家政夫のミタゾノ 第3シーズン ニュース

<インタビュー>桐山漣 “生ミタゾノ”は「意外と可愛い」? 松岡昌宏と初共演で感激

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第2話にゲスト出演する桐山漣さん
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第2話にゲスト出演する桐山漣さん

 俳優の桐山漣さんが人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第2話(26日放送)にゲスト出演する。2009~10年放送の特撮ドラマ「仮面ライダーW」で主人公の一人、左翔太郎( 仮面ライダーW)を演じた桐山さんだが、今回演じるのは大企業の御曹司・神山章一。ある秘密を抱える表裏のある役どころだ。ファンだったという松岡さんと初共演し、「特別な感情でした」と語る桐山さんに、ドラマの見どころや松岡さんとの思い出などを聞いた。

 ◇撮影後は松岡と食事に 「人柄もかっこいい…」

 ドラマは、女装した派遣家政夫の三田園薫(松岡さん)が、派遣先の家庭で隠された秘密に気づき、依頼人の化けの皮をはがしていく……という内容で、第1シーズンが2016年10月期、第2シーズンが18年4月期に放送された。パート3となる今シーズンは「むすび家政婦紹介所」の結頼子(余貴美子さん)からおいの光(伊野尾慧さん)を一人前にするというミッションを課せられた三田園が、光と萌(川栄李奈さん)を連れて3人体制で行動している。

 桐山さんは「シリーズで続いていて、知っている作品に呼んでもらってうれしかったです」とゲスト出演を喜び、松岡さんとの対面については「TOKIOの皆さん全員ですが、男気がある。男がかっこいいと憧れる男。お会いできてよかった。僕が物心ついた時からテレビに出られていて、世代だという思いもあるので、特別な感情でした」と笑顔で明かす。

 そんな松岡さんが扮(ふん)する三田園については「意外と可愛い(笑い)」と明かし、「脚もすらっとしていてきれいだし、生で会えてよかったです。松岡さんなので、体も大柄だったんですけど、顔を近くで見ると可愛くて」と照れ笑い。撮影後は松岡さんらと食事に行ったそうで、「ゲストが(撮影後の食事に)呼んでもらえることって、なかなかないと思うんですよ。分け隔てなくという人柄も、かっこいいなって思いました」と感激の表情を見せる。

 印象に残った撮影は、ストップモーションのシーンで、「映像でストップするんじゃなくて、自分たちでストップをかけること。『あそこってそうだったんだ!』って(思った)」と驚きを明かす。「息止めていました(笑い)。周りは『笑ってもいい』って言うんですけど、それはさすがにダメだろうと思って、必死に止まりました。撮影の手法でやるのではなく、みんなが止まってやるのが、舞台感があり、映像では味わえないような面白さ(があった)」と楽しそうに振り返る。

 ◇ライダー後は「悪役多い人生」? ジオウへの出演待望論に…

 今回は表と裏が激しい役になるといい、「表では、どこまで、女性にもてないピュアな感じを出せるか」といった点を踏まえ、「(表の部分を)どれだけ演じていくかと逆算」したという。最終的には、驚くような展開が待っているが、「見ている人が、それでスカッとしてくれれば、僕の役目は終わったかなと思う」とにやり。「仮面ライダーW」で演じたヒーローとはかけ離れた役どころだが、「仮面ライダーW」が「終わってからは、正義の役よりも、悪役をやらせてもらえることが多い人生だったかな。悪役は大好きです」と明かす。

 現在放送中の最新作「仮面ライダージオウ」には、歴代の平成仮面ライダーたちが次々とゲスト出演しているが、「W」からはまだ登場しておらず、翔太郎の出演を待望する声も大きい。そうしたファンの反応について聞くと、「うれしいですね。出たいですね。そういうふうに思ってくれるファンがいるのはうれしいですし、作品に出させてもらってよかったなって、感謝の思いが強かったですね」と語っていた。

 最後にドラマの見どころを聞くと、「実際に携われて思ったことは、作り手も、松岡さんも、面白い物を作りたいという意思を感じられる現場でした。気持ちや思いが見ている人にも届くと思います。ストップモーションの手法は“生感”ありますし、細かいところで笑えるところもあります。2話に限らず、最終回までずっと見てもらえたらと思います」とアピールしていた。

