Heaven?~ご苦楽レストラン~ ニュース

石原さとみ、2019年7月期ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」で“超変わり者”レストランオーナーに 福士蒼汰、志尊淳も

7月期の連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する(上段左から)福士蒼汰さん、石原さとみさん、志尊淳さん、(下段左から)段田安則さん、勝村政信さん、岸部一徳さん
7月期の連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」に出演する(上段左から)福士蒼汰さん、石原さとみさん、志尊淳さん、(下段左から)段田安則さん、勝村政信さん、岸部一徳さん

 女優の石原さとみさんが、2019年7月にスタートする連続ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系、火曜午後10時)で主演を務めることが3月28日、分かった。フレンチレストランを舞台に繰り広げられるコメディーで、石原さんは「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という己の欲求をかなえるためだけに店を開いた“超変わり者”のオーナー・黒須仮名子を演じ、福士蒼汰さん、志尊淳さんらも出演する。

 原作は、マンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で1999~2003年に連載された佐々木倫子さんのマンガ「Heaven? ご苦楽レストラン」。墓地の中に建つフレンチレストラン「ロワン・ディシー<この世の果て>」を舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子と個性的な従業員らの間で繰り広げられる“至極のフレンチレストランコメディー”が描かれる。

 福士さんは仮名子を支える笑顔が苦手なシェフドラン・伊賀観役、志尊さんは伊賀に憧れる元美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一役で出演するほか、勝村政信さんが牛丼屋の店長を5年務めていた経歴を持つ店長・堤計太郎、段田安則さんが不運の天才シェフ・小澤幸應、岸部一徳さんが元銀行役員のソムリエ・山縣重臣を演じることも発表された。

 石原さんは「こんなにもツッコミどころの多い役柄は久しぶりです! その時の気分で本音を言いまくる最高に自由な生物、黒須仮名子をとことん楽しんで演じていきたいと思います。原作ファンの皆様、そしてまだこの原作を読んだことがない方にも、【諦観の笑み】を習得してもらえるよう、頑張りたいと思います」とコメントを寄せている。

 ◇瀬戸口克陽プロデューサーのコメント

 連載当時から原作の大ファンで、今回ようやく念願がかない、最高のキャスト、心強いスタッフの皆さんと一緒に、“レストランモノ”の常識を覆すこの作品に挑めることに、心からワクワクしています。“王道でありながら予測不能のコメディー”を全力でお届けしますので、ぜひご期待ください。