会会長を務めている。住民会では、やや押しに弱いところはあるものの、柔らかな笑みと穏やかな口調で住民たちを取りまとめている。いわゆる“善良”なキャラクターだ。引っ越して間もない手塚菜奈(原田さん)とも打ち解け、マンションで起こっている交換殺人についても相談し合える仲となっていた。

 しかし、物語が第1章のクライマックスに差し掛かると、そんな早苗がひょう変。第10話では、自身が住む402号室の秘密を知った手塚翔太(田中さん)と黒島沙和(西野七瀬さん)を隠し部屋に監禁。叫び声をあげ、翔太を襲う姿はまさに狂気じみていた。

 その一方、早苗の善良キャラに対しては、SNSでドラマ放送当初から「絶対木村多江だから裏があるはず」「木村多江があのまま終わるわけない」などと“期待”の声が上がっていたことも確か。ひょう変後には「木村多江さんの演技はさすが。怖すぎ」「木村多江、絶対なんかあると思ってたけどやっぱり予想を裏切らない」といった反応もあり、視聴者の間で木村さんの“怪演キャラ”が定着していることがうかがえる。

 ◇ニコニコしてたって、あいつ怪しいって言われちゃう…

 ドラマを手がける鈴間広枝プロデューサーは、ひょう変前の早苗を演じる際、木村さんから「私、ちょっと怪しくしたほうがいい?」と相談されたという。そこで鈴間プロデューサーが「いや、普通の顔をしていても多江さんなんでね」と答えると、木村さんは「どうせニコニコしてたって、あいつ怪しいって言われちゃうからなあ」とつぶやいたといい、木村さんも自身の“怪演キャラ”を自覚している様子。

 そんな木村さんの演技を、鈴間プロデューサーは「やばいです」と表現。第9話、そして第10話の怪演ぶりについては、ストーリー展開を把握しているプロデューサーでも「モニターを見ていて鳥肌が立つぐらいのすごい芝居でした」と大いに驚かされたようだ。

 鈴間プロデューサーは、今後の展開について「後半は、毎週死にません。これだけ死んでしまって謎がてんこもりなので、その謎を一つずつ解いていく後半戦になります。交換殺人ゲームがどうなっているのか、この中に一番悪いやつがいるんじゃないか、そいつは誰なんだみたいなことが分かってくる後半戦です。キャラクターの一人一人も粒立ってきますね」と見どころを語った。早苗のほかにも、“怪しい住人”が多く登場する本作。どんな化け方、壊れ方をしていくのか、見逃せない展開となりそうだ。

<SNS反響>まさかの人物の“死”に視聴者驚愕! 「カオスすぎる」「展開えぐい」「まさかすぎる」と反響(ネタバレあり)

連続ドラマ「あなたの番です」第10話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「あなたの番です」第10話の一場面=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第10話が6月16日に放送された。同話は2クール(4~9月)放送されるドラマの第1章最終回。ドラマは「交換殺人」がテーマで「毎週、死にます。」がキャッチコピーとなっており、第10話ラストで描かれた“死”にSNSでは、「カオスすぎてつらい」「ラストが衝撃的すぎ……」「鳥肌立った。動悸(どうき)止まらん」「ヤバすぎて寝られん」「展開えぐい」と驚きのコメントが並んだ。

 ◇以下ネタバレを含みます。

 ドラマは、原田さんと田中さん演じる新婚夫婦が、引っ越し先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリー。秋元康さんが企画・原案を手がけ、複数の人物が殺害相手を交換して殺し、容疑者を特定されにくくする「交換殺人」が題材となる。同局では約25年ぶりとなる2クール(4~9月)連続ドラマ。

 第10話は、早苗(木村多江さん)によって402号室の隠し部屋に監禁されてしまった翔太(田中さん)と黒島(西野七瀬さん)。そこには、見知らぬ少年(荒木飛羽さん)がいて、2人は少年と早苗、正志(阪田マサノブさん)の秘密を知る。

