緊急取調室 第3シーズン あらすじ

緊急取調室 第3シーズンあらすじ

 ドラマ「緊急取調室」第3シーズンは、女優の天海祐希さん主演の刑事ドラマの最新シリーズ。2019年54月から放送。田中哲司さん、速水もこみちさん、鈴木浩介さん、大倉孝二さん、でんでんさん、小日向文世さんら最強取り調べチーム“キントリ”のメンバーも集結する。天海さんは2年ぶりの連ドラ主演となる。

 「緊急取調室」は、可視化設備の整った特別取調室で容疑者を取り調べる専門チーム“キントリ”のメンバーたちが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。井上由美子さんによるオリジナル脚本で、第1シーズンは2014年1月期、第2シーズンは17年4月期に放送され、15年9月にスペシャルドラマも放送された。

 第3シーズンでは被疑者にもかかわらず、さまざまな立場の“油断ならぬ女たち”がキントリチームを翻弄(ほんろう)する中、決死の覚悟で事件の裏にある真実を暴いていく。

ドラマ「緊急取調室 第3シーズン」のあらすじは

<ドラマ紹介>「緊急取調室」 天海祐希主演ドラマの第3シーズン 塚地武雅が新メンバーに 第1話あらすじも

ドラマ「緊急取調室」第3シーズンの第1話の1シーン(C)テレビ朝日
ドラマ「緊急取調室」第3シーズンの第1話の1シーン(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の刑事ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系・木曜午後9時)の第3シーズンが4月11日スタートする。天海さんらの在籍する「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に、故・大杉漣さんが演じていた刑事・中田善次郎の後任として加入するのは、塚地武雅さん(ドランクドラゴン)扮する玉垣松夫。天海さんは2年ぶりの連ドラ主演だ。

 可視化設備の整った特別取調室で容疑者を取り調べる専門チーム、キントリのメンバーが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。井上由美子さんのオリジナル脚本。今シーズンは、被疑者にもかかわらず、さまざまな立場の“油断ならぬ女たち”がキントリチームを翻弄(ほんろう)する中、決死の覚悟で事件の裏にある真実を暴いていく。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日


 第1話は、全取り調べの完全可視化が実行される日を数カ月後に控えた警視庁で、各署幹部を集め、被疑者への接し方を穏やかにするよう極端な指導がされていた。しかし、幹部たちの見学する中、キントリの取調官・真壁有希子(天海さん)は、反省の色が全く見られない被疑者を激しい剣幕で一喝。警視庁初の女性刑事部参事官・菊池玲子(浅野温子さん)に、しばらく取り調べを控え、新任教育係に専念するよう命じられる。

 その矢先、護送中だった受刑者・野本雄太(淵上泰史さん)が逃走し、主婦・藤沢さおり(市川由衣さん)を人質にして民家に立てこもる。野本は、なぜか交渉役に玲子を指名する。単独で家に突入した玲子は野本に発砲し、死なせてしまう。

 人質救出のためにはやむなし……との見方が世間に広がる中、キントリは事件の経緯を記録するため、玲子の取り調べを開始する。終始落ち着いた様子で応じる玲子だが、玲子が交渉役に指名された理由や、突入から発砲までの時間の短さが、どうも引っかかる有希子たち……というストーリー。

 第1シーズンは2014年1月期、第2シーズンは17年4月期に放送され、15年9月にスペシャルドラマも放送された。

第2話のあらすじ 松井珠理奈がゲスト出演 新進女流棋士役

女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第2話の1シーン(C)テレビ朝日
女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第2話の1シーン(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第2話が4月18日放送される。アイドルグループ「SKE48」の松井珠理奈さんがゲスト出演する。松井さんは、昨年6月に行われた「第10回AKB48世界選抜総選挙」後、体調不良で休養。同年9月に復帰後、ドラマに出演するのは初めて。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日

 第2話は、とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井さん)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひるさん)が対戦。日名子は、女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。

 しかし、対局中、とんでもない事件が……。解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏さん)が、体調を崩して退席。その後、控室で絶命しているのが見つかる。対局は急きょ延期されることに……。そんな中、死因は中毒死だと判明。大庭が水筒に入れて持参していたお茶に、毒キノコの粉末が混入していたことが明らかになる。しかも、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれ……。

 真壁有希子(天海さん)らキントリチームはさっそく日名子の取り調べを開始。日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく……というストーリー。

