パーフェクトワールド ニュース

<ドラマ紹介>「パーフェクトワールド」松坂桃李&山本美月が“困難”に立ち向かう純愛物語 主題歌は菅田将暉 第1話あらすじも

連続ドラマ「パーフェクトワールド」第1話のシーンカット=関西テレビ提供
連続ドラマ「パーフェクトワールド」第1話のシーンカット=関西テレビ提供

 俳優の松坂桃李さんが主演を務める連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が4月16日、スタートする。有賀リエさんのマンガ「パーフェクトワールド」が原作で、大学時代に事故に遭い、脊髄(せきずい)損傷で下半身不随になった建築士・鮎川樹(松坂さん)と、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月さん)との純粋なラブストーリーを描く。飲み会をきっかけに再会し、引かれ合った2人が、親の反対や恋敵の出現、病気やけがなどの問題に直面しながら、「幸せとは何か」を模索していく。

 「パーフェクトワールド」は、2014年から女性向けマンガ雑誌「Kiss」(講談社)で連載中のマンガで、18年に映画化もされた。松坂さん扮(ふん)する樹は、高校時代はバスケ部のエースだったが、大学時代に事故に遭い、それ以来、車椅子生活で“恋もバスケももうしない”と心に決めている。山本さん演じるつぐみは、絵が好きで美大を目指していたが、自信がなく受験を断念。インテリアデザイン会社に就職したものの、事務職に就いており、デザイナーへの道を諦めかけていたが、樹との再会によって、変化を遂げていく。

 樹の恋敵で同級生の是枝洋貴は瀬戸康史さん、樹の友人の渡辺晴人は「SixTONES(ストーンズ)」の松村北斗さん、樹が務める設計事務所の代表・渡辺剛は木村祐一さん、樹を身体的、精神的に支えるヘルパーの長沢葵は中村ゆりさん、つぐみの父親の川奈元久は松重豊さん、樹の母親の鮎川文乃は麻生祐未さんが演じ、水沢エレナさん、堀内敬子さん、とよた真帆さん、岡崎紗絵さんらも出演する。

 主題歌「まちがいさがし」は俳優の菅田将暉さんが担当。シンガー・ソングライターの米津玄師(よねづ・けんし)さんが作詞・作曲・プロデュースを手掛けた。楽曲は初回放送で解禁される。

=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供


 20分拡大版で放送される第1話は、学生時代、イラストレーターを夢見ていたつぐみは「卒業したら長野に帰る」という約束を父の元久と交わし、東京の大学へ進学したが、卒業後も長野へは帰らず、現在は大学生の妹・しおり(岡崎さん)と暮らしていた。ある日、つぐみは、上司の東美千代(とよたさん)から、設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれ、その席でつぐみの初恋の相手・樹の姿を見つける。偶然の再会に胸が高鳴るつぐみは、バスケ部で活躍していた樹の高校時代の話を一同に聞かせる。さらに、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ねるが、樹が車椅子に乗る姿を見て絶句する。

 翌日、無神経な発言で樹を傷つけてしまったと悔やみ、職場まで謝りにきたつぐみを、樹は公園に連れ出す。仕事に情熱を燃やす樹の言葉を聞いたつぐみは、不自由な体以外は、かつての樹のままだと気付く。やがて、ひょんなことから、つぐみが一人で行く予定だった美術展に、樹も一緒に行くことになるが……というストーリー。

=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供

松坂桃李「“夢だけで恋愛はできない”」 主演ドラマ「パーフェクトワールド」語る

16日から放送される連続ドラマ「パーフェクトワールド」第1話のワンシーン=関西テレビ提供
16日から放送される連続ドラマ「パーフェクトワールド」第1話のワンシーン=関西テレビ提供

 俳優の松坂桃李さんが主演を務める連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)が4月16日、スタートする。有賀リエさんのマンガ「パーフェクトワールド」が原作で、大学時代に事故に遭い、脊髄(せきずい)損傷で下半身不随になった建築士・鮎川樹(松坂さん)と、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月さん)との純粋なラブストーリーが描かれる。主演の松坂さんが、車椅子での演技で意識していることや見どころなどを語った。