 菜奈(原田さん)は翔太の勤めるスポーツジムから翔太が無断欠勤しているとの連絡を受け、前夜に翔太が強引に侵入したという402号室を訪ねる。菜奈から翔太の行方をきかれた早苗は、何食わぬ顔で一緒に翔太を捜すと言う。早苗は、菜奈を正志の勤める警察署へ連れて行き、菜奈は翔太の捜索願を正志に託すが……という展開だった。

 終盤では、ダブル主演の一人である原田さん演じる菜奈の死体を翔太が発見してしまうという“衝撃展開”となった。SNSでは「え。原田知世って主役じゃないの?」「ええええ!!!!  原田知世をここで!?」「謎すぎる」「主役消えるってどうすんの?」「まさかの展開すぎる……2クール目どうなるんだろう」というコメントも見られた。

原田知世“菜奈”と田中圭“翔太”の“恋の奇跡”描く特別編放送

6月23日に放送される「あなたの番です 特別編」の一場面=日本テレビ提供
6月23日に放送される「あなたの番です 特別編」の一場面=日本テレビ提供

 女優の原田知世さん、俳優の田中圭さんダブル主演の連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の特別編が、6月23日に放送されることが16日、分かった。特別編は、原田さん演じる菜奈と、田中さん演じる翔太の出会いからプロポーズまでの恋の軌跡を描く感動のストーリーとなるという。

 ドラマは「交換殺人」が題材。原田さんと田中さん演じる新婚夫婦が、引っ越し先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリーで、秋元康さんが企画・原案を手がける。同局では約25年ぶりの2クール(4~9月)連続ドラマ。

 特別編では、これまでの事件を振り返る内容も描かれる。一連の事件を捜査中の刑事・神谷(浅香航大さん)と水城(皆川猿時さん)が、翔太が容疑者である可能性を疑い、管理人・床島(竹中直人さん)の自殺から、マンションにまつわるすべての事件を洗い直す。23日午後11時~11時55分に放送。

 「あなたの番です」は、16日放送の第10話で第1章が完結した。30日の放送からは第2章「あなたの番です-反撃編-」がスタートする。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

<SNS反響>“ゴーバスターズ”鈴木勝大登場に「びびった」「興奮」とファン反応

連続ドラマ「あなたの番です」第8話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「あなたの番です」第8話の一場面=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第8話が6月2日に放送された。同話では、2012~13年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第36作「特命戦隊ゴーバスターズ」で桜田ヒロム/レッドバスターを演じた鈴木勝大さんが、銀行員役で登場し、SNSでは「鈴木勝大に興奮」「勝大くん出ててびびった」「あなたの番です見てたら突然の鈴木勝大」といったコメントが並んだ。

 第8話では、久住(袴田吉彦さん)と朝男(野間口徹さん)が倉庫のエレベーターから転落した事故について、菜奈(原田さん)が刑事の神谷(浅香航大さん)らに事情聴取される。菜奈のために真相を突き止めたい翔太は、103号室の田宮(生瀬勝久さん)に懇願し、彼の書いた名前と引いた紙に書かれていた名前を聞き出すことに成功する。翔太は、菜奈、早苗(木村多江さん)、黒島(西野七瀬さん)を集めて、自分が考えた推理を語り……という展開だった。

大友花恋「キミスイ」「チア☆ダン」とまるで別人… 「あなたの番です」ヤンキー女子役で脱・清楚?

