ノーサイド・ゲーム あらすじ

ノーサイド・ゲームあらすじ

 ドラマ「ノーサイド・ゲーム」は、「半沢直樹シリーズ」「陸王」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤さんが6月13日に刊行する新作同名小説(ダイヤモンド社)が原作。2019年7月からTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で放送。俳優の大泉洋さんが主演を務める。大泉さん演じる中堅サラリーマンが、古豪のラグビーチームのゼネラルマネージャーに就任し、チーム再建に奮闘する姿を描く。大泉さんは、池井戸さん原作ドラマへの出演、同局の連続ドラマ主演ともに初となる。

 伊與田英徳さんがプロデューサー、福澤克雄さんが演出を務め、これまで池井戸作品を映像化したスタッフが結集した。ラグビーワールドカップが日本で開催される年に、新たな池井戸ドラマが制作される。

 ドラマは、大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人が主人公。出世レースの先頭に立ち、幹部候補といわれていた君嶋は、上司主導の企業買収に異を唱え、地方工場の総務部長に左遷され、そこでトキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。ラグビーの知識も経験もない君嶋が、低迷するラグビー部を再建させ、自身の再起をかける姿を描く。

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」のあらすじ

<ドラマ紹介>「ノーサイド・ゲーム」大泉洋×池井戸潤が初タッグ 古豪ラグビーチーム再建に奮闘 第1話あらすじも

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第1話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第1話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演する連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」が7月7日スタートする。「半沢直樹シリーズ」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤さんの新作同名小説(ダイヤモンド社)が原作。大泉さんは池井戸さん原作ドラマへの出演も初めて。大手自動車メーカー「トキワ自動車」で働いていたが工場に左遷され、古豪ながら低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャーを兼務することになった君嶋隼人(大泉さん)が自身とチームの再起に挑む姿を描く。

 第1話は85分のスペシャル版。トキワ自動車・経営戦略室次長で出世頭と目されている君嶋は、企業買収を推し進めようとする滝川桂一郎常務(上川隆也さん)に反対意見を述べ、買収を見送らせる。それと同時に、君嶋は本社から府中工場の総務部長に左遷させられる。会社のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務することになっていて、君嶋は異動初日に総務部員の佐倉多英(笹本玲奈さん)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣さん)ら選手を紹介される。

 アストロズは、島本博社長の肝煎りで創設され、かつては強豪だったが今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物といわれていた。ラグビーについて知識、経験がない君嶋には気が進まないことばかりだった。しかし、後がない君嶋は、自らの再起を考えて……というストーリー。

 大泉さんが所属する演劇ユニット 「TEAM NACS」の中で、大泉さんだけ池井戸ドラマに出演をしていなかった。今回のドラマは、伊與田英徳さんがプロデューサー、福澤克雄さんが演出を務め、過去に池井戸作品を映像化したスタッフが集結して制作する。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 君嶋の妻・真希は松たか子さん、君嶋が工場に左遷されるきっかけとなったカザマ商事の3代目社長・風間有也は中村芝翫(しかん)さん、君嶋と共に「アストロズ」の再建を目指す最強のパートナー・柴門琢磨は大谷亮平さん、トキワ自動車の島本博社長は西郷輝彦さん、物語の鍵を握る七尾圭太は眞栄田郷敦(まえだ・ごうどん)さんが演じる。松尾諭さん、佐伯大地さん、阿部純子さん、市川右近さん、川田裕美さん、渡辺裕之さんらも出演する。

 「アストロズ」のメンバーは、お笑いコンビ「ブリリアン」のコージさん、お笑いタレントの笠原ゴーフォワードさんのほか、ラグビー元日本代表の天野義久さん、廣瀬俊朗さん、齊藤祐也さん、田沼広之さん、鶴ケ崎好昭さん、北川勇次さん、仲村慎祐さん、阿久根潤さんらが演じる。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第2話のあらすじ 崖っぷち“GM君嶋”大泉洋が新監督選びに奔走 “宿敵”上川隆也が次期社長へ?

