エール(朝ドラ)

エール(朝ドラ)あらすじ

 ドラマ「エール」は、2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)。俳優の窪田正孝さんが主演を務める。102作目の朝ドラとして2020年春から放送。役名は古山裕一で福島県の作曲家・古関裕而さんがモデル。古関さんは全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手掛けたことでも知られる。

 脚本はドラマ「ハゲタカ」(NHK)、「医龍」シリーズ(フジテレビ)、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」シーズン1、2(同)などの林宏司さんが手がける

 窪田さんは「時に男肌でもある(古関さんの妻の)金子さんとの一生を描きつつ、古関さんの軌跡をたどる役を全身全霊で演じさせていただきたい。現場の皆さんとたくさん話して、楽しい現場にして、全国、福島の皆様にエールを届けたいと思います。ここに決意表明を示したいと思います」と意気込みを語った。

スタッフ

脚本:林宏司

エール(朝ドラ)キャスト

窪田正孝
二階堂ふみ

エール(朝ドラ)放送日

NHK
2020年春から放送

ニュース

エール(朝ドラ)

来春朝ドラ、“週5回放送”は「まだ決まっておりません」 一部報道に土屋CPが回答

 NHKが6月3日、東京・渋谷の同局で、俳優の窪田正孝さん主演で、来年春から放送予定のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」のヒロイン発表会を開催。現在、月~土曜日の週6回放送されている朝ドラを、「エール」から週5回放送に短縮するとの一部報道について、制作統括の土屋勝裕チーフ・プロデューサーは「まだ決まっておりません」と回答していた。

続きを読む
エール(朝ドラ)

二階堂ふみ、2802人のオーディション勝ち抜き朝ドラヒロインに CPが明かす起用理由

 俳優の窪田正孝さん主演で、来年春から放送予定のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」のヒロイン・関内音(せきうち・おと)を、二階堂ふみさんが演じることが6月3日、明らかになった。数々のドラマや映画で主演を務め、同局の大河ドラマ「平清盛」「軍師官兵衛」「西郷どん」にも出演と、女優としての実績は申し分ないが、今回2802人のオーディションに参加。朝ドラ初出演で見事ヒロインの座を射止めた。

続きを読む
エール(朝ドラ)

「エール」ヒロインに二階堂ふみ 窪田正孝の相手役 オーディションで射止める

 俳優の窪田正孝さん主演で、来年春から放送予定のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」のヒロイン・関内音(せきうち・おと)を、二階堂ふみさんが演じることが6月3日、明らかになった。同日、東京・渋谷のNHKで行われた会見で発表された。オーディションでの選出で、窪田さん演じる主人公・古山裕一の“生涯のパートナー”を演じる。

続きを読む
エール(朝ドラ)

<会見>主演・窪田正孝登場に会場どよめく

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われ、多くの報道陣が詰めかけた。主人公は窪田正孝さんが演じ、男性が朝ドラの主演を務めるのは「マッサン」(2014年度後期)以来、約6年ぶりとなる。朝ドラの主人公はほとんどが女性のため、会見で制作統括の土屋勝裕さんから「主人公を演じていただくのは窪田正孝さんです」と発表されて窪田さんが登場した瞬間、会場では「えっ……」と、どよめきが起こった。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。

続きを読む
エール(朝ドラ)

<会見>朝ドラ「エール」 主人公は音楽以外ダメ男? 制作統括が語る起用理由

 俳優の窪田正孝さんが、2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で主演を務めることが2月28日、明らかになった。朝ドラの主人公を男性が務めるのは14年度後期「マッサン」の玉山鉄二さん以来約6年ぶり。全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手掛けたことでも知られる福島県の作曲家・古関裕而さんがモデルの古山裕一を演じる。

続きを読む
エール(朝ドラ)

<会見>朝ドラ「エール」は「コード・ブルー」「ハゲタカ」の林宏司が脚本

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われ、主演を俳優の窪田正孝さんが務め、脚本をドラマ「ハゲタカ」(NHK)、「医龍」シリーズ(フジテレビ)、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」シーズン1、2(同)などの林宏司さんが手がけることが明らかになった。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。

続きを読む
エール(朝ドラ)

<会見>窪田正孝主演の来春「エール」、ヒロインはオーディションで 「半分、青い。」の永野芽郁以来4作ぶり

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われ、主演を俳優の窪田正孝さんが務めることが明らかになった。朝ドラの主人公を男性が務めるのは14年度後期「マッサン」の玉山鉄二さん以来約6年ぶり。窪田さんの相手役となるヒロインは、オーディションで決めることも併せて発表された。

続きを読む
エール(朝ドラ)

窪田正孝、異例の朝ドラ主演抜擢で「僕は女性と思われているのかな」

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われた。主人公を窪田正孝さんが務める。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。会見で窪田さんは、朝ドラ主演について「つい先日聞いた」といい、「朝ドラで主役……僕は女性と思われているのかなと一瞬思ったりもしたんです。NHKの朝ドラって女性が主役だよなと」と笑顔を見せた。男性が朝ドラの主演を務めるのは「マッサン」(2014年度後期)以来、約6年ぶりとなる。

続きを読む
エール(朝ドラ)

2020年度前期の朝ドラ「エール」の主演は窪田正孝! 6年ぶり男性主人公 作曲家・古関裕而さんがモデル

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われた。主人公を窪田正孝さんが務める。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。朝ドラの主人公を男性が務めるのは14年後期の「マッサン」の玉山鉄二さん以来約6年ぶり。

続きを読む

あらすじ

朝ドラ「エール」のあらすじは

続きを読む

キャスト

エール(朝ドラ)

朝ドラ「エール」 主演は窪田正孝

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」の主演は窪田正孝さんが務める。役名は古山裕一で福島県の作曲家・古関裕而さんがモデル。古関さんは全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手掛けたことでも知られる。

続きを読む