連続ドラマ「あなたの番です」に妹尾あいり役で出演している大友花恋さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「あなたの番です」に妹尾あいり役で出演している大友花恋さん=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に、妹尾あいり役で出演している大友花恋さん。女子中高生に絶大な人気を誇る女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルとしても活躍するなど、清楚(せいそ)なイメージのある大友さんだが、髪をぞんざいに染めた柄の悪い“ヤンキー女子”に扮(ふん)し、2017年の大ヒット映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(キミスイ)や18年放送の連続ドラマ「チア☆ダン」(TBS系)とは全く異なる顔をのぞかせている。

 ◇板についたヤンキー口調 アニマル柄もポップに着こなし… 「可愛い」の声多数

 ドラマは、原田さんと田中さん演じる新婚夫婦が、引っ越し先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑むミステリー。秋元康さんが企画・原案を手がけ、複数の人物が殺害相手を交換して殺害し、容疑者を特定されにくくする「交換殺人」が題材となる。同局では約25年ぶりとなる2クール(4~9月)連続ドラマ。キャッチコピーは「毎週、死にます。」だ。

 大友さん演じるあいりは、物語の舞台となるマンション「キウンクエ蔵前」の住人で、暴力団の下っ端構成員・浮田啓輔(田中要次さん)の娘のような存在。恋人の柿沼遼(中尾暢樹さん)と浮田が暮らす201号室に居候し、普段はメンズエステで働いている……というキャラクターだ。

 劇中で大友さんは板についたヤンキー口調を披露。気にくわない相手には容赦なくガンを飛ばす一方で、あいりの心根の優しさのようなものも体現し、ファッション誌のモデルらしく、アニマル柄もポップに着こなすなど、持ち前のキュートさも相まって、視聴者から「可愛い」との声が多数上がっている。

 ◇Seventeenモデルに高校サッカー応援マネジャー 「人気女優の登竜門」を歴任!

 そんな“ヤンキー女子”あいりを熱演中の大友さんは、1999年10月9日生まれ、群馬県出身の19歳。雑誌「Seventeen」では同学年の横田真悠さんとの“かれまゆ”コンビ(永野芽郁さん在籍時は“かれまゆめい”)として、読者から高い人気を集めている。

 女優としては、映画「キミスイ」や連ドラ版「チア☆ダン」のほか、桂正和さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」(テレビ東京ほか)やWOWOWの連続ドラマ「名刺ゲーム」などに出演。「キミスイ」ではヒロイン・山内桜良(浜辺美波さん)の親友で、潔癖なまでに「僕」(北村匠海さん)のことを疎ましく思っている滝本恭子を、「チア☆ダン」では、家族思いのチアダンス部員で、仲間の足を引っ張りがちなメガネっ娘の榎木妙子を好演してみせた。

 大友さんがモデルを務める雑誌「Seventeen」に話を戻せば、過去には北川景子さんや榮倉奈々さん、波瑠さん、中条あやみさん、飯豊まりえさん、広瀬アリスさん&すずさん姉妹を輩出するなど、一部では「人気女優の登竜門」と呼ばれている。

 また大友さんは、やはり「人気女優の登竜門」といわれる全国高校サッカー選手権大会の応援マネジャー(12代目)を務めた経験を持ち、さらなる活躍が期待される若手女優の一人。「あなたの番です」でも今後、どんな演技を見せてくれるのか、要注目だ。

=日本テレビ提供
=日本テレビ提供

<SNS反響>“リケジョ”西野七瀬の本領発揮! 「有能」「活躍してる!」の声

連続ドラマ「あなたの番です」第6話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「あなたの番です」第6話の一場面=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第6話が5月19日に放送。同話では、アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーの西野七瀬さん演じる数学科の大学生・黒島沙和が、自宅のホワイトボードにマンションで起きている事件を図式化して、真相を探ろうとしている姿が描かれた。SNSでは「西野さん有能」「だいぶ活躍してる」「西野七瀬すげえ」「今回は西野七瀬ファンにとって神回では?」といった声が上がった。

 同シーンでは、西野さん演じる黒島沙和が、マンションの住人の手塚菜奈(原田さん)と榎本早苗(木村多江さん)を自室に招き入れ、事件について話し合う様子が描かれた。数学科の学生ということで、部屋には数式がずらりと書かれたホワイトボードが置かれており、それを裏返すと事件の見取り図がまとめられていた。SNSでは「なーちゃん積分めっちゃしてて草」「捜査会議室できてる」「なーちゃん名探偵の予感?」といったコメントも並んだ。