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第2話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第2話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演する連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の第2話が7月14日、放送される。第2話の副題は「崖っぷちから這(は)い上がれ!勝利の鍵は人事?」。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 「トキワ自動車」のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)となった君嶋隼人(大泉さん)は、新監督の人事が進まず、大きな困難に直面。チームキャプテンの岸和田徹(高橋光臣さん)から、早く監督を決めるようお願いされるも、ラグビーの経験、知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかも分からない。そこで、君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練り、チームを優勝させるために優勝経験を持つ者を監督にしようと考える。

 そんな中、佐倉多英(笹本玲奈さん)が城南大学の監督を退任したばかりの柴門琢磨(大谷亮平さん)の名を口にする。柴門は大学を3連覇に導いた男で、君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に監督就任を打診するが断られてしまう。その裏には、アストロズ関係者も知らなかった“過去の出来事”が関係していた。

 ある日、君嶋は元上司の脇坂賢治(石川禅さん)から、滝川桂一郎常務(上川隆也さん)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。この話が成功して滝川常務が次期社長になれば、君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなくゼロに近づく……というストーリー。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第3話のあらすじ 崖っぷち“GM君嶋”大泉洋が黒字への“秘策” “キャプテン”高橋光臣らは不満

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第3話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第3話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さんがTBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演する連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の第3話が7月28日、放送される。第3話の副題は「仲間を信じて戦え! 涙の大逆転なるか?」。ホラン千秋さんらがゲスト出演する。

 同話の予告映像には「新たな秘策はラグビー教室!?」「闘いはグラウンド外へ…」というテロップと共に、「トキワ自動車」のラグビーチーム「アストロズ」のメンバーたちが不満を爆発させるシーンや君嶋隼人(大泉さん)がチームのメンバーに「グラウンドだけが君たちの戦場じゃないんだよ」と熱く語りかける姿などが収められている。

 「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)を務める君嶋は、さまざまな数字を分析し黒字への可能性を探る。昨年の平均観客数は非常に少なく、その観客の大多数は無料同然で配られたチケットでの入場者だった。人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能。さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは「日本蹴球協会」に高額の参加費を払っている。協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 そこで、君嶋は各チームのGMが集まる会議で収益向上のために「知恵を出し合おう」と提案するが、協会専務理事の木戸祥助(尾藤イサオさん)に一蹴され、他チームのGMたちからの賛同を得られない。

 そんな中、君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動を思案。しかし、予算がかかるため、追加予算を獲得するべく役員会議で滝川桂一郎常務(上川隆也さん)と対決することに。

 数日後、「アストロズ」監督の柴門琢磨(大谷亮平さん)は過酷で高度な練習を消化させるため、選手をクラブハウスに寝泊まりさせ合宿を始める。仕事以外はラグビー、その合間にはファンを増やすためのボランティア活動をさせられる選手たちは不満を募らせていく。キャプテンの岸和田徹(高橋光臣さん)は何とかチームをまとめようと頑張るが、心身ともに疲労し、練習中に怪我をしてしまう。病院に運ばれた岸和田は、そこで車椅子の少年・雄太(高木波瑠くん)とその母親(ホラン千秋さん)に出会う……というストーリー。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第4話のあらすじ 崖っぷち GM君嶋・大泉洋に新たな試練 メンバーのミス、リストラ…

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第4話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第4話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第4話「迫るリストラの危機! 必要ない仲間なんていない」が8月4日放送される。「トキワ自動車」府中工場で深刻な問題が発生。滝川桂一郎常務(上川隆也さん)が推し進める「カザマ商事」の買収案が取締役会議を通過する……という展開だ。

 ある日、本社に呼び出された君嶋(大泉さん)は、プラチナリーグ勝利を滝川常務に報告。しかし、滝川常務から厳しい口調で「アストロズ」への否定的な言葉を浴びせられ、更なる勝利と集客を誓う。

 そんな中、「アストロズ」の控えメンバーの佐々一(林家たま平さん)の言動が原因で、数千万円分の取引が破談になる。「府中グリーンカントリークラブ」の責任者・青野(濱津隆之さん)の機嫌を損ねたためだった。佐々は肩を落とし、「アストロズ」のメンバーたちも、工場内の従業員たちから白い目で見られてしまう。

 更に、君嶋にショックなことが起きた。「カザマ商事」買収案が取締役会議を通過。この件が何者かにリークされ、正式契約前に情報が出回ってしまう。買収を手がけた滝川常務は不採算部門のリストラを考えていて、君嶋は窮地に立たされる……。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第5話のあらすじ 大泉洋“君嶋”が上川隆也“滝川”を調査 「アストロズ」頂上決戦へ 吉田沙保里がゲスト出演

