Heaven?~ご苦楽レストラン~ ニュース

第6話に浜野謙太&デビット伊東ゲスト出演 勝村政信“堤”の元同僚役

連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第6話のワンシーン(C)TBS
連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第6話のワンシーン(C)TBS

 女優の石原さとみさん主演の連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)の第6話(8月13日放送)に、浜野謙太さんとデビット伊東さんがゲスト出演することが8月12日、分かった。浜野さんと伊藤さんは、フレンチレストラン「ロワン・ディシー<この世の果て>」の店長・堤計太郎(勝村政信さん)の元同僚の土屋と谷を演じる。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS


 第6話は、「ロワン・ディシー」に堤の前職・牛丼店の仲間だった土屋と谷がやってくる。かつては社長賞をもらうほどの敏腕店長として同僚からの信頼も厚かった堤は、「店に戻ってこないか」と誘われ、心が揺らぐ。自分の気持ちをはっきりさせるため「ロワン・ディシー」の立て直しに挑む堤だが、意見の食い違いでオーナーの黒須仮名子(石原さん)と対立。堤が「結果が出なければ辞める」と言い出し……という展開。同話には、黒川智花さんもゲスト出演するほか、サプライズゲストも登場するという。

(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS
(C)TBS

<SNS反響>石原さとみ&志尊淳が「キター!」フォーゼネタ “理事長”鶴見辰吾も

連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第3話の場面写真
連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第3話の場面写真

 女優の石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)の第3話が7月23日、10分拡大で放送された。特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」で主人公の仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗を演じていた福士蒼汰さんが活躍するストーリーで、石原さんが弦太朗の決めせりふ「宇宙キター!」にかけて、「コロッケキター!」と呼ぶなど、フォーゼの小ネタが満載だった。

 石原さんが「キター!」と両手を挙げたフォーゼのポーズで叫んだのは2回。1回目は「石原さとみがフォーゼのあのポーズを!!」「キターは福士蒼汰のセリフだな 笑」「狙ったな」とSNSで驚きの声が上がり、石原さんに合わせて「キター!」と叫ぶ書き込みが殺到した。2回目は「まさかこのネタぶっこんでくるとかw」「このドラマのスタッフにフォーゼのオタクおるな???」と、フォーゼファンの喜びの声があふれた。さらに、コミドラン・川合太一を演じる志尊淳さんも、ドラマの終盤で「キター!」と絶叫し、「ここで トッキュウジャーが宇宙キターー!!」「トッキュウ1号がキター!言うてるw」と、盛り上がった。

 第3話には、フォーゼで天ノ川学園理事長の我望光明役で出演していた鶴見辰吾さんも、福士さん演じるシェフドラン・伊賀観の父親役で出演。SNSでは「まさか、如月と天校理事長が親子だったとはね」「フォーゼパロディ多すぎちゃいますか。いや、好きだけど」「フォーゼ大好きかよ」と、目ざとく小ネタに気づいたファンの声が上がっていた。

<SNS反響>仮面ライダーフォーゼにサンシャイン池崎の遺影…小ネタ続々で「爆笑」の声

連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」制作発表記者会見に登場した石原さとみさん
連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」制作発表記者会見に登場した石原さとみさん

 女優の石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が7月9日、10分拡大で放送された。特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」で主人公の仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗を演じていた福士蒼汰さんを、石原さんが「如月くん?」と呼び間違えるなど、第1話から小ネタが仕込まれており、SNSでは「うちの息子がすかさず『フォーゼだ!』と反応した」「福士蒼汰くんの役名なのね」「爆笑www」と反応して盛り上がった。

 原作は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で1999~2003年に連載された佐々木倫子さんのマンガ「Heaven? ご苦楽レストラン」。墓地の中に建つフレンチレストラン「ロワン・ディシー<この世の果て>」を舞台に、“超変わり者”のオーナー・黒須仮名子(石原さん)と個性的な従業員らの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”が描かれる。

 SNSでは“フォーゼ”ネタ以外にも、葬儀場の遺影が「イェーーーイ!」と叫ぶネタでおなじみのサンシャイン池崎さんだったりと、気づくと思わず笑ってしまう仕掛けを発見し「『遺影』と『イエエエエエイ!』をかけているのか」などと反応。さらに「横のお花が株式会社ジャスティスの空善 舌伍(空前絶後)」小ネタ内の小ネタを発見する声も挙がっていた。