<SNS反響>まさかの人物が殺される衝撃展開に「怖すぎて鳥肌」 謎の「ジュリアに傷心」に驚く声も

田中圭さん(左)と原田知世さん
田中圭さん(左)と原田知世さん

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演の連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第4話が5月5日に放送された。ドラマは「交換殺人」がテーマで、これまで毎話誰かが死んでしまう展開となっており、今回も被害者が出た。SNSでは「まさかの展開でもうわけわからん」「展開がやばすぎて固まった」「怖すぎて鳥肌たちまくり」「まさかの人物が殺されてしまった」と予想外の人物が殺される“衝撃展開”に反響が上がった。

 同話終盤では、急にチェッカーズの「ジュリアに傷心(ハートブレイク)」が大音量で流れる場面もあり、「謎のジュリアに傷心でテンションあがる」「いきなりかかってビックリした」「なんてところで使うの!」というコメントも見られた。

<SNS反響>初回で「不気味すぎる」「怖い」の声続々! 原田知世&田中圭のマンションは「絶対住みたくない…」

田中圭さん(左)と原田知世さん
田中圭さん(左)と原田知世さん

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演の連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)の第1話が4月14日に放送された。ドラマは秋元康さんが企画・原案を手がけ、複数の人物が相手を交換して殺し、容疑者を特定されにくくする「交換殺人」を題材としたミステリーで、SNSでは「怖すぎる」「このドラマ、不気味すぎる」「薄気味悪くて怖い」といった声があがった。

 第1話では、マンションの住民会で、住民たちがひょんなことから投票用紙にそれぞれ死んでほしい人を書き、クジのように引くゲームをする様子が描かれ、SNSでは「住人癖ありすぎ」「マンションの住民の空気感がやばい」「普通の人がほとんどいなくて苦しい」「絶対こんなマンション住みたくない」といった声も見られた。

<ドラマ紹介>「あなたの番です」 原田知世&田中圭W主演で2クール放送 秋元康手がける交換殺人ミステリー 第1話あらすじも

連続ドラマ「あなたの番です」の第1話の一場面=日本テレビ提供
連続ドラマ「あなたの番です」の第1話の一場面=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演の連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)が4月14日スタートする。同局約25年ぶりの2クール(4~9月)連続ドラマ。企画・原案は秋元康さんが手がける。原田さんと田中さんの夫婦が、越した先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリーだ。

 複数の人物が相手を交換して殺し、容疑者を特定されにくくする「交換殺人」が題材。毎週誰かがマンション内の交換殺人ゲームで命を落としていくという。田中さんが新婚夫婦の夫・手塚翔太、原田さんが妻の手塚菜奈を演じる。マンションの住人役で木村多江さん、片桐仁さん、袴田吉彦さん、生瀬勝久さん、アイドルグループ「乃木坂46」元メンバーの西野七瀬さんらが出演する。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

 第1話は、菜奈と翔太の引っ越し当日、マンションの住民会が開かれ、翔太とのジャンケンに負けた菜奈が一人で参加。会長の早苗(木村さん)、管理人の床島(竹中直人さん)を中心に、田宮(生瀬さん)、黒島(西野さん)ら13人が集まった。

 ひょんなことから床島が「人間誰しも、アイツ殺したいなあと思う瞬間がある」と言ったことがきっかけで、住民たちは戸惑いながらも今まで消えてほしいと思った人間について話し始める。

 「捕まらないためには、殺したい人間のいる者同士が交換殺人をすればいいのでは?」と話は思わぬ方向に。床島は住民たちに、お互いに殺したい人間を発表し合うことを提案。その後、軽い気持ちで余った投票用紙にそれぞれ死んでほしい人を書き、クジのように引くゲームが始まり……という展開。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

