俺のスカート、どこ行った? ニュース

白石麻衣、「俺スカ」で開いたコメディエンヌの才能 古田新太らベテラン勢相手に

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する白石麻衣さん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する白石麻衣さん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?(俺スカ)」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)最終回が6月22日に放送される。アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さん演じる、心がやさぐれた“反抗期全開”の世界史教師の里見萌が、これまでたびたびSNSで話題になった。初回では過激な下ネタを発したことで話題を呼んだが、回を重ねるごとに、その美しさと共に、古田さんら“芸達者”のベテラン勢を相手にした堂々の演技が注目を集めるようになった。「俺スカ」最終回を前に、コメディエンヌとしての才能が垣間見られた白石さんについて、改めて振り返った。

 ◇衝撃発言は関連ワード入り

 4月20日に放送された初回では、主人公の原田のぶお(古田さん)の歓迎会で、里見はゲイで女装家でもある原田に興味津々。下半身について尋ねては、下ネタを連呼。SNSでは「まいやんの衝撃発言やばいwww」「くそ笑ったwww」「ぶっ飛んでる」と大反響。関連ワードがトレンド入りした。

 その後の里見は、保健室でサボっている原田とたびたび遭遇したり、原田の好物である“おいなりさん”をもらうなどして、交流を深める。第4話(5月11日放送)では、里見が手作りの“おいなりさん”を原田に渡す「おいなり返し」がさく裂し、多くの視聴者を歓喜させた。

 そんな自由奔放な里見だが、第6話(5月25日放送)では、里見は嫌々ながらも父親の勧めで見合いをして、結婚が決まっていたことが発覚。結婚式のシーンもあり、白石さんはウェディングドレス姿を披露し、「神々しすぎ」「女神力やべー」「神回だった」と、悶絶(もんぜつ)するファンが急増。また、結婚式に乗り込んできた原田が里見を説得すると、里見は結婚相手に対し「全然」「いや、全く」興味がなかったと、突き放すように答えるなど、天然な振る舞いも見せていた。

 第9話(6月15日放送)では、原田が生徒に暴力をふるったように切り取られた動画が、ネットで拡散されて炎上。原田の処分撤回を求め、先生や生徒らが署名を集めた。その際、里見は署名を多く集めようと、1人で署名を書く“偽装”を行うが、書かれていたのは「マリリン・モンロー」「チャールズ・チャップリン」「ブルース・リー」といった、往年のスターの氏名ばかり。2年3組の副担任の田中(桐山漣さん)から、「嘘だめですからね」と突っ込まれると、里見は「えっ、そんな……」と困惑する表情を見せ、SNSでは「まいやん、1人で必死に歴史上の人物書き殴ってて草」と、笑いが起こった。

 ◇これまでにない役は「楽しい」

 このように、大真面目な顔でボケを連発する白石さんに、たびたび「くそ笑ったwww」「ぶっ飛んでる」とSNSが騒然。インタビューで白石さんも「(反響は)耳に入っています」と笑顔で語っている。また、里見というキャラクターについて、「『大胆な発言をしているのが、逆にいいよね』って言ってくれて、すごくうれしいですね」と話していた。

 これまでのイメージを覆すような役どころを演じたが、「私は今まで、お芝居をやらせていただく中で、王道な清楚(せいそ)な役が多かったので、里見先生みたいにちょっと影があって、いろんなことが言える役は、新しい気持ちで挑めて、とっても楽しいです」と手応えを感じた様子。古田さんも放送前のインタビューで、白石さん演じる里見の活躍に期待を寄せた上で、“女優・白石麻衣”についても「あんな奇麗な顔してるのに、表情もくるくる変わる」と、多彩な表情で魅(み)せるコメディエンヌとしても評価していた。毎回の放送後にSNSをにぎわせたさまざまな盛り上がりは、そうした白石さんのキュートな演技を受けてのものだったといえるだろう。

 22日放送の最終回では、原田のいない学校で、残された2年3組の生徒と先生たちの姿が描かれる。生徒たちは原田がやりたいと言っていた卒業式を計画し、原田を誘う……という展開だ。原田や生徒たちのドラマはもちろんだが、これまで原田に好意を寄せるような描写もあった里見の姿にも最後まで注目したい。

主演・古田新太ら撮了「初めて生徒たち可愛いと思った」 長尾謙杜は「俺スカロス」

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、土曜午後10時)で、主人公・原田のぶお役の古田さん、田中みちる役の桐山漣さんのほか、明智秀一を演じた「King&Prince」の永瀬廉さん、東条正義と若林優馬を演じた「なにわ男子」の道枝駿佑さんと長尾謙杜さんらがこのほど、クランクアップを迎えた。

 花束と2年3組の生徒たちからの寄せ書きを受け取った古田さんは「ありがとうございました。お疲れ様でした。1クール非常に楽しく過ごさせていただきました。初めて学園モノで生徒たちのことを可愛いと思いました(笑い)。35年やってきて初めてです。今度打ち上げでみんなとおいしいお酒を飲みたいと思いますけど、オイラは今日からおいしいお酒を飲みます(笑い)。お疲れ様でした!」とにこやかに、あいさつした。

 最終回では、豪林館学園高校を辞職した原田のために、2年3組だけの“卒業式”を行おうと、明智が提案する……という展開。最終回のクライマックスとなる卒業式のシーンの撮影が終了すると、生徒全員がスタッフに一人ずつ名前を呼ばれ、古田さんから花束を贈られるという、“俺スカ卒業式”が行われた。生徒たちは、撮影での感想などを語りながら、涙する出演者も多数いたという。

 永瀬さんは「皆さん、3カ月間本当にお世話になりました。学園ものは初めてで、古田さん、桐山さんはもちろん、スタッフさん、そしてクラスの皆さんと3カ月間、とても楽しい青春を送れました。もっと人として、そしてお芝居のスキルも上げて、また皆さんとご一緒できたらって思っています。3カ月間、本当にお疲れ様でした! ありがとうございました!」とあいさつ。

 道枝さんは「皆さん、3カ月ありがとうございました! 学園ものは初めてだったので、クラスの子たちとどうなじめるかということは気になっていたんですが、皆さん温かく迎えてくれて本当に楽しかった現場でした。また皆さんとご一緒できるように頑張りますので、よろしくお願いします。ありがとうございました!」と語った。

 長尾さんは「お疲れ様でした! 初めての連ドラで不安が多かったんですが、いざ来てみればすごく温かい現場で本当に楽しかったです。スタッフの皆さんも、ありがとうございました。これから“俺スカロス”が始まると思うんですが、それに耐えて頑張りたいと思います。なにわ男子というグループでこれからもやっていくので、なにわ男子というワードを見たら、頭の片隅でもいいので、『あっ、あいつら頑張ってんねんな』と思ってもらえればうれしいです。ありがとうございました!」とコメントした。