第3話のあらすじ 仙道敦子が初の悪女役 天海祐希が取り調べるが…

女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第3話の1シーン(C)テレビ朝日
女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第3話の1シーン(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第3話が4月25日放送される。仮想通貨取引で「5億稼ぐ女」と呼ばれるカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子さん)が、自宅マンションで殺された。現場の状況から、金の絡んだ顔見知りの犯行とにらんだ捜査1課の刑事・監物大二郎(鈴木浩介さん)と渡辺鉄次(速水もこみちさん)は、同じマンションに住む第一発見者・平井かすみ(仙道敦子さん)を逮捕した。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日


 かすみは、理沙に仮想通貨専用の口座を開設させ、裏で自分が売買取引を実行。5億稼ぐ女とは、かすみだった。かすみには犯行時刻のアリバイがなく、理沙の部屋から指紋も多数検出されていた。

 だが、監物と渡辺の取り調べに、かすみは否認。完全に行き詰まってしまったため、取り調べは真壁有希子(天海祐希さん)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任される。しかし、かすみは他人の口座で仮想通貨取引をした詐欺行為は認めたものの、殺人については相変わらず否認を貫き……。

第4話のあらすじ 松本まりかがゲスト 天海祐希につかみかかり…

女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第4話の1シーン(C)テレビ朝日
女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第4話の1シーン(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話が5月2日放送される。女優の松本まりかさんのほか、今井悠貴さん、鷲尾真知子さんがゲスト出演。予告動画では、松本さんが、天海さんにつかみかかる様子も収録されている。

 女子高校生連続殺人事件の被疑者として、無職の男・樫村荘介(今井さん)が逮捕された。その直後、捜査班は樫村の車から、2日前の夜に失踪した女子高校生・福永真希(若林薫さん)の携帯電話を発見。しかも、防犯カメラで樫村の足取りを追ったところ、真希を尾行する様子が映っていた。

 過去の被害者は、水や食料を与えられずに監禁され、数日後に衰弱死していたことから、真希も同じ目に遭っている可能性が高い。その場合、類推できる状況下での生存可能時間は、残りたったの30時間。一刻も早く監禁場所を突き止め、救出する必要がある。

 大至急、樫村の口を割らせるため、取り調べは真壁有希子(天海さん)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任されることに。しかし、樫村は完全黙秘を貫き、時間だけが過ぎていく。そんな中、有希子がふと発した一言を受け、樫村が明らかに表情を変え……。

 人命がかかった取り調べに、焦りを募らせる有希子たち。だが、樫村はなかなか落ちる気配を見せない。その矢先、被害者全員に“ある共通点”が存在することが判明。有希子はさらなる手がかりを求め、寝たきりの祖母・澄江(鷲尾真知子さん)と暮らす樫村の姉・茜(松本まりかさん)を訪ねる。

 茜が、樫村の沈黙を破る切り札になるかもしれない。そう感じた有希子は、本来のルールを破り、樫村を肉親である茜に直接会わせようと思い立つ。しかも、後がないキントリチームは、下手を打てば全員処分も避けられない“さらなる暴挙”にまで出て……。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日

第5話のあらすじ 真野響子、天海祐希と2人きりの事情聴取を希望 国分佐智子らゲスト出演

女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第5話の1シーン(C)テレビ朝日
女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第5話の1シーン(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第5話が5月9日放送される。真野響子さん、国分佐智子さん、山崎樹範さんがゲスト出演する。国分さんは、出産と子育てを経て、4年ぶりのドラマ出演を果たす。

 平凡な専業主婦の姑・山下昌子(真野さん)に頼まれ、夕食のスープに使うカボチャを買いに出かけた嫁・彩矢(国分さん)が行方不明に。彩矢の夫で弁護士の翔太(山崎さん)は警察に届け出る。彩矢もまた大手法律事務所の弁護士ということもあり、単純な失踪ではないと見た警視庁は、真壁有希子(天海さん)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に出動を要請する。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日


 有希子は山下家へ向かい、涙ながらに嫁の安否を案じる昌子から話を聞く。そんな中、大型スーツケースを運ぶコート姿の不審者が映った防犯カメラ映像を見た昌子から、重要な手がかりとなる証言が飛び出す。約1カ月前にも息子夫婦の家の前でこの不審者を見たという。

 昌子の証言で、彩矢は不倫中と発覚。コート姿の男がレンタカーにスーツケースを乗せるのを目撃した人もいて、調査すると驚きの事実が判明する。車の借り主は昌子だった。しかし、車の足取りは途中で途絶え、スーツケースの在りかまでは突き止められず……。

 その矢先、翔太が妻を殺したと自首してくる。しかし、有希子は、昌子こそが真犯人だと確信し、重要参考人として出頭するよう依頼するが、昌子はこれを拒否。昌自宅で有希子と2人きりなら事情聴取に応じると言い出し……!?