 「家政夫のミタゾノ」は、毎週金曜午後11時15分に放送(一部地域では放送時間が異なる)。

<ドラマ紹介>「家政夫のミタゾノ」TOKIO・松岡昌宏主演の人気シリーズのパート3 伊野尾慧&川栄李奈とタッグ 第1話あらすじも

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第1話の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第1話の場面写真 =テレビ朝日提供

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)のパート3が4月19日スタートする。松岡さん扮(ふん)する女装家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭や家族の内情をのぞき見し、根深い汚れまでもスッキリと落としていく痛快ドラマ。今期で三田園と組む、見習い家政夫の村田光を、アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん、若くて知識もスキルもプライドも高い家政婦の恩田萌を、女優の川栄李奈さんが演じる。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供



 故・市原悦子さんや米倉涼子さん主演で大ヒットドラマシリーズ「家政婦は見た!」を制作した同局の新しい家政婦ドラマ。パート1が2016年10月期、パート2が18年4月期に放送された。同局の金曜ナイトドラマ枠(金曜午後11時15分)でパート3まで制作されたドラマは「特命係長・只野仁」以来だ。

 「むすび家政婦紹介所」に所属する派遣家政夫の三田園(松岡さん)が、派遣先の家庭で隠された秘密に気付いて、依頼人の化けの皮をはがしていく……という内容。紹介所の所長・結頼子(むすび・よりこ)役で余貴美子さん、家政婦・阿部真理亜(あべ・まりあ)役で平田敦子さん、同・式根志摩(しきね・しま)役でしゅはまはるみさんが出演する。

 パート2のラストで「I’ll be back」と言い残して走り去った三田園。今期は、三田園が砂漠のど真ん中にいるシーンからクランクイン。初回は、アラブで石油を採掘する一族に仕えていた三田園が、結頼子から日本に呼び戻されるところからスタートする。頼子から、おいの光を一人前にするというミッションを課せられた三田園は、光と萌を連れて、3人態勢で行動する。

 個人資産800億円とも言われる丹波フーズ会長・丹波幸之助(大和田伸也さん)の家に派遣されるも、丹波はライフルを向けて三田園たちを威嚇。三田園は銃身に割り箸が入っていることを見破り、家政夫兼ボディーガードとして正式に雇われる。何者かに命を狙われている丹波は、三田園に意外な真実を明かされる……。

 毎週金曜午後11時15分放送(一部地域では放送時間が異なる)。

<インタビュー>川栄李奈 持ち味は“切り替え力”と“柔軟さ”? 大活躍の現状と芝居への思い語る

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」に家政婦の恩田萌役で出演する女優の川栄李奈さん
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」に家政婦の恩田萌役で出演する女優の川栄李奈さん

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)に出演する女優の川栄李奈さん。ドラマは家政婦紹介所に所属する派遣家政夫の三田園を松岡さんが演じる人気シリーズの第3弾。川栄さんは三田園、アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん演じる光とともに、3人体制で行動する若い家政婦の恩田萌を演じる。映画、ドラマとさまざまな作品に出演し大活躍中の川栄さんに、同シリーズに新加入した思いや松岡さん、伊野尾さんとの共演について、またお芝居への思いや現在の活躍ぶりについても聞いた。

 ◇松岡、伊野尾との初共演の感想は…

 ドラマは、故・市原悦子さんや米倉涼子さんが主演した大ヒットドラマシリーズ「家政婦は見た!」を制作した同局の新たな家政婦ドラマ。派遣家政夫の三田園(松岡さん)が、派遣先の家庭で隠された秘密に気づき、依頼人の化けの皮をはがしていく……という内容で、第1シーズンが2016年10月期、第2シーズンが18年4月期に放送された。新シリーズは「むすび家政婦紹介所」の結頼子(余貴美子さん)からおいの光(伊野尾さん)を一人前にするというミッションを課せられた三田園が、光と萌(川栄さん)を連れて3人体制で行動する……というストーリー。