 松坂さんは、物語について「“夢だけで恋愛はできない”ということを、この作品はすごく伝えていると思います。学生時代の恋愛とは違った恋愛ドラマなので、特に働いている大人のカップルの方に見てほしい。乗り越えなければいけない障害って、大人が恋愛すると結構いろいろ出てくると思うんです。相手のことだけでなく、その先だったり、周りだったり。相手が今抱えているものを考えなくてはいけない、考えざるを得ない。今回は車椅子という形で伝えていますが、それだけではないと思います。この作品が、そういう方々にとっての励みとなり、何か乗り越えるきっかけになるドラマになれば、一番すてきだと思います」とコメントしている。

 車椅子生活を送る樹を演じるにあたり、意識していることについては「“できないことはできない”という自分を受け止めることです。車椅子になってしまってから、自分ではできないことがあって、それを受け止めて、どこで線引きしてしまっているのかということは、結構大事だと思うんです。それによって人との距離感が変わってくると思うので。その空気感は大事にしたいです」と語っている。

 さらに、「主人公が車椅子生活を送っている設定ではありますが、物語の軸としては、欠けている2人がそれぞれ補い合って一つの景色に向かって歩んでいくという物語です。なので、ぜひみなさんも身近な何かに置き換えて見ていただきたいです。もしお付き合いをされている方がいるなら、その方と『一緒にやっていこう』と前向きに考えられるきっかけになれるようなドラマになればうれしいです。“一人で頑張りすぎない”ということは、大事だと思います」と話した。

 「パーフェクトワールド」は、2014年から女性向けマンガ雑誌「Kiss」(講談社)で連載中のマンガで、18年に映画化もされた。飲み会をきっかけに再会し、引かれ合った2人が、親の反対や恋敵の出現、病気やけがなどの問題に直面しながら、「幸せとは何か」を模索していく。初回は16日午後9時から20分拡大で放送。

=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供
=関西テレビ提供

松重豊、麻生祐未、SixTONES松村北斗らが出演

連続ドラマ「パーフェクトワールド」に出演する(上段左から)松重豊さん、中村ゆりさん、松村北斗さん、麻生祐未さん、(下段左から)木村祐一さん、とよた真帆さん、水沢エレナさん、堀内敬子さん=カンテレ提供
連続ドラマ「パーフェクトワールド」に出演する(上段左から)松重豊さん、中村ゆりさん、松村北斗さん、麻生祐未さん、(下段左から)木村祐一さん、とよた真帆さん、水沢エレナさん、堀内敬子さん=カンテレ提供

 俳優の松坂桃李さんが主演を務める、4月スタートの連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に、松重豊さん、麻生祐未さん、「ジャニーズJr.」内のグループ「SixTONES」の松村北斗さんらが出演する。中村ゆりさん、木村祐一さん、水沢エレナさん、堀内敬子さん、とよた真帆さん、岡崎紗絵さん、池岡亮介さん、高島豪志さんの出演も発表された。さらに、松坂さん扮(ふん)する鮎川樹がタキシード、山本美月さん演じる川奈つぐみがウエディングドレスをそれぞれ着た結婚写真も公開された。

 松重さんはつぐみの父・川奈元久(もとひさ)、堀内さんはつぐみの母・川奈咲子、麻生さんは樹の母・鮎川文乃、中村さんは樹のヘルパーの長沢葵、水沢さんは樹の元恋人の雪村美姫(みき)、木村さんは樹の良き理解者でもあり、設計事務所の代表を務める渡辺剛、松村さんは樹と10年来の友人の渡辺晴人(はると)、とよたさんはつぐみが働くデザイン事務所の代表の東美千代を演じる。