 最終回は6月22日午後10時から放送。

<SNS反響>白石麻衣の署名“偽装”に笑い起こる 「歴史上の人物書き殴ってて草」

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する白石麻衣さん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する白石麻衣さん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)第9話が6月15日に放送され、心がやさぐれた“反抗期全開”の世界史教師の里見萌を演じる、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが、ゲイで女装家の国語教師・原田のぶお(古田さん)の処分撤回を求める署名を“偽装”するシーンがあり、「まいやん、1人で必死に歴史上の人物書き殴ってて草」「まいやん嘘の署名するのやめろw」「1人で署名書いてるまいやん可愛いww」と話題になった。

 第9話は、原田が生徒に暴力をふるったように切り取られた動画が、ネットで拡散されて炎上。原田の処分撤回を求め、教員や生徒らが署名を繰り広げた。その際、里見は署名を多く集めようと、1人で署名を書く“偽装”を行うが、書かれていたのは「マリリン・モンロー」「チャールズ・チャップリン」「ブルース・リー」といった、往年のスターの氏名ばかり。クラス2年3組の副担任の田中(桐山漣さん)から、「嘘だめですからね」と突っ込まると、「えっ、そんな……」と困惑する表情を見せていた。

<SNS反響>白石麻衣がシソンヌ・じろうにいたずら キョロキョロと見回し突っ込むシーンも

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する白石麻衣さん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する白石麻衣さん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)第7話が6月1日に放送され、心がやさぐれた“反抗期全開”の世界史教師の里見萌を演じる、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが、英語教師の広田誠(じろうさん)にいたずらするシーンが放送された。

 教員室で古賀健太(荒川良々さん)が広田さんたちと、怖い話をしていると、広田が怖い話が苦手なことが発覚。広田がテンパりつつ「怖い系? 何系だけ聞かせてくれよ、後生だから」と、古賀に懇願する。2人に囲まれた里見は、キョロキョロと周りを見回しつつ「後生なんだ」と突っ込んでいた。

 さらにエンディング近くのシーンでは、学園の文化祭で24時間耐久マラソンを行うことが決定。里見は「広田先生あんなにびびりなのに、夜の学校大丈夫なんですかね」といい、作業中の広田の後ろに回り込み、冊子を投げ入れて、広田を驚かせていた。

<インタビュー>白石麻衣 女優活動は「緊張の連続」 「俺スカ」撮影の裏側語る

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演している白石麻衣さん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演している白石麻衣さん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で、心がやさぐれた“反抗期全開”の世界史教師の里見萌を演じる、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さん。演じる里見はエキセントリックな役回りで注目度が高く、白石さんの女優としての力量が試される。ソロの女優活動は「緊張の連続です」と語る白石さんに、女優への思いや、撮影現場での古田さんとのエピソードなどを聞いた。

 ◇古田新太の女装は「かわいい!」

 ドラマは、「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立豪林館学園高校を舞台に、原田のぶお(古田さん)が活躍する学園エンターテインメント。白石さん演じる里見は、「乃木坂46」での清楚(せいそ)なイメージとは裏腹に、過激な言葉を連呼するシーンや、古田さんたちが演じる教師陣に対して、強烈な突っ込みを入れる姿が話題になっている。

 撮影現場でのエピソードを聞くと、「古田さんは本当に面白い方。お酒が大好きなので、現場でも『飲んでいる水が本物(の酒)だったらなぁ』とか話していて(笑い)。現場を和ませてくれる、すてきな方だと思っています」とにっこり。

 モデルとしても活躍する白石さんだが、古田さんの女装姿は「私よりもはるかにかわいいですよ!」と絶賛。「身につけている物もベールとか可愛いし、何でも似合っちゃうし、こなせてしまうのはさすがですよね。レースが付いているドレスとか、それを着こなしている古田さんは、すごい!」と言葉を弾ませる。

 アドリブを多用することでも知られる古田さんだが、印象的だった現場でエピソードについて白石さんは「どの回も面白いんですけど、探偵事務所の回(第4話)で、私が『浮気調査がいいです』って言った時の、古田さんのリアクションは……」と思い出し笑い。「テストの時から、ほかの先生も笑っちゃうぐらい、勢いのある反応で。アドリブは勉強になると思って、見させていただいています」と話す。「『語尾をこうした方が、もうちょっと悪く見えるよ』とか、アドバイスをもらっています」と明かして「すごくありがたいです」と感謝していた。

 ◇ソロ活動「いい意味でチャンス」

 乃木坂46での活動と、女優としてのソロ活動の違いについて白石さんに聞いてみた。「乃木坂はグループなので、みんなが集まったときにいい色が出ることが大事」だと感じる一方、女優業は「私一人のお仕事は、いい意味でチャンスだなと思いますが、そこでどこまで成果が出るのかが分からないので、緊張の連続です」と語る。

 「私は若干の人見知りもあるので、初めての現場に行くときは、緊張もしますし、『これできるかな』って不安もあります」と話すが、「でも現場は、キャストの方、スタッフの方、みんな温かい方ばかりなので、リラックスしてできます」と充実感をにじませる。古田さんらキャスト陣からの刺激と、周囲が作り出す温かい雰囲気によって、新境地を切り開いた白石さんの今後に注目だ。

<インタビュー>白石麻衣 ぶっ飛んだ教師役「とっても楽しい」 清楚なイメージとは真逆の姿が話題

白石麻衣さん
白石麻衣さん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で、心がやさぐれた“反抗期全開”の世界史教師の里見萌を演じる、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さん。「乃木坂46」での清楚(せいそ)なイメージとは裏腹に、ドラマでは古田さんたちが演じる教師陣に対して、強烈な突っ込みを入れる姿が、話題になっている。白石さんのパブリックイメージとはかけ離れた、ぶっ飛んだ役柄に「新しい気持ちで挑めて、とっても楽しいです」と話す白石さんに、教師役を演じる感想やSNSの反響など、ドラマに関することを聞いた。

 ◇反響は「耳に入っています」

 ドラマは、「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立豪林館学園高校を舞台に、原田のぶお(古田さん)が活躍する学園エンターテインメント。第6話(25日放送)は、白石さん演じる里見に、スポットを当てたストーリーが展開する。

 里見の登場シーンはこれまで、校門や教員室、保健室などが多かったが、「6話で初めて教壇に立って、生徒のみなさんの前で思いを伝えるという、教師っぽいことをしました」という。実際に登壇してみると、「生徒をまとめる力も必要だし、教師って実際はこんな感じなのかな。大変そうだなと思いました」と、しみじみと語る。

 初回で里見が過激な発言をした際、「まいやんの衝撃発言やばいwww」「くそ笑ったwww」「ぶっ飛んでる」と、SNSが騒然。関連ワードがトレンド入りするなど、大きな反響を集めたが、白石さんは「(反響は)耳に入っています」とにっこり。

 里見は何かと暴走しがちなキャラクターだが、「『大胆な発言をしているのが、逆にいいよね』って言ってくれて、すごくうれしいですね」と語り、「私は今まで、お芝居をやらせていただく中で、王道な清楚(せいそ)な役が多かったので、里見先生みたいにちょっと影があって、いろんなことが言える役は、新しい気持ちで挑めて、とっても楽しいです」「原田先生や、ほかの先生に対して『これってこういうことじゃないですか?』って、突っ込んでいけるので、新鮮です」とケロリとした様子だった。

