家政夫のミタゾノ 第3シーズン あらすじ

家政夫のミタゾノ 第3シーズンあらすじ

 ドラマ「家政夫のミタゾノ」は、人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマの第3シーズン。2019年4月からテレビ朝日系で放送される。今作から、アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんと女優の川栄李奈さんが出演する。伊野尾さんは、松岡さん扮(ふん)する派遣家政夫の三田園薫が所属する「むすび家政婦紹介所」の見習い家政夫の村田光、川栄さんは、同家政婦紹介所の家政婦で、知識、スキル、プライドが高い恩田萌を演じる。

 ドラマは、故・市原悦子さんや米倉涼子さんが主演した大ヒットドラマシリーズ「家政婦は見た!」を制作した同局の新しい家政婦ドラマとして、第1シーズンが2016年10月期に放送。18年4月期に第2シーズンも放送された。家政婦紹介所に所属する派遣家政夫の三田園(松岡さん)が、派遣先の家庭で隠された秘密に気づいてしまい、依頼人の化けの皮をはがしていく……という内容。

 新シリーズは、アラブで石油を採掘する一族に仕えていた三田園が、「むすび家政婦紹介所」の結頼子(余貴美子さん)から日本に呼び戻されるところからスタート。頼子から、おいの光を一人前にするというミッションを課せられた三田園は、光と若い家政婦の萌を連れて、3人体制で行動する。

ドラマ「家政夫のミタゾノ 第3シーズン」のあらすじは

<ドラマ紹介>「家政夫のミタゾノ」TOKIO・松岡昌宏主演の人気シリーズのパート3 伊野尾慧&川栄李奈とタッグ 第1話あらすじも

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第1話の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第1話の場面写真 =テレビ朝日提供

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)のパート3が4月19日スタートする。松岡さん扮(ふん)する女装家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭や家族の内情をのぞき見し、根深い汚れまでもスッキリと落としていく痛快ドラマ。今期で三田園と組む、見習い家政夫の村田光を、アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さん、若くて知識もスキルもプライドも高い家政婦の恩田萌を、女優の川栄李奈さんが演じる。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供



 故・市原悦子さんや米倉涼子さん主演で大ヒットドラマシリーズ「家政婦は見た!」を制作した同局の新しい家政婦ドラマ。パート1が2016年10月期、パート2が18年4月期に放送された。同局の金曜ナイトドラマ枠(金曜午後11時15分)でパート3まで制作されたドラマは「特命係長・只野仁」以来だ。

 「むすび家政婦紹介所」に所属する派遣家政夫の三田園(松岡さん)が、派遣先の家庭で隠された秘密に気付いて、依頼人の化けの皮をはがしていく……という内容。紹介所の所長・結頼子(むすび・よりこ)役で余貴美子さん、家政婦・阿部真理亜(あべ・まりあ)役で平田敦子さん、同・式根志摩(しきね・しま)役でしゅはまはるみさんが出演する。

 パート2のラストで「I’ll be back」と言い残して走り去った三田園。今期は、三田園が砂漠のど真ん中にいるシーンからクランクイン。初回は、アラブで石油を採掘する一族に仕えていた三田園が、結頼子から日本に呼び戻されるところからスタートする。頼子から、おいの光を一人前にするというミッションを課せられた三田園は、光と萌を連れて、3人態勢で行動する。

 個人資産800億円とも言われる丹波フーズ会長・丹波幸之助(大和田伸也さん)の家に派遣されるも、丹波はライフルを向けて三田園たちを威嚇。三田園は銃身に割り箸が入っていることを見破り、家政夫兼ボディーガードとして正式に雇われる。何者かに命を狙われている丹波は、三田園に意外な真実を明かされる……。

 毎週金曜午後11時15分放送(一部地域では放送時間が異なる)。

第2話のあらすじ “100年に一度の美人姉妹”に秘密 桐山漣の100億を狙うが…

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第2話の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第2話の場面写真 =テレビ朝日提供

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第2話が4月26日放送される。“100年に一度の美人すぎるキャリアウーマン姉妹”として名をはせる三ツ輪姉妹の公子(青山倫子さん)、沙織(知花くららさん)。優雅な生活を送っているように見えたが、偽装されたものだった。金に困った姉妹は資産100億の御曹司・神山章一(桐山漣さん)の玉のこしを狙う。

 ある日、姉妹の家に派遣された三田園(松岡さん)たち。姉妹の経営する「ミツワハム」はギリギリの状態で、姉妹は公子の「玉のこし婚」を考えていた。そんな矢先、以前にビルの前で公子とぶつかった神山総合物産の御曹司・章一から、公子に連絡が入る。章一を家に招き、料理を振る舞うことにした公子は、三田園に女子力を見せかける影武者となることを命じるが……という展開。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

第3話のあらすじ 官房長官宅に派遣される三田園 “忖度”バトルを繰り広げる

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第3話の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第3話の場面写真 =テレビ朝日提供

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第3話が5月3日放送される。“忖度”に生きる官房長官の自宅に派遣された三田園(松岡昌宏さん)と光(伊野尾慧さん)。そんな中、新たなスキャンダルが発覚。三田園が、“忖度”バトルを繰り広げる。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供