 登場人物の心の声が、幽霊のように浮かぶ顔がしゃべるという演出で漏れるなど、マンガ原作ならではの表現も満載。「原作に忠実じゃないと思うだろう初見の皆さん!!忠実です!!!!」「すごい!漫画で読んだ!漫画で見た!最高!! 」「生首演出が斬新過ぎて笑ってしまう」「おもしろくて、笑い転げてる」「声出して笑ってるんだけど」と大うけ。

 マンガのイメージ通りのキャストも高評価で、特に志尊淳さん演じる、無邪気なコミドラン・川合太一や、岸部一徳さん演じる元銀行員のソムリエ・山縣重臣は「キャラクターが合ってるなぁ。特にソムリエの山縣さん」「志尊くんの川合くんサイコーだし!!www」「毎回たいち君の変顔が見れるのですか」と、ファンから歓喜の声が挙がっていた。

<ドラマ紹介>「Heaven?~ご苦楽レストラン~」 石原さとみが“超変わり者”レストランオーナーに 第1話あらすじも

連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第1話の場面写真
連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」第1話の場面写真

 女優の石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)の第1話が7月9日、10分拡大で放送される。石原さんは「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という己の欲求をかなえるためだけに店を開いた“超変わり者”のフレンチレストランのオーナー・黒須仮名子を演じる。福士蒼汰さんや志尊淳さんらが演じるクセのある店の従業員たちにも注目だ。

 原作は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で1999~2003年に連載された佐々木倫子さんのマンガ「Heaven? ご苦楽レストラン」。墓地の中に建つフレンチレストラン「ロワン・ディシー<この世の果て>」を舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原さん)と個性的な従業員らの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”が描かれる。

 福士さんが、仮名子を支える笑顔が苦手なシェフドラン・伊賀観役、志尊さんが、伊賀に憧れる元美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一役で出演するほか、勝村政信さんが牛丼屋の店長を5年務めていた経歴を持つ店長・堤計太郎、段田安則さんが不運の天才シェフ・小澤幸應、岸部一徳さんが元銀行員のソムリエ・山縣重臣を演じる。主題歌は、あいみょんさんが歌う「真夏の夜の匂いがする」。

 第1話は、フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士さん)は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からもまったく評価されていなかったが、近々自分のフレンチレストランをオープンさせるという謎の女性・黒須仮名子(石原さん)にスカウトされ、彼女の店で働くことを決意する。だがそのレストランは、駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中という立地で、伊賀のほかに彼女が集めた従業員も、訳あり天才シェフの小澤幸應(段田さん)以外は、フレンチ未経験の素人ばかりだった……という展開。

=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供
=TBS提供

”天使すぎる劇団員”福島雪菜が感じの悪い客に 石原さとみ主演ドラマでゲスト

石原さとみさん主演の連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する「劇団4ドル50セント」の福島雪菜さん (C)TBS
石原さとみさん主演の連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する「劇団4ドル50セント」の福島雪菜さん (C)TBS

 秋元康さんがプロデュースする劇団「劇団4ドル50セント」に所属し、“天使すぎる劇団員”などと言われて人気の福島雪菜さんが、石原さとみさん主演の連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが分かった。

 福島さんは第1話(7月9日放送)のゲストで、とあるレストランにやってきた感じの悪い客として、冒頭シーンに登場。石原さん扮(ふん)する主人公・黒須仮名子と、福士蒼汰さん演じる笑顔が苦手なシェフドラン(上級ウェイター)の伊賀観が出会うきっかけになる場面となる。

 福島さんは「出演させていただけるお話を聞いたときは、本当にうれしかったです。まだまだ力不足な私を、すてきな共演者の皆さんや、監督をはじめとするスタッフの皆さんに支えていただき、無事撮影を終えることができました」と報告。「早く成長して、共演者の皆さんや、スタッフの皆さんとまたお仕事できるように頑張りたいです! このドラマをたくさんの方々に見ていただけたらうれしいです」とアピールしている。

舘ひろし、石原さとみ主演ドラマで謎の紳士役 ナレーションも

連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する舘ひろしさん =TBS提供
連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する舘ひろしさん =TBS提供

 俳優の舘ひろしさんが、石原さとみさん主演の連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)に出演することが7月6日、分かった。舘さんは、物語の鍵を握る謎の紳士役で出演し、ドラマのナレーションも務める。

