大奥 最終章 ニュース

木村文乃、「大奥」魅力はパンドラの箱「開けるような楽しさ」 女性同士の争いには…

25日に放送される「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」で主演を務める木村文乃さん(C)フジテレビ
25日に放送される「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」で主演を務める木村文乃さん(C)フジテレビ

 江戸時代の大奥を舞台にした女たちの壮絶な人間模様を描く「大奥」シリーズの完結作となるスペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」が3月25日午後8時から放送される。大奥シリーズには「パンドラの箱を開けるような楽しさ」があると語る主演女優・木村文乃さんに、シリーズ初出演の感想や、主人公・徳川吉宗(大沢たかおさん)の側室、久免(くめ)を演じた感想などを聞いた。

 ◇殿大沢たかおの登場に「色めきだった」 大奥を追体験

 「大奥 最終章」は、幕府の財政再建を目的とした「享保の改革」を実施。「暴れん坊将軍」としても有名な第八代将軍徳川吉宗の時代が舞台。吉宗が歴代徳川将軍の中でも屈指の名君となった背景には、内助の功を貫き通した久免の存在があった。

 ドラマでは、徳川家の基盤を立て直した吉宗を陰ながら支え続けた久免の半生を描く。行き場のない怒り、涙、憎悪、ねたみ、愛といった女性たちの抱く感情や心情の全てを盛り込んで描いてきた「大奥」シリーズの集大成として、シリーズ最高のクオリティーで描く。

 木村さん演じる久免は、紀州藩の下級武士の娘。吉宗は、公家出身の病弱な正室・理子と死別後、素朴で優しい人柄の久免を側室に迎え、深く愛した。吉宗には、お須磨、お古牟(こん)、お梅という亡くなった側室3人との間に、それぞれ3人の子供がいたが、久免は、義子3人を我が子のように愛した。

 久免の生活を一変させたのは、吉宗を第八代将軍に推挙するという江戸城からの命。慣れ親しんだ紀州藩邸での暮らしを捨てて、第六代将軍・徳川家宣の正室、天英院(鈴木保奈美さん)と第七代将軍徳川家継の生母・月光院(小池栄子さん)が覇権争いを繰り広げ、1000人もの美しく着飾った女たちが暮らす江戸城の大奥に移ることに。吉宗や3人の子供たちを守り抜こうとする久免の戦いとは……。

 「大奥」シリーズ初出演の木村さんは「役として中央にいるだけです(笑い)。久免が大奥に入るように、私も大奥の中に入れてもらうという感じ」と語る。撮影については「女子会というような雰囲気ではありません。皆さん、サバサバしています(笑い)。だけど、差し入れにキャッキャッしている姿を見たりするとほっこりします」と、女性キャストが多い「大奥」ならではの現場を楽しんでいるという。

 木村さんがクランクインして2週間後に、吉宗役の大沢さんが合流したといい「みんなで『殿が来た!』って色めきだっていました」と楽しそうに振り返り、「実際の大奥ってこんな感じだったのかなって思いました」と明かした。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ


 ◇1億円超の豪華衣装 日替わりで着用し「ファッションショーみたい」

 姫役が念願だったという木村さん。「時代劇の経験が浅く、高貴な身分の所作や言動は初めてなので、そこにワタワタしています」と演技に一生懸命。「いろいろ教えていただきつつ、いろいろなことを学ばせていただいています」と勉強熱心な一面も見せた。

 ドラマには総額1億円超の豪華な衣装の数々が登場。撮影では着物を「汚してはいけないとかいろいろ大変ですが、スタッフの方たちが身の回りのことをケアしてくれていて助けていただいています。私だけで23ポーズあって、毎日、髪形と衣装を替えてファッションショーみたい(笑い)」と話し、「(吉宗は)質素倹約を掲げた方ですが、『大奥』は豪華けんらんな衣装が見どころの一つでもあるので、割り切って楽しんでいただけるとうれしいです。『(撮影所の)東映の底力を見せていこうよ』っていう感じで、ノリノリで楽しんでいます」と笑んだ。

 ◇女性同士の戦いには「逃げます」

 天英院と月光院の骨肉の争いを中心とした女性同士の火花散るバトルもドラマの見どころだ。木村さんは、女性同士の争いについて「全く共感できません。私だったら逃げます(笑い)」ときっぱり。「久免も自分からバチバチに入っていくわけではなく、巻き込まれていってしまうんです。そこは似ているかも」と共通点を語る。