 発足以来「クリーンすぎる内閣」として高い支持率を維持してきた矢那内閣が、50億円の使途不明金問題によって、初めて支持率50%割れを記録。そんな中、矢那内閣の官房長官・内部忠(小堺一機さん)の自宅に派遣された三田園と光は、内部が電話で、「“ハワイ”の一件が明るみに出たらまずい。どんな手を使っても、手を汚してでも闇に葬るんだ」と指示しているのを耳にする。

 これに先立ち、新薬で総理大臣医薬化学賞を受賞した研究のデータが、偽物だったことが判明。対応に追われていた内部の自宅には、週刊誌のスパイが潜伏していた。矢那総理から「落合は私の古い友人なんだ」と打ち明けられ、“忖度”するため、動き出した内部。“忖度”バトルを繰り広げる三田園と、内部が隠す“ハワイ”の秘密とは……という展開。

第4話のあらすじ 衝撃のリーガル編が始動? 三田園が裁判官宅へ派遣され…

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第4話の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第4話の場面写真 =テレビ朝日提供

 「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第4話が5月10日放送される。裁判官宅に派遣された三田園(松岡さん)、光(伊野尾慧さん)、萌(川栄李奈さん)。衝撃のリーガル編(?)となるストーリーが展開されるという。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供


 どんな不正も絶対に許さず温情ゼロの厳しい裁判官、玄角厳吾(山崎一さん)は、妻の優美子(中島ひろ子さん)が勝手に家政婦を雇ったことに激怒。三田園たちを追い出そうとするが、クレヨンで「クソ裁判官一家」という落書きされたシーツを発見。鮮やかな手際できれいにした三田園を見て、玄角は3人を雇うことにする。

 三田園の「家の中にあるシーツをどうやって手に入れたのかしら?」という言葉で、犯人は玄角家の人間と推測されたが、玄角は真っ向から否定する。しかし、三田園は玄角の息子・公平(田中奏生さん)が自宅に脅迫電話をしようとしているのを目撃。公平の手にクレヨンの汚れがあり、落書きが公平の仕業と判明する。やがて優美子と娘の正子(矢作穂香さん)にも秘密があることが分かり……という展開。

第5話のあらすじ 呪われた家族の謎をミタゾノ流タピオカが暴く ゲストに安達祐実

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第5話の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第5話の場面写真 =テレビ朝日提供

 「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第5話が5月17日放送される。梅小路悠一(長谷川朝晴さん)の古い日本屋敷に派遣された三田園(松岡さん)、光(伊野尾慧さん)、萌(川栄李奈さん)の3人。ある日、亡妻そっくりな不動産会社の女性が、家を売ってほしいと訪ねてくる。呪われた家族の謎を、ミタゾノ流タピオカが暴く。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供
テレビ朝日提供


 梅小路家に三田園たちが到着すると、家を売って欲しいと、不動産会社の槇村(篠田光亮さん)がやってくる。妻の真奈美(安達祐実さん)を交通事故で亡くし、娘の弥生(根岸姫奈さん)と葉月(前田織音さん)を一人で育てている悠一は「ここは妻の思い出が詰まった家なので」と拒否する。そんな中、真奈美にうり二つの女性・筧真子(安達さん2役)が現れ、家を2億円で買いたいと申し出る。

 悠一は真子に見ほれ、葉月も真子に懐いてしまう。弥生は、真子に懐く葉月に不快感を示す。やりとりを見ていた三田園は、わざと夕食を多めに用意し、真子も一緒に食べるよう仕向ける。真子の真の狙いは何なのか、呪われた梅小路家に隠された衝撃の秘密を、ミタゾノ流タピオカが暴く……という展開。

第6話のあらすじ 余命半年のはずだった父親 家族写真とパンケーキが秘密を暴く…

連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第6話の場面写真 =テレビ朝日提供
連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」第6話の場面写真 =テレビ朝日提供

 「TOKIO」の松岡昌宏さん主演の連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第6話が5月24日、放送される。余命半年を宣告された父親のいる家庭に派遣される三田園(松岡さん)、光(伊野尾慧さん)、萌(川栄李奈さん)の3人。余命宣告をきっかけにバラバラだった家族が一致団結するも、実は誤診だったことが発覚する。1枚の家族写真とパンケーキが家族の秘密を暴く。

 「実は夫がガンで余命わずかなため、家族といる時間を増やしたい」という妻の丸山雅子(ふせえりさん)の依頼で派遣された三田園たち。しかし、夫の武(小林隆さん)のガンは誤診と判明。武は、病院に付き添ってくれた三田園に「病気になってから家族に優しくされて充実した日々だった。病気じゃなかったことはしばらく家族に黙っていてほしい」と懇願する。

 そんな中、引きこもりだった武の息子の清(渕野右登さん)が働き始めることを宣言すると、金髪ギャルだった娘の紗英(黒崎レイナさん)も、真面目に過ごそうとし始めていた。自分のために変わり始める家族を見て、本当のことを打ち明けようとする武だが、雅子たちが武に秘密にしていた事実が明らかになる……という展開。

テレビ朝日提供
テレビ朝日提供

家政夫のミタゾノ 第3シーズンテレビ朝日系
2019年4月スタート 毎週金曜午後11時15分放送(一部地域では放送時間が異なる)。