ラジエーションハウス ニュース

鈴木伸之、“月9”初出演 「ラジエーションハウス」で初の医者役

4月8日スタートの連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」に出演する鈴木伸之さん (C)フジテレビ
4月8日スタートの連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」に出演する鈴木伸之さん (C)フジテレビ

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが、4月からフジテレビの“月9”枠で放送される連続ドラマ「ラジエーションハウス」(月曜午後9時)に出演する。鈴木さんは今回が“月9”ドラマ初出演で、初の医者役を演じる。

 鈴木さんは、主人公・五十嵐唯織(窪田正孝さん)が働く甘春総合病院のイケメン整形外科医・辻村駿太郎を演じる。辻村は容姿端麗で女性ウケがよく、自由奔放で何事も“ダメダメな”唯織とは対照的な存在。エリート意識が強いので、技師の面々とは何度も衝突している。また、ヒロインで、放射線科医の甘春杏(あまかす・あん、本田翼さん)を巡り、唯織と恋のライバルとなる役どころだ。

 鈴木さんは「子どものころから憧れていた“月9”に初めて出演が決まり、素直にうれしいですし、すごく楽しみです!」と喜び、「白衣を着るのが初めてなので、すごく新鮮です! 共演者の皆さんも、同世代で今すごく勢いのある方々ばかりなので、チームワークでいいドラマにできるように僕も微力ながら盛り上げていきたいと思います!」と意気込みを語っている。

 同局の中野利幸プロデューサーは、鈴木さんの起用について「原作にもある圧倒的に容姿端麗な存在として、鈴木さんほど適役な方はいないと思います。回を追うごとに重要なキーになっていく役なので、鈴木さんの活躍を楽しみにしていてください!」と語っている。

 鈴木さんが、ドラマ専用のアメーバブログを期間限定で開設することも発表された。ブログは、13日午前5時からドラマ最終回の放送終了まで配信され、他の出演者とのオフショットやドラマの裏話などを公開する予定。

<会見>本田翼、初の医師役に気合十分 放射線科医役「突き詰める」

連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の会見に登場した本田翼さん(左)と窪田正孝さん
連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の会見に登場した本田翼さん(左)と窪田正孝さん

 女優の本田翼さんが3月4日、東京都内で行われた、4月からスタートするフジテレビの“月9”枠の連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時)の会見に主演の窪田正孝さんと登場した。放射線科医の甘春杏(あまかす・あん)役で医師役に初挑戦する本田さんは「放射線科医と放射線技師を取り扱ったドラマって今までなかったんですね。だから、今までの医療ドラマの内容がまったく参考にならない作品になっている。自分の中で、放射線科医という役柄をちゃんと突き詰めていかないといけない」と気合十分だった。

 また、役作りのために実際に病院を訪れて医師がカルテを見る姿などを見学したといい、「あの集中力というか、『見逃したらこの人の病気を見逃してしまう』という責任感を持った感じで臨めたらなと思いました。(見学した医師は)さらっとやっているように見えて、めちゃくちゃ集中していたので、その感じを出せたらいいなと思います」と語っていた。

 また、本田さんと数年前のCM以来の共演という窪田さんは「(そのときと)変わらない“ばっさー”だったので、すごく安心感が(ある)。気負わない、すごくナチュラルに世界観に入っていく感じを、本読みをして改めて感じました。『この人の背中を追っていきたいな』と思いました」と本田さんへの信頼を語った。

 本田さんも「6、7年前に(CMで)共演して、今もこうやってまた一緒にできるというのは、すごくうれしいです」とにっこり。思わず照れ笑いを浮かべた窪田さんが「何かおごります。飲みに行きましょう」と誘うと、本田さんは「よし! よし!」と満足げにつぶやいて笑いを誘っていた。

<会見>窪田正孝、“平成最後の月9”主演に気負いなし 天才放射線技師役で専門用語「“腹”で覚える」

連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の会見に登場した窪田正孝さん(右)と本田翼さん
連続ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」の会見に登場した窪田正孝さん(右)と本田翼さん

 俳優の窪田正孝さんが3月4日、東京都内で行われた、主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時、4月スタート)の会見にヒロイン役の本田翼さんと登場。“平成最後の月9”で同枠初主演となる窪田さんは「平成最後、という感覚は正直ない。“月9”だからこうしよう、ああしよう、というのはないです」と気負いがないことを明かした。


 天才放射線技師の主人公・五十嵐唯織(いがらし・いおり)を演じる窪田さんは「医療モノはあまり経験がない」としながら、「医療モノ、刑事モノ、裁判モノについてまわるものなんですが、専門用語だから言えない、とならないように、(せりふを)頭ではなく“腹”で覚える感じでやっていきたい」と意気込んだ。「(医療ドラマは)数々の名作があるけど、その中の一つになるように、みんなで一丸となってできたらいいなと思っています」と力強く語っていた。

広瀬アリス、8年ぶり月9出演

4月スタートの月9ドラマ「ラジエーションハウス」に出演する広瀬アリスさん (C)フジテレビ
4月スタートの月9ドラマ「ラジエーションハウス」に出演する広瀬アリスさん (C)フジテレビ