ドラマがクランクイン 田中圭&原田知世 新婚夫婦役で初日から相性バッチリ

テレビドラマ「あなたの番です」に出演する原田知世さん(左)と田中圭さん=日本テレビ系
テレビドラマ「あなたの番です」に出演する原田知世さん(左)と田中圭さん=日本テレビ系

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する2クール(4~9月)連続のテレビドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)がこのほど、クランクインした。最初の撮影は、原田さん扮(ふん)する手塚菜奈と田中さん演じる手塚翔太の新婚夫婦がマンションに引っ越してくるシーン。コンビニに向かおうとした翔太が財布を忘れ、高さ約10メートル上から、菜奈に財布を投げてもらうという内容で、テストでは、原田さんが放った財布が田中さんの頭上を通り越し、失敗。しかし本番では見事一発でキャッチし、新婚夫婦として息の合った演技を見せたという。

 ◇原田知世さんのコメント

 この日が迎えられて、すごくうれしいです。準備の段階からハラハラドキドキしながら過ごしてきたので、無事に初日が終わってホッとしています。

 (田中さんとの共演は)事前に取材で1日一緒にいられたのが大きかったです。物語的に、今日撮影したシーンは菜奈と翔太の2人にとって、もしかしたら一番幸せな時かもしれないので、仲のいい感じにできて楽しかったです。

 ◇田中圭さんのコメント

 楽しいです! 初日から楽しいです! むしろ初日が一番楽しいんじゃないかという説があるくらいです!

 (ここから半年、長丁場となる撮影が続くことは)共演者もスタッフの皆さんも服が変わっていくのが楽しみです。今日は寒くて自分たちも休憩中はベンチコートを着ていましたが、これがいつしか半袖・短パンになり、また長袖になるころにようやく撮影が終わるのかなと。そこが地味に楽しみです。

西野七瀬、理系女子大生役で2クール連ドラ出演 田中圭&原田知世W主演作に豪華キャスト

連続ドラマ「あなたの番です」に出演する西野七瀬さん
連続ドラマ「あなたの番です」に出演する西野七瀬さん

 田中圭さんと原田知世さんがダブル主演する2クール(4~9月)連続のテレビドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に、元「乃木坂46」の西野七瀬さん、木村多江さん、生瀬勝久さん、竹中直人さんら豪華キャストが出演することが2月25日、明らかになった。東京都内のマンションに引っ越してきた“年の差新婚夫婦”が住民たちの“交換殺人ゲーム”に巻き込まれるミステリードラマで、西野さんはマンション住民で、いつも体のどこかをケガしているおとなしい理系の女子大生・黒島沙和(21)を演じる。

 西野さんは「この作品に参加させていただくこと、すごくうれしく思います。緊張もしていますが、共演者の皆様、スタッフの皆様と力を合わせて、すてきな作品を作りたいです。この春から夏の終わりまでの期間、『あなたの番です』を週に1度のお楽しみと思っていただけるように精いっぱい頑張ります!」と意気込んでいる。

 木村さんはマンション住民で住民会会長の専業主婦・榎本早苗、生瀬さんは同じくマンション住民で早期退職した元エリート銀行員の田宮淳一郎、竹中さんは近くに住んでいるマンション管理人・床島比呂志を演じる。

 ◇今回発表されたキャストは以下の通り(敬称略)

 西野七瀬▽浅香航大▽奈緒▽山田真歩▽三倉佳奈▽大友花恋▽金澤美穂▽坪倉由幸(我が家)▽中尾暢樹 ▽小池亮介▽井阪郁巳▽荒木飛羽▽袴田吉彦▽片桐仁▽真飛聖▽和田聰宏▽野間口徹▽林泰文▽片岡礼子▽皆川猿時▽徳井優▽田中要次▽長野里美▽阪田マサノブ▽大方斐紗子▽峯村リエ▽竹中直人▽安藤政信▽木村多江▽生瀬勝久

