ノーサイド ニュース

大泉洋、池井戸潤新作で「日曜劇場」初主演 古豪ラグビーチームの再建に奮闘

7月期の日曜劇場「ノーサイド」で主演を務める大泉洋さん
7月期の日曜劇場「ノーサイド」で主演を務める大泉洋さん

 俳優の大泉洋さんが、7月からTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送される「ノーサイド」で、主演を務めることが2月18日、明らかになった。「半沢直樹シリーズ」「陸王」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤さんが今夏に刊行する予定の新作小説が原作。大泉さん演じる中堅サラリーマンが、古豪のラグビーチームのゼネラルマネージャーに就任し、チーム再建に奮闘する姿を描く。大泉さんは、池井戸さん原作ドラマへの出演、同局の連続ドラマ主演ともに初となる。

 伊與田英徳さんがプロデューサー、福澤克雄さんが演出を務め、これまで池井戸作品を映像化したスタッフが結集した。ラグビーワールドカップが日本で開催される年に、新たな池井戸ドラマが制作される。

 ドラマは、大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人が主人公。出世レースの先頭に立ち、幹部候補といわれていた君嶋は、上司主導の企業買収に異を唱え、地方工場の総務部長に左遷され、そこでトキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。ラグビーの知識も経験もない君嶋が、低迷するラグビー部を再建させ、自身の再起をかける姿を描く。

 なお、大泉さんは、所属する演劇ユニット「TEAM NACS」の中で、池井戸ドラマに出演していなかった最後の一人だった。

 ◇伊與田英徳プロデューサーのコメント

 池井戸潤さんの新しい原作で、新しいドラマができることになって、大変ワクワクしております。そして東京進出した時の舞台を見て以来「TEAM NACSというすごい集団といつか仕事をしたい」と思っていました。北海道ローカルのイベントにも何度か伺ったことがあります。いろんなことを経て、このたび約5年越し念願がかなって大泉洋さんとご一緒できることができて、さらにワクワクしております。

 池井戸さんと大泉洋さんの新しい出会いから奏でられるエネルギーが、どんなドラマになるのか、今から楽しみです。私どもスタッフも全力で挑みます。

ノーサイドTBS系「日曜劇場」
2019年7月スタート。毎週日曜午後9時放送