 天英院を演じる鈴木さんの印象を聞くと「憧れの方です。久免を演じるために、保奈美さんの包容力に助けていただいた局面はたくさんあります」と振り返った。月光院を演じる小池さんの印象は、05年に放送された連続ドラマ「大奥~華の乱~」で演じた「お伝の方がすごく好きでした。小池さんと共演させていただけることがうれしいです」と答え、劇中で久免と月光院が争うシーンでは「大奥の女性同士のバチバチ感を出すため、小池さんに相談させていただきました」と話した。

 完結作の見どころとして「火事のシーン」も挙げ、「自分が出演させていただくにあたり、楽しみにしていたシーン」と語る。「今回、撮影のためにセットを実際に燃やしました。本物の炎の力はすごかったです。(フジテレビの)60周年企画にふさわしい、力強い映像に仕上がっていると思います」と力を込める。「女性同士の世界観もありますが、家族の大切さも描かれていますので、楽しんでいただけるとうれしいです」と語っていた。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

仲間由紀恵、映画版の“大奥総取締”が「大奥 最終章」ナレーター担当 「独特の雰囲気」

25日に放送されるスペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」のナレーションを担当する仲間由紀恵さん(C)フジテレビ
25日に放送されるスペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」のナレーションを担当する仲間由紀恵さん(C)フジテレビ

 女優の仲間由紀恵さんが、3月25日に放送される木村文乃さん主演のスペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」のナレーションを担当する。仲間さんは2006年に公開された映画「大奥」で主人公の大奥総取締・絵島を演じた。同シリーズのナレーションは、03年放送の連続ドラマでは池脇千鶴さん、06年に放送された単発ドラマでは主演の深田恭子さんが担当するなど、ドラマに出演しているキャストが務めるのが通例だったが、今回は「大奥 最終章」に出演していない仲間さんが担当することになった。

 仲間さんは「ナレーションのお仕事は、これまでにもドキュメンタリー番組などで担当させていただいたことがありましたが、ドラマのナレーションはほとんどやったことがありませんので独特の雰囲気でした」と振り返り、「例えば、ドラマの冒頭は華やかな感じでスタートするということでしたので、ナレーションではこれから物語を楽しみに見ていただけるような声のトーンや読み方を心がけました」と語っている。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ


 また、出演した映画「大奥」について「当時を振り返ると、これまでに経験したことのなかった着物の所作などに緊張していたことを思い出します」と話し、「過去に、私が出演させていただいた映画の中でも、映画『大奥』は一番華やかな作品だと思います」とコメント。

 「大奥 最終章」の見どころについては「初めての方にとっては時代劇という概念をいい意味で壊してくれるものになっていますし、これまでご覧いただいた方には懐かしい『大奥』の世界観を思い出していただけると思います。今回、“最終章”ということで、さらにパワーアップした『大奥』の世界が見られると思いますので、ぜひ楽しんでいただけたら」とアピールしている。

浜辺美波、「まんぷく」“タカちゃん”と「大奥」出演 小池栄子と鈴木保奈美が骨肉の争い

スペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」に出演する(上段左から)小池栄子さん、鈴木保奈美、浜辺美波さん、(下段左から)岸井ゆきのさん、松坂慶子さん、南野陽子さん(C)フジテレビ
スペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」に出演する(上段左から)小池栄子さん、鈴木保奈美、浜辺美波さん、(下段左から)岸井ゆきのさん、松坂慶子さん、南野陽子さん(C)フジテレビ

 女優の浜辺美波さんが、木村文乃さん主演で25日に放送されるスペシャルドラマ「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」に出演することが3月6日、分かった。NHK連続テレビ小説「まんぷく」で“タカちゃん”こと香田タカを演じている岸井ゆきのさんのほか、小池栄子さん、南野陽子さん、松坂慶子さん、鈴木保奈美さんの出演も発表された。小池さんは2005年に放送された連続ドラマ「大奥~華の乱~」に出演し、小池さん以外の5人は同シリーズに初出演する。

 「大奥」は、同局では03年6月に連続ドラマ「大奥」を放送して以来、3本の連続ドラマ、6本の単発ドラマを放送。06年12月には映画が公開され、07年には舞台も上演された。若手俳優を起用したキャスティング、大胆に脚色されたストーリーなどが若い女性層からの支持を集めた。今作でシリーズ完結となる。

 「大奥 最終章」は、幕府財政の再建を目的とした「享保の改革」を行い「暴れん坊将軍」としても有名な徳川吉宗の時代が舞台。吉宗が歴代徳川将軍の中でも屈指の名君となった背景には、内助の功を貫き通した久免の存在があった。ドラマでは、徳川家の基盤を立て直した吉宗のことを陰ながら支え続けた久免(くめ、木村さん)の半生を描く。行き場のない怒り、涙、憎悪、ねたみ、愛といった女性たちが抱く感情や心情のすべてを盛り込んで描いてきた「大奥」シリーズの集大成として、キャスト、脚本、衣装、スケール感などシリーズ最高のクオリティーで描くという。吉宗役を大沢たかおさんが務める。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