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第5話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第5話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第5話「運命の決勝戦へ! 奇跡を起こせるか?」が、8月11日に放送される。君嶋隼人(大泉さん)がゼネラルマネジャー(GM)を務めるラグビーチーム「アストロズ」は勝ち星を重ね優勝を狙える位置に。そんな中、君嶋は滝川桂一郎常務(上川隆也さん)が推し進める「カザマ商事」買収の裏に隠された“あること”に気付く……という展開。同話には、レスリング女子で五輪3連覇を果たした吉田沙保里さんが、本人役でゲスト出演する。

 「カザマ商事」買収の道筋をつけた滝川常務は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増していた。しかし、この件がリークされた裏には滝川常務と「カザマ商事」の社長・風間有也(中村芝翫さん)のある関係性があった。それに気づいた君嶋は、元上司の脇坂賢治(石川禅さん)に調査を依頼する。

 ある日、滝川常務が府中工場の視察に来る。滝川常務は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりだった。リストラが断行されれば「アストロズ」が廃部に追い込まれるかもしれず、連勝に沸く選手たちも不安が芽ばえ始める。

 「アストロズ」の柴門琢磨監督(大谷亮平さん)は、「サイクロンズ」の津田三郎監督(渡辺裕之さん)が自分の手の内を知り尽くしていることなどから、「サイクロンズ」戦に勝利するための活路が見えず焦っていた。そこへ、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 「サイクロンズ」戦が数日後に迫る中、柴門監督と津田監督とのある因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。これを集客に結びつけようと考えた君嶋は、「トキワ自動車」本社に津田監督を招いて、両監督の合同記者会見を仕掛ける……というストーリー。

 同話の予告映像には、君嶋が「アストロズ」の選手たちに「このまま行くぞ! 優勝だ!」と鼓舞する姿のほか、レスリングのユニホームを着た君嶋が、吉田さんにタックルを仕掛けようとするシーンなどが収められている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第6話のあらすじ 大泉洋に本社復帰のチャンス? 「さらば、アストロズ」

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第6話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第6話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第6話「さらば、アストロズ」が8月18日放送される。予告映像では「敗北から新たな挑戦へ」「本社復帰のチャンス!?」というテロップと共に、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)・君嶋隼人(大泉さん)が「GMとしての最後の仕事だ」とつぶやく姿などが収められている。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS



 「アストロズ」は「サイクロンズ」に敗れたものの「プラチナリーグ」2位の好成績でシーズンを終えた。選手たちが喜ぶ中、優勝という目標を達成できなかった上に収支をほぼ改善できなかった君嶋は渋い顔だ。数日後、君嶋は、来年度予算を承認してもらうため役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮をもくろむ滝川桂一郎常務(上川隆也さん)に全否定される。島本博社長(西郷輝彦さん)の取りなしで辛くも予算は承認されたが、「アストロズ」の環境は厳しいままだった。

 脇坂賢治(石川禅さん)に呼び出された君嶋は、経営戦略室に戻ってくるよう誘われる。脇坂は、増大していく同期の滝川常務の勢いをそぐために、君嶋を手元に置いておこうと考えていた。GMとして自信を喪失している君嶋は、この誘いに揺れる。GMとしてできることをやろうと決める君嶋は、ラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支が改善しないため、昨年同様にGM会議で改革案を提案する……。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第7話のあらすじ 崖っぷちGM大泉洋・君嶋に新たなピンチ エース浜畑が「サイクロンズ」へ?

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第7話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第7話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第7話「裏切り者、現る!? 仲間のための涙の決断!」が8月25日放送される。予告映像には「引き抜きで窮地に!」「エース交代か!?」というテロップと共に、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)・君嶋隼人(大泉さん)が「看板選手引き抜かれたらおしまいだよ」と嘆く姿のほか、「サイクロンズ」の津田三郎監督(渡辺裕之さん)が「アストロズ」の浜畑譲(廣瀬俊朗さん)に「サイクロンズに来い!」と説得する姿が登場する。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS



 「アストロズ」に、スピードとテクニックを誇る七尾圭太(眞栄田郷敦さん)が加わった。しかし絶対的エースの浜畑とポジションがかぶってしまう。紅白戦で「スタメン組」に勝った「控え組」の七尾と佐々一(林家たま平さん)だったが、練習では、浜畑と里村亮太(佳久創さん)のコンビにやり込められる日々が続く。そんな中、「サイクロンズ」の津田監督が浜畑に接触する。