 人気シリーズに新たな家政婦役として参加。川栄さんは「『シリーズもの』って人気があるということだから、そこに出られるのはありがたいなと思いました」と喜ぶ。演じるのは、若いが家政婦としての知識もスキルもプライドも高い萌。川栄さんは家政婦役を演じることを楽しみにしていたといい、「監督に『料理とかしますか?』と聞かれたんです。私、結構料理するので『特に問題ないな』と思って、逆に楽しみにしていたんですが、そういうシーンは出てこなくて……」と笑顔で明かす。

 ただ、萌は依頼人の家庭の秘密を推理するキャラクターのため、せりふ量に苦労したという。「一個一個のせりふ量がめちゃくちゃあるわけではないんですが、4行あって、空いて、またすぐ4行……みたいな感じで。しかも早口で、撮影も連日続くので、せりふを入れる(覚える)のが前日の夜になってしまっていて、焦っていました」と語る。

 三田園を演じる松岡さんとは今回が初共演。「男気あふれる感じや、サバサバした感じがテレビのままで……すごくありがたかったです。お芝居についても『自由にやって』みたいな感じでした」と共演の感想を明かす。本番ではアドリブも多かったといい、「毎回ドキドキしています(笑い)」といい、川栄さんや伊野尾さんとのシーンでは「(松岡さんが)いろいろ悪だくみをしているんですよ。急にせりふと違うことを言ったり、メークさんから筆を借りて『本番だけ顔にこちょこちょしようかな』とか言っていたり。おちゃめで可愛らしいなと思いました」と楽しそうに振り返る。

 また、伊野尾さんとも初共演といい、「フランクな方で、お話しする回数も増えていきました」と川栄さん。現場での会話は、作品に関する話よりも世間話が多く、「自由にやらせてもらっています」と笑顔を見せる。

スタイリスト:武久真理江▽衣装協力:Dr.Martens、nim
スタイリスト:武久真理江▽衣装協力:Dr.Martens、nim

 ◇“切り替え力”が強み? 今はストレスためず「自由に生きている」

 テレビドラマでは、話題を集めた「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や現在放送中の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」などさまざまな作品に出演する川栄さん。映画でも昨年 「恋のしずく」(瀬木直貴監督)で初主演を務めるなど引っ張りだこで、現在もっとも活躍している女優の一人だ。川栄さんはこういった状況を「ずっと途切れずに映画やドラマをやらせてもらえているので、すごくありがたいなと思います」と喜びつつ、引く手あまたな理由については「縁」と控えめに語る。「お仕事をいただくのは、ご縁じゃないですか。たとえばスケジュールがハマらないこともあるし……それがたまたまハマる、という、ご縁をいただいている感じです」

 とはいえ、川栄さんならではの持ち味が現在の活躍につながっていることも確かだろう。川栄さん自身に、持ち味、強みについて聞いてみると、「私は作品を三つ重ねて(並行して)いても問題ない人なので、それでいろんな作品に出ているふうに見られる(笑い)」と冗談めかして語りつつ、「1クールに二つはできないとか、役が抜けないという方もいると思いますけど、私は『仕事が終わったら終わり』なので、引きずることはないんです」ときっぱり。この“切り替え力”の高さが一つの強みと言えるのかもしれない。

 また、いい意味でこだわりのない“柔軟さ”も川栄さんの特徴だという。「“自分の”役作りとかお芝居も大事だと思うんですけど、私の中では(作品は)みんなで作るものだし、監督の思いが一番だと思っているので、監督の意見を取り入れがちですね。もちろん『ん?』と思ったら言うこともありますけど、圧倒的に少ないんです。正解がないことだから、誰がどう思うかは、その人の感覚じゃないですか。だから『私がこう思っても監督がこう思っていたら、じゃあ監督に合わせよう』と……。自分の意見を貫くことはないです」としなやかだ。