第6話のあらすじ 倉科カナ、熱血保育士役でゲスト出演

女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第6話の1シーン(C)テレビ朝日
女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第6話の1シーン(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第6話が5月16日放送される。女優の倉科カナさんが熱血保育士役でゲスト出演し、土居志央梨さんもゲスト出演する。

 ある夜、4歳の保育園児・西崎凛(落井実結子ちゃん)が自宅から誘拐される。母親・明日香(土居さん)が30分の外出から帰ると、娘の姿がなく、階段から転落したと思われる夫・康弘(向田翼さん)の遺体を発見したという。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日


 捜査協力を命じられた真壁有希子(天海さん)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は、近所の人提供のスマホ映像を見て驚かされる。ウサギの着ぐるみをまとった不審者が、凛を抱きかかえて歩く姿が。捜査の結果、明日香の外出は2時間だったことも判明する。

 間もなく、交番前に一人でいる凛を警察官が発見して保護。幼い凛からは決定的証言が得られず、うその証言をした明日香が疑われる。しかし、事件現場から、凛の担任保育士・柴田七海(倉科さん)の指紋が検出され、キントリは2人を重要参考人として呼び出し、事情聴取することに……。七海は、明日香が不倫相手に会うため凛を保育園に預けていたと証言し、母親失格だと厳しく非難する。

 キントリは、さまざまな情報を基に七海への嫌疑を深めていく。やがて、七海が自供するが、有希子は七海がうそをつき、かたくなに何かを隠そうとしているような気がしてならず……。

第7話のあらすじ 大久保佳代子がゲスト出演 天海祐希vs小日向文世、対立するキントリ…

女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第7話の1シーン(C)テレビ朝日
女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第7話の1シーン(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第7話が5月30日放送される。お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子さんがゲスト出演する。

 宝石販売会社の敏腕社長・伴佐知恵(大久保さん)が、別れた夫・坂本彰夫(尾崎右宗さん)を殺したと自首してきた。佐知恵は証拠として、遺体のインスタント写真まで持参。さらに、取り調べを担当することになった真壁有希子(天海さん)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に対し、神妙な面持ちで「悪いことをした以上、罪を償わなければ幸せになれないと思いました」と打ち明ける。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日


 佐知恵は23歳も年下のイケメン販売員・若杉純(稲葉友さん)と再婚予定という。若杉は殺人を犯したと知ってもなお、彼女のことを待つと誓ったという。

 罪を償う覚悟を決めた佐知恵は、取り調べでも素直に供述。事件の経緯についても、ことあるごとにお金を脅し取りに来る坂本と縁を切ろうとしたところ、もみ合いになって殺してしまったと説明する。物証もそろい、佐知恵の容疑は固まったも同然。ある理由から焦っていた有希子は、早々に所轄の警察署へ引き渡そうとする。

 しかし、キントリきっての頭脳派・小石川春夫(小日向文世さん)は、事件を洗い直すべきだと異を唱える。年の差再婚や、若杉が殺人にまで目をつぶる心理がどうも納得できないという。だが、若杉は佐知恵を愛していると断言。そんな中、キントリ・メンバーと飲みに出かけた取調官・玉垣松夫(塚地武雅さん)は、こぼれた焼酎を見て、証拠写真に残されたある矛盾に気付き……。

第8話のあらすじ 橋本じゅん、入江甚儀らゲスト出演

女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第8話の1シーン(C)テレビ朝日
女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第8話の1シーン(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第8話が6月6日に放送される。橋本じゅんさん、三宅弘城さん、入江甚儀さんがゲスト出演する。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日


 平日の昼休み。ネット広告会社の社長・宇佐美友香(霧島れいかさん)が社長室で殺される。凶器と思われるパソコンとIDカードは現場から消えていた。真壁有希子(天海さん)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は取り調べ専任チームにもかかわらず、なぜか初動捜査への応援を要請され、現場へ急行。第一発見者の人事部員、梅田信吾(三宅さん)に事情を聴くが有力情報は得られない。