田中圭、原田知世と2クール連続ドラマにW主演 秋元康が企画・原案

テレビドラマ「あなたの番です」にダブル主演する原田知世さん(左)と田中圭さん
テレビドラマ「あなたの番です」にダブル主演する原田知世さん(左)と田中圭さん

 俳優の田中圭さんと女優の原田知世さんが、秋元康さんが企画・原案を手がける2クール(4~9月)連続のテレビドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)にダブル主演をすることが1月28日、明らかになった。2人は、東京都内のマンションに引っ越してきた“年の差新婚夫婦”を演じ、幸せな生活から一転、住民たちの“殺人ゲーム”に巻き込まれる……というミステリードラマととなる。

 隅田川の近くにあるマンションに引っ越してきたデザイナーの手塚菜奈(原田さん)とスポーツジムのトレーナーの翔太(田中さん)は、お互いミステリーが好きな15歳差の新婚夫婦。菜奈がマンションの住民会に出席すると……という展開。

 ドラマは、複数の人物が“殺したい相手”を交換して殺人をし、容疑者を特定されにくくする「交換殺人」を取り上げる。2人が入居したマンションの周囲で次々と人が亡くなるが、殺害の動機がある者にはアリバイがあり、どの事件も犯人が逮捕されない。謎の連続死は、13人の住民がそれぞれ「殺したい人」を書いてその紙をランダムに引く“交換殺人ゲーム”が発端だった。最初は軽い気持ちだったが、書かれた人間は本当に殺され、脅迫状は自分にも届き……という内容だ。

 日本テレビで2クールの連続ドラマが放送されるのは、1994~95年に放送された「静かなるドン」以来25年ぶり。また、原田さんの民放連ドラ出演は、2003年のTBS系日曜劇場「末っ子長男姉三人」以来16年ぶり、日本テレビの連続ドラマ出演は00年の「ストレートニュース」以来19年ぶりとなる。「今日から俺は!!」(18年)などを放送した日本テレビの日曜ドラマ枠(日曜午後10時半)で放送される。

 ◇秋元康さんのコメント

 面白い推理小説を読んでいると、ページをめくる手が止まらず徹夜してしまうことがよくあります。「この先はどうなるんだろう?」と来週が楽しみになる連続ドラマを作りたいと思いました。マンションの住人たちが集まる会合で、ひょんなことから交換殺人が始まってしまうという企画です。

 「あんなやつ、いなくなればいいのに……」と思っていた人間の名前を冗談で紙に書いたら、誰かが本当に殺してしまった。その交換に今度は自分が誰かを殺さなければいけない。そんなバカな……。そんな約束した覚えはない。殺人教唆? いやいや、あれはゲームで誰も本気だとは思っていなかったし……。心の中で弁解しているとメッセージが届くんです。

 「あなたの番です」

 ドミノ倒しは始まってしまったようです。来週はどうなりますかねえ?

 ◇鈴間広枝プロデューサーのコメント

 ダブル主演の2人は、これ以上ないベストカップルになると確信しています! 心優しく可愛らしい姉さん女房の菜奈には、いつまでもかれんでチャーミングな原田知世さんがピッタリだと思い、民放連ドラへのご出演は難しいかも……と心配しつつも、思い切ってオファーさせていただきました。そして、天真らんまんでちょっとおバカな年下夫・翔太には、「東京タラレバ娘」「獣になれない私たち」など、どんなにクズな役を演じても憎めない絶対的な“愛され力”をお持ちの田中圭さんしかいない!と思い、ご出演をお願いしました。

 2人に演じていただく新婚夫婦は、衝撃展開の連続となる今作の心のオアシスとなること間違いなしです! ぜひ主人公2人のほっこり系カップルが、秋元先生のザワザワ、ドキリ!とする骨太ミステリーに巻き込まれていくさまを楽しんでいただければと思います。どうぞご期待ください!