=カンテレ提供
=カンテレ提供



 河西秀幸プロデューサーは「樹とつぐみの純粋なラブストーリーを盛り上げるすてきなキャストの皆様にご出演いただけて、今からとても楽しみです。それぞれのキャラクターが立場に応じて、2人の恋を阻むことになります。でも、それは単に理由もなく邪魔するのではなく、見方によってはすごく共感できる恋の障害なのです。ラブストーリーでありながら、自分の子供が障害の多い恋を選択したら……など、親世代の方にも共感いただけるドラマとなっています。自分だったらどうするか……と、登場人物の心情に寄せながらお楽しみください」とコメントしている。

瀬戸康史、山本美月を巡って松坂桃李と“恋敵”に 「パーフェクトワールド」でIT社長役

連続ドラマ「パーフェクトワールド」に出演する瀬戸康史さん=カンテレ提供
連続ドラマ「パーフェクトワールド」に出演する瀬戸康史さん=カンテレ提供

 俳優の瀬戸康史さんが、松坂桃李さん主演で4月スタートの連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演する。瀬戸さんと松坂さんが共演するのは初めてで、瀬戸さんは、松坂さん演じる主人公の鮎川樹と、川奈つぐみ(山本美月さん)を巡って恋敵役になる、アプリ制作会社の社長・是枝洋貴を演じる。

 瀬戸さんは「ラブストーリーはそんなに経験がないので、照れくさい部分はありました」と明かし、松坂さんとの共演について「今作では一人の女性に恋をした男と男の心の探り合い、ぶつかり合いが楽しみです。しかし“昨日の敵は今日の友”。くしくも松坂さんとは実年齢が同い年なので、プライベートでは仲良くしたいですね」とコメント。

 また、山本さんについて「同郷ということもあり、以前ご一緒した時からとても接しやすい印象です。山本さんは一見強そうなイメージがありますが、とても繊細な心の持ち主だと思うので、つぐみの心の動きを正直に丁寧に表現されると思います」と話している。

松坂桃李、「パーフェクトワールド」実写ドラマで主演 初共演の山本美月と恋愛 2019年4月スタート

4月スタートの連続ドラマ「パーフェクトワールド」に出演する松坂桃李さん(左)と山本美月さん=カンテレ提供
4月スタートの連続ドラマ「パーフェクトワールド」に出演する松坂桃李さん(左)と山本美月さん=カンテレ提供

 俳優の松坂桃李さんが、2019年4月スタートの連続ドラマ「パーフェクトワールド」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で主演を務めることが1月30日、分かった。女優の山本美月さんがヒロイン役で出演することも発表された。ドラマは、有賀リエさんのマンガ「パーフェクトワールド」が原作。松坂さんが連ドラで純粋なラブストーリーに挑戦するのは今回が初めてで、山本さんとの共演も初。松坂さんが同枠の主演を務めるのは、2015年10月期に放送された「サイレーン」以来、約3年ぶり。

 「パーフェクトワールド」は、14年から女性向けマンガ雑誌「Kiss」(講談社)で連載中のマンガで、2018年に映画化もされた。松坂さんは大学時代に事故に遭遇し、脊髄(せきずい)損傷で下半身が不随になった建築士・鮎川樹、山本さんはヒロインの川奈つぐみを演じる。高校時代はバスケ部のエースだったが、大学時代に事故に遭い、それ以来、車椅子生活で“恋もバスケももうしない”と心に決めている樹と、樹が初恋の相手だったつぐみのラブストーリー。飲み会をきっかけに再会し、引かれ合った2人が、親の反対や恋敵の出現、病気やけがなどの問題に直面しながら、「幸せとは何か」を模索していく……というストーリー。

 監督は連続ドラマ「FINAL CUT」「嘘の戦争」(同)などの三宅喜重さんと、「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」「サイレーン」(同)などの白木啓一郎さん、脚本は、連続ドラマ「ラストシンデレラ」(フジテレビ系)などの中谷まゆみさんが担当する。

(C)有賀リエ/講談社=カンテレ提供
(C)有賀リエ/講談社=カンテレ提供