 川栄さんは「今、自分がやりたいことをやりたい、というタイプなので、そこは自由に生きている感覚があります。今は好きなお芝居をやらせていただいているので、ストレスはたまらないですね」と芝居への思いを明かす。「お芝居が好き」という思いの源は、「AKB48にいたときに、歌とダンスに苦手意識があったんです。でも、毎回やらなきゃいけない。そうした『やらされている』という意識でいた中で、お芝居をやったとき、すごく楽しいと思ったんです。だからAKB48を辞めるときも、自分からお芝居がやりたいから、と辞めました」と川栄さんは転機を振り返る。自分で考えて決めたことに全力を注ぐ、というスタイルが向いていたということだろうか。そう聞くと、川栄さんは「そうですね」とうなずく。

 そんな川栄さんの姿は、AKB48の後輩たちにとって、一つの目標になっているはずだ。川栄さん自身には、後輩たちの“お手本”になろうという思いはあるのだろうか。すると、「ないですね、一切(笑い)」としつつ、「でも、辞めたくても辞められない子とか、何がやりたいか分からない子って、たくさんいるんですよ。私も、辞めたいなと思っていても言い出せなかったり、辞めて何をするんだろうと思ったり、『自分が女優って言ってもばかにされるんだろうな』と思っていたりしたこともあって……。そう思っている子もたくさんいる。だからこうやっていろんな作品に出させてもらっていることが、みんなの踏み出す一歩になれたらいいなとは思います」と明かした。

 最後に、今後の目標を聞くと、川栄さんは「そのときにできるものができたらいいな、と思っています。この間、学生役をやらせてもらったんですが、若いときにしかできない役なので、やらせてもらったのはありがたいです。そのときそのときで、自分に合った役ができたらいいな、と思います」と語った。
 
 「家政夫のミタゾノ」は、19日から毎週金曜午後11時15分放送(一部地域では放送時間が異なる)。

<制作発表記者会見>川栄李奈、TOKIO松岡の誘いで人生初花見 夜桜&BBQを満喫

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」の制作発表記者会見に出席した川栄李奈さん
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」の制作発表記者会見に出席した川栄李奈さん

 女優の川栄李奈さんが4月5日、東京・六本木のテレビ朝日で開催された、連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(同局系)の新シリーズの制作発表記者会見に、主演する人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんらとともに出席。撮影中のエピソードを聞かれた松岡さんは、「3日前に撮影が終わって、川栄さんが『花見をしたことがない』と行っていたので、小田原で夜桜が楽しめる場所で、全員で花見をしました。余(貴美子)さんが一番喜んでくれた」と明かしていた。

 川栄さんは「桜の下でご飯を食べた経験がないと話したら、『絶対に撮影中に花見に行こう』と言ってくださって。桜を見ながらバーベキューして、楽しかったです」と満喫した様子だった。

<制作発表記者会見>伊野尾慧は「売れる前の生田斗真みたい」 松岡昌宏が暴露

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」の制作発表記者会見に出席した松岡昌宏さん(左)と伊野尾慧さん
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」の制作発表記者会見に出席した松岡昌宏さん(左)と伊野尾慧さん

 アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんが4月5日、東京・六本木のテレビ朝日で開催された、連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(同局系)の新シリーズの制作発表記者会見に、主演する人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんらとともに出席。松岡さんは、伊野尾さんについて「うちの(事務所の)“小僧あるある”ですけど、すぐに女性の母性本能をくすぐろうとする癖がある。売れる前の生田斗真みたい」と印象を暴露すると、伊野尾さんは「なんでそんな恥ずかしいことを言われないと……」と苦笑いを浮かべていた。

<制作発表記者会見>松岡昌宏、高所恐怖症も地上10メートルで窓掃除 初体験に「痛み入ります」

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」の制作発表記者会見で窓掃除をする松岡昌宏さん
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」の制作発表記者会見で窓掃除をする松岡昌宏さん

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さんが4月5日、東京・六本木のテレビ朝日で開催された、主演する連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(同局系)の新シリーズの制作発表記者会見に出席。派遣家政夫の三田園薫の役衣装で登場した松岡さんはイベント冒頭、ゴンドラに乗って地上約10メートルで窓掃除を行い、「朝、テレビ朝日に来るなり縛られ、高所恐怖症なのにも関わらず上げられ、初めての経験をしました。痛み入ります」と語り、周囲を笑わせた。