 一方、君嶋は「トキワ自動車」研究所の星野信輝(入江甚儀さん)から聞いた、タンカー座礁事件と「カザマ商事」のオイルの関係が気になり、星野を訪ねる。星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下教授(辻萬長さん)に改めて確認したところ、事故原因とは無関係との結論が出たという。そんな矢先、君嶋は、津田監督と浜畑の密会を見た者がいると聞かされる……。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第8話のあらすじ 大泉洋・君嶋GMの「アストロズ」廃部寸前 チームを守る最後の切り札とは…

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第8話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第8話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第8話「社長交代で廃部寸前! チームを守る最後の切り札」が9月1日放送される。予告映像には「想定外の秘密に急接近!?」「レギュラー争奪戦」「仲間と本気で闘え!」というテロップと共に、ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)・君嶋隼人(大泉さん)が「懸命に戦う彼らから未来を奪わないでやってほしい」と強い口調で語る姿などが収められている。

 里村亮太(佳久創さん)が抜けた「アストロズ」は、開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。新加入した七尾圭太(眞栄田郷敦さん)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑譲(廣瀬俊朗さん)がリードしていた。しかし、浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。

 そんな中、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。君嶋は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦さん)に声を掛け懇親会を開催する。そこである疑問が浮かんだ君嶋は、トキワ自動車研究所の星野信輝(入江甚儀さん)に自らの考えを打ち明ける。君嶋はゴルフ場の責任者・青野宏(濱津隆之さん)とも会話を続けていた。青野は熱い夢を語るが……というストーリー。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

第9話のあらすじ 大泉洋が上川隆也に反撃 黒幕とは?

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第9話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第9話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の第9話「セミファイナル! 雪辱戦へ~黒幕登場で絶体絶命」が9月8日放送される。予告映像には「決意の反撃へ!」のテロップと共に、滝川桂一郎常務(上川隆也さん)が君嶋隼人(大泉さん)に「社の命運を決める、この大事な会議を混乱させるな!」と強い口調で語る姿のほか、君嶋が「私の言うことが戯(ざ)れごとだと言い切れますか?」と応戦する緊迫したシーンなどが収められている。副題の「黒幕」とは誰か?

 トキワ自動車本社では滝川常務を中心としたカザマ商事買収に関する会議が開かれていた。経営戦略室長の脇坂賢治(石川禅さん)は、会議メンバー外の君嶋を呼び、ある資料を用意させていた。

 今年こそ優勝を目指す「アストロズ」では、七尾圭太(眞栄田郷敦さん)がレギュラー入りした。一方、控えに回った浜畑譲(廣瀬俊朗さん)が控え組をまとめたため戦力が底上げされていた。そんな中、柴門琢磨(大谷亮平さん)は七尾の弱点を発見し……。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

最終回のあらすじ 大泉洋・君嶋“ 涙のラストマッチ アストロズVSサイクロンズ 「嵐」櫻井翔ゲスト出演

連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」最終話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」最終話のワンシーン(C)TBS

 俳優の大泉洋さん主演の連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系、日曜午後9時)の最終回「守り抜きたいもの~涙のラストマッチへ!」が9月15日に20分拡大で放送される。同話には、「嵐」の櫻井翔さんがゲスト出演し、「アストロズ」の練習場に現れる“謎の男”の赤木を演じる。予告映像では、主人公・君嶋隼人(大泉さん)が「今日、ここで、我々が最初に出会った時の誓いを果たそう!」と「アストロズ」の選手たちを鼓舞する姿や、「アストロズに出会えて本当に良かった」と語るシーンなどが収められている。

 カザマ商事買収の一件を収束させ、常務に昇進した脇坂賢治(石川禅さん)は、これまでの態度を一変させ、ラグビー部廃止を公言。次の取締役会でアストロズの予算削減案を提案するという。可決されれば廃部に追い込まれてしまうため、君嶋は日本蹴球協会の専務理事の木戸祥助(尾藤イサオさん)にプラチナリーグの改革案を持ち込む。

 一方、アストロズは「サイクロンズ」との対決に向けてハードな練習に励む。「ブレイブス」戦で膝を負傷した浜畑譲(廣瀬俊朗さん)も懸命なリハビリを続ける。そして、ついに決戦の日を迎える……。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS