小説王 ニュース

白濱亜嵐、フジテレビドラマ初主演で“一発屋”の作家に 小柳友、桜庭ななみも出演

4月スタートの連続ドラマ「小説王」に出演する(左から)小柳友さん、白濱亜嵐さん、桜庭ななみさん
4月スタートの連続ドラマ「小説王」に出演する(左から)小柳友さん、白濱亜嵐さん、桜庭ななみさん

 ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の白濱亜嵐さんが、4月スタートの連続ドラマ「小説王」(フジテレビほか)に主演することが3月5日、分かった。白濱さんが同局のドラマで主演を務めるのは初めて。小柳友さんと桜庭ななみさんの出演も発表された。白濱さんは“一発屋”の作家の吉田豊隆、小柳さんは吉田と“バディー”を組む編集者の小柳俊太郎、桜庭さんはヒロインの佐倉晴子を演じる。


 ドラマは、早見和真さんの小説「小説王」(小学館)が原作。物語は、過去に一度大きな賞を受賞したものの、その後は鳴かず飛ばずで“一発屋”状態の作家・豊隆(白濱さん)が自らの才能の限界を感じていた時に、疎遠になっていた幼なじみの編集者・俊太郎(小柳さん)、吉田のファンである晴子(桜庭ななみ)と出会い、活字離れ、出版不況が叫ばれている今の時代を1冊の本の力で変えようと、出版業界に壮大なケンカをしかけていく……という内容。

 ドラマは2019年4月22日から放送。全10話。配信サイト「FOD(フジテレビオンデマンド)」で先行配信される。アジア圏で配信予定。

小説王フジテレビほか
2019年4月22日から放送。全10話。
配信サイト「FOD(フジテレビオンデマンド)」で先行配信