 ドラマを視聴している乃木坂46メンバーも多いそうで、「長せりふのシーンがあって、それを齋藤飛鳥に『いっぱいしゃべるシーンがあるんだ』って言ったら、撮影当日に『頑張ってね』って連絡をもらいました」と明かしていた。

 ◇見どころは「ウエディングからの一連の展開」

 第6話では、里見が、親が独断で決めた見合いで、医師の財前と結婚し、教師を辞めなければならなくなってしまう。結婚したくないし学校も辞めたくないと悩んだまま、結婚式当日を迎えるが、そんな里見の気持ちを知った原田は……というストーリー。

 見どころについて聞くと、「里見先生は結婚を押しつけられ、本当は結婚したくないし、教師も続けたいという中で、原田先生の言葉で変わっていく場面は、見てほしいです。ウエディングからの一連はすごい展開なので、注目してほしいですね」と語り、「里見先生が自分の思いを、生徒やお父さんに伝えるシーンがあるんですが、そこは里見先生の気持ちがどっと伝わるシーンなので、見てほしいです」とアピールしていた。

 なお、「俺のスカート、どこ行った?」の公式Twitterでは、第6話の式場のシーンで、原田のぶおの決めせりふを予想するクイズを実施。公式Twitterをフォローして、正解と思うせりふを選んでツイートすると、正解者の中から、3組6人にドラマの教室セットの見学&写真撮影ツアーが当たる。

白石麻衣、古田新太と”Wウエディングドレス姿”公開 「全部可愛い」

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の撮影でウエディングドレスを着た古田新太さん(左)と「乃木坂46」の白石麻衣さん=日本テレビ提供
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の撮影でウエディングドレスを着た古田新太さん(左)と「乃木坂46」の白石麻衣さん=日本テレビ提供

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で、古田さん扮(ふん)する原田のぶおと、「乃木坂46」の白石麻衣さん演じる里見萌のウエディングドレス姿が5月22日、公開された。2人のウエディングドレス姿は第6話(25日放送)に登場する。

 白石さんは「ウエディングドレスを着るのは5回目くらいなんですけど、今回は隣に原田のぶお先生がいてくれたので、安心してホッとできました。原田先生のウエディングドレス姿がすごく可愛いんですよ。ドレスも身に着けているものも全部可愛いです」とコメントしている。

 白石さんは、第6話について「台本を読んだときに深い話だなと思いました。自分が親に結婚を決められるとしたら、私だったら諦めたくないし、里見先生も親のためとか考えて葛藤したと思うけれど、原田先生の言葉で救われて変わるんですよね。私と里見先生は似ているところもあるけれど、でも里見先生の方がいい意味で“ぶっ飛んでいて”いいなと思っています(笑い)」と語っている。

 さらに、「今回は教師として教壇に立つシーンもあるんです。学生の時に日直でみんなの前に出て1人でスピーチするというのがあって、私、苦手だったんですよ(笑い)」と話し、「緊張感のあるシーンだし、里見先生の言葉をしっかり伝えたいです。とにかく6話は、どれか一つに絞れないくらいいいセリフがいっぱいあるのとうれしいです」とメッセージを寄せている。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

<SNS反響>第6話は白石麻衣にスポット? 早くも「次回、神回」と期待の声

白石麻衣さん
白石麻衣さん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)第6話の予告編が5月18日に公開され、心がやさぐれた“反抗期全開”の世界史教師の里見萌を演じる、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんにスポットを当てたストーリーが展開されることが、分かった。SNSでは早くも「まいやんたくさんでるやん」「お相手は誰かな?笑」「里見先生回っぽいから、絶対見る」「次回、神回じゃん!!」と、期待の声が上がっている。

 次回予告には「里見先生が結婚!?」という意味深なキャッチコピーが使われ、里見のデスクの引き出しに、「退職願」と書かれた封筒が入っている様子などが映されていた。

<インタビュー>桐山漣、古田新太に振り回される“70点”の副担任が話題に

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する桐山漣さん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する桐山漣さん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?(俺スカ)」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で、原田のぶお(古田さん)のクラス2年3組の副担任の田中みちるを演じ、注目を集める桐山漣さん。田中は、自由奔放で奇想天外な原田に毎日振り回され、何をしても損な役回り。ダメ教師ではないが、優秀とも言い難い「“70点ぐらいの先生”を意識して演じている」と話す。担任の原田を演じる古田さんと、一番近い距離で共演する桐山さんに、役作りや撮影の裏側などを聞いた。

 ◇田中は「頼れない」教師

 桐山さん演じる田中は、松下奈緒さんや白石麻衣さんらが演じる教師陣の中でも、古田さんとの共演シーンがずば抜けて多く、「こんなに出番があると思っていなくて、台本を見てびっくりしました。古田さんとご一緒できるのは役者として、個人として、古田さんの演技をじかに見られて、楽しいです」と笑顔を見せる。

 古田さんはアドリブを多用することでも知られるが、「笑いをこらえるのに必死で、困っていますね(笑い)。何度もリハーサルを重ねると、古田さんも遊びを入れてくるので(笑い)。ユーモアがあって、一緒にお芝居をしていて楽しいです」と笑っていた。

 田中は優秀な教師ではないものの、生徒からも一定の信頼を得ているように見えるが、桐山さんは、「田中は頼れないですよ。自分だったら『こういう先生を頼れない』というのを、体現しているつもりです」ときっぱり。70点の先生を演じる上で「難しいところは、バランス。ダメすぎると先生に見えないし、できすぎると100点の先生になってしまうので、何事もそつなくこなすような演技しています」と話す。

 「70点は、田中のマインド。当たり障りなく、深入りして自分が困ることはない。かと言って、生徒からは嫌われずに、物事を丸く収めたい。無難な道を歩きたい人だと思っています」と説明し、「原田先生が来たことによって、振り回されるさまが、視聴者目線に近い役ですね。原田先生に振り回されつつ、田中も先生として成長していきたいと思っています」と語る。

 ◇「仮面ライダーW」の反響に「うれしい」

 桐山さんは、2009~10年放送の特撮ドラマ「仮面ライダーW」で主人公の一人、左翔太郎を演じて、一躍有名になった。「俺スカ」には、今年2月まで放送された特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)で夜野魁利(ルパンレッド)を演じた、伊藤あさひさんも出演しており、2人のヒーローの共演が、特撮ファンで話題になっている。反響について桐山さんに伝えると、「(仮面ライダーWを演じていたのが)10年前のことなのに、うれしいですね」と笑顔を見せる。

 伊藤さん演じる安岡一道は、原田家に入り浸っている官庁に勤務するエリートという役。学園には赴かないため、今のところ桐山さんとの共演シーンは実現していないが、「田中が原田先生の家にお邪魔することがあれば、共演は可能ですよね」と笑顔を見せていた。

 ◇「僕は原田先生が好き」

 これまで、原田に振り回されてばかりの田中だが、「ストレスを抱えていると思いますよ」と予想し、「1話で胃薬を飲むシーンがあったんですけど、今後は増えていくと思います(笑い)」と冗談を飛ばす。

 また、「自分でもどうなっていくのか興味があるんですけど、田中は佐川先生(大西礼芳さん)のことを好きで、庄司先生(大倉孝二さん)も佐川先生が好きなので、三角関係をもうちょっと描いてほしいな。あれだけでは、終わりたくないですね(笑い)」と希望していた。

 ドラマの見どころを聞くと、「原田先生の違う観点から見た教育論や道理など、僕は原田先生が好きです。初めは違和感あるけど、言っていることは正しいことが多いと思っています。『ザ・学園ドラマ』ではないところが、このドラマと出合えて良かったと思うところ。原田先生独特の観点が、見ている人に驚きを与えて、笑いとしてお茶の間に届いたらいいなと思っています」と話していた。

キンプリ永瀬廉、工場で作業着姿に!? 「俺スカ」第4話の場面写真&メッセージ公開

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」第4話の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」第4話の場面写真 =日本テレビ提供

  俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)の第4話(5月11日放送)の場面写真が公開された。アイドルグループ「King & Prince(キンプリ)」の永瀬廉(ながせ・れん)さん演じる明智秀一が工場で作業着姿になっている様子や、古田さんが探偵の衣装を身にまとっている姿が写し出されている。

 併せて、永瀬さんから第4話の見どころなどに関するメッセージも公開された。永瀬さんは「明智は頭が良く、大人を信用していない部分があるので、友達としゃべっているときと、先生としゃべっているときの違いを意識して演じるようにしています」と役作りについて語っている。そして「明智のグループが物語に大きく関わってくるのが第4話です。話の最後で原田先生が問題を解決するシーンでは、同じグループ内の生徒が原田先生に心を開くきっかけが描かれます。どんな問題が起きるのか、またそれに対して明智が取る行動やせりふに注目してほしいです」と見どころについてコメントしている。

 第4話は、さまざまな職場で仕事をする職業体験が行われ、原田のぶお(古田さん)は、東条(道枝駿佑さん)、若林(長尾謙杜さん)ら生徒を連れて探偵事務所へ行くと、人捜しを任される。一方、工場で職業体験をしていた明智(永瀬廉さん)たちは、工場長に邪魔者扱いされて仕事をさせてもらえず、工場長と衝突した明智は、他の生徒を連れて工場から引き上げてしまう……という展開。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

<インタビュー>伊藤あさひ「俺スカ」の振り切った演技「ヒーローをやっていたからできた」 初回は「ルパパト」メンバーと視聴

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する伊藤あさひさん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する伊藤あさひさん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?(俺スカ)」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で、原田のぶお(古田さん)の自宅に入り浸る安岡一道を好演する、伊藤あさひさん。今年2月まで放送された特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(ルパパト)」(テレビ朝日系)終了後初のドラマ出演で、振り切った演技を見せている。コミカルなキャラクターは「ヒーローをやっていたからできた」と話す伊藤さんに、ヒーローを演じて得たものや、ドラマの撮影秘話などを聞いた。

 ◇「新しい伊藤あさひを見せたい」

 「俺スカ」で演じる安岡は、東大出身で官庁に勤務するエリートであり、原田の娘・糸(片山友希さん)の元彼。糸とは別れているが、原田を慕い、原田家に入り浸っているという役どころだ。「ルパパト」では金髪がトレードマークだった伊藤さんだが、「俺スカ」では髪を黒く染め、ことあるごとにドヤ顔でエリート自慢をする、振り切ったコミカルなキャラクターを演じている。

 伊藤さんは「単純にうれしかったです」とにっこり。現在、19歳だが「別のドラマでは、26歳のイタリア人役をやったこともあって、今回も年上。何で年上の役のオファーがあるのかなと思っていました」と話す。

 これまでのイメージを覆すようなユニークな立ち回りには、反響も大きく「いろんな人から『良かったよ』って言ってもらいました。これから役者として、新しい伊藤あさひを見せていけたらと、思っています」と語る。黒髪になった感想を聞くと「金髪はすごくケアが大変だったので、大分楽になりました(笑い)。やっと自分の髪に戻ってきたという感じです」と笑顔を見せる。

 年上の東大卒のエリートを演じるには、苦労も多かったそうで、「どういうふうに表現したらいいのか分からなくて、めっちゃ調べました」と明かし、「マンガとかあればよかったんですけど、こういうキャラクターはなかなかいなくて……。台本の中から読み取れるものを表現していますね」と苦笑い。「背筋が伸びていたり、上品さというか、官僚らしい仕草、立ち居振る舞いには気をつけています」と語っていた。

 ◇初回は結木滉星らと視聴 反応は?

 特撮ドラマの出演で得たことは「自信が一番大きいですかね」と話す伊藤さん。「1年間ずっとやってきて、いろんな人に見てもらって、自分を知ってもらえて。今は、ある意味、ヒーローをやり遂げて、味方がたくさんいるという状況なので、その人たちに恩返ししたいと思ってやっています」と語り、「安岡はぶっ飛んだ役なんですけど、その思い切りは、ヒーローをやっていたからできたと思います。振り切ったヒーローを演じたことで、1年間を通して変わっていったこともあります。演技に対する思い切りとか、挑戦してみようと思えるようになりました」と声を弾ませる。

 初回放送時は、「ルパパト」のファイナルライブツアー中だったので、「ルパパト」の出演者と一緒にドラマを見たそうで、「結木滉星くんから『どこに出ているの?』って言われて。安岡のシーンで、ニヤニヤ笑ってくれたのはうれしかったです」と振り返った。

 ◇学園シーンに出演熱望も…

 ドラマでは古田さんとの出演が多く、「古田さんがいろいろとアドバイスをくださるので、すごく勉強させていただいています。今まで、同世代の人とばかりお芝居をしていたので、こんなに近い距離で大先輩とお芝居をさせていただくのはうれしいことです」と語る。

 一方、学園シーンの出演がないため、「(生徒役の方と)スタジオですれ違ったときに、どうしようって思っちゃいますね。あいさつをした方がいいのか、もどかしくて(笑い)。年齢的には、僕は(実年齢は)学生寄りなんで、仲良くしたいんですけど、なかなか関わる機会がなくて」と苦笑い。学園シーンの出演も熱望しているが、「(スタッフに)『学校に行きたいです』って言ったら、流されちゃいました」と笑っていた。

 安岡は「アクセントを加えられる」役回りだと分析。「プライベートを過ごしている原田を相手に、やりたい放題やらせてもらっています(笑い)。作品の癒やしポジションになりたいと思っていて、『安岡は明るくて、バカだな』と、軽い感じで見てもらいたいです。ドラマの中の息抜きとして見てもらえれば」とアピールしていた。

<インタビュー>阿久津仁愛、テニミュで注目の2.5次元俳優 「俺スカ」でドラマ初出演は「不安だったけどうれしい」

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で光岡慎之介を演じる阿久津仁愛さん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で光岡慎之介を演じる阿久津仁愛さん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?(俺スカ)」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で、ゲイで女装家の国語教師・原田のぶおが担当する2年3組の生徒で、不登校の光岡慎之介を演じる阿久津仁愛(あくつ・にちか)さん。阿久津さんは、ミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズンで越前リョーマ役を演じ、2.5次元俳優として注目を浴びる若手俳優の一人で、「俺スカ」で初めて、連ドラ出演を果たした。「不安な気持ちがあったけど、うれしかった」と語ると阿久津さんに、ミュージカルとドラマの違いや、撮影秘話などを聞いた。

