ノーサイド・ゲーム あらすじ

ノーサイド・ゲームあらすじ

 ドラマ「ノーサイド・ゲーム」は、「半沢直樹シリーズ」「陸王」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤さんが6月13日に刊行する新作同名小説(ダイヤモンド社)が原作。2019年7月からTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送。俳優の大泉洋さんが主演を務める。大泉さん演じる中堅サラリーマンが、古豪のラグビーチームのゼネラルマネージャーに就任し、チーム再建に奮闘する姿を描く。大泉さんは、池井戸さん原作ドラマへの出演、同局の連続ドラマ主演ともに初となる。

 伊與田英徳さんがプロデューサー、福澤克雄さんが演出を務め、これまで池井戸作品を映像化したスタッフが結集した。ラグビーワールドカップが日本で開催される年に、新たな池井戸ドラマが制作される。

 ドラマは、大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人が主人公。出世レースの先頭に立ち、幹部候補といわれていた君嶋は、上司主導の企業買収に異を唱え、地方工場の総務部長に左遷され、そこでトキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。ラグビーの知識も経験もない君嶋が、低迷するラグビー部を再建させ、自身の再起をかける姿を描く。

ドラマ「ノーサイド」のあらすじ

<ドラマ紹介>「ノーサイド・ゲーム」大泉洋×池井戸潤が初タッグ 古豪ラグビーチーム再建に奮闘 第1話あらすじも

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演する連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」が7月7日スタートする。「半沢直樹シリーズ」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤さんの新作同名小説(ダイヤモンド社)が原作。大泉さんは池井戸さん原作ドラマへの出演も初めて。大手自動車メーカー「トキワ自動車」で働いていたが工場に左遷され、古豪ながら低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャーを兼務することになった君嶋隼人(大泉さん)が自身とチームの再起に挑む姿を描く。

 第1話は85分のスペシャル版。トキワ自動車・経営戦略室次長で出世頭と目されている君嶋は、企業買収を推し進めようとする滝川桂一郎常務(上川隆也さん)に反対意見を述べ、買収を見送らせる。それと同時に、君嶋は本社から府中工場の総務部長に左遷させられる。会社のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務することになっていて、君嶋は異動初日に総務部員の佐倉多英(笹本玲奈さん)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣さん)ら選手を紹介される。

 アストロズは、島本博社長の肝煎りで創設され、かつては強豪だったが今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物といわれていた。ラグビーについて知識、経験がない君嶋には気が進まないことばかりだった。しかし、後がない君嶋は、自らの再起を考えて……というストーリー。

 大泉さんが所属する演劇ユニット 「TEAM NACS」の中で、大泉さんだけ池井戸ドラマに出演をしていなかった。今回のドラマは、伊與田英徳さんがプロデューサー、福澤克雄さんが演出を務め、過去に池井戸作品を映像化したスタッフが集結して制作する。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 君嶋の妻・真希は松たか子さん、君嶋が工場に左遷されるきっかけとなったカザマ商事の3代目社長・風間有也は中村芝翫(しかん)さん、君嶋と共に「アストロズ」の再建を目指す最強のパートナー・柴門琢磨は大谷亮平さん、トキワ自動車の島本博社長は西郷輝彦さん、物語の鍵を握る七尾圭太は眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さんが演じる。松尾諭さん、佐伯大地さん、阿部純子さん、市川右近さん、川田裕美さん、渡辺裕之さんらも出演する。

 「アストロズ」のメンバーは、お笑いコンビ「ブリリアン」のコージさん、お笑いタレントの笠原ゴーフォワードさんのほか、ラグビー元日本代表の天野義久さん、廣瀬俊朗さん、齊藤祐也さん、田沼広之さん、鶴ケ崎好昭さん、北川勇次さん、仲村慎祐さん、阿久根潤さんらが演じる。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第2話のあらすじ 崖っぷち“GM君嶋”大泉洋が新監督選びに奔走 “宿敵”上川隆也が次期社長へ?

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演する連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の第2話が7月14日、放送される。第2話の副題は「崖っぷちから這(は)い上がれ!勝利の鍵は人事?」。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 「トキワ自動車」のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)となった君嶋隼人(大泉さん)は、新監督の人事が進まず、大きな困難に直面。チームキャプテンの岸和田徹(高橋光臣さん)から、早く監督を決めるようお願いされるも、ラグビーの経験、知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかも分からない。そこで、君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練り、チームを優勝させるために優勝経験を持つ者を監督にしようと考える。

 そんな中、佐倉多英(笹本玲奈さん)が城南大学の監督を退任したばかりの柴門琢磨(大谷亮平さん)の名を口にする。柴門は大学を3連覇に導いた男で、君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に監督就任を打診するが断られてしまう。その裏には、アストロズ関係者も知らなかった“過去の出来事”が関係していた。

 ある日、君嶋は元上司の脇坂賢治(石川禅さん)から、滝川桂一郎常務(上川隆也さん)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。この話が成功して滝川常務が次期社長になれば、君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなくゼロに近づく……というストーリー。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

ノーサイド・ゲームTBS系「日曜劇場」
2019年7月スタート。毎週日曜午後9時放送