エール(朝ドラ) ニュース

<会見>主演・窪田正孝登場に会場どよめく

来春スタートの朝ドラ「エール」の主演に決まった窪田正孝さん
来春スタートの朝ドラ「エール」の主演に決まった窪田正孝さん

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われ、多くの報道陣が詰めかけた。主人公は窪田正孝さんが演じ、男性が朝ドラの主演を務めるのは「マッサン」(2014年度後期)以来、約6年ぶりとなる。朝ドラの主人公はほとんどが女性のため、会見で制作統括の土屋勝裕さんから「主人公を演じていただくのは窪田正孝さんです」と発表されて窪田さんが登場した瞬間、会場では「えっ……」と、どよめきが起こった。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。

 窪田さん自身も、朝ドラ主演のオファーを受けた際のことを「朝ドラで主役……僕は女性と思われているのかなと一瞬思ったりもしたんです。NHKの朝ドラって女性が主役だよなと」と笑顔で振り返った。

<会見>朝ドラ「エール」 主人公は音楽以外ダメ男? 制作統括が語る起用理由

来春スタートの朝ドラ「エール」で主演を務める窪田正孝さん
来春スタートの朝ドラ「エール」で主演を務める窪田正孝さん

 俳優の窪田正孝さんが、2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」で主演を務めることが2月28日、明らかになった。朝ドラの主人公を男性が務めるのは14年度後期「マッサン」の玉山鉄二さん以来約6年ぶり。全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手掛けたことでも知られる福島県の作曲家・古関裕而さんがモデルの古山裕一を演じる。

 制作統括の土屋勝裕さんは会見後に取材に応じ、窪田さんの起用理由について「窪田さんのお芝居は非常に達者。古関裕而さんをモデルにした主人公の古山裕一は、音楽はすごい天才的な才能を発揮するんですけど、それ以外はダメ、みたいな。で、穏やかで優しくて。天才的な部分とダメな部分、そして優しさ、時には大胆にという幅広い役柄を演じられる俳優さんで、人気のある方をキャスティングしてみたいと思っていたところ、窪田さんの名前が挙がってきて、決めさせていただいた」と説明した。

 「エール」は昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した福島県の作曲家・古関裕而さんとその妻・金子(きんこ)さんとの物語となる。土屋さんによると、窪田さんには主人公の青年期から30~40年くらいの年月を演じてもらう予定という。

<会見>朝ドラ「エール」は「コード・ブルー」「ハゲタカ」の林宏司が脚本

来春スタートの朝ドラ「エール」の主演に決まった窪田正孝さん
来春スタートの朝ドラ「エール」の主演に決まった窪田正孝さん

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われ、主演を俳優の窪田正孝さんが務め、脚本をドラマ「ハゲタカ」(NHK)、「医龍」シリーズ(フジテレビ)、「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」シーズン1、2(同)などの林宏司さんが手がけることが明らかになった。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。

 「エール」は昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した福島県の作曲家・古関裕而さんとその妻・金子(きんこ)さんとの物語となる。

 林さんは、主人公のモデルとなる古関さんについて「波乱に満ちた昭和という時代。誰もが口ずさめるヒット歌謡を連発し、時代の寵児でありながら、驚かされるのは、手掛けた応援歌や校歌の多さです。甲子園の行進曲『栄冠は君に輝く』のタイトルがいみじくも象徴するように、自分のことよりも、人を元気づけたい、頑張ってる人、恵まれない人に声援を送りたい……そんな思いで、この人は戦前、戦中、戦後、数多の曲を作り続けたのではないだろうか」と語り、「こうして、ドラマ『エール』は生まれました」とコメント。

 さらに「暗い時代も明るい時代も、人々の心を揺さぶり、励まし続けた“古関メロディ”のように、このドラマが、どうか、朝のひととき、誰かの“エール”になれますように」とメッセージを寄せている。