 ◇いろいろな役に挑戦したい

 阿久津さんは2000年12月23日生まれ、栃木県出身の18歳。2015年の「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを獲得し、芸能界入り。16年から始まったミュージカル「テニスの王子様」の越前リョーマ役に抜てき。また、日本テレビ系のバラエティー番組「有吉反省会」で、タピオカに大はまりしていることを明かし、話題になった。

 ドラマは、「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立豪林館学園高校を舞台に、ゲイで女装家の教師・原田のぶおが活躍する学園エンターテインメント。4日の第3話では、阿久津さん演じる光岡にスポットが当たる。光岡は1年生の時は成績優秀だったが、2年生になると成績も低迷し、不登校気味になっている生徒。第3話では、光岡が不登校になったきっかけや、家庭の事情などが描かれる。

 阿久津さんは、ドラマ出演が決まった時の心境について「不安な面や緊張するなという気持ちがあったけど、うれしかったです」と明かし、「光岡は、自分とは似ていないので、その分突き詰められると思っています。これから自分がレベルアップするためにも、いろいろな役に挑戦してみたいとも思いました」と語る。
 
 ミュージカルとテレビドラマの違いについて「ミュージカルは1~2カ月かけてけいこして、固まったものを披露して、本番のお客さんの反応でもいろいろと変化していきます。テレビドラマはお客さんの生の反応がないのが、一番大きいですね。段取りして、テスト、本番のテンポが速いのもあるので、もっと勉強しないと」と話していた。

 ◇クラスメートとの初共演は「緊張しました」

 初回では、校門前に来たものの、引き返してしまうシーンのみの出演だった。それでも「少ないながらも、もっとやれるという反省点が多くありました。いろいろと考えすぎちゃいました」とストイックな姿勢。「光岡は、普段は自分を隠しているようなキャラクター。声のトーンや表情など、もっと改善できたかな……」と語る。

 第3話で、光岡にスポットが当たることは「うれしいです」とにっこり。これまで、クラスメートと一緒に撮影することもなかったが「意外とすんなり」教室に入っていけたそう。クラスメートとの「リアルな気まずさは、光岡と自分がリンクしていて、演じるのに役立ちました。緊張しましたけど、みんな優しくて、今までいたかのような気持ちでした。撮影ぐらいには『俺、(前にも)教室に来てたっけ?』って思えるぐらい」と笑っていた。

 第3話では、テスト当日、校門の前で光岡と会った里見(白石麻衣さん)が、光岡の手を引いて教室へ連れていく。光岡は父を亡くし、働く母親(須藤理彩さん)の代わりに幼い弟妹の面倒を見ており、経済的な事情で、将来の目標をあきらめようとしていた。一方、テストの採点をしていた里見は、光岡と隣の席の生徒の答案にまったく同じ答えが書かれていることに気付く。光岡がカンニングをしたという疑いが高まり……という展開。

 3話の見どころについて「原田先生は、学校自体を変えてしまうような、影響力のある先生。先生が学校に来る前と後の、光岡の変化をわかりやすく表現しました。光岡が一度、1年生のころにリセットする空気感とかに注目してください」とアピールしていた。

伊藤あさひ「ルパパト」夜野魁利が黒髪姿で新境地 コミカルな役に大反響

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する伊藤あさひさん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する伊藤あさひさん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?(俺スカ)」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で、原田のぶお(古田さん)の自宅に入り浸り、やたらと「東大出」「エリート」をアピールする、個性的なキャラクター・安岡一道が話題になっている。安岡を演じるのは、今年2月まで放送された特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(ルパパト)」(テレビ朝日系)で、金髪がトレードマークの夜野魁利(ルパンレッド)を演じた伊藤あさひさん。「俺スカ」では髪を黒く染め、振り切ったコミカルなキャラクターを演じ、新境地を切り開いている伊藤さんの魅力に迫る。

 伊藤さんは2000年1月19日生まれ、東京都出身の19歳。2017年に放送された、天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)で俳優デビューすると、翌年2月に放送開始した「ルパパト」の夜野魁利(ルパンレッド)で初主演を果たした。スターの階段を駆け上がる、注目の若手俳優だ。

 「俺スカ」で演じる安岡は、東大出身で官庁に勤務するエリートであり、原田の娘・糸(片山友希さん)の元彼。糸とは別れているが、原田を慕い、原田家に入り浸っているという役どころだ。髪を黒く染め、これまでにないビジュアルを披露したことで、「レッドからグレーに!」「髪形違うと印象違う」とファンを歓喜させた。

 また、ことあるごとにドヤ顔でエリート自慢する姿が「めっちゃかわいい」「いい笑顔」「うざい感じが面白い」と反響を呼んでいる。安岡はエリートなのに天然発言も多く、どこかぶっ飛んでいて、ユーモアで憎めないキャラクター。「ルパパト」の魁利とは違った魅力にあふれており、伊藤さんの新境地ともいえそうだ。

 なお、「俺スカ」には、09~10年放送の特撮ドラマ「仮面ライダーW」で主人公の一人、左翔太郎( 仮面ライダーW)を演じた桐山漣さんも、学園の教師・日本史の田中みちる役で出演。これまでに2人の共演シーンは実現していないものの、特撮ファンの熱視線を集めている。

 伊藤さんは今年1月に開かれた自身のカレンダー発売イベントで、「(昨年は)俳優という職業に成長を感じられた1年だった」と話し、今後について「自分は俳優一本でやっていきたいので、ドラマや映画に出演していければ」と語っている。「俺スカ」で演技の幅を広げた、伊藤さんの姿に注目だ。

<インタビュー>高橋ひかる キラキラ系おしゃれ番長役に挑戦 普段は「キラキラしたいけど、できない女子」

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で川崎結衣を演じる高橋ひかるさん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で川崎結衣を演じる高橋ひかるさん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で、ゲイで女装家の国語教師・原田のぶおが担当する2年3組の生徒の川崎結衣を演じる高橋ひかるさん。明るくて、友達も多いキラキラ女子で、ファッションにも気を使い、巻き髪にピンクのカーディガンを羽織る“オシャレ番長”という設定だ。自身は「キラキラしたいけど、できない女子」と苦笑いする高橋さんに、本作への思いや、撮影の裏側などを聞いた。

 ◇制服姿に「初めてでうれしい」

 ドラマは、「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立豪林館学園高校を舞台に、ゲイで女装家の教師・原田のぶおが活躍する学園エンターテインメント。27日の第2話では、高橋さん演じる川崎にスポットを当てたストーリーが展開される。

 高橋さんはこれまで、2017年にNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で信濃からやってきた謎の少女・高瀬、18年に日本テレビ系の連続ドラマ「高嶺の花」でコスプレ少女・原田秋保を演じて注目された。現在高校3年生で、女優やモデルとして活躍する高橋さんは、役柄について「おしゃれ番長のイケイケ感というか、キラキラ感は、(普段の自分と)近いものではなかったので(笑い)。どんな感じでやろうかと、楽しみながら(撮影を)迎えました」と話す。
 