 浜辺さんは権大納言(ごんだいなごん)・清閑寺熈定(せいかんじ・ひろさだ)の娘・竹姫(たけひめ)を演じる。竹姫は、父の妹が第五代将軍・徳川綱吉の側室であった縁で綱吉の養女となり、大奥に迎えられた。ドラマでは、妻は久免だけと心に誓った吉宗と、若く美しいが綱吉の養女という立場の竹姫とのかなわぬ恋が描かれる。

 浜辺さんは、同シリーズの印象について「『大奥』シリーズは、血の出ない女性同士の激しい戦いというイメージですが、その戦いが逆に美しいと思っていました」とコメント。出演について、「私自身とてもうれしく感じています」と喜び、「その気持ちを精いっぱい、“大奥”での戦いにぶつけたいと思っています」と意気込んでいる。
 
 小池さんは徳川第六代将軍・徳川家宣の側室であり、第七代将軍・徳川家継の生母・月光院(げっこういん)、南野さんは大奥総取締・高瀬(たかせ)、岸井さんは女中の多喜(たき)、松坂さんは吉宗の生母・浄円院(じょうえんいん)、鈴木さんは家宣の正室・天英院(てんえいいん)を演じる。鈴木さんが演じる天英院は、家宣との間にできた子を、2度死産。家宣が月光院を寵愛(ちょうあい)し、月光院の子供・鍋松が将軍になると、心をかき乱されるという役どころ。小池さんと鈴木さんの“骨肉の争い”も描かれるという。

 鈴木さんと初共演だという小池さんは「ずっと共演を夢見ていた大好きな鈴木保奈美さんですので、“私がどうやろうではなく、どういうお芝居が目の前で見られるんだろう、そしてどう受けることができるんだろう”と、今からすごく楽しみです」と語っている。一方の鈴木さんは、小池さんの印象について「何度か舞台を拝見していて、小池さんはとても大好きな女優さんです。テクニックとパワーのある女優さんだと思っていますし、今回小池さんのメークや衣装が濃厚だそうなので負けないように頑張りたいです」と意気込んでいる。

 主題歌は、3人組女性コーラスグループ「Roys(ロイス)」が担当し、菅野美穂さんが主演した連続ドラマ「大奥」の主題歌だった「I Say A Little Prayer」をカバーする。

木村文乃、「大奥」シリーズ完結作で主演 “徳川吉宗”大沢たかおの側室に

3月25日に放送される「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」で主演を務める木村文乃さん(C)フジテレビ
3月25日に放送される「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」で主演を務める木村文乃さん(C)フジテレビ

 女優の木村文乃さんが、江戸時代の大奥を舞台にした女たちの壮絶な人間模様を描くドラマ「大奥」(フジテレビ系)の最新作で主演を務めることが2月22日、明らかになった。俳優の大沢たかおさんの出演も発表された。最新作「大奥 最終章」は、徳川第八代将軍・徳川吉宗の時代が舞台で、吉宗を大沢さん、吉宗の側室、久免(くめ)を木村さんが演じる。木村さんと大沢さんは「大奥」シリーズ初出演で、共演も初めて。

 「大奥」は、同局では2003年6月に連続ドラマ「大奥」を放送して以来、3本の連続ドラマ、6本の単発ドラマを放送。06年12月には映画が公開され、07年には舞台も上演された。若手俳優を起用したキャスティング、大胆に脚色されたストーリーなどが若い女性層からの支持を集めた。今作でシリーズ完結となる。

 「大奥 最終章」は、幕府財政の再建を目的とした「享保の改革」を行い「暴れん坊将軍」としても有名な徳川吉宗の時代が舞台。吉宗が歴代徳川将軍の中でも屈指の名君となった背景には、内助の功を貫き通した久免の存在があった。ドラマでは、徳川家の基盤を立て直した吉宗のことを陰ながら支え続けた久免の半生を描く。行き場のない怒り、涙、憎悪、ねたみ、愛といった女性たちが抱く感情や心情のすべてを盛り込んで描いてきた「大奥」シリーズの集大成として、キャスト、脚本、衣装、スケール感などシリーズ最高のクオリティーで描くという。

 「フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』」と題し、3月25日午後8時~同10時54分に放送。

(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ
(C)フジテレビ

大奥 最終章フジテレビ系
2019年3月25日午後8時~同10時54分に放送。