遺留捜査スペシャル あらすじ

遺留捜査スペシャルあらすじ

 ドラマ「遺留捜査スペシャル」は、俳優の上川隆也さん主演の連続ドラマ「遺留捜査」(テレビ朝日系)のスペシャルドラマ。2019年2月24日に放送。4、7月クールに放送された同ドラマシリーズにとって、冬に撮影されたのは初めて。オーケストラの指揮者役で俳優の村上淳さんが出演し、上川さんと初共演する。

 「遺留捜査」は、マイペースで風変わりな刑事・糸村聡(上川さん)が事件現場に残された遺留品から事件の真相と被害者の思いを明らかにしていくドラマ。2018年9月に放送された第5シーズンの最終回では、平均視聴率13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得。同年11月にもスペシャルドラマが放送された。

 スペシャルドラマは、あるコンサート公演の裏で殺人事件が起きる。殺された男の自宅からは1000万円以上の価値がある高級バイオリンに加え、大粒のダイヤモンドも発見され、謎は深まるばかり。糸村(上川さん)が遺留品の“連鶴”を糸口に、事件の真実に迫っていく……という展開。中村ゆりかさん、遠山景織子さん、宮本真希さん、大鶴義丹さん、西岡德馬さんらがゲスト出演する。

 同作では、これまでピアノやハーモニカ、カスタネットなど楽器をモチーフに描いたストーリーは登場したが、オーケストラが登場するのは初めて。また、警察庁に出向中だった特別捜査対策室室長の桧山亘(段田安則さん)も登場するという。「遺留捜査スペシャル」は2019年2月24日午後9時から放送。

ドラマ「遺留捜査スペシャル」のあらすじは

遺留捜査スペシャルテレビ朝日系
2019年2月24日午後9時から放送