 “おしゃれ番長”として制服を着ることは「うれしいです。今までは制服を着ても、スカートが長かったりとか、真面目な女の子を演じることが多かったので」とにっこり。本作は「巻き髪にしてみたり、ネイルにツヤ感を出してみたり、本当におしゃれ番長っぽくして。今っぽいと思っています(笑い)」と明かす。

 ◇古田新太の女装は「女子力高そう」

 本作には人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんをはじめ、関西ジャニーズJr.で「なにわ男子」の道枝駿佑さんと長尾謙杜さん、阿久津仁愛さん、須藤蓮さん、堀家一希さん、竹内愛紗さん、箭内夢菜さんら、同年代の若手アイドルや俳優が生徒役で出演する。

 仲のいい共演者について聞くと、「皆さん仲良くさせていただいています」と明かし、「中でも(川崎が所属する)チア部のメンバーと仲が良く、本当にみんなと楽しく、わいわいさせていただいています」と語る。プライベートでは少し前まで、人狼ゲームにはまっていたそうで、「最近はなかなかできなかったのですが、久しぶりにみんなとやりたいなって思いました」とも話していた。

 インパクトの強い古田さんの女装でも話題の本作だが、高橋さんは「おしゃれだと思います」と語り、「カラータイツとか、ネイルも可愛らしいターコイズブルーで、高いヒール。女子力が高そうで、あんな方がいたらすごい」と、目を輝かせる。

 現場での古田さんは、アドリブで笑わせようとしてくるといい、「笑わないようにするのが大変です(笑い)。毎々、何度見ても面白くて、私も必死です」と明かす高橋さん。「次はどんなことをしてくださるのか、ワクワクします」と笑っていた。

 第2話では、残業代なしで補習授業に付き添わなければならなくなり、不満たらたらの原田。そんな中、チア部顧問が産休に入ったため、高橋さん演じる川崎をはじめチア部員たちは困っていた。チア部の顧問をやれば補習担当が免除になり、手当がもらえると聞いた原田は、引き受けることに。大会が迫り、朝から晩まで猛練習を重ねるチア部だったが、川崎が足をけがしてしまう……という展開。

 ドラマの見どころについて聞くと、「高校生らしさや先生とどう向き合っていくのか。私たちも向き合っていきながら成長していくので、川崎にも、生徒のみんなにも注目してください」とアピールしていた。

<SNS反響>白石麻衣の下ネタ連呼に視聴者騒然… 「衝撃発言」「ぶっ飛んでる」とSNS反響

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する白石麻衣さん =日本テレビ提供
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する白石麻衣さん =日本テレビ提供

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)初回が4月20日、放送された。心がやさぐれた“反抗期全開”の世界史教師の里見萌を演じる、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが、下ネタを連呼するシーンが放送され、視聴者が騒然となった。

 話題となったのは、学校に赴任してきた、ゲイで女装家の国語教師・原田のぶお(古田さん)のために開催された、歓迎会のシーン。里見は興味津々の様子で、原田の下半身について尋ね、下ネタを連呼。これについて、SNSでは「まいやんの衝撃発言やばいwww」「くそ笑ったwww」「ぶっ飛んでる」と大反響。関連ワードがトレンド入りした。

<ドラマ紹介>「俺のスカート、どこ行った?」 ゲイで女装家の高校教師を古田新太が熱演 第1話あらすじも

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」初回の場面写真 =日本テレビ提供
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」初回の場面写真 =日本テレビ提供

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)が4月20日スタートする。「ダイバーシティ(多様性)」を掲げた私立高校が舞台の学園ドラマ。古田さんは52歳のゲイで女装家の国語教師・原田のぶおを演じる。のぶおのキャラクター監修は、女装パフォーマーのブルボンヌさんらが担当する。

 人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんをはじめ、関西ジャニーズJr.で「なにわ男子」の道枝駿佑さんと長尾謙杜さん、阿久津仁愛さん、須藤蓮さん、堀家一希さん、高橋ひかるさん、竹内愛紗さん、箭内夢菜さんら、注目の若手アイドルや俳優が生徒役で出演する。

 「ダイバーシティ」を掲げる学園の個性豊かな教師陣を演じるのは、松下奈緒さんやアイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さん、いとうせいこうさん、荒川良々さん、大倉孝二さん、お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうさん、桐山漣さんと、個性派ぞろいだ。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

 初回は、真の多様性を生徒や教師に学んでもらうため、ゲイバーで働いていた教師として迎え入れられた原田。2年3組の担任になるも、生徒たちは反発。明智(永瀬さん)と、東条(道枝さん)は、原田を辞めさせる作戦を企てる。数日後、原田は、校舎裏で昼食を食べている2年3組の生徒・若林(長尾さん)を発見。人と話すことが苦手な若林は、常にマスクをしているが、原田は無理に、若林のマスクを取ろうとする。その後若林は、「原田先生を辞めさせろ!」と叫び、騒ぎを起こす……という展開。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

<インタビュー>古田新太 学園ドラマで独自のこだわり 「優しいと思われたら終わり」

連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で主演を務める古田新太さん
連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で主演を務める古田新太さん

 4月20日にスタートする連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)で主演を務める、俳優の古田新太さん。ドラマは「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立高校が舞台の学園ドラマで、古田さんは同校に赴任した52歳のゲイで女装家の国語教師・原田のぶおを演じる。子役には「話しかけない」と、独自のこだわりを見せる古田さんに、ドラマの見どころや、女装姿などについて聞いた。

 ◇「怖い」と思われるぐらいがちょうどいい

 ドラマは、「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立豪林館学園高校を舞台に、ゲイで女装家の教師・原田のぶおが活躍する学園エンターテインメント。古田さん演じる原田のぶおのキャラクター監修は、女装パフォーマーのブルボンヌさんが担当する。

 本作には人気グループ「King & Prince」の永瀬廉さんをはじめ、関西ジャニーズJr.で「なにわ男子」の道枝駿佑さんと長尾謙杜さん、阿久津仁愛さん、須藤蓮さん、堀家一希さん、高橋ひかるさん、竹内愛紗さん、箭内夢菜さんら、注目の若手アイドルや俳優が生徒役で出演する。

 そんな“生徒”たちについて聞くと「みんな可愛いですね、それぞれ」「初回から、30人に対してまくし立てるセリフがあって。それで名前も覚えたので、今は大分認識できるようになった」と話す。

 だが、「生徒たちがうるさい(笑い)」ともいい、「10代、20代前半のやつらばっかりだから、一時も黙っていなくて、ずっと遊んでいたり、お菓子食べてしゃべっていたり。人数も多くて、みんなはしゃいでいるから、前室が暑くて」と苦笑い。

 生徒役の俳優たちとともに同室で待機することも多いが、「まだ『せんせ~』みたいなことにはなっていない」そうで、「子役が多い現場の鉄則なんですけど、話しかけない(笑い)」と独自のこだわりを明かす。