<会見>窪田正孝主演の来春「エール」、ヒロインはオーディションで 「半分、青い。」の永野芽郁以来4作ぶり

来春スタートの朝ドラ「エール」の主人公に決まった窪田正孝さん
来春スタートの朝ドラ「エール」の主人公に決まった窪田正孝さん

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われ、主演を俳優の窪田正孝さんが務めることが明らかになった。朝ドラの主人公を男性が務めるのは14年度後期「マッサン」の玉山鉄二さん以来約6年ぶり。窪田さんの相手役となるヒロインは、オーディションで決めることも併せて発表された。

 朝ドラのヒロインは、18年度後期の「まんぷく」の安藤サクラさん、19年度前期「なつぞら」の広瀬すずさん、同後期「スカーレット」の戸田恵梨香さんとキャスティングが続いていて、「エール」は18年度前期「半分、青い。」で永野芽郁さんが選ばれて以来。4作ぶりの“ヒロインオーディション”開催となる。

窪田正孝、異例の朝ドラ主演抜擢で「僕は女性と思われているのかな」

来春スタートの朝ドラ「エール」の主人公に決まった窪田正孝さん
来春スタートの朝ドラ「エール」の主人公に決まった窪田正孝さん

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われた。主人公を窪田正孝さんが務める。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。会見で窪田さんは、朝ドラ主演について「つい先日聞いた」といい、「朝ドラで主役……僕は女性と思われているのかなと一瞬思ったりもしたんです。NHKの朝ドラって女性が主役だよなと」と笑顔を見せた。男性が朝ドラの主演を務めるのは「マッサン」(2014年度後期)以来、約6年ぶりとなる。

 続けて窪田さんは「プロデューサーさんから丁寧に説明を受けて、この作品の思いというか、福島の皆様に届けたい、全国の皆様に応援歌というか、古関さんという本当に素晴らしい方の生涯を描きたいという熱い思いを聞かせてもらって、それが素直に心の中に入ってきた。自分の中でのやる気というか、決意みたいなものがすごくみなぎった感覚がありました」と意気込みを語った。

 主人公は福島県の作曲家・古関裕而さんがモデル。古関さんは全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手掛けたことでも知られる。「エール」は昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家とその妻・金子(きんこ)さんとの物語となる。主人公の生涯のパートナーとなるヒロインは、オーディションで選考予定。

2020年度前期の朝ドラ「エール」の主演は窪田正孝! 6年ぶり男性主人公 作曲家・古関裕而さんがモデル

20年度前期朝ドラの主人公に決まった窪田正孝さん
20年度前期朝ドラの主人公に決まった窪田正孝さん

 2020年度前期のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)の制作発表発表会見が2月28日、東京・渋谷の同局で行われた。主人公を窪田正孝さんが務める。タイトルは「エール」で、102作目の朝ドラとして来春から放送される。朝ドラの主人公を男性が務めるのは14年後期の「マッサン」の玉山鉄二さん以来約6年ぶり。

 主人公は福島県の作曲家・古関裕而さんがモデル。古関さんは全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手掛けたことでも知られる。「エール」は昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家とその妻・金子(きんこ)さんとの物語となる。

 主人公・古山裕一役の窪田さんは「時に男肌でもある(主人公の妻のモデルの)金子さんとの一生を描きつつ、古関さんの軌跡をたどる役を全身全霊で演じさせていただきたい。現場の皆さんとたくさん話して、楽しい現場にして、全国、福島の皆様にエールを届けたいと思います。ここに決意表明を示したいと思います」と語った。

 続けて、窪田さんは朝ドラ主演について「つい先日聞いた」といい、「朝ドラで主役……僕は女性と思われているのかなと一瞬思ったりもしたんです」と笑顔を見せた。「プロデューサーさんから丁寧に説明を受けて、この作品の思いというか、『福島の皆様に届けたい、全国の皆様に届けたい』ということが素直に入ってきた。自分の中でのやる気というか、決意がみなぎった感覚がありました」と話した。

 朝ドラは現在、安藤サクラさん主演の「まんぷく」が放送中。4月1日には第100作となる広瀬すずさん主演の「なつぞら」がスタートし、9月30日から戸田恵梨香さんが主演を務める「スカーレット」が放送される。