 その後、ジャケット姿に着替えた松岡さんは「コンサートやイベントで、高いところはすべて断ってきた。ここの宣伝担当から、2カ月ぐらい前に、おいしいものをいただいていたので(今回は引き受けた)……。これから、贈り物には気をつけたいと思います」と冗談めかして語った。

 会見には、同作に出演するアイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん、川栄李奈さん、平田敦子さん、しゅはまはるみさん、余貴美子さんも出席した。

“カメ止め”女優・しゅはまはるみが「家政夫のミタゾノ」に新加入 ベテラン家政婦役で

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」に新加入するしゅはまはるみさん(C)テレビ朝日
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」に新加入するしゅはまはるみさん(C)テレビ朝日

 ヒット映画「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)で主人公の妻役を演じたしゅはまはるみさんが、人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演で4月19日にスタートする連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)に出演する。しゅはまさんは、「『家政夫のミタゾノ』に出られると分かったときは、とてもびっくりして、マネジャーさんと大喜びしました。まさか自分が、と思いましたし、昔から尊敬している余貴美子さんとご一緒できるので、こんな光栄なことはありません」と喜びのコメントをしている。

 しゅはまさんが演じるのは、うわさ好きで、特に男女関係のスキャンダルは大好物というベテラン家政婦・式根志摩役。脱税疑惑をかけられて営業停止に追い込まれていたものの、無事営業を再開することになった「むすび家政婦紹介所」に新加入する。

 松岡さんの印象について、しゅはまさんは「初めてお会いした三田園さんは……迫力がすごかったです(笑い)」と話し、「まだ撮影が始まったばかりですが、式根志摩という役を明るく元気いっぱいに演じようと思っていますので、こんな人がうちにも来てくれたらいいな、と思ってもらえるような家政婦を目指して頑張ります」と語っている。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日

“三田園薫”クランクイン 砂漠のド真ん中で撮影

4月スタートの連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」のワンシーン=テレビ朝日提供
4月スタートの連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」のワンシーン=テレビ朝日提供

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演で4月にスタートする連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)がこのほど、クランクインした。4月から放送されるドラマは同シリーズの第3弾となる。松岡さん扮(ふん)する三田園薫が砂漠のド真ん中で撮影したという。

 ◇三田園薫のコメント

 ご無沙汰しております。家政夫の三田園でございます。またまたこうして皆様とお会いする機会をいただけたこと、心から痛み入ります。

松岡昌宏が主演「家政夫のミタゾノ」2019年4月から新シーズン放送

4月スタートの連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」のビジュアル=テレビ朝日提供
4月スタートの連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」のビジュアル=テレビ朝日提供

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第3シーズンが2019年4月から放送されることが2月15日、明らかになった。今作から、アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんと女優の川栄李奈さんが出演することも発表された。伊野尾さんは、松岡さん扮(ふん)する派遣家政夫の三田園薫が所属する「むすび家政婦紹介所」の見習い家政夫の村田光、川栄さんは、同家政婦紹介所の家政婦で、知識、スキル、プライドが高い恩田萌を演じる。

 ドラマは、故・市原悦子さんや米倉涼子さんが主演した大ヒットドラマシリーズ「家政婦は見た!」を制作した同局の新しい家政婦ドラマとして、第1シーズンが2016年10月期に放送。18年4月期に第2シーズンも放送された。家政婦紹介所に所属する派遣家政夫の三田園(松岡さん)が、派遣先の家庭で隠された秘密に気づいてしまい、依頼人の化けの皮をはがしていく……という内容。

 新シリーズは、アラブで石油を採掘する一族に仕えていた三田園が、「むすび家政婦紹介所」の結頼子(余貴美子さん)から日本に呼び戻されるところからスタート。頼子から、おいの光を一人前にするというミッションを課せられた三田園は、光と若い家政婦の萌を連れて、3人体制で行動する。ドラマは4月から毎週金曜午後11時15分放送(一部地域では放送時間が異なる)。

家政夫のミタゾノ 第3シーズンテレビ朝日系
2019年4月スタート 毎週金曜午後11時15分放送(一部地域では放送時間が異なる)。