 女優の広瀬アリスさんが、4月からフジテレビの“月9”枠で放送される連続ドラマ「ラジエーションハウス」(月曜午後9時)に出演することが2月27日、分かった。広瀬さんが月9ドラマに出演するのは、「大切なことはすべて君が教えてくれた」(2011年1月期)以来、約8年ぶりとなる。ドラマは、病院の放射線科が舞台で、広瀬さんは主人公・五十嵐唯織(窪田正孝さん)の同僚の新人放射線技師・広瀬裕乃(ひろの)を演じる。

 広瀬さん演じる裕乃は、患者の役に立ちたいという一心で何事も一生懸命頑張るが、物覚えが悪く不器用なため、いつも空回りしてばかり。喜怒哀楽が激しく、感情がすぐ顔に出てしまう新人技師という役どころ。また、高校時代はバスケットボール部のエースだったため、体力には自信があるというキャラクターだ。

 広瀬さんは、約8年ぶりとなる月9ドラマ出演について「あれはまだ16歳のときでしたね。あの時には感じなかった緊張感があります。やっぱり当時は怖いもの知らずといいますか……。こんなこと言っちゃいけないかもしれないですが、同世代の方が多かったので“お仕事”という意識が薄かったように思います(笑い)。当時は“楽しい時間”という感じでしたが、今はしっかりと重みを感じています」とコメント。

 また、自身と同じ名字の役を演じることについて「同じ名字の役名を演じることはなかなかないと思うので、ちょっと運命を感じています」といい、役との共通点については「裕乃ほど私は喜怒哀楽が激しいとは思っていませんが、多分激しいんだと思います。周りの方の話を聞くと……(笑い)。本当に似ている部分が多いので、“ありのまま”とまではいきませんが、自分の思いをしっかり出していきたいと思っています。あと、バスケットボールが得意という共通点もありますしね。体力では裕乃に負けませんよ!」と語っている。

 ドラマを手がける中野利幸プロデューサーは「原作と名字が一緒なので、最初から広瀬アリスさんを想像しながら読みました。今回は、一番真っさらな目線で物語に存在する、いわば“語り部”的な重要な役割になります。アリスさんはピュアで透明感のあるイメージなので、新人の放射線技師という役柄もピッタリだと思います。一生懸命、働く姿を見るのが楽しみです」と起用理由を明かしている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

窪田正孝、天才放射線技師役で月9初主演 “ヒロイン”本田翼が医師役に初挑戦

4月スタートの月9ドラマ「ラジエーションハウス」に出演する窪田正孝さん(左)と本田翼さん(C)フジテレビ
4月スタートの月9ドラマ「ラジエーションハウス」に出演する窪田正孝さん(左)と本田翼さん(C)フジテレビ

 俳優の窪田正孝さんが、2019年4月からフジテレビの“月9”枠で放送される連続ドラマ「ラジエーションハウス」(月曜午後9時)に主演することが2月15日、明らかになった。窪田さんが同枠の主演を務めるのは初めてで“平成時代の大トリ”を担う。ヒロインとして、本田翼さんの出演も発表された。窪田さんは、写真には必ず“真実”が写ると信じる天才放射線技師の五十嵐唯織(いがらし・いおり)に扮(ふん)する。本田さんは放射線科医の甘春杏(あまかす・あん)を演じる。本田さんが医師役を演じるのは初めてで、白衣姿も初披露する。

 「ラジエーションハウス」は、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の横幕智裕さん作、モリタイシさん画の同名マンガが原作。病院の放射線科を舞台に、CTやMRIで病気を撮像する診療放射線技師の五十嵐と、画像を読影し診断を主治医に伝える放射線科医の杏の活躍を描く医療作品。

 病の原因を探り、レントゲンやCTで病変を写し出す放射線技師。そして、レントゲンやCT、MRI、超音波、心電図などの検査によって得られた検査画像から診療上の所見を得て、病気を診断する放射線科医らが身を置く“ラジエーションハウス”が舞台。そこで働く人間たちや患者の病、けがの根源を見つけ出す“縁の下のヒーロー”の戦いを描く。脚本は「グッド・ドクター」などの大北はるかさん、監督は「HERO」シリーズなどの鈴木雅之さんが務める。

 ◇中野利幸プロデューサーのコメント

 “縁の下のヒーロー”たちの物語。この原作を読んだ時に面白くて意義のある題材だと感動し、普段、原作ものを手掛けることがほとんどありませんが、ぜひドラマ化したいと思いました。今回の演出は「HERO」シリーズを手掛けた鈴木雅之監督なので、チームを爽快に描くのに、まさにピッタリです。月曜日からスカッとできるドラマを提供します。“鈴木演出”で化学反応を起こしてくれると思います!

 窪田さんは原作のイメージにまさにピッタリで、天才的な主人公を演じてほしいと思います。出演をオファーした際に“月9で主演を務めるのが念願だった”と伺い、窪田さんは30歳という節目の年齢ですので、運命を感じました。本田さんは、最近、女優として脂が乗っているので、魅力的なヒロインを演じていただけると思いました。この役を通してさらに光り輝いてほしいです。

ラジエーションハウスフジテレビ系
2019年4月スタート 毎週月曜午後9時放送