高嶺と花 あらすじ

高嶺と花あらすじ

 ドラマ「高嶺と花」は、2014年12月から少女マンガ誌「花とゆめ」(白泉社)で連載中の師走ゆきさんのマンガが原作。俳優の高杉真宙さんが主演を務め、女優の竹内愛紗さんがヒロインを演じる。「高嶺と花」は、26歳のハイスペックイケメン御曹司・才原高嶺(高杉さん)と16歳の一般庶民の女子高生・野々村花(竹内さん)の2人が織りなす、“年の差・身分差ラブコメディー”。

 高嶺のサポート役を務める霧ヶ崎瑛二を、映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」(福田雄一監督)などで話題の戸塚純貴さんが演じるほか、花の幼なじみの岡本颯馬役で遠藤健慎さん、花の同級生で友人の藤原光子役で長見玲亜さん、同じく花の友人・小川水希役で宮崎優さんらが出演する。

ドラマ「高嶺と花」のあらすじは

高嶺と花動画配信サイト「FOD(フジテレビオンデマンド)」
2019年3月18日から配信。全8話。