 舘さんは、今回の役どころについて「名前のない、謎の紳士役をやらせていただきます。(役について)あまり話せないのだけど、とにかく謎の紳士ですね。最終回を見終わったときに、なるほど!と思っていただけるのではないかと思います」と意味深なコメントを寄せている。

 ◇舘さんのコメント。

 ――撮影の感想をお聞かせください。

 楽しかったです。自分で思っているような雰囲気がなかなか出せなくて探りながら演じていました。いつもお芝居は迷いながらやるので。監督が気に入っていただけるのであれば、それでいいかなと思っています。

 ――今回の役どころについて。

 名前のない、謎の紳士役をやらせていただきます。(役について)あまり話せないのだけど、とにかく謎の紳士ですね。最終回を見終わったときに、なるほど!と思っていただけるのではないかと思います。

 ――主演の石原さとみさんについて。

 石原さんは、毎年年賀状に一言書き添えて送ってくれてるんです。温かい年賀状をありがとうございます、とお伝えください。

 ――フレンチレストランが舞台のドラマですが、フレンチはお好きですか?

 亡くなった父がフレンチが好きで、正月に(地元の)名古屋へ帰るとみんなで集まって、フレンチを食べていました。僕はイタリアンが好きなんですけど(笑い)。今でも正月には家族や友人とフレンチレストランに行っていますね。

<制作発表記者会見>石原さとみ、ドラマ現場に炊飯器持ち込み 共演者に手作りおにぎり振る舞う

連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の制作発表記者会見に登場した石原さとみさん
連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の制作発表記者会見に登場した石原さとみさん

 女優の石原さとみさんが7月1日、横浜市で開催された、9日スタートの主演ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)の制作発表記者会見に、福士蒼汰さんらと共に出席。演者の意外な一面について聞かれた福士さんから「現場のみなさんにおにぎりを配っていますね。現場で炊いて、握ったものを配ってくださって」と明かされ、照れ笑いしていた。

 石原さんは、おにぎりについて「段田(安則)さんと健康話で、『楽屋に炊飯器を持ち込んで玄米を炊いているんです』って話になって。そうしたら、隣の楽屋で……」と言うと、勝村政信さんが「段田さんの楽屋が隣で、会話が全部筒抜けなんです。話し終えたら、隣の楽屋に来ると思っていたら、そのまま自分の楽屋に消えて。その話を全員にしたら、いやいやおにぎりを配ってくださって」と、冗談交じりに明かしていた。勝村さんの“暴露”に、石原さんは「ついに三合炊きになりました」と明かしていた。

 また志尊淳さんが、石原さんについて「現場では最近、大阪のおばちゃんと呼ばれています」と明かすと、勝村さんから「見ての通りだと思います。若いのに、気を配ってくれて。本人は突っ込みだと思っているみたいですけど、ど天然で、“あめちゃん”を配ってくれたり」と語っていた。会見には段田さん、岸部一徳さんも出席した。

<制作発表記者会見>福士蒼汰、石原さとみに変身ポーズ指南 新ドラマ「Heaven?」に「仮面ライダーフォーゼ」ネタも

連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の制作発表記者会見に登場した福士蒼汰さん
連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」の制作発表記者会見に登場した福士蒼汰さん

 俳優の福士蒼汰さんが7月1日、横浜市で開催された、9日スタートの石原さとみさん主演ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)の制作発表記者会見に出席。特撮ドラマ「仮面ライダーフォーゼ」で主人公の仮面ライダーフォーゼ/如月弦太朗を演じていた福士さんは、撮影現場で「よくみんなから『変身して』って言われて、みんな変身したいみたいだから、教えています。石原さんもよく変身しています」と語っていた。

 福士さんは続けて「ゲストの方にも、よく(変身ポーズを)やってもらっています」と話すと、石原さんは「木村(ひさし)監督が大好きで、(フォーゼネタが)台本にあるんです。お遊びがたくさんあります」と明かしていた。会見には志尊淳さん、勝村政信さん、段田安則さん、岸部一徳さんも出席した。

あいみょん、石原さとみ主演ドラマの主題歌 「真夏の夜の匂いがする」を書き下ろし

あいみょんさん
あいみょんさん

  シンガー・ソングライターのあいみょんさんが、女優の石原さとみさん主演で7月9日にスタートする連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)の主題歌を手がけることが6月10日、分かった。ドラマのために書き下ろされた楽曲「真夏の夜の匂いがする」が使用される。