 古田さんは「娘役とか、子ども役に話しかけて、『このおじさんは優しい』と思われたら、おしまい。『古田さんは怖い』ぐらいがいいあんばいです」と持論を展開。ただ、「絡みが多い生徒、若林(長尾さん)とか東条(道枝さん)、明智(永瀬さん)とかは、ちょっと話しかけてくれるようになってきましたね」と目尻を下げていた。

 ◇女優・白石麻衣は「表情がくるくる変わる」と期待感

 「ダイバーシティ」を掲げる学園の個性豊かな教師陣を演じるのは、松下奈緒さんやアイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さん、いとうせいこうさん、荒川良々さん、大倉孝二さん、お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうさん、桐山漣さんと、これまた個性的な面々だ。「奈緒ちゃんとは何本もやっているし、荒川とか大倉とかは、いつも飲んでいる仲間」と、古田さんと気心が知れた役者が多い。

 そんな中、初共演となった白石さんについては「気が合います」と明かし、「白石さんがやっている里見先生という役が、ちょっとすっとぼけた役で、『ぽこちん』とか言っちゃうんですよ(笑い)。楽しんでやってくれている気がしますし、『こうしてみなよ』って言うと、やってくれるんですね。ノリがいいんですよね」と語る。

 女優としての白石さんについて聞くと、「今はスパイスとして出演しているけど、(白石さん演じる)里見先生が活躍する回もあると思うんですね。そうなってきたら、楽しいかなと思いますね。あんな奇麗な顔してるのに、表情もくるくる変わるし」と、期待感を抱いていた。

 ◇マニキュアを塗ったまま生活

 古田さん演じる原田は、ゲイで女装家という複雑な役割だが、「演じていて難しいことはない」ときっぱり。舞台「ロッキー・ホラー・ショー」など、過去に女装家を演じていた経験もあるが、「改めて見直すようなことはないですね」と語る。また、古田さんは女装家やゲイの友人も多く、20代の頃は新宿二丁目に「入り浸っていた」という。

 原田の役作りでこだわったことは「なるべく、品を作らない」で、「のぶおさんはゲイで、男が好きで、ただ趣味や思考、表現が女装というだけ。普段、家に帰ったりしたら、基本的にはただのおっさんだから。マツコ(・デラックス)さんやミッツ(・マングローブ)さんとかも、女装家ではあるんですけど、本来の思考は男性なんだと思うんですね。だから、物言いもはっきりしているし、品を作るわけでもない。可愛いという理由で女装しているんだと思うんで」と話す。
 
 インタビュー中はメークをしていなかった古田さんだが、両手の爪にはターコイズブルーのマニキュアが塗られていたままだった。聞くと、「(最初は)別のドラマがあったので、マニキュアも取って、塗ってを繰り返していたんですけど、今はこっちばかりだから、マニキュアも塗ったまま居酒屋に行ったり、生活しています。面倒くさいもん」と告白。

 マニキュアを塗った姿はずいぶんと目立つようで、周囲からは「(マニキュアのまま)ジョッキを両手でつかまないでと注意される」と、笑いながら明かしてた。

 ◇若手俳優を「応援してほしい」

 初回では、真の多様性を生徒や教師に学んでもらうため、ゲイバーで働いていた教師として迎え入れられた原田。原田は2年3組の担任になるも、生徒たちは反発。明智(永瀬さん)と、東条(道枝さん)は、原田を辞めさせる作戦を企てる。数日後、原田は、校舎裏で昼食を食べている2年3組の生徒・若林(長尾さん)を発見。人と話すことが苦手な若林は、常にマスクをしているが、原田は無理に、若林のマスクを取ろうとする。その後若林は、「原田先生を辞めさせろ!」と叫び、騒ぎを起こす……という展開。

 最後にドラマの見どころについて聞くと、「若い方がたくさん出ているから、見ているとごひいきが出てくると思うんです。そういう人たちを一生懸命、応援してほしい。各話、メインとなる回も出てくるので。全体を通して、明智がどうしてこうなったのか、のぶおがどうして先生になったのかとか、分かっていく仕組みになっています。ぜひ、続けてごらんください」と呼びかけた。 

白石麻衣が教師役に初挑戦 “反抗期全開”教師に「精いっぱい頑張ります」

新ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する「乃木坂46」の白石麻衣さん=日本テレビ提供
新ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する「乃木坂46」の白石麻衣さん=日本テレビ提供

 アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが、4月20日スタートの古田新太さんの主演連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演する。白石さんは、憧れの教師になったものの、自分の理想からかけ離れた教育現場を目の当たりにし、完全に心がやさぐれてしまった“反抗期全開”の世界史教師の里見萌を演じる。

 教師役は今回が初めてで、白石さんは「この度、初めて教師役を演じさせていただくことになりました。主役の古田新太さんを始め、 とても楽しそうなキャストの方々との撮影が今からとても楽しみです」と話し「一つ一つ丁寧に 演じながらも、たくさん笑っていただけるような作品になるように精いっぱい頑張ります」と意気込んでいる。

 また、原田のぶお役の古田さん、長井あゆみ役の松下奈緒さん、明智秀一役の「King&Prince」の永瀬廉(れん)さん、東条正義役の「なにわ男子」の道枝駿佑さん、若林優馬役の「なにわ男子」の長尾謙杜さんが登場したポスタービジュアルも公開された。

=日本テレビ提供
=日本テレビ提供

高橋ひかる、「俺のスカート、どこ行った?」でおしゃれ番長の生徒役

ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する高橋ひかるさん (C)河野英喜
ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する高橋ひかるさん (C)河野英喜

 女優でモデルの高橋ひかるさんが、4月20日から放送される古田新太さんの主演連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演する。高橋さんは、古田さん扮(ふん)する、ゲイで女装家の国語教師・原田のぶおが担当するクラス生徒の川崎結衣役で出演。明るくて、友達も多いオシャレ番長という設定だ。

 高橋さんは「古田新太さん演じる、一風変わった、ゲイで女装家の先生とどう向き合っていくのか私自身もとても楽しみにしていますし、『オシャレ番長』というキャラクターもしっかり務め上げたいと思います」と意気込んでいる。

 ◇高橋ひかるさんのコメント

 最初にお話を聞いたときに、とてもワクワクしました! 企画がすごく面白いですし、私自身4月で高校3年生になる現役高校生なので、同世代の役を演じさせていただくので“学生らしさ”を全面に出して演じていきたいと思います! 古田新太さん演じる、一風変わった、ゲイで女装家の先生とどう向き合っていくのか私自身もとても楽しみにしていますし、「オシャレ番長」というキャラクターもしっかり務め上げたいと思います。初めてご一緒するキャストの方が多くて緊張しますが、作品を盛り上げられるように頑張ります!