 そこへ、友香が前日に叱責した社員がいるとの情報が。営業部の橋下拓海(入江さん)で、人気アイドルを起用したCMの営業担当だった。撮影スケジュールが外部に漏れ、スタジオにファンが殺到した。友香に情報管理の甘さをたしなめられるや、何の罪もない後輩のせいにしてしまったため、担当を外されたのだという。

 しかし、橋下は事件当時はアーカイブ室でずっと室長の木崎勝則(橋本さん)と2人きりだったと証言する……。

第9話のあらすじ キントリ、最後の事件 吉川愛演じる“北山未亜”が再登場 吉田鋼太郎も

女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第9話の1シーン(C)テレビ朝日
女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の第9話の1シーン(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第9話が6月13日に15分拡大で放送される。今シーズンの初回冒頭で、3人もの人間を殺害した容疑でキントリの取り調べを受けるも自供せず、強烈なインパクトを残した被疑者・北山未亜(吉川愛さん)が再登場をするほか、吉田鋼太郎さん、坂東龍汰さんがゲスト出演する。

 かつて真壁有希子(天海さん)ら「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)が取り調べ担当に手を挙げるも、却下されてしまった事件が再び動き出した。医大生・藤井卓生(坂東さん)が同級生を刺殺したと目される事件で、藤井が容疑を否認し続けたため、取り調べが中止された。

 しかし、その後、事件発生時に「やめろ、藤井」という被害者の声を聞いた人物の存在が明るみになり、警視庁は藤井の逮捕を決定。キントリに対し、彼を48時間以内に落として送検するよう命じた。

 この事件は、キントリが自供を引き出せなかった連続殺人事件の被告人・北山未亜(吉川さん)との関連性が疑われていた。藤井が、未亜とSNSで連絡を取り合っていたことが判明したからで、その事実を知ったキントリは一丸となり、「今度こそ必ず落とす!」と奮起。しかし、刑事部部長・磐城和久(大倉孝二さん)は無情にも、この事件を最後にキントリの構成メンバーが正式変更されることを告げる。

 現キントリがまさに背水の陣へと追い込まれる中、有希子は未亜と藤井をつなぐ“もう一つの接点”を見つける。3年前に発生した豪雨災害で、当時2人は土砂崩れによってキャンプ場に隔離されてしまったが、地元中学の校長・染谷巌(吉田さん)によって救出されていた。有希子らはわらにもすがる思いで染谷の元を訪問するが……。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日

最終回のあらすじ キントリ“最後の事件”の犯人は誰だ!? 吉川愛、吉田鋼太郎らがゲスト出演

女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の最終回の1シーン(C)テレビ朝日(C)テレビ朝日
女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」の最終回の1シーン(C)テレビ朝日(C)テレビ朝日

 女優の天海祐希さん主演の連続ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第9話が6月20日に15分拡大で放送される。現構成メンバーの正式変更を目前に控えたキントリが一丸となって挑む“最後の事件”。前話に続き、今シーズンの初回冒頭で、3人もの人間を殺害した容疑でキントリの取り調べを受けるも自供せず、強烈なインパクトを残した被疑者・北山未亜を演じる吉川愛さんをはじめ、吉田鋼太郎さん、坂東龍汰さんがゲスト出演する。

 同窓会で同級生らを毒殺した罪で起訴された被告人・北山未亜(吉川さん)と、医大キャンパスで起こった同級生刺殺事件の被疑者・藤井卓生(坂東さん)。2人が2カ月前、かつて山のキャンプ場を襲った土砂崩れから自分たちを救出してくれた地元中学の元校長・染谷巌(吉田さん)と会っていたことが判明。3人の間には一体、何があったのか……。

 真壁有希子(天海さん)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は真相を明らかにするため、未亜を徹底的に追及。やがて未亜は重い口を開き、同窓会の飲み物に毒物が混入した理由を話し始める。

 有希子らは、事件の謎の鍵を握ると思われる染谷の聴取を開始。足をけがしていた染谷はそのことについて、当初はあくまで「自ら発作的に身を投げた」と主張していたが、やがて「本当のことを話す」と切り出し、未亜と藤井との面会を懇願し始める。一方、有希子はその際の何気ない会話の流れに鋭く反応し……。

(C)テレビ朝日
(C)テレビ朝日