 あいみょんさんは今年1月、石原さんが音楽番組の初MCを務めた特番「ミュージック☆ヒーロー」(TBS系)で共演しており、「ぜひまた一緒に何かできたらうれしいな。と思っていた矢先に、石原さん主演のドラマ主題歌の書き下ろしのお話をいただいて、純粋にうれしく思いました」とコメント。

 石原さんも「収録後すぐにライブに行かせていただき、生ライブの素晴らしさとファンの皆さんの愛の熱量や距離感を知り、私自身あいみょんさんのファンになって良かったと感じました」と話している。

 あいみょんさん、石原さんのコメントは以下の通り。(原文のまま)

 ◇あいみょんさんのコメント

 今年の初めに石原さんと番組でご一緒させていただく機会があり、その後ライブにも足を運んでくれて、ぜひまた一緒に何かできたらうれしいな。と思っていた矢先に、石原さん主演のドラマ主題歌の書き下ろしのお話をいただいて、純粋にうれしく思いました。

 今回石原さんが演じる、黒須仮名子ははちゃめちゃだけど、何故かクセになる放っておけない人物。

 「真夏の夜の匂いがする」もそういうクセのある存在で、聴く誰かの身体に、耳に、目に残って、抜け出せないものになればと。

 楽曲の中を彷徨(さまよ)わせたいです、ズブズブに。ぜひ、楽しみにしていて下さい。

 ◇石原さとみさんのコメント

 今回主題歌を担当してくださると伺い、とてもうれしく出来上がりを心待ちにしていました。

 MCを務めたミュージックヒーローの番組がきっかけで、あいみょんさんの楽曲は全曲聞かせていただき、なんて幅広いジャンルを自分色に染め上げ、心に突き刺さる言葉と救ってくれる言葉を投げかけてくれる歌詞なんだろうと感嘆しました。

 収録後すぐにライブに行かせていただき、生ライブの素晴らしさとファンの皆さんの愛の熱量や距離感を知り、私自身あいみょんさんのファンになって良かったと感じました。MCを見ていても面白くてワクワクし、人間的魅力が先行している感じがしていつか友達になりたいと密かに願っています。

 あいみょんさん、素晴らしい楽曲をありがとうございます!皆さん、主題歌を心から楽しみにしていて下さい!

石原さとみ、2019年7月期ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」で“超変わり者”レストランオーナーに 福士蒼汰、志尊淳も

7月期の連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する(上段左から)福士蒼汰さん、石原さとみさん、志尊淳さん、(下段左から)段田安則さん、勝村政信さん、岸部一徳さん
7月期の連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する(上段左から)福士蒼汰さん、石原さとみさん、志尊淳さん、(下段左から)段田安則さん、勝村政信さん、岸部一徳さん

 女優の石原さとみさんが、2019年7月にスタートする連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)で主演を務めることが3月28日、分かった。フレンチレストランを舞台に繰り広げられるコメディーで、石原さんは「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という己の欲求をかなえるためだけに店を開いた“超変わり者”のオーナー・黒須仮名子を演じ、福士蒼汰さん、志尊淳さんらも出演する。

 原作は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で1999~2003年に連載された佐々木倫子さんのマンガ「Heaven? ご苦楽レストラン」。墓地の中に建つフレンチレストラン「ロワン・ディシー<この世の果て>」を舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子と個性的な従業員らの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”が描かれる。

 福士さんは仮名子を支える笑顔が苦手なシェフドラン・伊賀観役、志尊さんは伊賀に憧れる元美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一役で出演するほか、勝村政信さんが牛丼屋の店長を5年務めていた経歴を持つ店長・堤計太郎、段田安則さんが不運の天才シェフ・小澤幸應、岸部一徳さんが元銀行役員のソムリエ・山縣重臣を演じることも発表された。

 石原さんは「こんなにもツッコミどころの多い役柄は久しぶりです! その時の気分で本音を言いまくる最高に自由な生物、黒須仮名子をとことん楽しんで演じていきたいと思います。原作ファンの皆様、そしてまだこの原作を読んだことがない方にも、【諦観の笑み】を習得してもらえるよう、頑張りたいと思います」とコメントを寄せている。

 ◇瀬戸口克陽プロデューサーのコメント

 連載当時から原作の大ファンで、今回ようやく念願がかない、最高のキャスト、心強いスタッフの皆さんと一緒に、“レストランモノ”の常識を覆すこの作品に挑めることに、心からワクワクしています。“王道でありながら予測不能のコメディー”を全力でお届けしますので、ぜひご期待ください。