伊藤あさひ、ルパパト“ルパンレッド”が古田新太主演連ドラに出演 桐山漣らも

新ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する伊藤あさひさん(左)と桐山漣さん=日本テレビ提供
新ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する伊藤あさひさん(左)と桐山漣さん=日本テレビ提供

 特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日系)のルパンレッド/夜野魁利を演じた伊藤あさひさんが、4月スタートの古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)に出演することが、分かった。いとうせいこうさん、荒川良々さん、大倉孝二さん、「シソンヌ」のじろうさん、桐山漣さん、大西礼芳さん、小市慢太郎さん、片山友希さん、田野倉雄太さん、中川大輔さんの出演も発表された。

 いとうさんは古田さん演じるゲイで女装家の国語教師・原田のぶおが勤務する高校の校長、荒川さんは物理の古賀先生、大倉さんは体育の庄司先生、じろうさんは英語の広田先生、桐山さんは日本史の田中先生、大西さんは養護教諭の佐川先生、小市さんは古文の矢野先生、片山さんはのぶおの娘・原田糸、伊藤さんは糸の元彼・安岡一道、田野倉さんは美術の岡田先生、中川さんは化学の須長先生を演じる。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供

King&Prince永瀬廉、「関西ジャニーズJr.」道枝駿佑&長尾謙杜 “ゲイで女装家”古田新太の教え子に

4月スタートの新連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する「King&Prince」の永瀬廉さん(中央)、「なにわ男子」の長尾謙杜さん(左)と道枝駿佑さん=日本テレビ提供
4月スタートの新連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する「King&Prince」の永瀬廉さん(中央)、「なにわ男子」の長尾謙杜さん(左)と道枝駿佑さん=日本テレビ提供

 人気グループ「King&Prince」の永瀬廉(れん)さんが、4月20日から放送される古田新太さんの主演連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演する。関西ジャニーズJr.内のグループ「なにわ男子」の道枝駿佑さんと長尾謙杜さんの出演も発表された。永瀬さんは、古田さん扮(ふん)する、ゲイで女装家の国語教師・原田のぶおが受け持つ2年3組の生徒の明智秀一を演じる。道枝さんと長尾さんも2年3組の生徒、東条正義、若林優馬をそれぞれ演じる。

 明智はのぶおに挑戦的な態度をとるクラスの圧倒的リーダー格で、東条はクラスの中心にいながらも複雑な心境を抱えているという役どころ。若林はクラスの中心にいる明智や東条と違い、教室の端にひっそりとたたずんでいるキャラクター。

 ◇永瀬廉さんのコメント

 僕が演じる明智は、頭が良くて女の子に対する態度はちょっと冷たくてモテない、でもクラスの中心人物。明智の言動が物事を左右したりするので、生徒をまとめるリーダーっぽさを意識して頑張りたいと思います。

 学園ドラマに初めて出させていただきますが、明智のちょっと悪い部分を演じられることと、学生ならではの登下校のシーンがすごく楽しみです(笑い)。

 古田さんは大先輩すぎて、もうすでに緊張しています。僕の人見知りなところが出てしまいそうですが、大先輩の演技を近くで見られるのはすごくありがたい経験なので、ドラマではしっかり関係性が築けるよう台本を読み込んで撮影に臨みたいと思います。

 道枝と長尾からもいろいろ相談されたら、答えてあげられるようにしていきたいし、一緒に役に向き合っていいものを作っていけたらなと思います。

 ◇道枝駿佑さんのコメント

 学園ドラマなので、教室のシーンがどういうふうになるのか楽しみです。明智役の永瀬君と若林役の長尾と協力しあって、明るい撮影現場にしていきたいです。そして、撮影と撮影じゃないときの切り替えをちゃんとします! 「明智!」から「永瀬君!」にすぐ切り替えます! 秒で!(笑い)。 

 主演の古田新太さんは舞台を見に行かせていただいたことがあって、ものすごく圧倒されましたし、舞台と映像とでは見方が変わると思うので、共演させていただき、勉強したいと思っています。

 ◇長尾謙杜さんのコメント

 以前から学園ものに出たいと思っていたので、今回は出演させていただけることになって、ものすごくうれしいです! 

 普段、学校では明るいのですが、暗い性格の役なので新しい挑戦として頑張りたいです。明智や東条と違い、暗い若林がどう変わっていくのかというところにも注目して見ていただけたらなと思います。同じグループのミッチー(道枝さん)がいることで一人で出るより安心感はありますし、永瀬君と共演できるのはうれしいです。しゃべらんかったら賢そうに見えるって言われるんですけど、永瀬君からは初めて会った時から「お前、あほやろ」って言われているので、バレないようにしたいです(笑い)。

 古田さんの印象は……まだお会いしてお話しさせていただいたことがないので少し怖い方なのかな?というイメージですが、古田さんの背中を見ながらドラマを頑張って、成長できたらなと思います。

松下奈緒、「俺のスカート、どこ行った?」で数学教師役 古田新太の美脚「驚きました」

新ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する松下奈緒さん=日本テレビ提供
新ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に出演する松下奈緒さん=日本テレビ提供

 女優の松下奈緒さんが、4月20日から放送される古田新太さんの主演連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、土曜午後10時)に出演する。古田さん扮(ふん)する、ゲイで女装家の国語教師・原田のぶおの同僚で数学教師の長井あゆみを演じる。

 長井は「私に任せていただければ、偏差値を10上げてみせます」という、確固たる信念に基づき指導をする容姿端麗な数学教師で、生徒たちの偏差値を上げるためには自分を犠牲にすることもいとわない。自分の理想とかけ離れた教育を施す原田のぶおと衝突を繰り返すというキャラクターだ。



 ◇大倉寛子プロデューサーのコメント

 初めて松下さんにお会いしたとき、あまりにもすてきで息が止まりました! 松下さんが持っている唯一無二の存在感を生かして、思い切って演じてほしいと思っています。古田新太さん演じる主人公・原田のぶおとの衝突するお芝居、期待しています!

=日本テレビ提供
=日本テレビ提供

古田新太、新ドラマでゲイで女装家の高校教師に

4月20日スタートの連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で主演を務める古田新太さん=日本テレビ提供
4月20日スタートの連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で主演を務める古田新太さん=日本テレビ提供

 俳優の古田新太さんが、4月20日にスタートする日本テレビ系の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の主演を務めることが3月5日、明かになった。ドラマは「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立高校が舞台の学園ドラマで、古田さんは同校に赴任した52歳のゲイで女装家の国語教師・原田のぶおを演じる。

日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供
日本テレビ提供


 ドラマは、「ダイバーシティ」宣言を掲げた私立豪林館学園高校を舞台に、ゲイで女装家の教師・原田のぶおが活躍する学園エンターテインメントが描かれる。原田のぶおのキャラクター監修は、女装パフォーマーのブルボンヌさんが担当する。

 「俺のスカート、どこ行った?」は、4月20日から毎週土曜午後10時に放送。

  ◇大倉寛子プロデューサーのコメント

 大好きな俳優の古田新太さんがゲイで女装家の高校教師を演じてくれる。正直、緊張しかありません。破天荒だけど愛情たっぷりの原田のぶお先生の言動、生き方を通じて、何かを変えることができるかもしれない、という少しの原動力が見てくれた人たちに生まれるとすてきだなと思っています。自分の学生時代に原田のぶお先生に出会っていたら、自分の学校に原田のぶお先生がいたら、そんな気持ちでワクワクしながら、毎週見てもらえるような痛快で明るい学園ドラマを真摯(しんし)につくりたいと思います。

日本テレビ提供
日本テレビ提供

俺のスカート、どこ行った?日本テレビ系
2019年4月20日にスタート 毎週土曜午後10時に放送